このキーワード
友達に教える
URLをコピー

少年隊とは?

少年隊

【出身地】
日本
【ジャンル】
アイドル
【活動期間】
1981年(歌手デビューは1985年)- 現在
【レーベル】
ワーナーミュージック・ジャパン(1985年〜1992年)
ポニーキャニオン
(1993年〜1996年)
ジャニーズ・エンタテイメント(1997年〜2019年)
Johnny's Entertainment Record(2019年〜現在)
【事務所】
ジャニーズ事務所
【】

【メンバー】
錦織一清(ニッキ)
植草克秀(カッちゃん)
東山紀之(ヒガシ)

少年隊(しょうねんたい)は、日本男性アイドルグループ。所属事務所は、ジャニーズ事務所。レコードレーベルはジャニーズ・エンタテイメントリーダー錦織一清(東山紀之は、少年隊夢という番組内のみでのリーダーだった)。2019年10月現在、ジャニーズ最長の活動歴を持つグループである。

グループの愛称は「ショーネン」(発音は“笑点”のアクセント)。

目次

  • 1 メンバー
  • 2 略歴
  • 3 エピソード
  • 4 作品
    • 4.1 シングル
    • 4.2 オリジナル・アルバム
    • 4.3 サウンドトラック
    • 4.4 その他のアルバム
    • 4.5 ビデオ
    • 4.6 DVD
    • 4.7 CD化されていない楽曲
  • 5 出演
    • 5.1 テレビドラマ
    • 5.2 レギュラーテレビ番組
    • 5.3 映画
    • 5.4 ラジオ
    • 5.5 CM
    • 5.6 出版物
    • 5.7 NHK紅白歌合戦出場歴
    • 5.8 ミュージカル
  • 6 ジャニーズ少年隊 (前身)
    • 6.1 メンバー
  • 7 脚注
  • 8 外部リンク

メンバー

各メンバーの詳細については各ページを参照。ジャニーズ事務所公式サイトのプロフィールをもとに記述。

略歴

「少年隊」は、元々は彼ら3人を含めても当時まだ20〜30人しか居なかったジャニーズJr.に対する総称だった。しかし、1981年10月6日からテレビ東京で始まった『ザ・ヤングベストテン』という番組のスタートに合わせ、錦織・植草・松原康行の3名で結成されたグループ「Bチーム」が、後に「ジャニーズ少年隊」(後述)となった。翌1982年、松原から東山にメンバーを変更したうえで「少年隊」が結成され、現在の顔ぶれとなった。

グループ結成当初は、田原俊彦近藤真彦のバックダンサーとして、歌番組やコンサートに出演していた。また、1982年6月にはレコードデビュー前であるにも関わらず、当時歌謡番組の雄として知られていたフジテレビ夜のヒットスタジオ」にも単独ユニットとして初出演した。以後、夜ヒットには1985年9月の『サクセス・ストリート』まで、レコードデビューまでの間に既に10回前後単独のアーティストとしての出演実績があった。また、1982年11月には、「ハワイ音楽祭」で金賞を受賞した。

1984年4月2日、郵便貯金ホールにて単独ファースト・コンサートを行い、1日5回公演を行なった。同年5月、ビデオ『少年隊』を発売した。その後、同ビデオ収録曲「あなたに今Good-bye」で、歌番組へ多数出演した。その後、テレビ・コンサート活動などを経て、1985年12月12日、『仮面舞踏会』でレコードデビュー。デビュー時のキャッチフレーズは「日本発、世界行」。

1986年、少年隊主演ミュージカルPLAYZONE開演。第37回NHK紅白歌合戦に初出場し、以後8年連続出場した。

1987年、「ブロマイド」年間売上成績が第1位になった。

1994年、第31回ゴールデン・アロー賞 演劇賞・グランプリ受賞。

1995年、デビュー10周年

1999年、少年隊初の看板番組少年隊夢スタート。

2004年、ジャニーズビッグサプライズカウントダウンライブ出演。少年隊として初出演。

2005年、近藤真彦25周年記念ディナーショー、ゲストとして出演。また、少年隊としてデビュー20周年

2007年、PLAYZONE(22年目)の夏で通算上演回数900回を迎えた。また、2007年公演の『PLAYZONE2007 Change2Chance』は、共演者だった赤坂晃覚醒剤で現行犯逮捕された事により、DVD化が急遽中止となってしまった。

2008年、23年間続いた少年隊主演ミュージカルPLAYZONEは閉幕。翌年からはジャニーズの後輩が主演。

2012年、結成30周年

2015年、デビュー30周年

エピソード

ザ・ベストテン歌のトップテン夜のヒットスタジオなどの歌番組が1990年までに終了した事もあり、グループとしての活動の場が限られるようになった。そのため1991年よりソロ活動を本格化させる。近年、グループとして3人揃った活動は『PLAYZONE』以外でみることは少なくなったが、ソロとグループ活動を現在でも両立させている。また、TVガイドのタレント名鑑においても、グループとしてではなく、現在活動中のシャ乱Qと同様に、個々で掲載されていたが、2010年度では再度、グループで掲載された。ちなみにメンバーは現在全員壮年期を迎えているが、今でもグループ名は「少年隊」である。

三人ともバク転・バク宙が出来る。東山と錦織は『仮面舞踏会』のラストで左手にマイクを持った状態でバク宙をしている。。過去、近藤真彦にバク転のやり方を教えたことがある。

グループ各個人のイメージカラーはそれぞれ「赤(錦織)、黒(東山)、黄色(植草)」となっているが、これはグループとして初めて出演した企業広告の商品が明治製菓のチョコレートで、商品のパッケージカラー(「ハイミルク・チョコレート」の赤、「ブラック・チョコレート」の黒、「ミルクチョコレート・デラックス」の黄色)が起因となっている。

日本でのレコードデビュー時に全米デビューが発表され、全米デビュー用のレコーディングを済ませているが、その後の進展はなく現在では、ジャニーズ事務所が制作に関わっていないタイプのジャニーズ本でも言及されることはない。

作品

タイアップはジャニーズ タイアップ一覧を参照

シングル

  1. 仮面舞踏会(1985年12月12日 3種同時発売)
    1. 仮面舞踏会/日本よいとこ摩訶不思議
    2. 仮面舞踏会/春風にイイネ!
    3. 仮面舞踏会/ONE STEP BEYOND
  2. デカメロン伝説/ペパーミント夢物語(1986年3月24日)
    • 「ペパーミント夢物語」は8cmCDシングルおよび『BEST OF 少年隊』に収録されているが、どちらもレコード盤とは一部歌詞が異なる。
  3. ダイヤモンド・アイズ/レイニー・エクスプレス(1986年7月7日)
    • 「ダイヤモンド・アイズ」をアレンジした「Diamond Eyes(Extended Club Mix)」(REMIXを手がけたのは内沼映二。)を収録した12インチシングル盤がプロモーション用に制作されたが、商品化には至っていない。
  4. バラードのように眠れ/魔法のウインク(1986年11月28日)
  5. stripe blue/雨のスタジアム(1987年3月3日)
  6. 君だけに/ミッドナイト・ロンリー・ビーチサイド・バンド(1987年6月24日)
  7. ABC/自然にKissして(1987年11月11日)
  8. LADY/ふたりだけのムーンライト(1987年11月30日)
    • ジャケットはメンバー3人の写真ではなく両曲が主題歌として使用されたTBS系アニメレディレディ!!』の主役、リン・ラッセルのイラストが使われていた。
    • 1991年2月10日に上記のシングル10タイトルを8cmCDシングルにてリリース。
  9. SILENT DANCER/KISS THE SUN(1988年3月5日)(12インチ)
    • 「KISS THE SUN」はレコード化されている少年隊の楽曲の中で唯一の未CD化。CDシングルのC/Wには「SILENT DANCER(シングル・バージョン)」が収録されている。CDは4月25日発売。
  10. ふたり/MY GIRL(1988年3月23日)
    • CDシングルは12㎝CDサイズとなり、CDのみ3曲目に「ABC(S.P.DANCE MIX)」が収録されている。CDは4月7日発売。
  11. What's your name?/いけない恋人(1988年7月8日)
  12. じれったいね/愛の手紙(1988年11月10日)
  13. 続・じれったいね(海外版)(1988年12月10日)
  14. まいったネ今夜/Sea and island(1989年6月19日)
  15. 封印 LOVE/HEAVEN(1990年4月10日)
    • EPレコードが発売されたのはこの曲が最後。
  16. FUNKY FLUSHIN'/BOMBER(1990年7月7日)
  17. 砂の男/Knock my Soul(1990年12月12日)
  18. You're My Life -美しい人へ-/君だけに(1993年4月29日)
    • 「君だけに」は新たにボーカルを録り直している。
  19. WINDOW(1993年7月)
    • 少年隊ミュージカルPLAYZONE'93 劇場のみの販売。
  20. EXCUSE/Especially Day(1993年11月19日)
  21. Oh!!/PGF(1995年12月1日)
  22. 湾岸スキーヤー(1998年1月28日)
  23. 愛と沈黙/NIGHT WING(1998年8月26日)
  24. 情熱の一夜/Goodbye & Hello(1999年6月23日)
  25. ロマンチックタイム/数千マイルから君を/フィエスタ・de・VENUS./@リンゴ(2000年2月2日)
    • カップリングに初めてメンバーのソロナンバーを収録。
  26. 君がいた頃/SMILE AND SORROW(2001年2月21日)
  27. 想 SOH/自分で選んだ明日をゆく(2006年7月9日)

オリジナル・アルバム

1. 「翔 SHONENTAI」(1986年9月1日)

  1. ZERO - 作詞:麻生圭子、作曲:筒美京平
  2. サクセス・ストリート - 作詞:ちあき哲也、作曲:筒美京平
  3. ルール -歯が痛い- - 作詞:秋元康、作曲:筒美京平
  4. しょげるなBABY - 作詞:田口俊、作曲:Joey Carbone / Richie Zito
  5. いちばん小さなプラネタリウム - 作詞:戸沢暢美、作曲:Joey Carbone / Richie Zito
  6. 反則! - 作詞:田口俊、作曲:筒美京平
  7. SILENT LEDY - 作詞:秋元康、作曲:筒美京平
  8. 一千一秒物語 - 作詞:麻生圭子、作曲:筒美京平
  9. HEARTS - 作詞:戸沢暢美、作曲:Joey Carbone
  10. 星屑のスパンコール - 作詞:安藤芳彦、作曲:和泉常寛

ミニ. 「WONDERLAND」(1986年12月21日)

  1. ヴギウギ・キャット! - 作詞:安井かずみ、作曲:加藤和彦
  2. FRIDAY NIGHT - 作詞:田口俊、作曲:中崎英也
  3. My Little Simple Words - 作詞:戸沢暢美、作曲:Joey Carbone
  4. 永遠の恋人 - 作詞:田口俊、作曲:和泉常寛

2. 「PRIVATE LIFE -Light & Shadow-」(1987年4月28日)

  1. First Memory - 作詞:松本一起、作曲:服部克久
  2. April Hurricane - 作詞:田口俊、作曲:加藤和彦
  3. Heart Song - 作詞:白峰美津子、作曲:Joey Carbone / Richie Zito
  4. パールパピヨン(Instrumental) - 作曲:都志見隆
  5. すべてが始まる夜に - 作詞:白峰美津子、作曲:中崎英也
  6. 哀しみのプリンセスへ - 作詞:田口俊、作曲:和泉常寛
  7. おしゃれ泥棒 - 作詞:佐藤純子、作曲:西木栄二
  8. First Memory(Instrumental) - 作曲:服部克久

3. 「TIME・19」(1987年7月1日)

  1. 1998〜星の彼方へ〜 - 作詞:康珍化、作曲:松下誠
  2. こわがらないで、天使 - 作詞:康珍化、作曲:Joey Carbone / Richie Zito
  3. ハロー! - 作詞:許瑛子・康珍化、作曲:西木栄二
  4. ヘルプ・ミー - 作詞:康珍化、作曲:Joey Carbone
  5. 君がいない - 作詞:戸沢暢美、作曲:和泉常寛
  6. ストレンジャー Go To The ストリート - 作詞:康珍化、作曲:都志見隆
  7. ロングタイム・ロマンス - 作詞:康珍化、作曲:羽田一郎
  8. 君を旅して知っている - 作詞:康珍化、作曲:羽田一郎
  9. ガ・ガ・ガ - 作詞:康珍化、作曲:羽田一郎
  10. 君だけに(Instrumental) - 作曲:筒美京平
  11. グッバイ・カウント・ダウン - 作詞:康珍化、作曲:都志見隆

ミニ. 「PARTY」(1987年12月14日)

  1. Happy birthday to!
  2. トナカイという名の船
  3. どんなにいいかもネ!
  4. ひとりぼっちのクリスマス

ベスト. 「BEST OF 少年隊」(1988年3月10日) ※少年隊唯一のベストアルバム

  1. 仮面舞踏会 - 作詞:ちあき哲也、作曲:筒美京平
  2. デカメロン伝説 - 作詞:秋元康、作曲:筒美京平
  3. ダイヤモンド・アイズ - 作詞:川田多摩喜神田エミ、作曲:長沢ヒロ
  4. バラードのように眠れ - 作詞:松本隆、作曲:筒美京平
  5. stripe blue - 作詞:松本隆、作曲:筒美京平
  6. 君だけに - 作詞:康珍化、作曲:筒美京平
  7. ABC - 作詞:松本隆、作曲:筒美京平
  8. 春風にイイネ! - 作詞:宮下智、作曲:佐藤健
  9. ペパーミント夢物語 - 作詞:戸沢暢美、作曲:加藤和彦
  10. レイニー・エクスプレス - 作詞・作曲:宮下智
  11. 魔法のウィンク - 作詞:松本隆、作曲:筒美京平
  12. 雨のスタジアム - 作詞:松本隆、作曲:筒美京平
  13. ミッドナイト・ロンリー・ビーチサイド・バンド - 作詞:康珍化、作曲:筒美京平
  14. 自然にKISSして - 作詞:松本隆、作曲:筒美京平
  15. 少年隊メモリアルトーク
  16. 少年隊とおしゃべりデート

4. 「Heart to Heaat 5years 少年隊…そして1991」(1990年12月23日)

  1. 衛星の街 - 作詞:佐藤大、作曲:野崎昌利
  2. Christmasまで帰らない - 作詞:あさくらせいら、作曲:崎谷健次郎
  3. 君がいたから - 作詞:帆刈伸子、作曲:河原利彦
  4. NOジャンルKISS - 作詞:佐藤大、作曲:南木直樹
  5. SWINGING LIPS - 作詞:風堂美起、作曲:羽田一郎
  6. 氷の国 - 作詞:枯堂夏子、作曲:西司
  7. どうなってもいい - 作詞:松井五郎、作曲:荒木真樹彦
  8. LEFT-HANDED DANCE - 作詞:青木久美子、作曲:林田健司
  9. 可愛いKiss、哀しいKiss - 作詞:小倉めぐみ、作曲:長岡成貢
  10. WORKING WOMAN - 作詞:枯堂夏子、作曲:西司
  11. FUNKY FLUSHIN' - 作詞:吉田美奈子、作曲:山下達郎

5. 「愛は続けることに意味がある」(1993年12月1日)

  1. のどもとすぎれば恋も忘れる - 作詞・作曲:尾関昌也
  2. EXCUSE(Album-Version) - 作詞:及川眠子、作曲:井上ヨシマサ
  3. Danceいっぱつ - 作詞:戸沢暢美、作曲:ナガハタゼンジ
  4. 愛は強いはずなのに - 作詞:及川眠子、作曲:井上ヨシマサ
  5. お好み焼き - 作詞・作曲:井上ヨシマサ
  6. What is Love! - 作詞・作曲:尾関昌也
  7. だんぜん愛さ - 作詞:戸沢暢美、作曲:ナガハタゼンジ
  8. 君のいないクリスマス - 作詞・作曲:尾関昌也

6. 「prism」(1999年1月27日)

  1. Act-Show - 作詞:宮下康仁、作曲:スペクトラム
  2. 愛の嵐 - 作詞:錦織一清、作曲:馬飼野康二
  3. Be COOL - 作詞:松井五郎、作曲:HΛL
  4. 愛と沈黙 - 作詞:康珍化、作曲:中西圭三小西貴雄
  5. 誘われてEX - 作詞:松本一起、作曲:馬飼野康二
  6. Gamble Guy - 作詞:工藤哲雄、作曲:原一博
  7. Season of Love - 作詞:山中耕作陣内大蔵、作曲:陣内大蔵
  8. TOUCH MYSELF - 作詞:米倉利徳、作曲:飯田建彦
  9. 見れば見るほど… - 作詞:錦織一清、作曲:広瀬香美
  10. The longest night - 作詞:根津洋子、作曲:坂本洋
  11. 君に降るMelody - 作詞:とみたきょうこ、作曲:寺田一郎
  12. Let Me Love You - 作詞:久和カノン、作曲:羽場仁志
  13. 湾岸スキーヤー - 作詞:秋元康山下達郎Alan O'Day、作曲:山下達郎・Alan O'Day

サウンドトラック

  1. ミュージカル プレゾン"ミステリー"抜粋(1986年10月30日) ※カセットのみ
  2. PLAYZONE'87 TIME・19 ミュージカル・抜粋(1987年10月28日)
  3. PLAYZONE'88 カプリッチョ -天使と悪魔の狂想曲-(1988年6月10日)
  4. PLAYZONE'89 Again(1989年9月21日)
  5. PLAYZONE'90 MASK(1990年6月30日)
  6. PLAYZONE'94 MOON(1994年6月17日)
  7. PLAYZONE'96 RHYTHM(1996年7月10日)
  8. PLAYZONE'97 RHYTHM2(1997年7月21日)
  9. PLAYZONE'98 5nights(1998年8月5日)
  10. PLAYZONE'99 Good bye & Hello(1999年7月7日)
  11. PLAYZONE2000 THEME PARK(2000年8月2日)
  12. PLAYZONE2001 新世紀 EMOTION(2001年8月1日)
  13. PLAYZONE2002 愛史(2002年7月31日)
  14. PLAYZONE2003 Vacation(2003年8月6日)
  15. PLAYZONE2005 〜20th Anniversary〜 Twenty Years…そしてまだ見ぬ未来へ(2005年8月10日)
  16. PLAYZONE2006 Change(2006年7月26日)
  17. PLAYZONE2007 Change2Chance -第1幕-(2007年9月5日)

その他のアルバム

  1. BACK STAGE PASS(1986年3月8日) ※カセットのみ。過去のジャニーズ楽曲のカバーアルバム。
  2. Duet(1986年11月28日) ※カセットのみだった「BACK STAGE PASS」と「ミュージカル プレゾン"ミステリー"抜粋」をCDにまとめたもの。
  3. Magical 童謡 Tour(1987年9月25日) ※童謡のカバーアルバム
  4. BEST OF 少年隊(1988年2月20日) ※EPのBOXセット。「仮面舞踏会」~「ABC」までのEP7枚とトークEP1枚の8枚BOXセット仕様。

ビデオ

  1. 少年隊(1984年5月21日)
  2. 少年隊 in TSUKUBA EXPO '85(1985年)
    • 明星」読者プレゼント
  3. LAらLAらLAら(1986年7月7日)
  4. PLAYZONE ミュージカル"MYSTERY"(1986年9月5日)
  5. 武道館LIVE(1987年2月25日)
  6. PRIVATE LIFE(1987年4月28日)
  7. PLAYZONE'87 TIME-19 THE PREVIEW(1987年7月17日)
  8. PLAYZONE'87 TIME-19(1987年9月7日)
  9. SILENT DANCER(1988年4月2日)
  10. PLAYZONE'88 カプリッチョ ―天使と悪魔の狂想曲―(1988年8月21日)
  11. じれったいね/続・じれったいね(海外版)(1988年12月27日)
  12. PLAYZONE'89 Again(1989年9月21日)
  13. SHONENTAI DINNER SHOW(1990年3月25日)
  14. SPRING TOUR 90(1990年8月8日)
  15. PLAYZONE'90 MASK(1990年9月12日)
  16. PLAYZONE'91 SHOCK(1991年9月26日)
  17. SPRING TOUR 92(1992年7月10日)
  18. PLAYZONE'92 さらばDiary(1992年10月07日)
  19. 少年隊 DINNER SHOW 愛と勇気(1993年4月27日)
  20. PLAYZONE'93 WINDOW(1993年10月6日)
  21. PLAYZONE'94 MOON(1994年10月7日)
  22. PLAYZONE'95 KING&JOKER(1995年10月4日)
  23. 少年隊10th ANNIVERSARY LIVE 1995〜1996(1996年5月6日)
  24. PLAYZONE'96 RHYTHM(1996年10月2日)
    • 1997年11月22日に、上記PLAYZONEシリーズ11作をジャニーズ・エンターテイメントより紙パッケージ('96のみプラケース)で再発売。
  25. PLAYZONE'97 RHYTHMⅡ(1997年10月22日)
  26. 1998.1.16,17 TOKYO TAKARAZUKATHEATER(1998年4月29日)
  27. PLAYZONE'98 5nights(1998年10月28日)
  28. PLAYZONE1999 Goodbye&Hello(1999年10月20日)
  29. PLAYZONE2000 "THEME PARK"(2000年10月25日)
  30. PLAYZONE2001 "新世紀"EMOTION(2001年10月24日)
  31. SHONENTAI SELECTSONGS(2001年12月21日)
  32. PLAYZONE2002 愛史(2002年10月23日)
  33. PLAYZONE2003 Vacation(2003年10月22日)
  34. PLAYZONE2005 〜20th Anniversary〜 Twenty Years…そしてまだ見ぬ未来へ (2005年10月29日)
  35. PLAYZONE2006 Change(2006年10月24日)

DVD

  1. PLAYZONE2001 "新世紀"EMOTION(2001年10月24日)
  2. SHONENTAI SELECTSONGS(2001年12月21日)
    • コンビニでの限定販売
  3. PLAYZONE2002 愛史(2002年10月23日)
  4. PLAYZONE2003 Vacation(2003年10月22日)
  5. PLAYZONE2005 〜20th Anniversary〜 Twenty Years…そしてまだ見ぬ未来へ (2005年、初回限定版 & 通常版の2種)
  6. PLAYZONE2006 Change(2006年)
  7. PLAYZONE FINAL 1986-2008〜SHOW TIME Hit Series〜 Change (2009年3月4日)

CD化されていない楽曲

他多数……

コンサートやテレビ番組で歌われた洋楽のカヴァー、PLAYZONEシリーズ(特にCD発売のない'91~'93、'95の舞台)で歌われた楽曲に未CD化が多い。

出演

※ ソロ出演作については、錦織一清東山紀之植草克秀の各項目を参照

テレビドラマ

レギュラーテレビ番組

映画

ラジオ

CM

出版物

NHK紅白歌合戦出場歴

【年度/放送回】
【曲目】
対戦相手
1986年(昭和61年)/第37回 | 仮面舞踏会 | 荻野目洋子
1987年(昭和62年)/第38回 | 君だけに
1988年(昭和63年)/第39回 | じれったいね | 松田聖子
1989年(平成元年)/第40回 | まいったネ今夜 | 工藤静香
1990年(平成2年)/第41回 | FUNKY FLUSHIN | 荻野目洋子
1991年(平成3年)/第42回 | MASK'91 | サラ・ブライトマン
1992年(平成4年)/第43回 | 太陽のあいつ | 中山美穂
1993年(平成5年)/第44回 | 服部良一メドレー・紅白バージョン

ミュージカル

  1. PLAYZONE MYSTERY (1986年7-8月、青山劇場)
  2. PLAYZONE'87 TIME-19 (1987年7-8月、青山劇場)
  3. PLAYZONE'88 カプリッチョ -天使と悪魔の狂想曲- (1988年7-8月、青山劇場 / 大阪フェスティバルホール)
  4. PLAYZONE'89 Again (1989年7-8月、青山劇場 / 愛知厚生年金会館 / 大阪フェスティバルホール)
  5. PLAYZONE'90 MASK (1990年7-8月、青山劇場 / 大阪フェスティバルホール)
  6. PLAYZONE'91 SHOCK (1991年7-8月、青山劇場 / 大阪フェスティバルホール)
  7. PLAYZONE'92 さらばDiary (1992年7-8月、青山劇場 / 大阪フェスティバルホール)
  8. PLAYZONE'93 WINDOW
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    出典:wikipedia
    2019/10/20 15:28

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「少年隊」の意味を投稿しよう
    「少年隊」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    少年隊スレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「少年隊」のスレッドを作成する
    少年隊の」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
2010Happy Mail