このキーワード
友達に教える
URLをコピー

尾崎豊とは?

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2008年4月)
尾崎 豊

渋谷クロスタワーテラスにある記念レリーフ

【基本情報】

【生誕】
(1965-11-29) 1965年11月29日
日本 東京都世田谷区
自衛隊中央病院
【出身地】
日本 東京都練馬区
【死没】
(1992-04-25) 1992年4月25日(26歳没)
日本 東京都文京区
日本医科大学付属病院
【学歴】
青山学院高等部中退
【ジャンル】
ロック
フォーク
【職業】
歌手
作詞家
作曲家
編曲家
詩人
実業家
【担当楽器】
ボーカル
ギター
ピアノ
ハーモニカ
【活動期間】
1983年 - 1992年
【レーベル】
CBSソニー
(1983年 - 1986年)
MOTHER&CHILDREN
(1987年 - 1988年)
CBSソニー
(1990年)
ソニー・ミュージックレコーズ
(1991年 - 1992年)
【事務所】
マザー・エンタープライズ
(1983年 - 1989年)
ROAD AND SKY
(1990年)
アイソトープ(1991年 - 1992年)
【共同作業者】
須藤晃
西本明
田島照久
町支寛二
福田信
佐藤輝 (演出家)
【公式サイト】
YUTAKA OZAKI OFFICIAL SITE

尾崎 豊(おざき ゆたか、1965年(昭和40年)11月29日 - 1992年(平成4年)4月25日)は、日本シンガーソングライター青山学院高等部中退。血液型B型身長は公式発表によると178cm。父親は元陸上自衛隊尾崎健一。歌手の尾崎裕哉は息子。

目次

  • 1 概略
  • 2 生涯
    • 2.1 幼少 - 学生時代
    • 2.2 デビュー - 10代全盛期
    • 2.3 無期限活動休止 - 完全復活 - 再び精神的な低迷へ
    • 2.4 26歳での突然死
  • 3 略歴
  • 4 人物
  • 5 バックバンド
  • 6 尾崎の友人
  • 7 死因について
  • 8 死後のエピソード
  • 9 ファンクラブ
  • 10 死後の特集番組
    • 10.1 テレビ
      • 10.1.1 NHK
      • 10.1.2 テレビ東京系列
      • 10.1.3 フジテレビ系列
      • 10.1.4 日本テレビ系列
      • 10.1.5 テレビ朝日系列
      • 10.1.6 WOWOW
      • 10.1.7 SKY PerfecTV!
    • 10.2 ラジオ
  • 11 作品
    • 11.1 シングル
    • 11.2 オリジナルアルバム
  • 12 公演
  • 13 書籍
    • 13.1 著書
    • 13.2 写真集
  • 14 関連書籍
  • 15 関連項目
  • 16 脚注
    • 16.1 注釈
    • 16.2 出典
    • 16.3 参考文献
  • 17 外部リンク

概略

1983年12月シングル15の夜」とアルバム十七歳の地図』で高校在学中にデビュー。

ライブでの熱烈で破壊的なパフォーマンスや、夢や愛、生きる意味をストレートに表現した赤裸々な歌詞など、社会や学校の中で感じる葛藤や心の叫びを表現した楽曲の数々が1980年代から1990年代初頭にかけての若者を中心に多くの人から共感を呼び、カリスマ的存在となる。その作品と活動、精神性は、日本の音楽シーンに多大なる影響を与え、作品に迸るメッセージは死去から25年以上経過した現在でも多くのファンやミュージシャンに支持されている。

1992年、あまりにも若すぎる26歳での突然の死は、社会的にも大きな衝撃を与えた。死後25年を過ぎてもなお尾崎を慕うものは絶えず、新たなファンを生んでおり、彼が遺した曲の数々は多くのアーティストにカバーされ続けている。

ジャクソン・ブラウンブルース・スプリングスティーンビリー・ジョエル浜田省吾佐野元春井上陽水アナーキー甲斐バンドさだまさしなどから強い影響を受けている。

生涯

幼少 - 学生時代

1965年(昭和40年)11月29日東京都世田谷区自衛隊中央病院で2人兄弟の次男として誕生、練馬区で育つ。練馬区立田柄第二保育園から区立田柄第二小学校に入学したが、1976年(昭和51年)8月、尾崎が小学5年生のときに埼玉県朝霞市へ転居し、朝霞市内の公立小学校へ通う。しかし、転校先の学校に馴染めず、毎朝登校するふりをして家を出たあと1時間ほどして家に帰り、実際には登校していない日々が続くようになった。尾崎が音楽に触れるきっかけとなったのは、兄が購入して使用されていなかったクラシック・ギターを手に取り始めたことであった。あらゆるフォークソングシンガーソングライターの曲に興味を持っていた尾崎は、特に井上陽水が描き出す詞の世界観に強く惹かれていた。小学校6年生になると半年に渡り登校拒否を続けており、その間、井上陽水やさだまさしイルカの曲をギターを弾きながら歌う日々が続いていた。

小学校を卒業すると、本人の希望で練馬東中学校越境入学生徒会副会長、文化祭実行委員長を務めたが、喫煙により停学処分が下る。高校受験では、第一志望であった慶應義塾志木高等学校には不合格だったものの、青山学院高等部に合格。さらに、陸上自衛隊少年工科学校の1次試験にも20倍の競争率を突破して合格した。しかし髪を短くしなくてはいけないと言う理由で、すでに合格していた青山学院高等部に進学することになった。高校在学中には喫煙やオートバイでの事故などで停学、さらに、高校3年生のときには渋谷で同級生らと飲酒した挙句、同じクラスの女子生徒が一気飲みをし急性アルコール中毒で搬送、大学生のグループとパトカーが出動するほどの乱闘騒ぎを起こし、無期限停学処分を下される。これがオーディションを受ける契機となる。のちに停学処分は解けたが、出席日数が足りず留年となり、自主退学した。高校在学時には新聞配達と飲食店でのアルバイトをしていた。また、高校時代は剣道部に所属していた。

その後、ジャケットを見ただけで何となく購入したジャクソン・ブラウンの「ランニング・オン・エンプティ」を聴いて衝撃を受ける。その影響で「街の風景」や「ダンスホール」などの曲が製作されたが誰にも公表せずにいた。

デビュー - 10代全盛期

高校3年生の秋、音楽で生計を立てていくことを決意した尾崎はCBSソニーが主催した『CBS SONY Sound Development Audition 1982』、ビクター主催のオーディションにそれぞれ応募し、CBSソニーのオーディションに合格する。

尾崎は浜田省吾の音楽が好きで、プロデューサーの須藤晃も作品の匂いに浜田との共通点を感じて、デビューアルバム『十七歳の地図』のレコーディングには浜田省吾と佐野元春のツアーバンドを半々起用した。『十七歳の地図』は初回プレスが2,000枚ほどであり、事務所やレコード会社も積極的なプロモーションも行わなかったためにセールスは伸び悩んだ。

その後口コミにより人気が出て、3rdシングル「卒業」の中の過激な歌詞が話題となり、2ndアルバム『回帰線』は大手音楽チャート1位を記録、尾崎の名は瞬く間に全国へと広がっていった。

特に10代のころは「社会への反抗・疑問」や「反支配」をテーマにした歌を多く歌い、マスメディアからは「10代の教祖」「若者のカリスマ」などとも呼ばれた。校内暴力や学生による飲酒・喫煙が横行し、偏差値教育や受験戦争のひずみが露呈していた時代世相と相まって一部の若者の間で社会現象となる。10代最後の日に3rdアルバム『壊れた扉から』を発売しヒット、同時期に行われていたツアーも満員となるなど人気は絶頂を迎える。

無期限活動休止 - 完全復活 - 再び精神的な低迷へ

10代の代弁者として一世を風靡した尾崎は、20歳になり方向性を見失い突然無期限活動休止を宣言し単身渡米する。当時曲を生み出せないことに苦悩していた尾崎は、何の収穫もないままその年の末に帰国する。そんな中で所属事務所が立ち上げたレコード会社移籍へ決定、プロデューサーの須藤ら懇意にしていた音楽スタッフとも離れてしまい、新しいアルバムの制作は何度も中断された。その後、新曲の発売がないまま1年半ぶりのライヴツアーが始まるも、9月に肉体的な疲労から倒れ、残りのツアーは中止となる。その年の暮れには覚せい剤取締法違反で逮捕され精神的に低迷、バックバンド「Heart Of Klaxon」のメンバーとも関係が悪化する。復帰後にリリースした「太陽の破片」がヒット、フジテレビ系列の『夜のヒットスタジオ』に最初で最後のテレビ出演を行い、東京ドームにて復活ライブを行うが、同時期に制作していたアルバム『街路樹』は発売延期を繰り返し、シングル「核 (CORE)」の完成度を含め満足のいく活動からは程遠かった。

一方プライベートでは一般人女性と結婚、長男が生まれ、新たな価値観を見出した尾崎は1990年(平成2年)、レコード会社を古巣のCBSソニーに復帰、2枚組アルバム『誕生』をリリースし、オリコン1位を記録。さらに個人事務所「ISOTOPE」(アイソトープ)を設立し、翌年には大規模ツアーを行うなど、尾崎は完全復活を遂げる。しかし同時に事務所やマスコミへの猜疑心は止むことはなく、尊敬する浜田省吾の個人事務所であるロードアンドスカイも短期間で契約を解除した。個人事務所を立ち上げるも経営面の管理のほかにプロモートからライヴスケジュール自ら取り仕切らなければならず、多忙な日々を送るなかで、ふたたび精神的に追い詰められた尾崎は自殺を図るなど混迷を深めていった。その後、遺作となる『放熱への証』の制作に取りかかるが、1991年末に母親が急死。交友関係も狭くなっていき、精神的状況はさらに悪い方向へ向かっていた。

20代になってからの尾崎は、かつての「自由」「反支配」といったものとは違い、「真実の愛」「贖罪」「罪」といったものを主題にした歌を多く作っていった。

尾崎は、オーディションの一番最初に歌った曲と生前最後のステージのアンコールで生涯最後に歌った曲が「ダンスホール」であり、奇しくも一致している。

26歳での突然死

1992年(平成4年)4月25日早朝、当時の尾崎の自宅であるマンションから約500メートル離れた、足立区千住河原町の民家の軒先に全裸で傷だらけで倒れていたところを住人に発見された。5時45分ごろ、通報で墨田区内の白鬚橋病院に運び込まれる。診察した医師は「生命に関わることも考えられるので、専門医に診てもらった方がいい」と診断したが、尾崎は妻と兄とともに自宅マンションに戻る。しかし、10時ごろになって容体が急変、呼吸が止まっているのに気がついた家族が約1時間後の11時9分に119番通報。搬送先の日本医科大学付属病院で手当てを受けるも、午後0時6分に死亡した。死因は覚醒剤中毒 (メタンフェタミン中毒) による肺水腫 (詳細は後述) 。

後日、雨の降るなか、東京都文京区護国寺にて葬儀・追悼式が行われ、参列者は4万人近くに上り、規模は忌野清志郎美空ひばり坂井泉水吉田茂に匹敵するものとなった。密葬は日蓮正宗にて営まれた。戒名は「頌弦院智心碩豊居士」、墓所は埼玉県所沢市の狭山湖畔霊園にある。

略歴

生前、活動期の詳しい経歴はHeart Of Klaxonも参照。

人物

クールで尖ったイメージのある尾崎だが、プライベートの尾崎は明るい好青年であった。

当時はロックバンド「OZONE」でボーカルとして活躍し、尾崎と同じCBSソニーに所属していた俳優の坂上忍は、インタビューで「尾崎はいつも暗い顔して写真に写ってたけど、プライベートはホントに明るくて。こっちのほうがよっぽど暗かったですから。『忍ちゃーん!』とか言って登場して来るぐらいですからね」と語っている。別の対談では、坂上は尾崎のファーストアルバムを聴いて「クドくない?」と思ったという。坂上は一度だけ尾崎と2人きりで飲む機会があったが、そこで尾崎から「もう曲が書けない」という本音を聞いた。それでも尾崎が(吉川晃司本田恭章を含めた)4人の中では最後まで歌い続けるだろうと思ったが、26歳の若さで誰よりも先に亡くなるとは信じられなかったと語っている。

2013年12月1日にWOWOWで放送された『尾崎豊デビュー30周年記念日-THE DAY』で、尾崎の曲のアレンジャーも務めたギタリストの町支寛二は「話を交わすときはいつも純真な青年ってイメージで。だから初めてライブを観に行ったとき、スイッチがひとつ入っちゃう感じに鳥肌が立ちましたね」と述べた。また、RED WARRIORSの小川清史は「リハーサルの間に「実は尾崎、俺『Bow!』って曲凄く好きなんだ」って言ったら、顔をくしゃくしゃにして『本当?』って喜んでくれて」と語っている。

1991年の「1991 BIRTH TOUR」のサポート・ベーシストを務めた渡辺茂は「初対面のときに、それまでいろんな仲間から変わってる奴だと散々聞いてたが、普段は礼儀正しくて大人しかった。でもステージの上では破壊的で、跳ぶわ、ピアノの上に寝るわでびっくりしました」と述べた。サクソフォンを担当した関誠一郎は「服装は派手だけど、普通の人で、気さくな感じだ」と、パーカッションの里村美和は「熊本(熊本県・阿蘇で行われたロックイベントBEAT CHILDのこと)で僕が佐野元春とやってるときに初めてあったんだけど、真面目で礼儀正しいやつだと思った」と語っている。

また、10代のころは尾崎自身のカリスマ性やイメージを保つために、写真はすべてモノクロームで掲載され、笑顔の写真も自粛された。

バックバンド

尾崎のバックバンドは、ツアーやライブごとに名称やメンバーが異なっている。詳しくは「Heart Of Klaxon」を参照。

尾崎の友人

尾崎の友人の1人として、デビューが同期の吉川晃司が挙げられる。2人は1984年8月5日に日比谷野外音楽堂で開催予定だった「TOKYO ROCKFEELING FESTIVAL」で共演しようとしたが、尾崎が前日の「アトミック・カフェ」出演中に足を骨折してしまい、実現しなかった。その後、無期限活動休止中の1986年1月31日にHOUND DOGの日本武道館での公演で吉川と共演している。

吉川のほか、岡村靖幸金山一彦RED WARRIORSのメンバー、渡辺美里川上麻衣子白井貴子中村あゆみ南野陽子白竜村上龍坂本龍一米米CLUB石井竜也チェッカーズ藤井フミヤ沢木耕太郎筑紫哲也、元横綱の北勝海との交流もあり、大友康平泉谷しげるキラー・カーン本田恭章坂上忍とんねるず石橋貴明中山秀征加藤登紀子桜井和寿福山雅治小田和正なども素の尾崎を懐かしむコメントを出している。光GENJIとしてデビューする以前の大沢樹生とも、よく夜の六本木で遊んでいた。また、俳優・歌手の高橋克典は青山学院高等部の1年先輩で、さらにバレーボール全日本女子元代表・ロサンゼルス五輪銅メダリスト中田久美は練馬東中学校の同級生で、1年生時同じクラスメートだったという。

弟分として、俳優の吉岡秀隆がいる。尾崎の影響を受け、曲作りを始めたという。吉岡が出演したフジテレビ系ドラマ『北の国から』では、尾崎の曲をBGMとして使ったこともある。

オーディション受賞が同じだった辻仁成とはニューヨーク滞在時にも会っており、自身の悩みを相談していた関係であった。

死因について

当初の公表と死体検案書との乖離
初めは事件性がないとして行政解剖が行われる予定だった。しかし千住署、警視庁、検察庁が前日夜に協議した結果、全身にすり傷があり右目の上にコブもあることから司法解剖に切り替えられ、午前10時から東京監察医務院の医師らによって検視、その後解剖が行われた。その結果、死因は肺に水がたまる肺水腫であると発表され、極度の飲酒によるものだと考えられた。しかし1994年、司法解剖時に尾崎の体内から覚醒剤が検出されていたことが明らかとなった。覚醒剤について記された「死体検案書」がマスコミに流出すると、尾崎の死因について様々な憶測を呼んだ。
司法解剖医による見解
検死を担当した支倉逸人によれ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2019/08/16 14:24

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「尾崎豊」の意味を投稿しよう
「尾崎豊」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

尾崎豊スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「尾崎豊」のスレッドを作成する
尾崎豊の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail