このキーワード
友達に教える
URLをコピー

小川亨とは?


コーチ歴


この表について
この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

プロジェクト:野球選手 テンプレート


小川 亨(おがわ とおる、1945年8月1日 - )は、宮崎県宮崎市出身の元プロ野球選手(外野手内野手)、野球解説者、野球指導者。

愛称の「モーやん」は、同じく「モーやん」の愛称を持つ堀込基明に似ていたことが由来。

目次

  • 1 経歴
  • 2 詳細情報
    • 2.1 年度別打撃成績
    • 2.2 タイトル
    • 2.3 表彰
    • 2.4 記録
    • 2.5 背番号
  • 3 脚注
  • 4 関連項目

経歴

宮崎商業高校では四番打者、中堅手として1963年夏の甲子園県予選決勝に進出。清俊彦投手を擁する高鍋高を破り夏の甲子園への出場を決める。しかし大会では2回戦に進出するものの、甲府商の大石勝彦(大洋-東映)、堀内恒夫両投手の継投に敗れた。高校同期に高橋博士捕手、1年下に山本真一三塁手、2年下には控え投手の水谷実雄がいた。その後、高校日本代表として高橋や池永正明和田徹らとともにハワイに遠征を経験。

卒業後は立教大学へ進学。東京六大学リーグでは1966年春季リーグで、槌田誠谷木恭平秋山重雄阿天坊俊明らとともに7年ぶりの優勝を飾る。同年秋季リーグでは秋元国武(法大-日本石油)と3厘差の打撃成績2位(打率.372)を記録、3本塁打を放ちベストナイン(外野手)に選出された。リーグ通算61試合出場、196打数57安打、打率.291、7本塁打、33打点。

1967年のドラフト3位で近鉄バファローズに入団。膝を深く、体をくの字に曲げ、バットを極端に短く持ってピッチャーに傾ける独特の構えで、勝負強い打撃を発揮。1年目の1968年から一軍に定着し、95試合で打率.256を記録。翌1969年は11本塁打と長打も増え、同年から5年連続二桁本塁打。特に1971年は自己最多の20本塁打に打率も.315と大台を突破し、レギュラーの地位を固めた。また、入団1年目から7年連続で二桁盗塁。1970年1972年とリーグ最多三塁打を記録。

1975年は打率は3割を切ったものの、最高出塁率のタイトルを獲得したほか、7月10日の対南海戦から9月6日の対太平洋戦まで歴代3位(当時は吉田義男を破るプロ野球新記録)の180打席連続無三振記録を樹立した。1980年には自己最高となる.323を記録してリーグ6位につけた。

近鉄一筋17年のプロ生活で、通算1908試合出場は球団最多記録。1984年9月30日の対日本ハム戦(藤井寺球場)を最後に現役を引退。

現役時代には、その朴訥とした風貌から松下電器の暖房器具のCMに農夫役で出演したこともある(実際、家庭菜園を趣味としている)。

引退後は、1985年から1988年まで朝日放送解説者を務めて野球中継に出演したほか、平日朝の情報ワイド番組『おはよう朝日です』のコーナー「小川亨のスポーツ&スポーツ」を担当した。1989年から1992年まで近鉄の一軍打撃コーチを務め、89年のリーグ優勝に貢献。1993年オリックス一軍打撃兼外野守備・走塁コーチ、1994年はオリックス二軍打撃コーチを務めた。その後はプロ野球マスターズリーグの大阪ロマンズでプレーし、文化放送の野球解説者を務めていた。 その傍ら、中学硬式野球チーム「大阪狭山リトルシニア野球協会」の監督も務めており、愛弟子には藤江均(横浜-楽天)がいる。

2003年以降は法務省から保護司を委嘱され、保護観察処分を受けた者への説諭等を行う活動を進めている。

詳細情報

年度別打撃成績









































































O
P
S

1968 | 近鉄 | 95 | 251 | 215 | 31 | 55 | 7 | 2 | 3 | 75 | 11 | 10 | 5 | 9 | 0 | 25 | 2 | 2 | 15 | 4 | .256 | .339 | .349 | .688
1969 | 118 | 381 | 311 | 51 | 77 | 13 | 1 | 11 | 125 | 34 | 15 | 7 | 9 | 2 | 54 | 1 | 5 | 29 | 6 | .248 | .364 | .402 | .766
1970 | 127 | 508 | 445 | 63 | 120 | 15 | 5 | 14 | 187 | 49 | 24 | 10 | 6 | 3 | 46 | 7 | 8 | 40 | 4 | .270 | .347 | .420 | .767
1971 | 127 | 502 | 428 | 66 | 135 | 12 | 2 | 20 | 211 | 40 | 14 | 12 | 6 | 2 | 61 | 3 | 5 | 34 | 4 | .315 | .403 | .493 | .896
1972 | 125 | 530 | 446 | 68 | 121 | 23 | 8 | 10 | 190 | 32 | 10 | 4 | 6 | 2 | 65 | 5 | 11 | 29 | 6 | .271 | .376 | .426 | .802
1973 | 123 | 488 | 432 | 61 | 125 | 18 | 4 | 19 | 208 | 63 | 16 | 6 | 4 | 3 | 38 | 1 | 11 | 31 | 10 | .289 | .360 | .481 | .841
1974 | 119 | 474 | 392 | 59 | 108 | 5 | 2 | 7 | 138 | 32 | 20 | 13 | 5 | 1 | 65 | 0 | 11 | 26 | 6 | .276 | .392 | .352 | .744
1975 | 128 | 541 | 453 | 67 | 131 | 13 | 2 | 5 | 163 | 45 | 7 | 8 | 10 | 0 | 68 | 3 | 10 | 18 | 4 | .289 | .394 | .360 | .753
1976 | 110 | 343 | 305 | 34 | 71 | 6 | 0 | 4 | 89 | 29 | 3 | 5 | 4 | 1 | 28 | 1 | 5 | 20 | 9 | .233 | .307 | .292 | .599
1977 | 99 | 322 | 288 | 34 | 90 | 12 | 2 | 3 | 115 | 22 | 8 | 4 | 5 | 0 | 25 | 0 | 4 | 16 | 2 | .313 | .375 | .399 | .775
1978 | 108 | 369 | 327 | 46 | 105 | 17 | 2 | 10 | 156 | 50 | 2 | 5 | 4 | 3 | 33 | 3 | 2 | 25 | 7 | .321 | .384 | .477 | .861
1979 | 118 | 430 | 376 | 47 | 104 | 20 | 0 | 12 | 160 | 44 | 2 | 2 | 3 | 3 | 43 | 2 | 5 | 25 | 9 | .277 | .356 | .426 | .782
1980 | 114 | 406 | 344 | 69 | 111 | 24 | 0 | 15 | 180 | 55 | 1 | 3 | 9 | 3 | 47 | 0 | 2 | 26 | 5 | .323 | .404 | .523 | .927
1981 | 116 | 411 | 359 | 50 | 106 | 20 | 2 | 9 | 157 | 35 | 5 | 1 | 4 | 3 | 41 | 2 | 3 | 12 | 2 | .295 | .369 | .437 | .807
1982 | 94 | 281 | 249 | 27 | 75 | 14 | 1 | 6 | 109 | 42 | 3 | 2 | 2 | 7 | 22 | 2 | 0 | 12 | 2 | .301 | .350 | .438 | .788
1983 | 104 | 270 | 234 | 25 | 63 | 6 | 1 | 8 | 95 | 27 | 1 | 0 | 1 | 0 | 35 | 4 | 0 | 15 | 8 | .269 | .364 | .406 | .770
1984 | 83 | 179 | 158 | 22 | 37 | 2 | 0 | 6 | 57 | 23 | 0 | 0 | 2 | 0 | 17 | 1 | 2 | 10 | 2 | .234 | .316 | .361 | .677
通算:17年 1908 | 6686 | 5762 | 820 | 1634 | 227 | 34 | 162 | 2415 | 633 | 141 | 87 | 89 | 33 | 713 | 37 | 86 | 383 | 90 | .284 | .369 | .419 | .788

タイトル

表彰

記録

初記録
節目の記録
その他の記録

背番号

脚注

  1. ^ 『日本プロ野球 追憶の「球団史」 1936-2004』 ベースボール・マガジン社、2013年、46頁。
  2. ^ ベースボールマガジン』 ベースボール・マガジン社、2015年7月号、93頁。
  3. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  4. ^ 9月6日】1975年(昭50) 日本新記録直後に…小川亨 珍しく空振りでピリオド
  5. ^ 週刊ベースボール2012年5月28日号27ページ
  6. ^ 日本プロ野球史に残る『10.19』のロッテオリオンズ対近鉄バファローズのダブルヘッダー第2試合のテレビ中継の解説を務めた。
  7. ^ 小川が解説を担当するゲームは、現在は体調に配慮して西武ライオンズ関西遠征のみである。以前は同系列のラジオ大阪の解説者も兼務していた時期があるほか、『ホームランナイター』を含む関東地区の試合も担当していた。
  8. ^ 文化放送での解説は2000年代後半以降退いているが、その後も文化放送の番組に電話出演した例がある。
  9. ^ 元近鉄・モーやん、保護司でも粘りの指導 讀賣新聞 2010年1月23日閲覧

関連項目

業績
日本シリーズ敢闘賞
1950年代 | 

1960年代 | 
  • 1960 田宮謙次郎
  • 1961 J.スタンカ
  • 1962 吉田義男
  • 1963 稲尾和久
  • 1964 山内一弘
  • 1965 森下整鎮
  • 1966 渡辺泰輔
  • 1967 足立光宏
  • 1968 長池徳二
  • 1969 長池徳二

  • 1970年代 | 
  • 1970 井石礼司
  • 1971 山田久志
  • 1972 足立光宏
  • 1973 野村克也
  • 1974 高木守道
  • 1975 山本浩二
  • 1976 柴田勲
  • 1977 河埜和正
  • 1978 足立光宏
  • 1979 井本隆

  • 1980年代 | 
  • 1980 小川亨
  • 1981 井上弘昭
  • 1982 上川誠二
  • 1983 西本聖
  • 1984 山沖之彦
  • 1985 石毛宏典
  • 1986 達川光男
  • 1987 篠塚利夫
  • 1988 宇野勝
  • 1989 新井宏昌

  • 1990年代 | 
  • 1990 岡崎郁
  • 1991 川口和久
  • 1992 岡林洋一
  • 1993 清原和博
  • 1994 清原和博
  • 1995 小林宏
  • 1996 仁志敏久
  • 1997 松井稼頭央
  • 1998 大塚光二
  • 1999 川上憲伸

  • 2000年代 | 
  • 2000 城島健司
  • 2001 T.ローズ
  • 2002 A.カブレラ
  • 2003 金本知憲
  • 2004 井上一樹
  • 2005 矢野輝弘
  • 2006 川上憲伸
  • 2007 ダルビッシュ有
  • 2008 A.ラミレス
  • 2009 高橋信二

  • 2010年代 | 
  • 2010 和田一浩
  • 2011 吉見一起
  • 2012 稲葉篤紀
  • 2013 長野久義
  • 2014 R.メッセンジャー
  • 2015 山田哲人
  • 2016 B.エルドレッド
  • 2017 宮崎敏郎


  • パシフィック・リーグ最高出塁率
    1960年代 | 

    1970年代 | 
  • 1970 張本勲
  • 1971 江藤慎一
  • 1972 張本勲
  • 1973 張本勲
  • 1974 張本勲
  • 1975 小川亨
  • 1976 加藤秀司
  • 1977 加藤秀司
  • 1978 佐々木恭介
  • 1979 加藤英司

  • 1980年代 | 
  • 1980 栗橋茂
  • 1981 門田博光
  • 1982 落合博満
  • 1983 スティーブ
  • 1984 スティーブ
  • 1985 落合博満
  • 1986 落合博満
  • 1987 門田博光
  • 1988 門田博光
  • 1989 松永浩美

  • 1990年代 | 
  • 1990 清原和博
  • 1991 白井一幸
  • 1992 清原和博
  • 1993 辻発彦
  • 1994 イチロー
  • 1995 イチロー
  • 1996 イチロー
  • 1997 鈴木健
  • 1998 片岡篤史
  • 1999 イチロー

  • 2000年代 | 
  • 2000 イチロー
  • 2001 中村紀洋
  • 2002 A.カブレラ
  • 2003 小笠原道大
  • 2004 松中信彦
  • 2005 松中信彦
  • 2006 松中信彦
  • 2007 T.ローズ
  • 2008 中島裕之
  • 2009 中島裕之

  • 2010年代 | 
  • 2010 A.カブレラ
  • 2011 糸井嘉男
  • 2012 糸井嘉男
  • 2013 E.ヘルマン
  • 2014 糸井嘉男
  • 2015 柳田悠岐
  • 2016 柳田悠岐
  • 2017 柳田悠岐


  • パシフィック・リーグ ダイヤモンドグラブ賞(一塁手)
    1970年代 | 

    1980年代 | 
  • 1980 小川亨
  • 1981 柏原純一
  • 1982 柏原純一
  • 1983 片平晋作
  • 1984 山本功児
  • 1985 山本功児
  • 1986 ブーマー
  • 1987 ブーマー
  • 1988 清原和博
  • 1989 愛甲猛

  • 1990年代 | 
  • 1990 清原和博
  • 1991 J.トレーバー
  • 1992 清原和博
  • 1993 清原和博
  • 1994 清原和博
  • 1995 J.フランコ
  • 1996 片岡篤史
  • 1997 高木大成
  • 1998 高木大成
  • 1999 小笠原道大

  • 2000年代 | 
  • 2000 小笠原道大
  • 2001 小笠原道大
  • 2002 小笠原道大
  • 2003 福浦和也
  • 2004 松中信彦
  • 2005 福浦和也
  • 2006 小笠原道大
  • 2007 福浦和也
  • 2008 A.カブレラ
  • 2009 高橋信二

  • 2010年代 | 
  • 2010 小久保裕紀
  • 2011 小久保裕紀
  • 2012 稲葉篤紀
  • 2013 浅村栄斗
  • 2014 T-岡田
  • 2015 中田翔
  • 2016 中田翔
  • 2017 銀次

  • 1972年から1985年まではダイヤモンドグラブ賞


    近鉄バファローズ 1967年ドラフト指名選手

    1位:三輪田勝利(入団拒否) / 2位:永淵洋三 / 3位:小川亨 / 4位:石井久至(入団拒否) / 5位:松下芳夫 / 6位:川口忠(入団拒否) / 7位:五十嵐英夫 / 8位:太田進(入団拒否) / 9位:枝松道輝(入団拒否)


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    出典:wikipedia
    2018/08/12 08:15

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「小川亨」の意味を投稿しよう
    「小川亨」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    小川亨スレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「小川亨」のスレッドを作成する
    小川亨の」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    無料コミックを探す
    占い・診断
    着メロを探す
    GAMEを探す
    デコメを探す
    きせかえツールを探す
    FLASH待ち受けを探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail