このキーワード
友達に教える
URLをコピー

小松辰雄とは?


コーチ歴

  • 中日ドラゴンズ (1995 - 1997)

この表について
この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

プロジェクト:野球選手 テンプレート


小松 辰雄(こまつ たつお、1959年5月10日 - )は、石川県羽咋郡富来町(現:志賀町)出身の元プロ野球選手(投手、右投右打)・コーチ。現在はCBCテレビCBCラジオ野球解説者中日スポーツ野球評論家。現役時代は中日ドラゴンズで活躍した。

経歴

小学生当時より強肩ぶりを発揮し、町内の小学生が集まり記録を競う「陸上競技記録会」のソフトボール遠投にて70mを超える記録を残す。

1976年夏の甲子園で石川・星稜高等学校の2年生エースとして準決勝まで進出。その年の優勝校である西東京代表の桜美林高と対戦、松本吉啓(明大-明治生命)に抑えられ敗退したものの、その剛速球は注目されることとなった。

3年生となった翌1977年春の選抜では、1回戦で滝川高のアンダースロー技巧派、西口訓史(國學院大)と投げ合うが完封負け。同年夏の甲子園では、1回戦で奈良・智弁学園山口哲治と壮絶な投手戦を繰り広げるが、序盤に制球を乱して喫した2失点が響き、1対2で敗退した。

この年の高校球界には、小松や山口の他にも夏の甲子園で優勝した兵庫・東洋大姫路高校松本正志、福島県予選を無失点で制した福島商業高校三浦広之、春の覇者、箕島高校を予選で破った和歌山・田辺高校木下透と才能あふれる投手が数多く高卒でプロ球界に入団したが、長く活躍できたのは小松だけである。

同年のドラフト会議中日ドラゴンズから2位指名を受けて入団(1位指名は入団が1978年秋まで遅れ、1979年に新人王となった藤沢公也)。1979年にリリーフとして一軍に定着、チーム最多の54試合に登板し16セーブを記録。5月には月間MVPを獲得した。1981年は藤沢らの不調もあって7月に先発に転向。9月には前年から174試合連続得点を続けていた読売ジャイアンツを相手にプロ入り初の完封勝利を挙げた。

1982年近藤貞雄が監督のもと、リーグ優勝の胴上げ投手に。なお、この年は開幕投手を務めながらその試合で故障。復帰後、入れ替わりに故障して二軍落ちした牛島和彦に代わって抑えを務め、開幕戦以来の先発登板が最終戦だった。同年の西武との日本シリーズでは5試合に登板。第1戦で先発するが2回に集中打を浴び降板、敗戦投手となる。しかし第4戦ではリリーフで6回から3イニングを好投、牛島和彦につないで自身のシリーズ初勝利を記録した。第5戦では鈴木孝政をリリーフするが、7回に2点を失い惜敗。シリーズ通算1勝2敗で日本一はならなかった。

1985年最多勝最優秀防御率最優秀投手沢村賞の投手タイトルを総て獲得、リーグ最多奪三振も記録する。1986年は開幕戦でピッチャーライナーを足に受けた影響で成績は振るわず。1987年には自身2度目の最多勝を獲得、1988年には開幕戦で内転筋を痛めたものの12勝を挙げて6年ぶりのリーグ優勝に貢献。同年の西武との日本シリーズでも2試合に登板。第2戦では先発し、郭泰源と投げ合い6回を3点に抑えるが勝ち負けはつかなかった。

1989年は内転筋の故障が悪化して0勝に終わり、1990年以降2桁勝利を挙げることはできず規定投球回もクリアすることはできなかった。1994年に現役引退。引退試合は1995年3月26日、ナゴヤ球場でのオープン戦で行われ、5回に登板。最後に対戦した打者は、少年時代に小松に強く憧れていたイチローだった。

引退後、1995年は中日の二軍投手コーチ、1996年から1997年まで一軍投手コーチを務めたが1997年はチーム防御率5位と低迷し最下位転落の原因となり、同年オフに宮田征典を一軍投手コーチに招聘したのと入れ替えに解任される。当時監督だった星野仙一は著書の中で「現役陣と年が近すぎたせいか、選手との仲間意識を捨てきれない。時には情を捨て、厳しさを前面に出すことが必要なのだ。ところが小松は兄貴からコーチへ変わって行けなかった。中日OBにもコーチとしてのチャンスを与えたかった。しかし、二年経っても、小松コーチに著しい進歩がない以上、もう一度コーチングスタッフの体制を見直さなければならないと考えてのことだった」と記している。1998年からは、CBCテレビCBCラジオの野球解説者および中日スポーツ野球評論家を務めていた他、居酒屋「海鮮山」を経営していた。

しかし、2017年12月12日名古屋市東区赤塚の交差点で自身がトヨタ・クラウンを運転中、自転車と衝突する事故を起こした(自転車に乗っていた男性はその後死亡)。書類送検されてCBCテレビ・CBCラジオ野球解説者および中日スポーツ野球評論家としての活動を自粛していたが、2018年4月26日付けで不起訴処分になった(不起訴の理由は明らかにされていない)。同年7月からCBCテレビ・CBCラジオ野球解説者および中日スポーツ野球評論家に復帰した。

人物

1979年に150キロのストレートを武器としてプロ初勝利を記録。のちに「スピードガンの申し子」といわれた。

二女の小松亜有は2009年度の日本女子プロゴルフ協会主催のプロテストに合格し、プロゴルファーとしてデビューしている。

詳細情報

年度別投手成績






























ブ




ド
































ボ











W
H
I
P

1978 | 中日 | 2 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | -- | ---- | 19 | 4.0 | 4 | 1 | 5 | 0 | 0 | 3 | 0 | 0 | 5 | 5 | 11.25 | 2.25
1979 | 54 | 0 | 0 | 0 | 0 | 6 | 9 | 16 | -- | .400 | 410 | 97.1 | 90 | 6 | 37 | 4 | 5 | 86 | 1 | 0 | 30 | 29 | 2.68 | 1.30
1980 | 39 | 1 | 0 | 0 | 0 | 1 | 5 | 6 | -- | .167 | 269 | 64.0 | 61 | 2 | 27 | 3 | 4 | 33 | 4 | 0 | 28 | 26 | 3.66 | 1.38
1981 | 42 | 14 | 6 | 1 | 0 | 12 | 6 | 11 | -- | .667 | 637 | 152.2 | 139 | 22 | 41 | 1 | 11 | 122 | 2 | 0 | 62 | 52 | 3.07 | 1.18
1982 | 28 | 2 | 1 | 1 | 0 | 4 | 4 | 9 | -- | .500 | 259 | 62.1 | 43 | 4 | 28 | 3 | 2 | 58 | 2 | 0 | 19 | 18 | 2.60 | 1.14
1983 | 35 | 24 | 9 | 1 | 2 | 7 | 14 | 5 | -- | .333 | 784 | 191.1 | 181 | 20 | 49 | 5 | 5 | 133 | 1 | 0 | 74 | 68 | 3.20 | 1.20
1984 | 29 | 23 | 11 | 2 | 1 | 11 | 6 | 2 | -- | .647 | 786 | 186.0 | 166 | 27 | 59 | 5 | 6 | 168 | 1 | 0 | 75 | 63 | 3.05 | 1.21
1985 | 33 | 25 | 14 | 1 | 2 | 17 | 8 | 1 | -- | .680 | 864 | 210.1 | 185 | 24 | 48 | 3 | 4 | 172 | 1 | 0 | 70 | 62 | 2.65 | 1.11
1986 | 24 | 20 | 5 | 1 | 1 | 7 | 9 | 0 | -- | .438 | 570 | 138.2 | 134 | 18 | 31 | 4 | 2 | 97 | 1 | 0 | 56 | 54 | 3.50 | 1.19
1987 | 28 | 25 | 10 | 6 | 0 | 17 | 6 | 0 | -- | .739 | 802 | 200.1 | 167 | 22 | 41 | 7 | 6 | 147 | 2 | 0 | 65 | 61 | 2.74 | 1.04
1988 | 24 | 23 | 5 | 2 | 0 | 12 | 7 | 0 | -- | .632 | 652 | 157.1 | 137 | 20 | 49 | 4 | 5 | 114 | 1 | 0 | 71 | 57 | 3.26 | 1.18
1989 | 5 | 5 | 0 | 0 | 0 | 0 | 4 | 0 | -- | .000 | 115 | 24.2 | 34 | 6 | 9 | 1 | 2 | 11 | 1 | 0 | 23 | 21 | 7.66 | 1.74
1990 | 18 | 18 | 3 | 0 | 0 | 6 | 5 | 0 | -- | .545 | 488 | 111.2 | 123 | 12 | 38 | 3 | 5 | 87 | 0 | 0 | 56 | 51 | 4.11 | 1.44
1991 | 23 | 18 | 0 | 0 | 0 | 5 | 4 | 0 | -- | .556 | 402 | 95.2 | 94 | 18 | 26 | 2 | 1 | 69 | 0 | 0 | 48 | 47 | 4.42 | 1.25
1992 | 22 | 22 | 2 | 1 | 0 | 9 | 9 | 0 | -- | .500 | 555 | 125.2 | 151 | 19 | 39 | 3 | 2 | 69 | 2 | 0 | 70 | 67 | 4.80 | 1.51
1993 | 16 | 16 | 0 | 0 | 0 | 7 | 4 | 0 | -- | .636 | 329 | 77.0 | 72 | 9 | 33 | 0 | 4 | 49 | 1 | 0 | 34 | 31 | 3.62 | 1.36
1994 | 10 | 10 | 0 | 0 | 0 | 1 | 2 | 0 | -- | .333 | 188 | 41.2 | 57 | 8 | 13 | 0 | 0 | 28 | 0 | 0 | 29 | 29 | 6.26 | 1.68
通算:17年 432 | 246 | 66 | 16 | 6 | 122 | 102 | 50 | -- | .545 | 8129 | 1940.2 | 1838 | 238 | 573 | 48 | 64 | 1446 | 20 | 0 | 815 | 741 | 3.44 | 1.24

タイトル

表彰

記録

背番号

テレビ

現在の出演番組

出典

  1. ^ 星野仙一著『ハードプレイ・ハード 勝利への道』文藝春秋、2000年、62頁。
  2. ^ 元中日の小松辰雄さん不起訴 死亡事故で名古屋地検 スポーツニッポン 2018年4月27日
  3. ^ “日本人最速を計測するのは誰?日本野球の球速表示は79年から”. スポニチアネックス. (2014年7月2日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/07/02/kiji/K20140702008483640.html 2017年3月20日閲覧。
  4. ^ ““豪腕”の父が娘をサポート! 注目の小松親子”. GDO. (2010年5月21日). http://news.golfdigest.co.jp/news/gdoeye/jlpga/article/19710/1/
  5. ^ “小松辰雄氏次女・亜有 ベストスコアで2差6位発進!”. スポニチアネックス. (2011年7月2日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2011/07/02/kiji/K20110702001127600.html
  6. ^ 小松亜有 Amebaプロフィール

関連項目

外部リンク

業績
沢村栄治賞
【1940年代】

【1950年代】

【1960年代】

【1970年代】

【1980年代】

【1990年代】

【2000年代】

【2010年代】

1947年制定。記述のない年は該当者なし。

セントラル・リーグ最多勝利投手
【1950年代】

【1960年代】

【1970年代】

【1980年代】

【1990年代】

【2000年代】

【2010年代】


セントラル・リーグ最優秀防御率
【1950年代】

【1960年代】

【1970年代】

【1980年代】

【1990年代】

【2000年代】
出典:wikipedia
2020/08/10 02:32

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「小松辰雄」の意味を投稿しよう
「小松辰雄」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

小松辰雄スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「小松辰雄」のスレッドを作成する
小松辰雄の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail