このキーワード
友達に教える
URLをコピー

岡山大学とは?

【大学設置】
1949年
【創立】
1870年
【学校種別】
国立
【設置者】
国立大学法人岡山大学
【本部所在地】
岡山県岡山市北区津島中1丁目1番1号
北緯34度41分12秒 東経133度55分7秒 / 北緯34.68667度 東経133.91861度 / 34.68667; 133.91861座標: 北緯34度41分12秒 東経133度55分7秒 / 北緯34.68667度 東経133.91861度 / 34.68667; 133.91861
【学生数】
13,012
【キャンパス】
津島(岡山市北区津島中)
鹿田(岡山市北区鹿田町)
【学部】
文学部
教育学部
法学部
経済学部
理学部
医学部
歯学部
薬学部
工学部
環境理工学部
農学部
グローバル・ディスカバリー・プログラム
【研究科】
教育学研究科
社会文化科学研究科
自然科学研究科
保健学研究科
環境生命科学研究科
医歯薬学総合研究科
ヘルスシステム統合科学研究科
法務研究科
連合学校教育学研究科
【ウェブサイト】
https://www.okayama-u.ac.jp/index.html

岡山大学(おかやまだいがく、英語: Okayama University)は、岡山県岡山市北区津島中1丁目1番1号に本部を置く日本国立大学である。1949年に設置された。大学の略称 岡大(おかだい)。文部科学省が全国の大学・研究機関から選定した、「研究大学強化促進事業選定機関」であり、かつ「スーパーグローバル大学事業」の実施校である。また大学病院は、文部科学省・厚生労働省の「革新的医療技術創出拠点」の実施機関であり、研究・教育・臨床の拠点事業を有する9大学の1つである。

大学の活動として、国連の「持続可能な開発のための教育 (Education for Sustainable Development; ESD)」と「持続可能な開発目標 (Sustainable Development Goals; SDGs)」を中心に置いている。政府の第1回「ジャパンSDGsアワード」を国公立大学で唯一受賞している。2019年8月、環境理工学部と工学部の再編を発表し、2021年4月に中国四国地域最大規模の新生「工学部」を設置予定。

概観

大学全体

12学部(グローバル・ディスカバリー・プログラムを含む)・8研究科(連合研究科を除く)・3研究所を有する日本の総合大学。前身校を含めると中国・四国地方で最初に設置された大学であり、戦前には中国帝国大学誘致運動が存在し、第52回帝国議会(1927年(昭和2年)3月11日)および第59回帝国議会(1931年(昭和6年)3月7日)で「岡山市ニ総合中国帝国大学設置ニ関スル建議」が可決され政府閣議案件となったが、当時の建議は政府に意見を伝達するものであり実行可能性が第一義的な判断基準ではなかったこともあり、実現には至らなかった。

キャンパスは岡山市街地内に2ヶ所あり、JR岡山駅からも近い。本部が置かれている津島キャンパスには文学部、教育学部、法学部、経済学部、理学部、工学部、環境理工学部、薬学部、農学部が設置され、鹿田キャンパスには、医学部と歯学部が設置されている。なお、医学部・歯学部の教養教育科目は津島キャンパスで行われる。 学部生:10,157名、大学院生:2,988名、計12,145名(2018年5月現在)。

教育理念・目標等

第14代学長である槇野博史の「槇野ビジョン」では、「しなやかに超えていく「実りの学都」へ」を掲げている。

国連の「持続可能な開発目標 (SDGs)」を大学活動の柱の一つにしており、「持続可能な開発目標 (SDGs) に関する岡山大学の行動指針」を策定し、教育・研究・社会貢献を実施している。

岡山大学の教育・研究・社会貢献活動として国連主導のイニシアティブ活動である「持続可能な開発目標 (SDGs)」を中心に置いている
持続可能な開発目標 (SDGs) のロゴマーク

理念

目的

目標

教育理念
教育目標

教育および研究

2005年(平成17年)度より、各学部が定めている教育課程(カリキュラム)とは別に、第3のカリキュラムとして副専攻コースが設置されている。これは、所属する学部や学科等の専門分野で学習した知識を、さらに広い視野で有効に活かすことのできる能力を育成することを目的として、各学部の成績優秀者に対し履修を許可する制度で、語学・人文学・教育学・社会科学・自然科学など全23コースが設けられている。ただし、法学部(夜間主コース)・経済学部・医学部・歯学部・薬学部・環境理工学部の学生は、所属学部のカリキュラムとの関係から、この副専攻コースの履修を認められていない。また、これとは別に、文学部にも2004年(平成16年)度より設置した語学教育のための独自の副専攻コースがある。

2006年(平成18年)度には、マッチングプログラムコースが設置された。先進科学分野・国際連携分野において、地域のリーダーとして活躍する人材の養成を目的として設置された、岡山大学直轄の教育組織である。学生は、学年担任とアカデミック・アドバイザーのサポートの下、既成の学部・学科の枠組みを越えた極めて特殊な履修プログラムを自ら組み、履修していく。卒業時には「学士(学術)」という学位が与えられる。

2007年(平成19年)度入学生からは、入学前オリエンテーション時に全学部の学生を対象にTOEIC-IPテストの受験を課し、習熟度別クラス分けや英語必修単位の認定制度の運用を開始した。また、2008年(平成20年)度入学生より成績評価にGPA制度が導入され、これまでの優・良・可・不可の4段階からA+・A・B・C・Fの5段階へ変更された。

2013年(平成25年)度より卒業後に国際社会で活躍する人材の育成のため、語学教育や教養教育、専門教育を統括する組織としてグローバル人材育成院が設置され、グローバル人材育成コース(定員50名)が開設されている。2013年(平成25年)度以降の入学生より、入学時のTOEIC-IPテストで一定基準以上の得点を有していることを要件としている。希望する学生は各学部に所属しながら、語学教育などの講義や海外留学・海外インターンシップなどグローバル人材育成コースのカリキュラムを履修する。

2016年度より、学士課程において、学修時間の確保、留学機会の確保、長期インターンシップの実現、教育の体系的再構築を目的として、授業の60分制・クォーター制(4学期制)を導入する。

学風および特色

私費外国人留学生のうち、国際的競争力のある卓越した教育研究拠点形成のためのCOEプログラムが採択された研究機関において研究補助に従事し、特に研究能力が優れている者に対して、事業終了時までの授業料が全額免除される制度を設置している。 また、2012年(平成24年)度の入学試験より、国立大学で初めてバカロレアを利用した、国際バカロレア入試を一部学部(理学部、医学部保健学科、工学部、農学部、MPコース)において導入し、2015年(平成27年)度の入学試験より全学的に実施している。

沿革

略歴

岡山大学は、1949年(昭和24年)の学制改革の際に中四国で最も古い伝統を持つ旧制官立岡山医科大学を中核として岡山県内に所在していた他の旧制諸学校を包括して新制大学として設置された。岡山医科大学は、その起源を1870年に設置された旧岡山藩医学館に置いており、岡山大学の公式見解でも大学の起源を岡山藩医学館に置いている。

連合軍総司令部教育部長であったウィルス・ハースが1947年(昭和22年)4月24日に提言した総合大学設置に基づき、当時の岡山県知事であった西岡広吉は、同年9月下旬に総合大学試案を発表、10月10日に岡山総合大学設立準備委員会が発足した。12月1日、準備委員会は作成された「国立岡山総合大学設立計画書」に基づき、岡山総合大学設立期成会と改称、文部省へ陳情を行った翌1月中旬には中国総合大学設立期成会と改称された。会長は長友保知らが務めている。

中心となる医学部の鹿田キャンパスは、戦前の旧制岡山医科大学のキャンパスをそのまま使用している。これに対して津島キャンパスは戦後進駐軍が撤収したあとの旧大日本帝国陸軍第17師団跡地を使用している。1949年(昭和24年)5月13日には第一回の入学志願者の募集が行われ、1390人が集まり、6月8日から行われた入学試験にて881人の合格者を発表、835名が入学した。

岡山大学の源流の一つである岡山藩学校(1926年)(大正15年)5月)
岡山大学の前身の一つである第六高等学校(1926年)(大正15年)5月)
岡山大学の前身の一つである岡山医科大学(1926年)(大正15年)5月)
岡山大学本部棟(津島キャンパス)

年表

基礎データ

所在地

このほかに東山・平井・倉敷・三朝の各地区に附属機関等がある。

象徴

岡山大学学章
岡山大学コミュニケーションシンボル

執行部

2019年(平成31年)4月現在。理事の法令定員は7名。

教育および研究

組織

学部

津島キャンパス
鹿田キャンパス

研究科

岡山大学病院病棟
岡山大学病院三朝医療センター(2016年閉院)

専攻科

別科

附属機関

岡山大学病院(歯学系)(岡山市北区鹿田)
岡山大学資源植物科学研究所(倉敷市)
岡山大学産学官融合センター(岡山市北区芳賀)

国内拠点

海外拠点

2010Happy Mail