このキーワード
友達に教える
URLをコピー

小此木彦三郎とは?

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2016年10月)
日本政治家
小此木 彦三郎
おこのぎ ひこさぶろう

【生年月日】
1928年1月26日
【出生地】
日本 神奈川県横浜市
【没年月日】
(1991-11-04) 1991年11月4日(63歳没)
【出身校】
早稲田大学文学部卒業
【所属政党】
自由民主党(中曽根派→渡辺派)
【親族】
・小此木歌治(元衆議院議員)
三男・小此木八郎(衆議院議員)
第52代 建設大臣

【内閣】
竹下改造内閣
【在任期間】
1988年12月27日 - 1989年6月2日
第45代 通商産業大臣

【内閣】
第2次中曽根内閣
【在任期間】
1983年12月27日 - 1984年11月1日
衆議院議員

【選挙区】
神奈川1区
【当選回数】
8回
【在任期間】
1969年 - 1991年

小此木 彦三郎(おこのぎ ひこさぶろう、1928年1月26日 - 1991年11月4日)は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(8期)。

神奈川県横浜市出身。三男は衆議院議員の小此木八郎

来歴

早稲田大学文学部哲学科卒業。横浜市会議員を経て、第32回衆議院議員総選挙神奈川1区から出馬し初当選。連続当選8回。党内では中曽根派→渡辺派に所属した。運輸政務次官外務政務次官、衆議院運輸委員長などを経て1983年第2次中曽根内閣通商産業大臣として初入閣。竹下改造内閣では建設大臣を務めた。また、自民党国会対策委員長、衆議院議院運営委員長を歴任するなど党内でも有数の議運・国対族として知られ、与野党に幅広い人脈を持っていた。

1991年小選挙区比例代表並立制導入を柱とする政治改革関連3法案を審議する衆院政治改革特別委員会の委員長を務め、9月30日に同法案の「廃案」を突如宣言する。これは、中選挙区制廃止に消極的であった梶山静六自民党国対委員長の意向とも言われる。同法案に積極的であった海部俊樹首相衆議院解散を示唆するなどして対抗する姿勢を見せたが、党内の支持を得られず退陣した(海部おろし)。

同年、衆議院第2議員会館7階に梶山のもとを訪ねたが梶山が不在であったため、5階の自分の事務所に引き返す折に階段で転落し頭を強打した。これが原因で11月4日、63歳で没した。

当選同期

小沢一郎羽田孜奥田敬和林義郎渡部恒三綿貫民輔塩崎潤森喜朗村田敬次郎松永光江藤隆美中山正暉浜田幸一など。

脚注

  1. ^ 文藝春秋2018年二月号、~竹下から安倍まで~ 総理17人のベスト3 御厨貴/後藤謙次、167頁

関連項目

議会
先代:
山口敏夫 |  衆議院議院運営委員長
第46代:1989年 - 1990年 | 次代:
山下徳夫
先代:
古屋亨 |  衆議院運輸委員長
1980年 - 1981年 | 次代:
越智伊平
先代:
中野四郎 |  衆議院予算委員長
1978年 (代理) | 次代:
竹下登
公職
先代:
越智伊平 |  建設大臣
第52代:1988年 - 1989年 | 次代:
野田毅
先代:
宇野宗佑 |  通商産業大臣
第45代:1983年 - 1984年 | 次代:
村田敬次郎
党職
先代:
田村元 | 自由民主党国会対策委員長
第27代 : 1982年 - 1983年 | 次代:
江藤隆美
衆議院議院運営委員長


衆議院運輸委員長


衆議院予算委員長 (代理)
帝国議会

国会


建設大臣
【統合前】
運輸大臣

建設大臣
【建設院総裁】

【建設大臣】


北海道開発庁長官
出典:wikipedia
2020/05/23 16:07

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「小此木彦三郎」の意味を投稿しよう
「小此木彦三郎」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

小此木彦三郎スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「小此木彦三郎」のスレッドを作成する
小此木彦三郎の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail