このキーワード
友達に教える
URLをコピー

小和田哲男とは?

この存命人物の記事には検証可能な出典が不足しています。信頼できる情報源の提供に協力をお願いします。存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的に中傷・誹謗・名誉毀損あるいは有害となるものはすぐに除去する必要があります。(2014年9月)

小和田 哲男(おわだ てつお、1944年(昭和19年)2月1日 - )は、日本歴史学者文学博士静岡大学名誉教授。日本の戦国時代(特に今川氏)に関する研究で知られる。

経歴

静岡県静岡市生まれ。家族や親戚から「母方の先祖が武田家臣の馬場信春だ」と聞かされて育ったと本人が著書の後書きで書いている。千代田区立麹町中学校城北高校を経て、早稲田大学教育学部社会科地理歴史専修卒業、1972年大学院文学研究科博士課程満期退学。1985年「戦国大名後北条氏の領国制 後北条氏研究」で早稲田大学文学博士

1973年(昭和48年)に静岡大学教育学部の専任講師、助教授を経て1987年に教授となる。教育学部長、附属図書館長を務め、2009年3月定年退任、名誉教授。2011年には武田氏研究会の会長となる(前任は秋山敬)。息子の小和田泰経も歴史学者。

主な研究

著書『明智光秀〜つくられた「謀反人」』の後書きによると、高校1年生のときに課外活動で歴史部を創設し、顧問に迎えた社会科の教師に輪読を薦められたのが高柳光寿の著書『明智光秀』である。

今川義元を従来の桶狭間で討死したというマイナスイメージとは別に優秀な政治家であると再評価している。また、従来は創作性が強く史料的価値を認められていなかった武田氏関連資料である『甲陽軍鑑』を再評価し、基本資料の一つとして積極的に活用しているなど、勝者側の織田・徳川側の史料とは別の視点の評を行う傾向が見られる。

研究書としての『小和田哲男著作集』中の『第二巻 今川氏家臣団の研究』は今川氏家臣団を研究した内容としては現時点では最も詳細な方に入るものであり、このような本格的な研究者向けの著作がある一方で、比較的歴史研究の初心者にも読みやすいように図を入れたり文章などに配慮した文庫サイズの本も多く出版している。

基本的には同時代から江戸時代の資料を参考にしている。また、『日本史おもしろこぼれ話』のような歴史の余談に関する著作もある。その一方で、研究や説の異なる学者・専門家からは「史料の検出方法や解釈に問題がある」との意見を出されている。

執筆、講演活動のほかに、NHKその時歴史が動いた』や教育テレビNHK高校講座 日本史』などで解説を務める。NHK大河ドラマのうち、1996年の『秀吉』、2006年の『功名が辻』、2009年の『天地人』、2011年の『江〜姫たちの戦国〜』、2014年の『軍師官兵衛』、2017年の『おんな城主 直虎』の時代考証を担当した。

著書

単著

共編著

監修

記念論集

脚注

  1. ^ 小和田哲男のブログ
  2. ^ 下村効 『日本中世の法と経済』(続群書類従完成会, 1998年)
  3. ^ 平成29年 大河ドラマ「おんな城主 直虎」時代考証 小和田哲男さん(2016年1月7日)、NHK静岡放送局、2016年7月23日閲覧。

関連項目

研究対象
ルーツ

外部リンク

【典拠管理】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/04/07 23:00

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「小和田哲男」の意味を投稿しよう
「小和田哲男」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

小和田哲男スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「小和田哲男」のスレッドを作成する
小和田哲男の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail