このキーワード
友達に教える
URLをコピー

富士錦とは?

(富士錦から転送)

富士錦 猛光(ふじにしき たけみつ、1937年3月18日 - 2003年12月17日)は、山梨県甲府市出身で高砂部屋所属の元大相撲力士。本名は一宮章(旧姓は渡辺)。身長175cm、体重136kg。得意手は突き、押し。最高位は東小結。長男はプロレスラー一宮章一。次男は元横綱朝青龍マネージャーの一宮章広。その風貌と優しく穏やかな性格から「平和ちゃん」の愛称で親しまれた。

目次

  • 1 来歴
  • 2 秘話
  • 3 主な成績
    • 3.1 場所別成績
  • 4 年寄変遷
  • 5 関連項目
  • 6 脚注

来歴

小学生の頃に相撲を初め当初は嫌々だったが強くなり中学生の時には県大会で優勝、高校1年で国体に出場するなどの実績を残した。

1952年(昭和27年)夏に髙砂一門が巡業に来た際に勧誘され後に4代目髙砂親方(元横綱前田山)から直々に勧誘されて入門を決意、1953年(昭和28年)3月場所初土俵

四股名は入門当初に目を掛けてくれた髙砂部屋の横綱東富士の『富士』を頂戴して命名した。立合いに頭で当たって遮二無二行う突き押しが強かったが四つに組むと脆かった。一時期右で前ミツを取って出し投げを打っていたが、富士錦自体上背が無いためそれを行うと自分の体が浮いて上手くいかず、周囲にも怒られたためやらなくなった。

1959年1月場所新入幕。この場所は5勝10敗と大敗し十両に陥落。しかし1場所で返り咲きそれ以降は平幕上位に定着する。1963年(昭和38年)の7月場所中に母を亡くしたが奮起し、不振とはいえ2大関(豊山栃ノ海)を倒して9勝6敗の成績を挙げ殊勲賞を獲得した。

1964年(昭和39年)、母の1周忌を済ませて臨んだ7月場所は誰しもが驚く絶好調、大鵬柏戸の二横綱が休場不在とはいえ、豊山、佐田の山ら4人の大関を差し置いて14勝1敗の好成績を挙げて優勝した。千秋楽では激しく突き合い強敵の西関脇北の富士突っ張りにひるまず、相手の出足を止めると一瞬の隙を見て左から叩き込んだ。上位での番付運に恵まれず小結で勝ち越すこと3回、さらに14勝1敗の好成績での優勝までありながら、関脇にはなれなかったが実力は関脇と認められている。史上初の最高位が小結の優勝力士になった。3横綱の内2人が休場し、平幕が優勝を果たした例としても、戦後15日制下ではこれが第1号。

1968年(昭和43年)11月場所は1勝14敗と大敗して現役を引退、年寄西岩を襲名。後に尾上と名跡を改め、髙砂部屋付き年寄として高見山らを厳しく指導した。

1988年(昭和63年)に5代目髙砂(元横綱3代朝潮)が亡くなると6代目髙砂浦五郎として髙砂部屋を継承した。師匠としては先代から引き継いだ4代朝潮は既に衰え、朝潮の引退後小錦は横綱目前、水戸泉は大関を狙える所まで進みながら、どちらも膝の故障で果たせず番付を下げるなど力士の育成に苦労したが、直弟子の小結・闘牙、十両・泉州山など個性的な力士を輩出した。

しかし、2000年(平成12年)に闘牙が交通事故(人身事故)を起こしたことで師匠としての責任を問われ降格、減給処分を受けた。この頃から体調が優れなくなり、入退院を繰り返すようになった。

2002年(平成14年)に元大関:4代朝潮の若松親方と年寄名跡を交換して部屋を譲り3月場所後に停年退職。退職後も髙砂部屋や一門の東関部屋に顔を出し、稽古を視察するなど元気な姿を見せていたが、2003年(平成15年)12月17日に慢性腎不全で死去した。66歳没。

墓石には「六代目 高砂浦五郎」と刻まれている。

1994年(平成6年)、東京都台東区に髙砂部屋が入った自宅マンションを建てたが、2002年(平成14年)の若松部屋との合併により、髙砂部屋は若松部屋の建物に移転する形となったことから、相撲部屋としては空き家になった。そのため、現在では独立間もない若手の部屋持ち親方に部屋を貸している(現在は千賀ノ浦部屋が入居)。

秘話

主な成績

場所別成績

富士錦猛光
【】
【一月場所
初場所(東京)】
【三月場所
春場所(大阪)】
【五月場所
夏場所(東京)】
【七月場所
名古屋場所(愛知)】
【九月場所
秋場所(東京)】
【十一月場所
九州場所(福岡)】

1953年
(昭和28年) 【x】
西新序
3–0 西序二段26枚目
5–3 【x】
東序二段10枚目
4–4 【x】

1954年
(昭和29年) 東序二段5枚目
5–3 西三段目50枚目
4–4 東三段目48枚目
4–4 【x】
西三段目44枚目
6–2 【x】

1955年
(昭和30年) 東三段目29枚目
5–3 東三段目8枚目
4–4 東三段目3枚目
3–5 【x】
西三段目5枚目
5–3 【x】

1956年
(昭和31年) 東幕下53枚目
5–3 西幕下43枚目
6–2 東幕下35枚目
6–2 【x】
西幕下24枚目
優勝
7–1 【x】

1957年
(昭和32年) 西幕下6枚目
2–6 東幕下15枚目
7–1 東幕下3枚目
3–5 【x】
東幕下8枚目
4–4 東幕下8枚目
5–3
1958年
(昭和33年) 西幕下4枚目
6–2 西十両24枚目
8–7 東十両23枚目
11–4 西十両14枚目
8–7 西十両10枚目
11–4 西十両2枚目
11–4
1959年
(昭和34年) 東前頭18枚目
5–10 東十両3枚目
12–3 西前頭18枚目
9–6 西前頭14枚目
12–3
西前頭3枚目
4–11 東前頭11枚目
12–3

1960年
(昭和35年) 東前頭2枚目
9–6 西小結
7–8 西前頭2枚目
5–10 西前頭6枚目
5–10
東前頭7枚目
6–9 東前頭11枚目
11–4
1961年
(昭和36年) 西前頭4枚目
10–5
西張出小結
8–7 東小結
7–8 東前頭筆頭
9–6 東小結
8–7 東小結
8–7
1962年
(昭和37年) 西小結
4–11 東前頭5枚目
7–8 西前頭4枚目
4–11 西前頭10枚目
9–6 東前頭5枚目
8–7 西前頭筆頭
4–11
1963年
(昭和38年) 西前頭7枚目
11–4 東前頭筆頭
8–7
西小結
4–11 西前頭3枚目
9–6
西小結
2–8–5 西前頭7枚目
8–7
1964年
(昭和39年) 西前頭3枚目
7–8 西前頭3枚目
4–11 西前頭5枚目
5–10 西前頭9枚目
14–1
東小結
4–11 西前頭4枚目
6–9

1965年
(昭和40年) 東前頭6枚目
8–7 西前頭3枚目
5–10 西前頭5枚目
6–9 西前頭7枚目
10–5 東前頭3枚目
7–8
西前頭3枚目
8–7
1966年
(昭和41年) 東前頭3枚目
8–7 西前頭2枚目
6–9
西前頭3枚目
9–6
東前頭筆頭
6–9 西前頭3枚目
7–8 西前頭3枚目
10–5
1967年
(昭和42年) 西張出小結
6–9 東前頭2枚目
8–7
東前頭筆頭
2–13 西前頭5枚目
7–8 西前頭6枚目
5–10 東前頭9枚目
8–7
1968年
(昭和43年) 東前頭7枚目
8–7 西前頭5枚目
5–10 西前頭8枚目
7–8 東前頭9枚目
6–9 東前頭12枚目
8–7 西前頭9枚目
引退
1–14–0
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。 優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞:=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞 その他:=金星
番付階級:幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列:横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)


年寄変遷

関連項目

脚注

  1. ^ ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(3) 高砂部屋』p20
  2. ^ ベースボールマガジン社『大相撲戦後70年史』25ページ
  3. ^ ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(3) 高砂部屋』p56-59
  4. ^ 大鵬の大関時代までは富士錦の3勝5敗と健闘していたが、大鵬の横綱昇進後は22戦全敗で1度も勝てなかった。
  5. ^ ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(3) 高砂部屋』p41
  6. ^ 『大相撲ジャーナル』2017年8月号 p42
  7. ^ ほかに若浪がいる。なお、大蛇山は平幕止まり。
  8. ^ 『相撲』2018年3月号 p.114-115
  9. ^ ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(3) 高砂部屋』p38
  10. ^ 元小結・富士錦の棺で歌った…床寿“涙のカラオケ” 夕刊フジ 2008年12月15日閲覧
  11. ^ ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(3) 高砂部屋』p49-51
  12. ^ 右足首関節挫傷により10日目から途中休場
大相撲幕内優勝力士
1910年代
以前 | 

1920年代 | 
  • 常ノ花寛市
  • 鶴ヶ濱増太郎
  • 西ノ海嘉治郎 (3代)
  • 大蛇山酉之助
  • 宮城山福松
  • 常陸岩英太郎
  • 能代潟錦作
  • 玉錦三右エ門
  • 豊國福馬

  • 1930年代 | 
  • 山錦善治郎
  • 武藏山武
  • 綾櫻由太郎
  • 清水川元吉
  • 沖ツ海福雄
  • 男女ノ川登三
  • 双葉山定次
  • 出羽湊利吉

  • 1940年代 | 
  • 安藝ノ海節男
  • 羽黒山政司
  • 佐賀ノ花勝巳
  • 前田山英五郎
  • 備州山大八郎
  • 東富士欽壹
  • 増位山大志郎
  • 千代の山雅信

  • 1950年代 | 
  • 照國萬藏
  • 栃錦清隆
  • 鏡里喜代治
  • 時津山仁一
  • 吉葉山潤之輔
  • 三根山隆司
  • 朝潮太郎 (3代)
  • 若乃花幹士 (初代)
  • 安念山治
  • 玉乃海太三郎
  • 若羽黒朋明

  • 1960年代 | 
  • 若三杉彰晃
  • 大鵬幸喜
  • 柏戸剛
  • 佐田の山晋松
  • 栃ノ海晃嘉
  • 北葉山英俊
  • 富士錦猛光
  • 北の富士勝昭
  • 若浪順
  • 玉の海正洋
  • 琴櫻傑將
  • 清國勝雄

  • 1970年代 | 
  • 栃東知頼
  • 長谷川勝敏
  • 輪島大士
  • 高見山大五郎
  • 北の湖敏満
  • 魁傑將晃
  • 貴ノ花健士
  • 金剛正裕
  • 三重ノ海剛司
  • 若乃花幹士 (2代)

  • 1980年代 | 
  • 千代の富士貢
  • 琴風豪規
  • 隆の里俊英
  • 北天佑勝彦
  • 若嶋津六夫
  • 多賀竜昇司
  • 朝潮太郎 (4代)
  • 北勝海信芳
  • 大乃国康
  • 旭富士正也
  • 小錦八十吉

  • 1990年代 | 
  • 霧島一博
  • 琴富士孝也
  • 琴錦功宗
  • 貴乃花光司
  • 曙太郎
  • 水戸泉政人
  • 若乃花勝
  • 武蔵丸光洋
  • 貴ノ浪貞博
  • 千代大海龍二
  • 出島武春

  • 2000年代 | 
  • 武双山正士
  • 貴闘力忠茂
  • 魁皇博之
  • 琴光喜啓司
  • 栃東大裕
  • 朝青龍明徳
  • 白鵬翔
  • 琴欧洲勝紀
  • 日馬富士公平

  • 2010年代 | 
  • 把瑠都凱斗
  • 旭天鵬勝
  • 鶴竜力三郎
  • 照ノ富士春雄
  • 琴奨菊和弘
  • 豪栄道豪太郎
  • 稀勢の里寛
  • 栃ノ心剛史
  • 御嶽海久司

  • 年代は初優勝、しこ名は最後の優勝時。太字は10回以上、赤太字は最多優勝

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    出典:wikipedia
    2018/10/23 09:48

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「富士錦」の意味を投稿しよう
    「富士錦」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    富士錦スレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「富士錦」のスレッドを作成する
    富士錦の」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    無料コミックを探す
    占い・診断
    着メロを探す
    GAMEを探す
    デコメを探す
    きせかえツールを探す
    FLASH待ち受けを探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail