このキーワード
友達に教える
URLをコピー

宣銅烈とは?

【基本情報】

【国籍】
大韓民国
【出身地】
全羅南道光州市(現・光州広域市)
【生年月日】
(1963-01-10) 1963年1月10日(55歳)
【身長
体重】
184 cm
90 kg
【選手情報】

【投球・打席】
右投右打
【ポジション】
投手
【プロ入り】
1985年
【初出場】
KBO / 1985年7月2日
NPB / 1996年4月5日
【最終出場】
KBO / 1995年10月
NPB / 1999年10月27日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴


監督・コーチ歴


この表について
この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

プロジェクト:野球選手 テンプレート


【ソン・ドンヨル】

【各種表記】

ハングル: 선동열
漢字: 宣銅烈
【発音:】
ソンドンヨル
ソンドンニョル
英語表記: Sun Dong-Yol

宣 銅烈(ソン・ドンヨル、韓国語:선동열、1963年1月10日 - )は、大韓民国全羅南道光州市(現・光州広域市)出身の元プロ野球選手(投手)、野球指導者。

目次

  • 1 経歴
    • 1.1 韓国球界時代
    • 1.2 中日入団から現役引退まで
    • 1.3 引退後
  • 2 人物
  • 3 詳細情報
    • 3.1 年度別投手成績
    • 3.2 年度別監督成績
    • 3.3 タイトル
    • 3.4 表彰
    • 3.5 記録
    • 3.6 背番号
  • 4 関連情報
    • 4.1 歌
    • 4.2 応援歌
  • 5 脚注
  • 6 関連項目
  • 7 外部リンク

経歴

韓国球界時代

光州第一高等学校では全国大会で優勝、高麗大学校1年の時はAAA世界野球選手権大会で優勝を経験し、実業団野球の韓国化粧品に入団。そこでも1982年IBAF世界野球選手権大会で優勝、最優秀選手に選ばれた。1984年ロサンゼルスオリンピックで韓国代表が4位になった時のメンバーでもある。実業団の選手は2年間はプロ入りができないとする規定があったが、韓国野球委員会から特例が認められ(ただし前半戦は出場停止の処分が下された)、1985年のシーズン後半からヘテ・タイガースで試合に出場。同年25試合に登板し、防御率1.70で最優秀防御率のタイトルを獲得。 翌86年には262回2/3を投げ、防御率は1点を切る0.99で2年連続で防御率1位、24勝を挙げて最多勝も獲得した。

当時「宣が投げたら打てない」と言われた。

中日入団から現役引退まで

その後、日本球界入りの意向を表明。韓国プロ野球から日本球界への来日移籍選手第一号となった。巨人との争奪戦になり、一時は巨人入団が事実上決定しあとは契約を結ぶだけと報じられたが、中日がこれを上回るとされる条件(譲渡金3億円、年俸1.5億円×2年)を提示して攻勢をかけた末、一転して中日入りが決定(これが「大逆転」と報じられた)。1995年オフに中日ドラゴンズに入団。1996年4月5日の広島との開幕戦で1点リードの9回裏に来日初登板を果たすが、ルイス・ロペスに同点打を浴び、いきなりセーブ失敗。4月16日の対巨人戦では3点リードの8回裏に登板するも、3番・シェーン・マックと5番・落合博満に本塁打を浴びてセーブ失敗(ただし、直後の9回表に打線が勝ち越したために来日初勝利をあげている)。このように、同年は不本意な結果となった。

しかし、オフ返上など背水の陣で臨んだ2年目の1997年に大変身。同年のオールスターゲームに出場。同年は当時の日本記録となる38セーブを挙げ、佐々木主浩(横浜)と共に最多セーブ投手に輝く。同年に宣が記録した38セーブの1個目は、横浜との開幕戦で、ナゴヤドーム初の公式戦。ナゴヤドームで初めてセーブを記録した投手である。この年はチームが最下位と低迷する中、最多勝を獲得した山本昌とともに奮闘した。

1999年、この年も抑えの切り札として28セーブを挙げ中日の11年ぶりのリーグ優勝に貢献したが、シーズン中盤の6月に3連続で救援失敗をするなど安定感が薄らいだ事などから、この年のシーズン限りでの現役引退を表明。引退会見では6月の時点で引退を申し入れたものの、当時の監督であった星野仙一から慰留されていた事や、選手兼任コーチとして契約するという球団側の提案も打診されたが固辞したことも明らかにしており、「それを乗り越えて優勝に貢献できたが、この辺でやめた方がファンにいいイメージを残したまま選手生活を終えられると決意した」と語っている。中日のリーグ優勝の際に胴上げ投手となり、ダイエーとの日本シリーズ第4戦でも登板するなど、華々しい引退となった。その後のボストン・レッドソックスからの入団要請は辞退した。

引退後

引退後は韓国野球委員会で活動していたが、2003年には自費で中日にコーチ留学。二軍コーチとして研修を受けた。

2004年にはサムスン・ライオンズ首席コーチとして韓国プロ球界に復帰。

2005年に監督に就任し、サムスンをリーグ制覇に導き、2005年のアジアシリーズに出場した。背番号18は起亜タイガースの永久欠番

2006年開幕前の3月に開催された第1回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)韓国代表投手コーチを務めた。第1ラウンドA組での日本戦で、裵英洙イチローに死球を当てたことについて、「あそこから流れが変わったので内心嬉しかった」と朝鮮日報に語っているが「内心嬉しかった」の部分だけ報道されている(韓国ではイチローの発言が捻じ曲げて報道されていたため、誤解が生まれ、イチローに対して怒りを覚えていたためと思われる。詳しくはイチローの「30年発言」を参照)。シーズンではサムスンは韓国リーグを制覇、再び2006年のアジアシリーズの韓国代表として来日した(結果は1勝2敗の予選リーグ敗退)。

2008年1月2日に北京オリンピック韓国代表チーフコーチを辞任したことが発表された。理由は精神的なストレスとのこと。メンバー提出後の大幅なスタメン変更など起用法などで嫌気がさしていたものと思われている。

2009年9月29日にサムスンと新たな5年契約を結び、2010年以降の監督続投が決まったが、契約期間を4年残して突如2010年12月30日に辞任した。

2011年10月18日に2012年シーズンより起亜タイガースの監督に就任することが発表された。起亜の前身ヘテから通算すると、1995年以来17年ぶりの古巣復帰となる。背番号はサムスン監督時代と同じ『90』。

2012年は5位だった。

2013年2014年と2年連続8位と成績は低迷した。10月19日に契約期間2年で再契約したものの、10月25日、前述の成績不振を理由に辞任した。

2015年11月に開催された第1回WBSCプレミア12韓国代表の投手コーチに就任し、優勝に貢献した。

2017年3月に開催された第4回WBC韓国代表投手コーチを務めた。 7月24日に2018年ジャカルタ・パレンバンアジア競技大会2019年第2回WBSCプレミア122020年東京オリンピックまでの契約で韓国代表としては初となる専任監督に就任し、11月に開催される第1回アジア プロ野球チャンピオンシップ韓国代表で初めて指揮をとる。同大会では日本との決勝に破れ準優勝だった。

2018年のジャカルタ・パレンバンアジア競技大会では韓国代表を大会3連覇に導いた。しかし大会後、軍へ入隊していない選手たちを優先したと批難されたアジア競技大会での選手選考の件で混乱をもたらしたため、同年11月14日、韓国代表監督を辞任した。

人物

中日では李尚勲(サムソン・リー)、李鍾範と合わせて3人の韓国人選手が在籍したことから韓国三銃士と呼ばれた。

韓国のエースと呼ばれながら尊大なところがなく、チームメイトとの関係も良好だった。中日時代の正捕手の中村武志には絶大な信頼を寄せており、中村のサインに首を振ることはなかった。また、サムスンの監督となってからも中日時代のチームメイトであった落合英二種田仁をサムスンのコーチに招聘している。

来日初年度の不振の原因の一つに「言語の違いによるコミュニケーション不全」があると考えた宣はそのオフから日本語を学び始め、翌年には日常会話をこなせるまでになり(現在でも韓国内での日本のTV取材にはだいたい韓国語で応じているが日本語でも対応できる)、シーズン中は頻繁に松坂屋に出かけて買い物をしたり、シーズンオフには山本昌をはじめチームメートとオーバーホールに行くほど溶け込んでいた。日本語は散歩の途中に分からない看板の文字をメモして自宅に戻って辞書で調べたり、カラオケや麻雀をする中で覚えたという。かつての中日時代のチームメートで、後に韓国球界入りした門倉健とは今でも親交があり、2010年の韓国オールスター戦に出場した際に、門倉と同じくアゴが特徴の他チームの選手2人と並んで「アゴ三兄弟」として多くのフラッシュを浴びていた門倉に「アゴ、まだ若いなあ」と日本語で声を掛けている。

李承燁が鳴り物入りで来日し千葉ロッテマリーンズに入団しながら不振に終わった2004年のシーズンオフ、「李は通訳を介してチームメイトと話している」と聞いて「仲間とはできるだけ直接話すように」と日本語の学習を勧めた。そして、李が日韓通算400号本塁打を記録した際には「冷ややかな視線に耐えた。もはや読売の英雄」と語り、「誰でも日本では冷ややかな視線を体験する。私も振るわないときはストライクゾーンが狭かった。認められることが難しいものの、日本の野球で認められれば全てが楽になる。イ・スンヨプも今年その軌道に乗った」と言った。また、自身が97年、日本で救援登板のプロ野球記録をめぐり競争するレベルに至ると、冷ややかだったチームの同僚や職員が丁寧にあいさつしはじめ、ストライクゾーンも広くなった、と回顧し「スンヨプは無条件に45本塁打をこえるだろう。打率も3割3分台に乗せたし、韓国ではほぼ4割打者も同然」とし「これから誰もスンヨプを認めないわけにはいかない。私の考えでは、読売が5〜6億円以上のお金を渡してスンヨプをキープしようとするだろう」と語った。

非常に研究熱心な人物であり、2006年のキャンプにサムスンの監督として北海道日本ハムファイターズと練習試合を行ったとき、かつて対戦したことのある新庄剛志の特徴などをしっかりと覚えていた。

知日家親日家としても知られ、また高校野球のファンでもある。また、プロ野球マスターズリーグにも参加したことがある。親日家のエピソードとして、李鍾範が「日本では韓国人だという理由で待遇が悪かった」など起用法に不満を漏らしたところ、「実力不足を言い訳するな!」と一喝し戒めている。帰国した際に「日本人から何かしらの差別を受けはしなかったか?」と訊かれ「無い。差別は無かった。差別差別と騒ぐのは、実力と努力の足りなかった人間の言い訳だ」や「日本野球は素晴らしかった」と周囲に語っていた。さらに、その後の日韓代表戦にて韓国代表が日本代表に勝った時、韓国のマスコミに「一回勝ったからと言って、韓国球界が日本球界をこえた事にはならない。日本は代表レベルのチームをいくつも作れるが、韓国はまだ1チームぐらいしか作れない。層の厚さに、まだまだ差がある」と冷静に戦力を分析していた。だが、こうした発言から「親日発言ばかりする売国奴」として、反日家に実家の旅館を放火されたこともある。北京オリンピックアジア予選の対日本戦において、韓国チームがメンバー表の提出後に大幅なスタメン変更をしたため、中日時代の監督でもあった日本代表監督の星野仙一に自ら直接謝罪している。

なお、中日入団時に韓国航空会社のアシアナ航空から名古屋(名古屋飛行場中部国際空港) - ソウル(金浦国際空港仁川国際空港)間の航空機永久無償利用権を授与されている。また、名古屋市から「なごや観光大使」に任命されている。

日韓両国で100セーブポイント(セーブではない)を達成した初の投手である。

詳細情報

年度別投手成績




【球

団】























ブ




ド
































ボ











W
H
I
P

1985 | ヘテ | 25 | 3 | 1 | 0 | -- | 7 | 4 | 8 | -- | .636 | 424 | 111.0 | 74 | 2 | 20 | 4 | 3 | 103 | 3 | 0 | 30 | 21 | 1.70 | 0.85
1986 | 39 | 22 | 19 | 8 | -- | 24 | 6 | 6 | -- | .800 | 972 | 262.2 | 153 | 2 | 52 | 5 | 7 | 214 | 3 | 2 | 38 | 29 | 0.99 | 0.78
1987 | 31 | 11 | 7 | 4 | -- | 14 | 2 | 6 | -- | .875 | 604 | 162.0 | 89 | 2 | 47 | 1 | 3 | 144 | 1 | 1 | 21 | 16 | 0.89 | 0.84
1988 | 31 | 12 | 9 | 1 | -- | 16 | 5 | 10 | -- | .762 | 674 | 178.1 | 116 | 3 | 35 | 0 | 7 | 200 | 0 | 1 | 29 | 24 | 1.21 | 0.85
1989 | 36 | 12 | 8 | 6 | -- | 21 | 3 | 8 | -- | .875 | 618 | 169.0 | 82 | 2 | 48 | 0 | 7 | 198 | 4 | 1 | 27 | 22 | 1.17 | 0.77
1990 | 35 | 16 | 8 | 6 | -- | 22 | 6 | 4 | -- | .786 | 724 | 190.1 | 121 | 1 | 50 | 1 | 8 | 189 | 5 | 0 | 35 | 24 | 1.13 | 0.90
1991 | 35 | 22 | 12 | 3 | -- | 19 | 4 | 6 | -- | .826 | 761 | 203.0 | 135 | 8 | 25 | 0 | 8 | 210 | 1 | 1 | 42 | 35 | 1.55 | 0.79
1992 | 11 | 2 | 1 | 1 | -- | 2 | 0 | 8 | -- | 1.000 | 119 | 32.2 | 20 | 0 | 10 | 0 | 2 | 42 | 1 | 0 | 1 | 1 | 0.28 | 0.92
1993 | 49 | 1 | 0 | 0 | -- | 10 | 3 | 31 | -- | .769 | 433 | 126.1 | 48 | 2 | 20 | 0 | 6 | 164 | 0 | 0 | 11 | 11 | 0.78 | 0.54
1994 | 27 | 8 | 3 | 0 | -- | 6 | 4 | 12 | -- | .600 | 404 | 102.1 | 81 | 5 | 21 | 0 | 8 | 94 | 3 | 2 | 31 | 31 | 2.73 | 1.00
1995 | 48 | 0 | 0 | 0 | -- | 5 | 3 | 33 | -- | .625 | 381 | 109.1 | 49 | 1 | 14 | 3 | 3 | 140 | 6 | 0 | 9 | 6 | 0.49 | 0.58
1996 | 中日 | 38 | 1 | 0 | 0 | 0 | 5 | 1 | 3 | -- | .833 | 248 | 54.0 | 62 | 4 | 22 | 3 | 3 | 67 | 1 | 0 | 35 | 33 | 5.50 | 1.56
1997 | 43 | 0 | 0 | 0 | 0 | 1 | 1 | 38 | -- | .500 | 232 | 63.1 | 36 | 0 | 12 | 0 | 1 | 69 | 0 | 1 | 9 | 9 | 1.28 | 0.76
1998 | 42 | 0 | 0 | 0 | 0 | 3 | 0 | 29 | -- | 1.000 | 187 | 48.2 | 31 | 4 | 11 | 0 | 0 | 58 | 1 | 0 | 8 | 8 | 1.48 | 0.86
1999 | 39 | 0 | 0 | 0 | 0 | 1 | 2 | 28 | -- | .333 | 131 | 31.0 | 31 | 1 | 10 | 1 | 0 | 34 | 4 | 0 | 9 | 9 | 2.61 | 1.32
KBO:11年 367 | 109 | 68 | 29 | -- | 146 | 40 | 132 | -- | .785 | 6114 | 1647.0 | 968 | 28 | 342 | 14 | 62 | 1698 | 27 | 8 | 274 | 220 | 1.20 | 0.80
NPB:4年 162 | 1 | 0 | 0 | 0 | 10 | 4 | 98 | -- | .714 | 798 | 197.0 | 160 | 9 | 55 | 4 | 4 | 228 | 6 | 1 | 61 | 59 | 2.70 | 1.09

年度別監督成績

レギュラーシーズン
年度
球団
【順位】
【公式戦順位】
試合
勝利
敗戦
引分
勝率
ゲーム差
2005 | サムスン | 1 | 1 | 126 | 74 | 48 | 4 | .607 | -
2006 | 1 | 1 | 126 | 73 | 50 | 3 | .593 | -
2007 | 4 | 4 | 126 | 62 | 60 | 4 | .508 | 11.5
2008 | 4 | 4 | 126 | 65 | 61 | 0 | .516 | 18.0
2009 | 5 | 5 | 133 | 64 | 69 | 0 | .481 | 17.0
2010 | 2 | 2 | 133 | 79 | 52 | 2 | .594 | 5.0
2012 | 起亜 | 5 | 5 | 133 | 62 | 65 | 6 | .488 | 16.0
2013 | 8 | 8 | 128 | 51 | 74 | 3 | .408 | 23.5
通算:8年 1031 | 530 | 479 | 22 | .525 | 
ポストシーズン
【年度】
【球団】
【ステージ】
【対戦相手】
【結果】
星取表
2005 | サムスン | 韓国シリーズ | 斗山 | 4勝 | ○○○○
2006 | ハンファ | 4勝1敗1分け | ○●○○△○
2007 | 準プレーオフ | 1勝2敗 | ●○●
2008 | 準プレーオフ | ロッテ | 3勝 | ○○○
プレーオフ | 斗山 | 2勝4敗 | ●○○●●●
2010 | プレーオフ | 斗山 | 3勝2敗 | ○●●○○
韓国シリーズ | SK | 4敗 | ●●●●

タイトル

KBO
NPB

表彰

KBO
NPB

記録

NPB初記録
NPBその他の記録

背番号

関連情報

応援歌

脚注

  1. ^ 宣銅烈コーチ「台湾戦で必ず勝利する」 北京五輪アジア予選 東亜日報 2007年11月29日
  2. ^ 최혜원(崔惠媛) 이름, 바로 쓰고 바로 부르기 国立国語院
  3. ^ ベースボールマガジン、2011年11月号 P90-P91
  4. ^ スポーツニッポン 1995年12月16日 3面内記事
  5. ^ スポーツニッポン 1995年12月20日 3面内記事
  6. ^ 当時は最多セーブポイント数で最優秀救援投手を表彰していたため、タイトル獲得は佐々木(41SP)のみ。
  7. ^ 【WBC】イチローにぶつけた裴英洙が「烈士」扱い?
  8. ^ <野球>三星の宣銅烈監督が電撃辞任 - 2010年12月30日
  9. ^ KBO, 국가대표팀 전임감독에 선동열 전 WBC대표팀 투수코치 선임 - 2017年7月24日
  10. ^ [사진선동열 감독,"야구대표팀 감독직에서 사퇴하겠습니다"] - 2018年11月14日
  11. ^ 宣銅烈「冷ややかさに耐えた李承燁」中央日報
  12. ^ http://beijing2008.nikkansports.com/baseball/asia/p-bb-tp0-20071205-291562.html
  13. ^ 丸目蔵人『アジオン・ラヴァーズ』、1996年12月、大村書店、P170

関連項目

外部リンク

起亜タイガース監督 2012-2014
  • 金東燁 1982-1982.4.28
  • 趙昌秀 1982.4.29-1982(代行)
  • 金応龍 1983-2000
  • 金城漢 2001-2004.7.26
  • 柳南鎬 2004.7.27-2005.7.25
  • 徐定煥 2005.7.26-2007
  • 曺凡鉉 2008-2011
  • 宣銅烈 2012-2014
  • 金杞泰 2015-


サムスン・ライオンズ監督 2005-2010


業績
韓国野球委員会最多セーブ
1980年代 | 
  • 82 黄圭奉
  • 83 黄泰煥
  • 84 尹錫環
  • 85 權寧浩
  • 86 金龍洙
  • 87 金龍洙
  • 88 尹錫環
  • 89 金龍洙

1990年代 | 
  • 90 宋津宇
  • 91 曺圭帝
  • 92 宋津宇
  • 93 宣銅烈
  • 94 鄭明源
  • 95 宣銅烈
  • 96 具臺晟
  • 97 李尚勲
  • 98 林昌勇
  • 99 林昌勇

  • 2000年代 | 
  • 00 陳弼重
  • 01 申潤浩
  • 02 趙鏞俊
  • 03 曺雄天
  • 04 林昌勇
  • 05 鄭載勳
  • 06 呉昇桓
  • 07 呉昇桓
  • 08 呉昇桓
  • 09 李庸燦

  • 2010年代 | 
  • 10 孫勝洛
  • 11 呉昇桓
  • 12 呉昇桓
  • 13 孫勝洛
  • 14 孫勝洛
  • 15 林昌勇
  • 16 金勢玹
  • 17 孫勝洛
  • 18 鄭ウラム


  • 韓国野球委員会MVP
    1980年代 | 

    1990年代 | 
  • 90 宣銅烈
  • 91 張鍾勲
  • 92 張鍾勲
  • 93 金聲來
  • 94 李鍾範
  • 95 金湘昊
  • 96 具臺晟
  • 97 李承燁
  • 98 ウッズ
  • 9
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    出典:wikipedia
    2018/12/12 07:20

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「宣銅烈」の意味を投稿しよう
    「宣銅烈」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    宣銅烈スレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「宣銅烈」のスレッドを作成する
    宣銅烈の」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
  • 2010Happy Mail