このキーワード
友達に教える
URLをコピー

寺内崇幸とは?

【基本情報】

【国籍】
日本
【出身地】
栃木県栃木市
【生年月日】
(1983-05-27) 1983年5月27日(35歳)
【身長
体重】
177 cm
73 kg
【選手情報】

【投球・打席】
右投右打
【ポジション】
二塁手三塁手遊撃手
【プロ入り】
2006年 大学生・社会人ドラフト6巡目
【初出場】
2008年3月29日
【最終出場】
2017年9月14日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴


監督・コーチ歴


この表について
この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

プロジェクト:野球選手 テンプレート


寺内 崇幸(てらうち たかゆき、1983年5月27日 - )は、栃木県栃木市出身の元プロ野球選手(内野手)、プロ野球監督。右投右打。

目次

  • 1 経歴
    • 1.1 プロ入り前
    • 1.2 巨人時代
    • 1.3 引退後
  • 2 選手としての特徴
  • 3 詳細情報
    • 3.1 年度別打撃成績
    • 3.2 年度別守備成績
    • 3.3 表彰
    • 3.4 記録
    • 3.5 背番号
    • 3.6 登場曲
    • 3.7 代表歴
  • 4 脚注
  • 5 関連項目
  • 6 外部リンク

経歴

プロ入り前

栃木県立栃木工業高等学校からJR東日本入り。都市対抗野球大会ではJR東日本硬式野球部の4強入りに貢献、インターコンチネンタル杯では日本代表入り。

2006年大学生・社会人ドラフト会議において読売ジャイアンツから6巡目指名を受け入団。背番号は「69」。

巨人時代

2007年の春季キャンプで、金刃憲人上野貴久円谷英俊と共に、球団としては4年ぶりの新人一軍スタート。開幕後は二軍で経験を積む。

2008年から、背番号を2006年まで大西崇之が背負った「00」に変更。5月23日に一軍昇格し、5月24日の対埼玉西武ライオンズ戦でスタメン出場を果たすと、帆足和幸からプロ初打席安打を放った。6月1日の福岡ソフトバンクホークス戦では延長12回表に一時勝ち越しとなる適時三塁打を放ち、プロ初打点を記録した。この年は62試合に出場し、80打席ながら3割を記録した。

2009年は自身初の開幕一軍入り。4月18日の中日ドラゴンズ戦で決勝点となるプロ初ホームランチェン・ウェインから放ったものの、打率は1割台に低迷。主に代走守備固めとしてチームのリーグ優勝に貢献した。

2010年も開幕一軍入りを果たしたが、代走や守備固めのみの出場でシーズン無安打に終わり、一軍と二軍とを行き来した。オフの秋季キャンプでは原辰徳監督の指示により、緊急時の第三捕手になるべく捕手練習に取り組んだ。

2011年古城茂幸から内野の守備要員のポジションを奪い、3年連続の開幕一軍を果たす。前半戦はこれまで同様代走や守備固めでの出場が主だったが、後半戦に入ると課題の打撃に改善が見られ、小笠原道大の負傷等も重なって主に相手投手が左投手の時にスタメン出場した。9月14日の横浜ベイスターズ戦ではブレント・リーチから2点適時打を放って2年ぶりに打点を挙げた。その後は7試合連続安打を記録。シーズン最後の5試合は相手投手の左右にかかわらず2番・三塁でスタメン出場した。CSでは急性虫垂炎で一軍を外れた藤村大介に代わりセカンドのスタメンを務めた。

2012年は藤村、古城、ロッテから移籍してきた高口隆行とのセカンド争いを制し、ヤクルトとの開幕戦に「8番・二塁」で出場。6年目で初めての開幕スタメンの座を手に入れた。シーズン中は藤村と併用され、主に相手投手が左投手の時に先発出場していた。中日とのクライマックスシリーズファイナルステージでは第6戦にスタメン出場し、2回無死満塁から先制の2点タイムリーを放ち、これが勝利打点となった。

2013年は自己最多の114試合に出場し、故障の中日のエクトル・ルナの代役としてオールスターゲームにも初出場。広島とのクライマックスシリーズファイナルステージ第2戦(東京ドーム)では前田健太から決勝点となる3ラン本塁打を放ち、本人も「まさか入るとは思わなかった」とコメントした。楽天との日本シリーズ第2戦(クリネックススタジアム宮城)では田中将大からソロ本塁打を放った。また、28補殺は二塁手として最多補殺のシリーズタイ記録となった。

2014年は春季キャンプ終盤の2月下旬の右肩痛により出遅れる。リハビリにより二軍で実戦復帰を果たすものの、4月下旬に左ふくらはぎの肉離れで離脱。6月28日に一軍に昇格したが、僅か40試合の出場だった。オフの10月13日に1歳年下の一般女性と結婚。10月21日に、「日本プロ野球80周年記念試合」の阪神・巨人連合チームに選出された事が発表された。

2015年は開幕を一軍で迎えるも、5月23日の中日戦で左足を痛め途中交代後、診断の結果左ふくらはぎの肉離れと判明し、翌日に登録を抹消された。9月に一軍復帰し、9月23日の阪神タイガース戦でプロ初となるサヨナラ打を放った。シーズンを通しては前年を下回る31試合の出場に終わった。

2016年はFA権を取得した。この年は前年を上回る55試合に出場したが打率1割台と結果を残せなかった。

2017年はシーズン序盤から主に二塁の守備固めとして試合に途中出場。9月5日、松本市野球場での中日戦も同じく二塁の守備固めで途中出場し、延長11回裏に1死二塁・三塁で打席に立ち福谷浩司から左翼席場外にプロ入り初のサヨナラ弾となる3点本塁打を放った。一軍では実に4年ぶりのアーチだった。

2018年は春季キャンプ中の下半身の故障などで出遅れたため一軍出場がなく、10月1日に戦力外通告を受ける。12日に現役引退が明らかになった。

引退後

2018年12月19日、BCリーグ栃木ゴールデンブレーブスの監督就任が発表された。

選手としての特徴

遠投120メートル、50メートル走5.9秒を誇る俊足強肩の選手。守備力や小技に定評がある一方、打撃に課題がある。

巨人の監督の原辰徳からは「スーパーサブという面では、セ・リーグを代表する選手」と評される。ユーティリティーの高さを見込まれ、2010年から定期的に捕手の守備練習も行っている。

詳細情報

年度別打撃成績









































































O
P
S

2008 | 巨人 | 62 | 80 | 73 | 18 | 22 | 3 | 1 | 0 | 27 | 3 | 6 | 4 | 2 | 0 | 4 | 0 | 1 | 18 | 0 | .301 | .346 | .370 | .716
2009 | 78 | 92 | 84 | 7 | 14 | 2 | 0 | 1 | 19 | 1 | 2 | 0 | 4 | 0 | 2 | 0 | 2 | 22 | 2 | .167 | .205 | .226 | .431
2010 | 31 | 9 | 8 | 3 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 1 | 0 | 0 | 0 | 0 | 4 | 0 | .000 | .000 | .000 | .000
2011 | 73 | 128 | 107 | 13 | 19 | 4 | 0 | 0 | 23 | 8 | 6 | 0 | 16 | 0 | 4 | 0 | 1 | 26 | 1 | .178 | .214 | .215 | .429
2012 | 103 | 225 | 191 | 22 | 46 | 5 | 1 | 1 | 56 | 5 | 11 | 2 | 13 | 2 | 16 | 0 | 3 | 43 | 6 | .241 | .307 | .293 | .600
2013 | 114 | 274 | 240 | 24 | 54 | 5 | 1 | 2 | 67 | 12 | 6 | 2 | 21 | 0 | 11 | 1 | 2 | 45 | 6 | .225 | .265 | .279 | .544
2014 | 40 | 41 | 35 | 7 | 7 | 0 | 0 | 0 | 7 | 0 | 4 | 0 | 4 | 0 | 0 | 0 | 2 | 10 | 1 | .200 | .243 | .200 | .443
2015 | 31 | 29 | 24 | 6 | 6 | 0 | 0 | 0 | 6 | 3 | 4 | 0 | 4 | 0 | 0 | 0 | 1 | 6 | 0 | .250 | .258 | .250 | .530
2016 | 55 | 33 | 31 | 2 | 4 | 1 | 0 | 0 | 5 | 1 | 0 | 0 | 2 | 0 | 0 | 0 | 0 | 11 | 0 | .129 | .129 | .161 | .290
2017 | 83 | 34 | 25 | 7 | 6 | 3 | 1 | 1 | 14 | 6 | 1 | 0 | 5 | 0 | 3 | 0 | 1 | 8 | 0 | .240 | .345 | .560 | .905
NPB:10年 670 | 945 | 818 | 109 | 178 | 23 | 4 | 5 | 224 | 39 | 40 | 8 | 72 | 2 | 40 | 1 | 13 | 193 | 16 | .218 | .274 | .265 | .538

年度別守備成績

【年
度】
【球
団】
二塁
三塁
遊撃
【試

合】















【試

合】
【刺

殺】
【補

殺】
【失

策】
【併

殺】
【守

率】
【試

合】
【刺

殺】
【補

殺】
【失

策】
【併

殺】



2008 | 巨人 | 30 | 27 | 38 | 0 | 12 | 1.000 | 22 | 5 | 15 | 3 | 3 | .870 | 6 | 1 | 8 | 0 | 1 | 1.000
2009 | 29 | 44 | 59 | 0 | 9 | 1.000 | 41 | 6 | 26 | 1 | 1 | .970 | 4 | 3 | 3 | 0 | 1 | 1.000
2010 | 12 | 7 | 11 | 0 | 2 | 1.000 | 15 | 2 | 2 | 1 | 0 | .800 | -
2011 | 25 | 39 | 38 | 1 | 7 | .987 | 49 | 18 | 54 | 2 | 2 | .973 | 2 | 2 | 0 | 0 | 0 | 1.000
2012 | 74 | 138 | 177 | 3 | 43 | .991 | 24 | 3 | 6 | 1 | 1 | .900 | 12 | 4 | 9 | 1 | 2 | .929
2013 | 96 | 158 | 207 | 6 | 35 | .984 | - | 21 | 10 | 28 | 1 | 3 | .974
2014 | 13 | 17 | 18 | 0 | 1 | 1.000 | 20 | 6 | 10 | 0 | 0 | 1.000 | 5 | 2 | 4 | 0 | 0 | 1.000
2015 | 9 | 8 | 8 | 0 | 3 | 1.000 | 12 | 0 | 7 | 0 | 0 | 1.000 | 8 | 6 | 9 | 1 | 0 | .938
2016 | 33 | 20 | 32 | 0 | 7 | 1.000 | 8 | 3 | 2 | 0 | 1 | 1.000 | 10 | 4 | 11 | 1 | 2 | .938
2017 | 62 | 24 | 49 | 1 | 9 | .986 | 8 | 1 | 0 | 1 | 0 | .500 | 7 | 3 | 5 | 0 | 1 | 1.000
通算 383 | 482 | 627 | 11 | 128 | .990 | 199 | 44 | 122 | 9 | 8 | .948 | 75 | 35 | 77 | 4 | 10 | .965

表彰

記録

初記録
その他記録

背番号

登場曲

代表歴

脚注

  1. ^ この背番号はのちに、同じ栃木県出身の松崎啄也に受け継がれることになる。
  2. ^ 巨人内野手の寺内 捕手に挑戦「何でもやりたい」 Sponichi Annex 2010年11月12日
  3. ^ 出場選手NPB公式サイト
  4. ^ 産経新聞2013年10月18日付スポーツ面
  5. ^ 第2戦試合結果日本シリーズ公式サイト
  6. ^ 朝日新聞2013年11月4日スポーツ面
  7. ^ 日刊スポーツ2014年10月13日一面
  8. ^ 2014 SUZUKI 日米野球シリーズ 阪神・巨人連合チーム出場選手発表 阪神タイガース公式サイト (2014年10月21日) 2015年5月26日閲覧
  9. ^ 巨人・村田交流戦アウト、新たな肉離れ発覚 寺内も肉離れ抹消へ スポーツニッポン 2015年5月24日
  10. ^ 巨人寺内が人生初サヨナラ打 M点灯阻止2差離れん 日刊スポーツ 2015年9月24日
  11. ^ 巨人寺内引退「12年間できたことが一番の思い出」日刊スポーツ 2018年10月12日掲載
  12. ^ 2019年シーズン 栃木ゴールデンブレーブス 新首脳陣発表 - 栃木ゴールデンブレーブス(2018年12月19日)
  13. ^ 巨人、片岡獲得へ本格調査 二塁手補強 日刊スポーツ 2013年11月9日
  14. ^ 【巨人】寺内が球宴出場、原監督が太鼓判 日刊スポーツ 2013年7月17日
  15. ^ 【巨人】有事対策、キャッチャー寺内 日刊スポーツ 2012年10月11日

関連項目

外部リンク

栃木ゴールデンブレーブス 2018 - 2019
監督 | 

コーチ | 
  • 9 飯原誉士(選手兼ヘッド)
  • 61 金無英(投手)
  • 27 八木健史(バッテリー)
  • 岡田幸文(外野守備走塁)

  • 投手 | 
  • 11 前田大佳
  • 14 吉川竜太郎
  • 16 比嘉大智
  • 18 金本享祐
  • 19 秋山陸
  • 21 橋詰循
  • 北方悠誠
  • 若松駿太
  • 齋藤誠哉

  • 捕手 | 
  • 秋庭蓮

  • 内野手 | 
  • 2 谷津鷹明
  • 3 新山進也
  • 6 野崎新矢
  • 7 ルーカス
  • 37 松井永吉

  • 外野手 | 
  • 9 飯原誉士(ヘッドコーチ兼任)
  • 32 山崎貴之
  • 55 高野勇太

  • 練習生 | 
  • 67 坂田将人(投手)


  • 栃木ゴールデンブレーブスの歴代監督


    読売ジャイアンツ - 2006年ドラフト指名選手
    大学生・社会人 | 

    高校生 | 
  • 1巡目:坂本勇人
  • 3巡目:田中大二郎
  • 4巡目:伊集院峰弘

  • 育成選手 | 
  • 1巡目:鈴木誠
  • 2巡目:下山学
  • 3巡目:松本哲也
  • 4巡目:隠善智也
  • 5巡目:芦沢明
  • 6巡目:作田啓一
  • 7巡目:大抜亮祐


  • ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    出典:wikipedia
    2019/01/15 06:01

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「寺内崇幸」の意味を投稿しよう
    「寺内崇幸」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    寺内崇幸スレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「寺内崇幸」のスレッドを作成する
    寺内崇幸の」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail