このキーワード
友達に教える
URLをコピー

小倉駅_(福岡県)とは?

 | 
この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2014年9月)

【小倉駅】

駅ビル(小倉城口)
(2008年(平成20年)11月11日)

こくら
Kokura


【所在地】
北九州市小倉北区浅野 一丁目
所属事業者
九州旅客鉄道(JR九州・駅詳細)
西日本旅客鉄道(JR西日本・駅詳細)
北九州高速鉄道(駅詳細)
新幹線口
小倉祇園太鼓をイメージしたイラストの描かれた在来線の駅名標

小倉駅(こくらえき)は、福岡県北九州市小倉北区浅野一丁目にある、九州旅客鉄道(JR九州)・西日本旅客鉄道(JR西日本)・北九州高速鉄道(北九州モノレール)のである。

概要

九州の玄関口である北九州市の中心駅。本州と九州の接点としての機能を有し、山陽新幹線の全列車が停車するほか、在来線においても東九州の各都市を結ぶ日豊本線の起点であり、特急列車が多く運行されている。新幹線と特急列車の乗換駅で、他の路線も含め多くの列車が始発・終着するターミナル駅である。

1891年九州鉄道(初代)の駅として開業。当初は現在の西小倉駅付近にあったが、2度の移転を経て現在の位置となった。1975年には山陽新幹線が開業しその停車駅になり、1998年には現在の駅ビルが完成、同時に小倉南区とを結ぶ北九州モノレールも乗り入れた。

乗り入れ路線

JR九州の在来線各線(後述)、JR西日本の山陽新幹線、北九州高速鉄道(北九州モノレール)の小倉線が乗り入れている。

JR九州の駅は、当駅の所属線 であり福岡・西九州方面へ伸びる鹿児島本線と、本駅を起点として東九州を縦断する日豊本線という九州の2大幹線の分岐駅となっている。このほか、鹿児島本線門司駅から分岐する山陽本線下関駅からの大半の列車と、日豊本線城野駅から分岐する日田彦山線の全列車が当駅まで乗り入れている。

JR九州・JR西日本の駅は、特定都区市内制度における「北九州市内」の駅であり、運賃計算の中心駅である。

歴史

小倉駅先代駅舎(1992年1月)

開業当初は現在の西小倉駅付近に存在したが、1915年(大正4年)に同駅の東側に移転し、さらに1958年(昭和33年)に現在地に移転した。現在の新幹線口付近には、当時豊楽園球場が存在し、西鉄ライオンズの主催試合が不定期に開催されていたが、小倉駅の移転に伴い閉鎖された(新球場として小倉球場が建設)。

年表

駅構造

JR在来線ホーム

地上14階・地下3階の駅ビル内にあり、2階に在来線ホーム、4階に新幹線ホームとモノレールホーム、3階にコンコースと改札口がある。コンコースの南側は3・4階が吹き抜けとなっていて、その空間にモノレールが入り込んでいる。南北それぞれの出口からペデストリアンデッキを張り巡らせ駅周辺の主要施設と連絡している。2011年の九州新幹線全線開業に合わせて、南口は「小倉城口(こくらじょうぐち)」、北口は「新幹線口(しんかんせんぐち)」に呼称が変更された。

小倉城口は小倉駅前アイム(旧コレット)に通じる歩道橋に小倉祇園太鼓の銅像がある。新幹線側は西日本総合展示場アジア太平洋インポートマート (AIM)が駅から少々離れているため、動く歩道が設置されている。

JR九州・JR西日本

【JR 小倉駅】

新幹線ホーム

こくら
Kokura

【所在地】
北九州市小倉北区浅野一丁目1-1
北緯33度53分12.3秒
東経130度52分57.6秒

所属事業者
九州旅客鉄道(JR九州)
西日本旅客鉄道(JR西日本)
電報略号
コラ
【駅構造】
高架駅
ホーム
2面4線(新幹線)
4面8線(在来線)
【乗車人員
-統計年度-】
(JR九州)36,183人/日(降車客含まず)
-2018年-
(JR西日本)11,263人/日(降車客含まず)
-2016年-
【乗降人員
-統計年度-】
(JR西日本)22,481人/日
-2016年-
【開業年月日】
1891年(明治24年)4月1日
【乗入路線 5 路線】

【所属路線】
山陽新幹線
【キロ程】
555.1km(新大阪起点)
東京から1107.7km
新下関 (19.0km)
(67.2km) 博多

【所属路線】
JA 鹿児島本線*
(JA 山陽本線直通含む)
【駅番号】
JA 28 / JA 51
【キロ程】
11.0km(門司港起点)
JA29/JA52 門司 (5.5km)
(0.8km) 西小倉 JA27

【所属路線】
JF 日豊本線*
(JI 日田彦山線直通含む)
【駅番号】
JF 01 / JI 01
【キロ程】
0.0km(小倉起点)
(0.8km) 西小倉 JF02/JI02►

【備考】
両社とも直営駅
みどりの窓口
北九州市内駅(中心駅)
新幹線駅はJR西日本、在来線駅はJR九州管理
* 小倉 - 西小倉間は両線の重複区間

在来線は島式ホーム4面8線、新幹線は島式ホーム2面4線を有する。改札口はいずれも3階にあり、在来線は1階にも改札口がある。在来線ホーム間の連絡通路は1階改札口に通じる通路と3階改札口に通じる通路の2つに分けられている。新幹線の通路は1つのみである。在来線と新幹線の乗換改札口も設けられている。なお、全改札口に自動改札機が設置されている。駅番号は鹿児島本線がJA28、山陽本線がJA51、日豊本線がJF01、日田彦山線がJI01

また在来線の鹿児島本線・日豊本線は、JR九州のSUGOCAの利用エリアに含まれている。

小倉駅の事務管コードは▲910106、北九州市内の事務管コードは▲919902が割り当てられている。

のりば

【のりば】
【路線】
【方向】
【行先】
備考
JR九州 在来線ホーム
1 JF 日豊本線 | - | 行橋中津方面 | 普通(下関発の列車を含む)
JI 日田彦山線 | - | 田川後藤寺添田方面 | 
2・3 JF 日豊本線 | - | 行橋・中津方面 | 普通
JI 日田彦山線 | - | 田川後藤寺・添田方面 | 
JA 鹿児島本線 | 上り | 門司港方面 | 普通
JA 山陽本線 | - | 下関方面 | 
4 JF 日豊本線 | - | 行橋・中津方面 | 普通
JA 鹿児島本線 | 下り | 黒崎博多方面 | 大分方面からの特急
上り | 門司港方面 | 普通
JA 山陽本線 | - | 下関方面 | 
5・6 JA 鹿児島本線 | 下り | 黒崎・博多方面 | 特急・快速・区間快速・普通
7 JF 日豊本線 | - | 行橋・中津・大分宮崎方面 | 特急
JA 鹿児島本線 | 下り | 黒崎・博多方面 | 快速・区間快速・普通
上り | 門司港方面 | 特急・普通
JA 山陽本線 | - | 下関方面 | 
8 JA 鹿児島本線 | 上り | 門司港方面 | 特急・普通
JR西日本 新幹線ホーム
11・12 山陽新幹線 | 下り | 博多・鹿児島中央方面 | 折り返し始発は14番のりば
13・14 上り | 新大阪東京方面 | 

備考

ホームの門司寄りは嵩上げされていないため、日豊本線で途中の城野駅から日田彦山線に直通する列車は、ホームの門司寄りに停車する。

北九州モノレール

【北九州モノレール 小倉駅】

改札口

こくら
Kokura

(0.4km) 平和通 02►

【所在地】
北九州市小倉北区浅野一丁目1-1
北緯33度53分11.6秒
東経130度52分55.5秒

駅番号
01
所属事業者
北九州高速鉄道(北九州モノレール)
【所属路線】
小倉線
【キロ程】
0.0km(小倉起点)
【駅構造】
高架駅
ホーム
1面2線
【乗車人員
-統計年度-】
9,174人/日(降車客含まず)
-2018年-
【乗降人員
-統計年度-】
18,230人/日
-2018年-
【開業年月日】
1998年(平成10年)4月1日

発着する電車はすべて企救丘行きである。

のりば
【ホーム】
【路線】
行先
1 小倉線 | 旦過北方志井企救丘方面
2

島式ホーム1面2線を有する。ホームは東側が1番線、西側が2番線である。駅ビルに南から突き刺さる形で乗り入れているため、改札口は3階コンコースの真ん中に設置されており、東西両側ともに改札口が設けられている。

始発・終着駅であり、折り返し運転が行われる。なお、小倉線開業当初は隣の平和通駅が始発駅であった名残で当駅と平和通駅の間は単線並列となっており(平和通駅の企救丘方に渡り線がある)、当駅では1・2番線で相互発着が行われている。

駅設備

一部店舗で「SUGOCAICOCA」はじめPiTaPaを除く交通系ICカードに対応。

構内

かしわうどん (7・8番のりば)

小倉城口

新幹線口

駅弁

調製・販売は北九州駅弁当(愛称「ぷらっとぴっと」)。主な駅弁は下記の通り。

利用状況

年度別1日平均乗車人員
【年度】
【JR九州】
【JR西日本】
モノレール
2003年度 | 40,375人 | 8,768人 | 8,314人
2004年度 | 40,103人 | 8,866人 | 8,336人
2005年度 | 38,745人 | 8,977人 | 8,150人
2006年度 | 37,979人 | 9,161人 | 8,006人
2007年度 | 37,427人 | 9,437人 | 8,323人
2008年度 | 37,467人 | 9,387人 | 8,494人
2009年度 | 36,315人 | 8,851人 | 8,196人
2010年度 | 36,276人 | 9,148人 | 8,379人
2011年度 | 35,708人 | 9,899人 | 8,461人
2012年度 | 35,942人 | 10,118人 | 8,517人
2013年度 | 36,197人 | 10,553人 | 8,791人
2014年度 | 35,301人 | 10,618人 | 8,577人
2015年度 | 35,510人 | 11,022人 | 8,668人
2016年度 | 35,431人 | 11,263人 | 8,652人
2017年度 | 36,052人 |  | 9,022人
2018年度 | 36,183人 |  | 9,124人

JR九州・JR西日本・北九州高速鉄道の3社を合わせた1日平均の乗車人員は5万人を超える。JR九州は博多駅に次いで利用者が多く、北九州市内では最も多い。

なお、「北九州市統計年鑑」では2003年度以降における各会社の1日平均乗車人員は、下表の通り。

10,000
20,000
30,000
40,000
50,000
60,000
2005年度
2010年度
2015年度
  • JR九州
  • JR西日本
  • モノレール

駅周辺

北九州市の都心部、最大の繁華街であり、商業・業務機能が集中している。北九州市役所小倉城、小倉北区役所は紫川を隔てた対岸にあり、西小倉駅の方が近いが、当駅からも徒歩1km程度である。

観光施設

大型商業施設・商店街

金融機関

「本店」
北九州銀行(旧山口銀行北九州支店)
「北九州営業部」
福岡銀行(堺町)、西日本シティ銀行(魚町)
「北九州支店」を名乗る地域金融機関
広島銀行伊予銀行筑邦銀行十八銀行(空中店舗)、肥後銀行(空中店舗)
「北九州支店」を名乗る都市銀行・信託銀行など
三菱UFJ銀行みずほ銀行みずほ信託銀行「合同店舗」、三井住友銀行りそな銀行三菱UFJ信託銀行三井住友信託銀行商工組合中央金庫
「小倉支店」を名乗る地域金融機関
福岡銀行(船場町)、西日本シティ銀行(鍛冶町)、福岡中央銀行(室町)、福岡ひびき信用金庫西京銀行佐賀銀行親和銀行大分銀行南日本銀行
その他小倉駅近隣の金融機関

宿泊施設

リーガロイヤルホテル小倉
駅ビル内
新幹線口方面
小倉城口方面

航路

2010Happy Mail