このキーワード
友達に教える
URLをコピー

山下達郎とは?

ラジオ番組・中継内での各種情報(終了した番組・中継を含みます)は、CDなどでの販売や公式なアーカイブなど常に参照可能な状態のネット配信、または信頼できる紙媒体またはウェブ媒体が紹介するまで、出典として用いないで下さい検証可能性に基づき除去される場合があります。
 | 
この存命人物の記事には検証可能な出典が不足しています信頼できる情報源の提供に協力をお願いします。存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的に中傷・誹謗・名誉毀損あるいは有害となるものはすぐに除去する必要があります
出典検索: "山下達郎"ニュース 書籍 スカラー CiNii J-STAGE NDL dlib.jp ジャパンサーチ TWL
(2020年3月)

 | 
この記事の内容の信頼性について検証が求められています。
確認のための文献や情報源をご存じの方はご提示ください。出典を明記し、記事の信頼性を高めるためにご協力をお願いします。議論はノートを参照してください。(2020年3月)

山下 達郎

【出生名】
山下 達郎
【生誕】

【出身地】
日本 東京都文京区本郷
【学歴】
明治大学法学部中退
【ジャンル】

【職業】

【担当楽器】

【活動期間】
1973年 -
【レーベル】

【事務所】

【共同作業者】

【公式サイト】
山下達郎 OFFICIAL SITE
【著名使用楽器】

フェンダー・テレキャスター

山下 達郎(やました たつろう、1953年昭和28年〉2月4日 - )は、日本シンガーソングライターで、ミュージシャン。日本における旧来の愛称ヤマタツ。外国語のクレジットでは Tatsuro を Tatsuもしくは Tatsと綴ることがある。東京都豊島区池袋生まれ。竹内まりや(シンガーソングライター)。

現在所属するレコード会社ワーナーミュージック・ジャパン。現在所属する芸能事務所スマイルカンパニー、および、妻と共同経営する個人事務所(著作権管理用)のテンダベリー&ハーヴェスト(山下側の企業は株式会社テンダベリーミュージック)。

人物、音楽性

 | 
この記事の内容の信頼性について検証が求められています。
確認のための文献や情報源をご存じの方はご提示ください。出典を明記し、記事の信頼性を高めるためにご協力をお願いします。

ビーチ・ボーイズ マニアとまで言われる程ビーチボーイズに詳しく、山下達郎が影響を受けたのは、多くがブライアン・ウィルソンとビーチ・ボーイズのようなアメリカン・ポップスロックのミュージシャンからであった。自分のアルバムにもビーチ・ボーイズのカバーをしている。また、日本におけるドゥーワップの熱心なファンの一人であり、知識も豊富である。自分自身のヴォーカルを多重録音する「1人ア・カペラ」という手法を用いることでも知られている。彼は他にソフト・ロック、ブルーアイド・ソウル、コーラス・グループ、スウィート・ソウルなどのファンでもある。ジェームス・ブラウンやガレージ・ロックも好むなど、音楽の趣味は幅広い。なお、山下達郎と萩原健太は、日本におけるビーチ・ボーイズ・ファンの代表格である。

音楽作りに対する拘りと独自の制作姿勢から「音の職人」とも称される。レコーディングではボーカル・バックコーラスのほか、編曲からギター、コンピューターの打ち込みシンセサイザーパーカッションまで1人で手掛けている。全ての演奏を1人で行っている楽曲もある。特にギターのリズムカッティングを得意としている。アコースティック感の強い作風を持ち味とするが、最新技術を活用する方針のため、アナログからデジタルまでカバーする幅広いノウハウを持つ。

大貫妙子らと共にシュガー・ベイブを結成し、アルバム『SONGS』(1975年)でデビューした。プロデュースを手掛けた大瀧詠一ナイアガラ・レーベルでは、日本コロムビア時代の作品に、コーラスやストリングス・アレンジで参加。特に大瀧のソロ・アルバム『NIAGARA MOON』(1975年)や『NIAGARA CALENDAR』(1977年)に深く関わっている。また、自身の作品制作の傍ら、1975年頃から、他のシンガー、ミュージシャンへ楽曲提供を始めた。小杉理宇造を通じてジャニーズ事務所との繋がりもあり、近藤真彦の「ハイティーン・ブギ」(1982年)、KinKi Kidsのデビュー・シングル「硝子の少年」(1997年)や「ジェットコースター・ロマンス」(1998年)などのヒット曲を出しているほか、ジャニーズ所属タレント出演作品の主題歌も多く手がけている。

大瀧同様、レコード・CDコレクター、オーディオマニアであり、特にロック・R&B・ポップスについて造詣が深く、アナログ盤はオリジナルを中心に収集しており、所蔵総数は6万枚を超える。

海外では作品リリースを行っていなかったが、2010年代ヴェイパーウェイヴのブームで作品が発掘され広まった。ちなみに、山下達郎がバックトラックを作成した竹内まりや作の「プラスティック・ラブ」は、2021年現在、海外のリスナーを中心にYouTubeで合計8000万回以上再生されている(詳細は「プラスティック・ラブ#「ジャパニーズ・シティ・ポップ」」参照)。

使用機材

経歴

 | 
伝記の記載を年譜形式のみとすることは推奨されていません。人物の伝記は流れのあるまとまった文章で記述し、年譜は補助的な使用にとどめてください。(2020年10月)

1950年代

1953年

1957年

1959年

1960年代

1964年

1965年

1966年

1968年

1969年

1970年代前半

1971年

1972年

1973年

1974年

1970年代後半

1975年

1976年

1977年

1978年

1979年

1980年代前半

1980年

1981年

1982年

出典:wikipedia
2021/02/28 03:10

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「山下達郎」の意味を投稿しよう
「山下達郎」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

山下達郎スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「山下達郎」のスレッドを作成する
山下達郎の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail