このキーワード
友達に教える
URLをコピー

山陽電気鉄道とは?

移動先: 案内検索
山陽電気鉄道株式会社
Sanyo Electric Railway Co., Ltd.

左がシンボルマーク、右が社章
山陽電気鉄道本社ビル

種類
株式会社
【市場情報】
東証1部 9052
2013年7月16日上場
大証1部(廃止) 9052
2013年7月12日上場廃止

【略称】
山陽、山電、山陽電鉄、山陽電車
【本社所在地】
日本
653-0843
兵庫県神戸市長田区御屋敷通三丁目1番1号
【設立】
1933年(昭和8年)6月6日
業種
陸運業
法人番号
8140001016148
【事業内容】
旅客鉄道事業 他
【代表者】
代表取締役社長 上門一裕
【資本金】
100億9,029万158円
(2017年6月27日現在)
【発行済株式総数】
1億1,165万2,992株
(2017年6月27日現在)
【売上高】
連結:479億3,800万円
(2017年3月期)
【営業利益】
連結:34億2,000万円
(2017年3月期)
【経常利益】
連結:33億5,400万円
(2017年3月期)
【純資産】
連結:367億7,800円
(2017年6月27日現在)
【総資産】
連結:949億2,400万円
(2017年6月27日現在)
【従業員数】
単体:718名 連結:1977名(2017年6月27日現在)
【決算期】
3月31日
【主要株主】
2016年9月30日現在
阪神電気鉄道株式会社 17.38%
関電不動産開発株式会社 5.02%
株式会社三井住友銀行 2.78%
【主要子会社】
2016年9月30日現在
株式会社山陽百貨店
大阪山陽タクシー株式会社
株式会社山陽フレンズ
山陽タクシー株式会社
山電サービス株式会社
山陽バス株式会社
上記主要6社はじめ計17社が連結子会社
【外部リンク】
www.sanyo-railway.co.jp
特記事項:前身の兵庫電気軌道株式会社1907年7月2日創立。

山陽電気鉄道株式会社(さんようでんきてつどう、英称:Sanyo Electric Railway Co., Ltd.)は、兵庫県神戸市長田区御屋敷通3丁目1番1号に本社を置き、兵庫県南部で鉄道索道不動産事業を経営している会社である。

通称は「山陽電鉄(さんようでんてつ)」で、略称は「山陽(さんよう)」「山電(さんでん)」。乗車券では「サンヨー」の表記事例もある。鉄道事業は「山陽電車」の名称で展開している。東京証券取引所(上場時大証)1部に上場している(証券コード:9052)。旅客輸送人キロは780百万人キロ(2005年度)となっている。準大手私鉄に分類されている。

かつては直営で神戸市垂水区を中心に沿線都市で路線バスや、沿線都市と他都市を結ぶ高速バスも運行していたが、2011年3月1日に子会社の山陽バスに全面移管された(バス事業については同記事を参照)。

スルッとKANSAIでカードに印字される符号はSYである。

目次

  • 1 沿革
    • 1.1 年表
      • 1.1.1 前史
      • 1.1.2 山陽電気鉄道設立後
  • 2 社章・シンボルマーク
  • 3 鉄道事業
    • 3.1 路線
      • 3.1.1 廃止路線・区間
    • 3.2 他社線との直通運転
    • 3.3 車両基地
    • 3.4 車両
      • 3.4.1 方向幕の色
    • 3.5 運賃
      • 3.5.1 他社路線との連絡乗車券
      • 3.5.2 企画乗車券
    • 3.6 旅客案内
    • 3.7 列車
    • 3.8 利用状況
      • 3.8.1 乗降客数
      • 3.8.2 乗降客数増減率
      • 3.8.3 乗降客数順位
      • 3.8.4 定期利用者数
      • 3.8.5 定期利用者率
  • 4 関連会社
  • 5 野球チーム
  • 6 CM出演者
  • 7 脚注
  • 8 関連項目
  • 9 外部リンク

沿革

 | 
この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2016年9月)

旧・兵庫電気軌道に由来する兵庫 - 明石間の軌道と、旧・神戸姫路電気鉄道に由来する明石駅前(現在の山陽明石) - 姫路駅前(現在の山陽姫路)間の鉄道が路線の母体となっている。

先行して開業した兵庫電気軌道(以下、兵電)は開業以来経営が不安定な面があり、明石以西への延長の際に別会社の神戸姫路電気鉄道(以下、神姫電鉄)を設立することでリスク回避を図った。しかし、播州鉄道(現在のJR加古川線の前身)の経営陣による兵電の敵対的買収により播州鉄道傘下となった兵電と旧兵電派の神姫電鉄は疎遠となった。それら混乱収拾と併せて自社の売電先確保を狙った戦前の大手電力会社・宇治川電気(関西電力の前身の一つ)が両社を併合し、自社の鉄道事業部門とした。後に宇治川電気が本業への絞り込みにより鉄道部門を分離した際、新しく設立されたのが現在の山陽電気鉄道である。

後に作家となる椎名麟三1929年 - 1931年に同社の車掌として勤務しており、その経験をもとに「美しい女」という短編を発表した。現本社前には椎名麟三の文学碑が建立されている。

合併前2社の路線規格の相違など困難な条件を克服して直通運転を実現し、県庁所在地の神戸と播磨の中心地である姫路とを直結する都市間連絡路線へと成長した。さらに、1940年には沿線での工員輸送を目的に支線の網干線を開通させている。

赤穂市史』によると、網干線を岡山まで延長する計画があり、戦後間もなく、取りあえず岡山県境の赤穂町(現在の赤穂市)まで延長する計画を発表したが、当時赤穂町では国鉄赤穂線の計画が進んでおり、かつて山陽本線を通さず発展が遅れた苦い経験から赤穂町議会は、「(山陽電鉄に協力すると)国鉄の機嫌を損ねてしまい、赤穂線の計画が消えるので、山陽電鉄には一切協力しない」と決議し、官民一体となった激しい敷設反対運動が起き、山陽電鉄側は、「無理に敷設しても乗降客の増加が期待出来ない」として、計画を断念した。

戦後運輸省63形電車導入を機に高速鉄道への脱皮を図る。また近隣にある川崎車両(→川崎重工業)が協力し、大型車両850形ロマンスカーの採用や2000系などの先進的な設計の電車の投入など積極性を発揮、特に1962年には高速電車として日本初のオールアルミニウム車を導入している。また戦後も長年にわたって神戸市内における併用軌道区間(路面走行区間)が残存して運行のネックとなっていたが、1968年には地下線である神戸高速鉄道東西線への直通を開始して併用軌道を廃止するとともに京阪神急行電鉄(現・阪急電鉄)および阪神電気鉄道からの直通列車が乗り入れるようになり、神戸三宮・大阪方面との結び付きが強められた。

1970年代に入ると、沿線の播磨臨海工業地帯においてことに製鉄業の低迷傾向が顕在化した。網干線の建設理由であった新日本製鐵(←富士製鐵日本製鐵)広畑製鐵所の高炉群の休止とそれに伴う大規模な雇用整理などは通勤客の看過し得ない減少を招き、山陽電気鉄道の経営にも大きな打撃を与えた。さらに沿線には郊外地域が多いという条件からモータリゼーションの影響も深刻となってきた。学生の通学においても明石以西の沿線は、自転車の利用が増加。その上、本線と並行する区間の多い西日本旅客鉄道(JR西日本)山陽本線(JR神戸線)との競争がある。

全駅の自動改札化、網干線のワンマン運転化、主要駅以外の各駅の巡回駅化(実質的な無人化で係員の定期的巡回とモニタカメラ遠隔監視を行う)、普通列車の一部編成の短縮など、徹底的な合理化を実施し、一方で阪神・淡路大震災後に阪神梅田直通特急の運行を実現して一定の成功を収め、車両面においても特急系車両には転換クロスシート車を投入するなどの改善策も図られている。

神戸高速鉄道の開業以降、阪急と阪神がそれぞれ山陽の発行済み株式総数の5%を保有していたが、1998年に阪急が山陽乗り入れを休止した後に阪急が阪神へ保有株式を売却したため、現在は阪神が筆頭株主となっている。なお、阪神は2006年10月1日付けで阪急とともに阪急阪神ホールディングスの100%出資子会社となり、経営統合されたが、山陽は阪急阪神ホールディングスグループに参加していない。

年表

前史

  • 兵庫電気軌道の社章

  • 神戸姫路電気鉄道の社章

  • 宇治川電気の社章

山陽電気鉄道設立後

  • 1933年(昭和8年)6月6日 - 宇治川電気(株)の電鉄部 が分離独立し山陽電気鉄道(株)が設立。
  • 1936年(昭和11年)5月1日 - 神明自動車の路線を引き継ぎバス事業を開始。
  • 1941年(昭和16年)7月6日 - 網干線が全通。
  • 1968年(昭和43年)4月7日 - 神戸高速鉄道を経て阪急電鉄阪神電気鉄道と相互直通運転開始。同時に西代 - 兵庫間の併用軌道区間は廃止。
  • 1986年(昭和61年)7月10日 - 5000系電車が営業運転開始。
  • 1988年(昭和63年)4月1日 - 神戸高速鉄道区間を第二種鉄道事業として営業開始。
  • 1998年(平成10年)2月15日 - 阪急電鉄との相互直通運転を中止。同時に阪神梅田 - 山陽姫路間を結ぶ直通特急の運転を開始。
  • 1999年(平成11年)10月1日 - 鉄道に共通乗車カードシステム「スルッとKANSAI」を導入。対応カードとして「エスコートカード」の発売を開始。
  • 2003年(平成15年)3月21日 - バスに共通乗車カードシステム「スルッとKANSAI」を導入。
  • 2005年(平成17年)1月27日 - 貸切バス事業の一部と高速バス3路線(学園都市 - 徳島線、三宮・学園都市 - 阿波池田・井川線、垂水 - 三宮線の一部の便)の運行を100%出資子会社神戸山陽バスに移管。
  • 2006年(平成18年)7月1日 - 鉄道にICカード乗車券システム「PiTaPa」を導入。
  • 2007年(平成19年)3月29日 - この年の7月2日に兵庫電気軌道から創立100周年を迎えることを機にシンボルマークを変更、3月末までに自社所有の列車先頭車両のシンボルマークを取り替えた(旧シンボルの上にフィルムを貼付)。このころから5000系6両編成車に創立100周年記念号とヘッドマーク装着車を運転している。
  • 2009年(平成21年)
    • 3月20日 - 鉄道路線において、神戸高速鉄道経由での阪神・阪急・神戸電鉄のいずれかの3社直通区間に対応した「PiTaPa IC定期券」を導入。
    • 4月1日 - 一般バス路線(塩屋北町線(30系統)、明石市コミュニティバス(Tacoバス)、明石市都心循環バス(ちょいのりバス)、高速バスをのぞく)に「PiTaPa」を導入。
  • 2010年(平成22年)
    • 3月30日 - 神戸高速鉄道区間の第二種鉄道事業廃止届を国土交通省に提出。
    • 10月1日 - 神戸高速鉄道区間の第二種鉄道事業廃止。以後同区間は阪神電気鉄道神戸高速線への乗り入れとなる。またこの関係で阪急電鉄への乗り入れが阪急電鉄神戸高速線への片乗り入れではあるが事実上の復活となった。
  • 2011年(平成23年)3月1日 - 鉄道全線で駅舎、コンコース含め終日全面禁煙化。バス事業を山陽バス(同日神戸山陽バスから改称)に移管。
  • 2012年(平成24年)5月 - 列車運行システム「SANTICS」の更新に伴い、主要17駅において行先案内表示器の設置・更新や発車メロディの採用が順次行われている)。

社章・シンボルマーク

社章はレールの字でかたどった円で囲ったものである。1983年からはシンボルマークが制定された。その際に制定されたものはいわゆる「太陽マーク」と呼ばれ、赤丸に白抜きで鉄道(本線・網干線)の路線網をかたどったものであった。現在でも子会社の山陽タクシーの社紋として使用されている。2007年には創業100周年を機に新しいシンボルマークが制定された。赤色の5本線が縦横斜めに折り重なったもので、縦横斜めは感謝・信頼・挑戦を表現し、5本線は山陽電鉄グループの展開する5つの事業分野を表現する。

  • 社章

  • 以前の1983年制定のシンボルマーク

  • 2007年制定のシンボルマーク

鉄道事業

路線

路線図

本線の山陽須磨駅 - 山陽明石駅間は、JR神戸線(山陽本線)と並走している。特に舞子公園駅 - 山陽明石駅間では、JR神戸線と線路が完全に並走しており、競合状態となっている。山陽明石駅・山陽垂水駅山陽塩屋駅は、それぞれJR明石駅垂水駅塩屋駅と隣接している。山陽明石駅では、1階部分はJR明石駅と共用となっている。ホームが隣にあり、お互いの車両やホームが見える。また、JR神戸線で人身事故列車事故などの、何らかのトラブルがあった場合は、本線で振替輸送を行う。

廃止路線・区間

  • 本線 : 電鉄兵庫 - 西代 2.2 km (1968年4月7日廃止)
    この区間は道路上を走っており、この区間を含む電鉄兵庫 - 電鉄明石間は軌道法による軌道として特許を受けていた。神戸高速鉄道開業に伴い、電鉄兵庫 - 西代間が廃止された後も、西代 - 電鉄明石間は軌道法による軌道のままだったが、1977年に地方鉄道法(鉄道事業法の前身法)による鉄道に変更された(他の区間は開業当初から地方鉄道法〈→鉄道事業法〉による鉄道)。
  • 神戸高速線(2010年10月1日第二種鉄道事業廃止)

他社線との直通運転

阪神尼崎駅構内に留置されている近鉄9020系、阪神8000系の横を通過する山陽5000系による直通特急
停車表と直通系統
  • 阪神電気鉄道:直通特急が、神戸高速線阪神本線を経由して山陽姫路駅 - 梅田駅間で相互直通運転。普通・S特急は阪神神戸三宮駅まで。
  • 阪急電鉄:神戸高速線を経由して、1998年まで山陽電鉄の列車が阪急神戸本線六甲駅まで、阪急の列車が神戸本線から山陽電鉄本線須磨浦公園駅まで直通運転していた。現在は、普通・S特急が神戸高速線阪急神戸三宮駅まで(上図では阪急線方面にS特急の記載がないが、2016年3月19日のダイヤ改正より直通開始。高速神戸以東の停車駅は、花隈、阪急神戸三宮)。
    • 神戸高速線は、2010年9月30日までは自社の第二種鉄道事業線でもあった神戸高速鉄道東西線への乗り入れという扱いで列車を運転していた。翌10月1日以降、神戸高速鉄道の運営形態の変更により、1998年改正で一度は廃止された山陽から阪急への直通運転が営業上は片乗り入れながらも復活したことになった。
  • 近畿日本鉄道:将来、阪神なんば線・阪神本線・神戸高速線を介して有料特急が乗り入れる構想がある。なお、2013年2月24日には一般車両ではあるが、阪神1000系を使用して山陽姫路駅から阪神なんば線・阪神本線・神戸高速線を介して近鉄奈良線近鉄奈良駅までの直通の貸切列車の運転が行われた。さらに2014年7月には近鉄奈良駅から山陽姫路駅までの直通貸切列車が運行された。

車両基地

車両

かつては、車体の上半分を黄色みの強いクリーム色、下半分を濃紺に塗り分けた塗装だったが、1986年以降、現在の塗装はアルミ車が赤帯のみ、鋼製車がアイボリー地に赤と黒の帯である。

車両の電装品は1957年の2000系2次車以降、長らく川崎重工業→富士電機製の制御装置と三菱電機製のモーターという組み合わせだったが、VVVFインバータ制御車では同じメーカーの制御装置とモーターを搭載するようになり、5030系は富士電機製の制御装置とモーターを、6000系は三菱電機製の制御装置とモーターを搭載している。なお、戦前の車両はゼネラル・エレクトリック (GE) 製およびGE社の日本でのライセンス先であった東芝製の電装品を使用していた。集電装置は富士電機製のものが一部にある他は工進精工所製となっている。

形式番号に加えられる製造順位を表す番号は、阪急電鉄と同じく下一桁0から付番されている。図面や許認可申請書類に記載される車両形式には「クハ」「モハ」「クモハ」「サハ」といったカタカナの形式称号が付いているが、実車には形式数字のみ表記されカタカナは表記されていない。

初期に製造された3000系の置き換えを目的として、2015年度より21世紀初の新型車両である6000系を導入した。なお、車内設備の近代化を図るため、3000系列のリニューアル工事が順次進められている。

3000系以降の車両は、踏切事故対策の一環として運転席側と助士側で乗務員室の奥行きが異なる。そのため、先頭車の窓配置が浜側と山側で異なっている。

車両の製造は、820・850形以降は全て地元の川崎重工業が一手に引き受けているが、それ以前には汽車製造(現・川崎重工業)、田中車輛(現・近畿車輛)、帝国車輛工業(東急車輛製造を経て現在の総合車両製作所)、藤永田造船所(現・三井造船)で製造されたこともあった。

現有車両

過去の車両

合併前の車両

  • 兵庫電気軌道1形
  • 兵庫電気軌道13形
  • 兵庫電気軌道22形
  • 兵庫電気軌道29形
  • 兵庫電気軌道36形
  • 兵庫電気軌道101形(電動貨車)
  • 神戸姫路電気鉄道1形
  • 神戸姫路電気鉄道301形(電動貨車)
  • 神戸姫路電気鉄道の蒸気機関車
  • 宇治川電気51・76形

過去の車両発達過程については「山陽電気鉄道の旧型電車」の項を参照のこと。

  • 3000系

  • 3050系

  • 3200系

  • 5000系

  • 5030系

  • 6000系

方向幕の色

  • 特急 直通特急 (赤地に白文字で、前面と5000系・5030系のLED表示側面は黒地に赤文字で「 特急 」「 直通特急 」、以前の特急は現在の表示が反転した白地の赤文字の「 特急 」もあった。6000系では、前面も赤地に白文字で表示される)
  • 直通特急 (黄地に青文字、5000系・5030系のLED表示は橙地に黒文字で「直通特急」)
  • S特急 (緑地に白文字、5000系・5030系のLED表示は黒地に緑文字で「 S特急 」)
  • 普通 (黒地に白文字、5000系・5030系のLED表示は黒地に橙文字で「 普通 」、以前は反転した白地に黒文字の「 普通 」もあった)
  • 急行 =急= 回送 試運転 回送 試運転 団体 団急 救援 (白地に赤文字、5000系・5030系のLED表示は側面の行き先部分に黒地に橙文字、6000系のLED表示は「急行」を除き黒地に白文字。=急=と回送 試運転と団急は5000系では使用していないが、3000系では現在一部の編成で回送 試運転が入っている。6000系の「急行」表示は橙地)
  • 行き先表示は、基本は前面が黒地に白文字で「 姫路 」「 神戸三宮 」(行き先は例。以下同じ)、側面と以前の前面は白地に黒文字で「 姫路 」で、側面の阪神方面で直通特急の行き先以外の表示は青地に白文字で「 阪神三宮 」、阪急方面の表示は緑地に白文字で「 阪急三宮 」となる。なお、阪神・阪急ともに三宮駅は神戸三宮駅へと改称されたため、表示幕もそれに対応したもの(「 神戸三宮 」、「 神戸三宮 」)に順次取り換えられているが、未交換の車両は旧駅名のものをそのまま使用している(LED表示車両は変更済み)。古い車両では、行き先の表示が一部「阪神方面」、「阪急方面」になっているものもあった。なおLED表示の側面は、5000系・5030系では方面に関係なく黒地に橙文字で「 姫路 」「 阪神神戸三宮 」などとなるが、6000系では側面も黒地に白文字となる以外、方向幕装備車と同じ表示である。
阪神乗り入れ普通の方向幕。阪神は青色で表示されるが、阪急は緑で表示される。

運賃

大人普通旅客運賃(小児は半額・10円未満切り上げ)。2014年4月1日改定。

【キロ程】
【運賃(円)】
【キロ程】
【運賃(円)】

初乗り2kmまで | 150 | 26 - 29 | 620
3 - 4 | 190 | 30 - 34 | 670
5 - 7 | 230 | 35 - 39 | 700
8 - 10 | 300 | 40 - 44 | 730
11 - 13 | 370 | 45 - 49 | 760
14 - 17 | 440 | 50 - 54 | 790
18 - 21 | 520 | 55 - 60 | 810
22 - 25 | 570

他社路線との連絡乗車券

全駅で神戸高速線経由阪急電鉄阪神電気鉄道神戸電鉄各駅への連絡乗車券が購入できる。阪神線方面へは2009年3月20日阪神なんば線開業後も延伸区間の大阪難波駅までしか連絡乗車券を発売していないため、山陽電鉄線から神戸高速線・阪神線を介して同駅で下車しないで近鉄線方面へ向かおうとする場合は、いったん同駅までの連絡乗車券を購入し、不足分を近鉄側の駅または車内で精算しなければならない。ただし、自動改札機でスルッとKANSAIの磁気カード、または全国相互利用対象ICカード(PiTaPaICOCAのほか、KitacaSuicaPASMOmanacaTOICAnimocaはやかけんSUGOCA)を利用した場合は、各社線の運賃がまとめて差し引かれる。

企画乗車券

発売している企画乗車券は概ね以下のとおり。

  • 三宮・姫路1dayチケット - 1400円
  • 阪神・山陽シーサイド1dayチケット - 2000円
  • 三宮・明石市内1dayチケット - 1000円
  • 阪神・明石市内1dayチケット - 1500円
  • 垂水・舞子1dayチケット - 三宮版と阪神版の2種類がある。それぞれ800円、1300円
  • 奈良・斑鳩1dayチケット - 明石以東版と全線版の2種類がある。それぞれ2470円、2780円
  • 高野山1dayチケット - 同上・ただし期間限定のため発売時期以外は山陽公式サイトに表示されない。
  • 三宮とくやん2枚きっぷ

他。

「三宮・姫路 - 」「三宮・明石市内 - 」「垂水・舞子 - 」(三宮版)の3点は山陽の乗車駅 - 阪神神戸三宮駅間に加えて新開地駅 - 湊川駅間・高速神戸駅 - 阪急神戸三宮駅間も乗車可能だが、「阪神・山陽シーサイド - 」「阪神・明石市内 - 」「垂水・舞子 - 」(阪神版)の3点は、新開地駅 - 湊川駅間・高速神戸駅 - 阪急梅田駅間は乗車できない。

「垂水・舞子 - 」は2種類とも山陽バス(一部路線除く)にも乗車可能である。

「奈良・斑鳩 - 」「高野山 - 」(ただし期間限定)の2点は、阪神なんば線の開業までは例えば直通特急で阪神梅田駅まで出て大阪市営地下鉄ニュートラムも利用できていたが、開業後は2点とも阪神なんば線経由で利用するように改められた(前者は大阪難波駅から直接接続する形となり、後者は同駅で南海難波駅との徒歩連絡乗り換えができる)ため、同線開業まで利用できていた大阪市営地下鉄・ニュートラムは利用できなくなった(詳細は阪神なんば線#大阪難波延伸開業による利便性の向上を参照のこと)。

旅客案内

方向幕の列車種別毎の表示例については「方向幕の色」の節を参照
2010Happy Mail