このキーワード
友達に教える
URLをコピー

専修大学とは?

学校法人専修大学 > 専修大学
【専修大学】

120年記念館(生田キャンパス)

【大学設置】
1923年
【創立】
1880年
【学校種別】
私立
【設置者】
学校法人専修大学
【本部所在地】
東京都千代田区神田神保町3-8
北緯35度41分48.6秒 東経139度45分13.8秒 / 北緯35.696833度 東経139.753833度 / 35.696833; 139.753833座標: 北緯35度41分48.6秒 東経139度45分13.8秒 / 北緯35.696833度 東経139.753833度 / 35.696833; 139.753833
【キャンパス】
神田(東京都千代田区)
生田(神奈川県川崎市多摩区)
伊勢原(神奈川県伊勢原市)
【学部】
経済学部
法学部
経営学部
商学部
文学部
人間科学部
ネットワーク情報学部
【研究科】
経済学研究科
法学研究科
文学研究科
経営学研究科
商学研究科
法務研究科
【ウェブサイト】
専修大学公式サイト

専修大学(せんしゅうだいがく、英語: Senshu University)は、東京都千代田区神田神保町3-8に本部を置く日本私立大学である。1923年に設置された。大学の略称専修(せんしゅう)、専大(せんだい)。北緯35度41分48.6秒
東経139度45分13.8秒

目次

  • 1 概観
    • 1.1 大学全体
    • 1.2 創立主旨
    • 1.3 学風および特色
      • 1.3.1 21世紀ビジョン「社会知性の開発」
  • 2 沿革
    • 2.1 略歴
    • 2.2 年表
  • 3 基礎データ
    • 3.1 所在地
    • 3.2 象徴
      • 3.2.1 校旗・校章
      • 3.2.2 校歌
      • 3.2.3 スクールカラー
      • 3.2.4 マスコット
  • 4 教育および研究
    • 4.1 学部
    • 4.2 大学院
    • 4.3 専門職大学院
    • 4.4 短期大学
    • 4.5 附属機関
    • 4.6 専修大学出版局
    • 4.7 研究
    • 4.8 教育
      • 4.8.1 エクステンションセンター
  • 5 学生生活
    • 5.1 懸賞論文・文芸作品コンクール
    • 5.2 スポーツ
    • 5.3 学園祭
    • 5.4 アクア&フィットネス会員
    • 5.5 卒業パーティー
  • 6 施設
    • 6.1 神田キャンパス
      • 6.1.1 建築物
      • 6.1.2 体育館
      • 6.1.3 学生食堂
      • 6.1.4 講堂
      • 6.1.5 歴代の校舎
    • 6.2 生田キャンパス
      • 6.2.1 エリア
      • 6.2.2 建築物
      • 6.2.3 学生食堂
      • 6.2.4 講堂
      • 6.2.5 エリア放送
    • 6.3 キャンパス構想
  • 7 大学関係者と組織
    • 7.1 大学関係者組織
      • 7.1.1 専修大学育友会
      • 7.1.2 専修大学校友会
      • 7.1.3 関連事業等
    • 7.2 大学関係者一覧
  • 8 対外関係
    • 8.1 大学・大学院
    • 8.2 大学院
    • 8.3 地方自治体との協定
    • 8.4 民間企業・法人等との協定
    • 8.5 高大連携
    • 8.6 教育交流提携協定
    • 8.7 教育課程指定連携
  • 9 附属学校
  • 10 系列校
    • 10.1 同一学校法人
    • 10.2 別学校法人
  • 11 社会との関わり
    • 11.1 黒門
    • 11.2 専修大学カップ
    • 11.3 創立130周年記念映画
    • 11.4 テレビCM
    • 11.5 学術団体等事務局
  • 12 エピソード
  • 13 Wiki関係他プロジェクトリンク
  • 14 脚注
  • 15 公式サイト

概観

大学全体

専修大学は1880年9月16日に開校した専修学校(現在の専修学校とは異なる)を前身とし、1922年大学令に基づく大学となった私立大学である。五大法律学校の一校としても知られた。

専修大学の母体は、1875年に日本人の官費留学生によってアメリカ合衆国で結成された「日本法律会社」にまでさかのぼる。当時、明治政府は近代国家の建設を目標に、西欧の先進的な文化を導入するため、積極的に海外留学政策を推し進めており、創立者たちもアメリカへ留学した人物であった。1879年日本法律会社に所属していた相馬永胤目賀田種太郎は、東京市京橋区(現東京都中央区)に法律事務所を開設、そこへほぼ同時期に帰国した田尻稲次郎駒井重格が加わり、アメリカ留学時に構想していた高等教育機関の設立へと動き出す。この構想に賛同した福澤諭吉は、まず慶應義塾内に教育機関を開設するように促した。こうして、1879年12月に開設されたのが慶應義塾夜間法律科である。また、同じくこの構想に賛同した箕作秋坪は、自分の私塾である三汊塾へ法律経済科を設置して、相馬らに教授を任せた。一方、日本法律会社は、東京大学法学部の卒業生らを加え、東京法学会へと発展し、東京攻法館という教育組織を結成していた。慶應義塾や三汊塾の一部としてでは、自分たちの求める高等教育機関として不十分であると感じた相馬らは、本格的に独立した高等教育機関を設立することを模索した。その結果、明治生命本館として使用されていた明治会堂を借り受けられることとなり、慶應義塾夜間法律科と三汊塾法律経済科、東京攻法館を統合し、専修学校を設置することにした。これらの教育機関における実績をもとに、相馬ら8名は、1880年8月7日東京府へ開校届出を提出し、日本初の本格的な私立法律経済学校として認可された。その後、明治会堂の完成が遅延したが、福澤の好意で、簿記講習所を仮校舎として使用することとなり、簿記講習所で開校式が執り行われた。当時、法律学を本格的に教える教育機関は、東京大学法学部司法省法学校など極少数であり、東京大学法学部が英語、司法省法学校が仏語で教授していたのに対し、専修学校法律科は日本語英米法を教授する唯一の本格的法律学校として多くの学生を集めた。明治会堂跡地(現在の東京都中央区銀座3丁目)には、専修大学発祥の碑が設けられている。一方、日本で初めて「経済科」(現在の経済学部)を設置した。日本最初の経済学に関する独立した高等教育機関であり、経済学を組織的に教授する方針をとったことになる。また専門教育課程において経済学を日本語で教授した最初でもある。このように、伝統的に経済学部と法学部が看板学部となっている。

現在では7学部17学科・6大学院研究科を抱える、社会科学人文科学(ネットワーク情報学部のみ文理融合の方針となっている[4])の総合大学へと発展した。

大学本部及び法学部生が通う神田キャンパスは、古くから東京都の中心地である千代田区神田神保町に位置する。皇居北の丸公園靖国神社付近に立地しており、神田五大学とともにカルチエ・ラタンと呼ばれる学生街を形成している。戦後に入ると郊外へとキャンパスを広げ、神田・生田の2キャンパス体制となる。

創立主旨

専修大学の前身である専修学校は「創立主旨」において2つの姿勢を示した。まず「力ヲ専攻ニ致サザルベカラズ」と宣し、各科兼修ではなく一科専修の専門学校をめざして経済法律の2科をおいた。

そして「其他諸科ニ至テハ将サニ漸次計画スルトコロアラントス」と示して、経済法律専修学校として開学した。専修学校とはこれの略称で、一科を専修し、一学を専攻して学問の蘊奥を究めさせるという方針を含意させたものである。

この方針はコロンビア法律学校(相馬)、ハーヴァード法律学校(目賀田)、イェール大学大学院(相馬・田尻)、ラトガース大学(駒井)における専門教育課程での経験、教育制度にならったものと言える。

学風および特色

創立者である相馬永胤・田尻稲次郎・目賀田種太郎・駒井重格らは、明治の初め、米国に留学して新しい学問を学んだ。この幸福を日本にいる多くの青年たちにわかち与えたいと念願して、専修大学を創立した。専修大学では、青年を教育・指導することによって社会に「報恩奉仕」するという精神を建学の精神としており、学風として「質実剛健・誠実力行」を挙げている。

21世紀ビジョン「社会知性の開発」

専修大学では2010年に創立130周年を迎えることになったのを機に、建学の精神である「社会に対する報恩奉仕」を、現代的に捉えなおしたものとして、「社会知性(Socio-Intelligence)の開発」を柱とした、21世紀ビジョンを制定している。

社会知性(Socio-Intelligence)とは、「専門的な知識・技術とそれに基づく思考方法を核としながらも、深い人間理解と倫理観を持ち、地球的視野から独創的な発想により、主体的に社会の諸課題の解決に取り組んでいける能力」である。

沿革

専修学校 (旧制)」も参照
創立者の一人である目賀田種太郎。財政・税制の整備を行い、貴族院議員・韓国財政顧問枢密院顧問などを歴任。
草創期の専修学校の運営に尽力した田尻稲次郎。日本の近代的財政制度を創設し、大蔵次官会計検査院長東京市長などを歴任。

略歴

法律学を学ぶためにアメリカに留学していた相馬永胤は、留学生監督として日本人留学生を支援するかたわら、自身も法律学や欧米の教育制度を調査研究していた目賀田種太郎と親交を深め、勉学組織「日本法律会社」を結成。他方、田尻稲次郎と駒井重格は経済学財政学を学び、協力して財政学書の翻訳を開始。その後、相馬ら法学徒と田尻ら経済学徒は、イェール大学で出会う。 帰国後4人は、米国の教育制度にならい専門教育課程を組織的に日本語で教える「経済科」と「法律科」を併設した「専修学校」を1880年に創立した。1919年に校名を専修大学と改称、1922年大学令により大学として認可された。

年表

基礎データ

所在地

キャンパスは大きく分けて2つあり、東京都心の千代田区神田神保町、日本橋川沿いの俎橋近くにある法学部、二部(夜間部)、法科大学院、付属法律事務所、研究施設、大学本部等が集中する神田キャンパスと、川崎市の北西部にある多摩区、多摩川沿いに南北に広がる多摩丘陵生田緑地に挟まれた高台にある広大な生田キャンパスに分かれている。

法学部一部及び二部全学部、法人本部
経済学部一部、商学部一部、経営学部、文学部、人間科学部、ネットワーク情報学部
公開講座などを開講
各体育会のスポーツ施設、馬術部厩舎、学生寮など

象徴

校旗・校章

校歌

  1. 宮城の北 枢地に立ちて
    礎固し われらが大学
    質実は姿 真摯は心
    学徒幾千 理想に生きて
    済世の道 ここに学び
    経綸の策 ここに究む
  2. 鳳の翼 両手に開き
    世に魁し われらが大学
    剛健の意気に 力行の勇に
    学徒幾千 希望に生きて
    常久の富 ここに萌し
    限りなき幸 ここに芽ぐむ
    「われらが行く道 磐石なせり
    われらが行く手は 光に
    充てり」

ほかに応援歌「スター専修」(作詞東辰三、作曲明本京静)などがある。

スクールカラー

マスコット

教育および研究

学部

専修大学 学部・学科参照

1880年に日本で初めての独立した経済学の高等教育機関である専修学校経済科として創立して以来、専修大学の代表的な学部として130年以上の歴史を有する。また、教養科目とは別に、外国語科目が学科の専門科目としてあり、経済時事英語、国際コミュニケーション、国際事情、地域研究特殊講義などでは、ネイティブ・スピーカーによるで講義が行なわれている。国際経済学科独自のカリキュラムとして、海外研修というものがあり、夏季休暇を利用して海外の視察が行われている。経済学科の学生はインターンシップに参加する学生が多くいるが、国際経済学科の学生は習得した外国語を生かしてインターンシップではなく海外留学に行く学生の割合が非常に高い。
  • 歴史と発展コース
  • 福祉と環境コース
  • 企業と情報コース
  • 市場と政府コース
旧制法律学校時代からの伝統ある専修大学を代表する学部で、1880年に日本初の本格的私立法律学校となる専修学校法律科として創立された。「五大法律学校」の一校としても知られ、創立以来、数多くの法曹を輩出してきた。定員は700人と、在京大学の中でも規模が大きく、他学部とは独立した都心の神田キャンパスを使用いている。クラブ、サークル活動の本拠地は、生田キャンパスであることが多く、それらの活動に参加する法学部生は、他学部生に比べあまり多くない。大学のエクステンションセンターで公務員講座等が受講できるため、ビルトインスクール方式で勉強している者も少なからずいる。法曹志望者は、法科大学院への進学を希望する者が多く、他学部と比べて卒業後の進路に進学を選択する者が若干多い。各コースでの授業に加えて、外交官駐日大使(イラクパキスタン等)による国際政治や法律問題に関する学術講演会、シンポジウムなども開かれている。
  • 法律学科(コース分けは2年次から、各自の個性と将来の志向に沿って分かれる。)
  • 法律総合コース
裁判官検察官弁護士など、広く法律専門職に必要な学力を養うコース。法律の基本科目である六法科目に重点をおき、実体法訴訟法の学習に重点を置いていて、裁判をフィールドにした法解釈の専門的能力の習得を目指す。
  • 企業法務コース
企業法務関係者の弁護士や企業の企業の法務部門などに携わることを志望する学生が対象のコース。商法労働法を柱に、租税法倒産法独占禁止法知的財産法など企業がかかわりを持つ法律を総合的に学ぶ。
  • 公共法務コース
国家公務員地方公務員など、各種公務員を志望する学生のためのコース。憲法・行政法などの公法を柱に、行政の実体を把握する政策関連の学習に重点を置き、公共政策のあり方を総合的に学ぶ
  • 政治理論・歴史コース
  • 国際政治・地域コース
  • 日本政治・政策コース
日本の大学でマネジメント研究が始まった最初期である1962年(昭和37年)に、全国の大学で5番目の経営学部として設置された。教育方針として「理論と実践の融合」を掲げ、卒業生や一般の起業家、会社経営者らも教壇に立つことがあるなど、理論一辺倒にならぬ教育・研究がなされている。また、学部の開設当初には、当時最先端であった情報教育を教育の柱に据えたほか、日本の大学としてはオペレーションズリサーチの研究にいち早く取り組んだ。スタンフォード大学で博士号を取得して帰国した鳩山由紀夫を教員として迎え入れたこともある。
テーマ科目:企業と市場・社会、ベンチャー創造と事業継承、戦略デザイン、グローバル・マネジメント、企業評価とファイナンス、企業活動と会計情報、顧客満足とマーケティング、ビジネス・ソリューション、人的資源と知識創造、ICTと情報マネジメント
1905年に設置された商科が由来となり、その後の数度の改編を経て、1949年に商経学部商業学科、1963年に経済学部商業学科(商経学部の学部名称を変更)、1965年に商学部商業学科(経済学部商業学科から商業学科を分離)として設置されている。専修大学内においてセメスター制、オフィスアワーを最初期に導入した学部である。1968年増設の会計学科は、1918年の計理科に由来している。会計学科は、会計についての外国書(英書)の講読をする科目と、「会計プロフェッショナル」、「管理会計」、「財務会計」、「財務情報分析」の履修モデル、そして課外講座である「会計士講座」、「簿記検定講座」をリンクさせることで、国際会計基準に対応した会計専門家を育てている。
  • マーケティングコース
  • ファイナンスコース
  • グローバルビジネスコース
  • ビジネスインテリジェンスコース
学部開設時から、最大の学科数を誇る学部である。1966年の学部開設時は国文学科、英米文学科、人文学科の3学科であった。そして、1996年に心理学科が設置され、4学科となり、2001年4月からは国文学科を日本語日本文学科に、英米文学科を英語英米文学科に改称・改組し、人文学科の哲学・人文、史学、地理学、社会学の各コースを哲学人間学、歴史学、環境地理学、社会学の各専攻へ改組した。また、2010年からは日本語日本文学科の日本語学専攻を日本語学科へ、日本文学文化専攻を日本文学文化学科へ、人文学科の哲学人間学専攻を哲学科へ、歴史学専攻を歴史学科へ、環境地理学専攻を環境地理学科へ、社会学専攻を人間科学部社会学科へ、心理学科を人間科学部心理学科へ改組するとともに、文学部内に人文・ジャーナリズム学科を増設した。各学科とも、ゼミナールと卒業論文(英語英米文学科の一部学生は卒業研究)が必修である。人文・ジャーナリズム学科は、文学部で唯一、学科の専門科目に実社会での実習(インターンシップ)を開講していて、新聞社で記者とともに、取材や原稿執筆などを行っている学生もいる。関連研究所として人文科学研究所がある。
  • 英語コミュニケーションコース
  • 英語文化コース
  • 東西文化コース
  • 生涯学習コース
  • ジャーナリズムコース
心理学科と社会学科を有する。文学部から人文学科社会学専攻と、心理学科を切り離して設置された。
「文化・システム」「生活・福祉」「地域・エリアスタディーズ」の3つの系(科目群)を有するとともに、社会調査士の養成も行っている。
元来、理工学部として設置検討がされていた経営学部経営学科(1962年設置)にて、もっとも理工系の色が強かった電子処理コース(1964年設置)が、1972年に経営学部情報管理学科となり、情報科学部(情報数理学科・情報システム学科)への改組構想(1992年に構想を断念)を経て、2001年に改組・開設されたという経緯がある。専修大学の大学院には、当学部の大学院課程は存在しない。だが、経営学研究科経営学専攻の修士課程・博士後期課程に情報管理コースというコースが存在し、本学部の教員(一部)は、経営学部・経営学研究科などの数学、情報学や経営情報学などを専門とする教員らとともに、このコースにおいても教鞭を執り、研究指導などを行っている。なお、この情報管理コースは経営学研究科経営学専攻の経営学コースが「経営学」の修士号、博士号を授与できるのに対し、「情報管理」の修士号、博士号を授与できるようになっている。
  • ITビジネスプログラム
  • コンテンツデザインプログラム
  • ネットワークシステムプログラム
  • メディアプロデュースプログラム
  • ユビキタスシステムプログラム
  • 情報数理プログラム
  • 社会情報プログラム
  • 経営情報分析プログラム
基本的に月曜日から金曜日の夜間と、土曜日の昼間及び夜間を使って授業が行われている。最短4年間で卒業が可能。教養科目や教職課程を含め、一部(昼間部)のカリキュラムとほぼ同等のものが整備されており、一部(昼間部)の授業も一部履修することができる。霞ヶ関等の中央官庁が比較的近隣の為、多くの国家公務員の学生が在籍している。
  • 経済学部
    • 経済学科
      • 経済学一般コース
      • 応用経済学Iコース
      • 応用経済学IIコース
  • 法学部
    • 法律学科
      • パブリック法務モデル
      • リーガル法務モデル
      • ビジネス法務モデル
      • タックス・ファイナンス法務モデル
  • 商学部
    • マーケティング学科
      • マーケティングコース
      • 経営管理コース
      • 企業会計コース

大学院

以下、特記していない専攻は修士課程・博士後期課程である。

法科大学院校舎
  • 経済学専攻
コースは修士課程のみ。経済学部4年次から大学院開講科目を履修し、大学院修士課程を1年で修了することを目指す「経済学特修プログラム」を導入している。
  • 社会経済コース(2年制あるいは4年制。生田キャンパス昼間開講)
    履修モデル:「古典研究と現代資本主義分析」、「近代経済学系統」、「経済史 - 日本とヨーロッパ」、「社会・労働・福祉政策の転換と国際比較」
  • 国際経済コース(2年制あるいは4年制。生田キャンパス昼間開講)
    履修モデル:「国際経済と世界の地域・環境」
  • プロフェッショナルコース(神田キャンパス平日夜間・土曜昼間開講)
    履修モデル:「企業・産業研究」、「総合政策研究」、「財政・税制研究」
  • エコノミックリサーチコース(2016年設置。神田キャンパス平日夜間・土曜昼間開講)
    プログラム:スタンダード・プログラム、アドバンスト・プログラム
  • 法学研究科
    • 法学専攻(修士課程)
    • 民事法学専攻(博士後期課程)
    • 公法学専攻(博士後期課程)
修士課程の専攻名は「法学」だが、政治学の一部、文学部人文・ジャーナリズム学科所属の教員(一部)による人文・ジャーナリズム学科開講科目の応用分野の講義も開講されている。
経営学部4年次から大学院教育をスタートさせ、大学院修士課程を1年で終了することを目指す「経営学特修プログラム」がある。
  • 経営学コース
  • 情報管理コース
経営学コースと情報管理コースで、授与される学位は異なる。
商学部在学生(二部の学生も含む)を対象とした、学部4年、大学院修士課程1年の一貫5年制の「商学特修プログラム」がある。コースは修士課程のみ。
  • 商学専攻
  • アカデミックコース
  • ビジネスコース
  • 会計学専攻
  • アカデミックコース
  • ビジネスコース

専門職大学院

  • 法務専攻
  • 専修大学法科大学院は、司法制度改革の理念を踏まえ、経験・実績の豊かな教授陣による少人数教育、先進的な実務教育、多様なカリキュラムと高度な設備という万全の体制で、優れた人間性と高度な専門知識を備え、複雑化する現代社会の法律問題に対して柔軟かつ適切に対応できる、創造的応用力を持った法曹を養成している。
  • 多くの法科大学院が認証評価機構により不適合との判定を受ける中、同大法科大学院は、一貫して適合認定を受け続けている。
  • 法科大学院のある神田キャンパスには、法科大学院専用の校舎(8号館)があり、図書館や自習室、自習ゼミに利用できる演習室も併設されている。
  • 新司法試験最終合格者数
    • 第一回新司法試験:19名
    • 第二回新司法試験:20名
    • 第三回新司法試験:17名
    • 第四回新司法試験:19名
    • 第五回新司法試験:17名

短期大学

附属機関 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

出典:wikipedia
2018/07/23 02:52

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「専修大学」の意味を投稿しよう
「専修大学」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

専修大学スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「専修大学」のスレッドを作成する
専修大学の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail