このキーワード
友達に教える
URLをコピー

岡部幸雄とは?

【基本情報】

【国籍】
日本
【出身地】
群馬県新田郡強戸村
(現:太田市)
【生年月日】
(1948-10-31) 1948年10月31日(71歳)
【身長】
161cm
【体重】
53kg
【血液型】
A型
【騎手情報】

【所属団体】
日本中央競馬会
【所属厩舎】
鈴木清(1967年-1984年)
→フリー(1984年-2005年)
【初免許年】
1967年
【免許区分】
平地競走
【騎手引退日】
2005年3月10日
2005年2月20日(最終騎乗)
【重賞勝利】
171勝
中央競馬165勝、
地方競馬4勝、
日本国外2勝
【G1級勝利】
38勝
中央競馬37勝、
日本国外1勝
【通算勝利】
18646戦2943勝
【経歴】

【所属】
中山競馬場(1967年-1978年)
美浦トレーニングセンター
(1978年-2005年)

岡部 幸雄(おかべ ゆきお、1948年10月31日 - )は、日本の元騎手

日本中央競馬会(JRA)に所属し1967年から2005年にかけて活動した。群馬県新田郡強戸村(現:太田市)出身。

20世紀後半から21世紀初頭にかけて中央競馬のトップジョッキーとして活躍し、競馬ファンから名手の愛称で親しまれた。アメリカの競馬に感化され、「馬優先主義」をはじめとする理念や技術を日本に持ち込んだ。中央競馬において、特定の厩舎や馬主に拘束されないフリーランス騎手の先駆けとなったことでも知られる。1995年1月から2007年7月まで、中央競馬における騎手の最多勝記録(最終的には2943勝)を保持した。

※文中の「GI競走」は日本のパート1国昇格前のGI競走を、「GI級競走」は日本のパート1国昇格後のGI競走およびJpnI競走を指す(詳細については競馬の競走格付けを参照)。

人物歴

概要

少年時代に中央競馬の騎手を志し、馬事公苑の騎手養成所に入学。1967年3月に騎手としてデビューした。2年目の1968年牝馬東京タイムズ杯で優勝して重賞初制覇を達成し、翌1969年には関東リーディングジョッキー2位を獲得、1971年優駿牝馬(オークス)を優勝して八大競走初制覇を達成するなどデビュー当初から活躍。1984年には中央競馬史上4人目の牡馬クラシック三冠達成騎手となった。引退するまでの間に全国リーディングジョッキーを2回(1987年1991年)、関東リーディングジョッキーを11回獲得。1995年に騎手として中央競馬史上最多となる通算2017勝を挙げ、以降2005年3月に引退するまでの間、最多勝利記録を更新し続けた(成績に関する詳細については#成績を参照)。日本国外へ積極的に遠征し、その経験をもとに中央競馬に対しさまざまな提言を行った。また、特定の厩舎に所属せずエージェントを介して騎乗依頼を受ける騎手業のスタイルを確立した。また、日本騎手クラブ会長としても活動した。騎手引退後は競馬評論家的活動を行っている。

少年時代

1948年に誕生。実家は農家で、の育成も行っていた。岡部は物心がつくかつかないかという頃から馬に乗せられ、小学生の頃には自力で速歩駈歩を行うことができるようになった。幼少期は体質が弱く、また平均よりも身長が低かったためコンプレックスを抱くことが多かったが、やがて乗馬においてはむしろ小柄なことが有利に働くことを知り、中学生時代には中央競馬の騎手を志すようになった。中学校3年生の秋に馬事公苑の騎手養成所に願書を提出、事後に父の承諾を得て受験し、合格した。

岡部は、騎手になったことについて祖父の影響が強かったと述べている。実家が馬の育成を行っていたのは祖父の意向によるものであり、幼少期から馬に騎乗する機会を得ると同時に、馬の世話を課されたことによって馬に対する愛情には世話をすることの辛さが含まれることを学んだ。また、祖父に連れられて足利競馬場に通うことが多く、競馬に親しんだ。

馬事公苑時代(1964年4月 - 1966年3月)

1964年4月に馬事公苑騎手養成所に入学。16名いた養成所の同期生には柴田政人福永洋一伊藤正徳らがおり、花の15期生と呼ばれる。

岡部曰く、馬事公苑の実習においては競馬関係者の息子が教官に贔屓されて能力の高い馬があてがわれ、岡部のようなバックボーンのない者よりもいい成績を収めた。その結果岡部は成績の悪い者を集めた班に振り分けられた。岡部は一矢報いるために能力の著しく劣る馬を調教し、成績優秀者の馬に劣らぬ高いパフォーマンスを発揮させることに成功した。岡部は教官の贔屓によって無意識のうちにハングリー精神が培われたとしている。

騎手時代(1967年3月 - 2005年3月)

下積み時代

馬事公苑修了後1年間の修業期間を経て、1967年に岡部は騎手免許を取得して鈴木清厩舎所属騎手としてデビューする。岡部が騎手になった当初の中央競馬界には徒弟制度が色濃く残されており、見習騎手の頃には庭の掃除、草むしり、使い走り、靴磨きなどに従事した。岡部は当時存在した徒弟制度について、「縦の世界」の中で先輩から技能面や精神面の指導を受け、競馬界のルールを学びとることができる点を肯定的に評価し、もう一度下積みから始めることに何の抵抗もないと述べている。なお岡部は、徒弟制度が崩壊した現在の中央競馬においては縦の人間関係によって守られつつ技能を会得する機会がなく、若手であってもいきなり結果が求められる点を弊害として指摘している。

デビュー当初、岡部は兄弟子であり鈴木厩舎の主戦騎手であった高橋英夫を目標とした。高橋も岡部の騎手としての資質に加え研究熱心さを高く評価して親身に指導し、騎手を引退し調教師となった後は岡部を主戦騎手として起用することが多かった(岡部の重賞初勝利は高橋の管理馬によるものである)。そのため、両者の関係を師弟関係に近いととらえる者もいる。

日本国外への遠征(1971年以降)

岡部は1971年の年末にアメリカを訪れ、競走馬のたくましさ、レースの激しさ、競馬関係者の情熱、騎手の技術水準の高さを目の当たりにし、以後は常にアメリカの競馬を目標とするようになった。岡部は英会話を学びつつアメリカを中心に日本国外への遠征を繰り返し、1972年にアメリカで日本国外の競馬での初騎乗を経験して以降、日本国外12か国で133のレースに騎乗し、8か国で13の勝利を挙げた。

1985年7月に西ドイツで日本国外での競馬における初勝利を挙げ、同年8月にはアメリカで日本人騎手として初めての勝利を挙げた。重賞競走では1994年にメディパルに騎乗しマカオマカオダービーを優勝して日本人騎手としては初めて日本国外のダービー優勝を達成。さらに1998年にはタイキシャトルに騎乗しフランスジャック・ル・マロワ賞を優勝し、悲願であった日本国外の国際G1制覇を成し遂げた。日本の騎手が日本国外へ遠征し、騎乗することの先駆者的存在といわれる。松山康久は、国際化の先駆けとなった意味で「日本競馬の顔」であると評した。岡部が引退した際、武豊は岡部が日本国外で騎乗したことに刺激を受けたとコメントしている。武は1994年、岡部について次のように語っていた。

今年、何度も海外に行って、岡部さんの偉大さがつくづくわかりました。僕があの人の影響を凄く受けていた、ということにも気づいた。向こうでの振る舞い方、現地の関係者との接し方、あと、自分の存在感の作り方というのかな、参考になることばかりです。 — 武・島田2004、215頁。

アメリカへの遠征は、岡部に大きな影響を与えた。たとえば岡部のモンキー乗りはアメリカ式のモンキー乗りの要素(日本よりもが短く、つま先で鐙に足をかけるため、重心が前方にある。また、手綱を短めに持つ)を取り入れたものである。また、の持ち替え(鞭を持つ手を変えて、馬の左右から鞭を入れられるようにする技術)はアメリカで行われているのを目にした岡部が日本で初めて実践した。岡部曰くアメリカでのやり方を模倣して日本で実践したことには当初「アメリカかぶれ」などと批判も浴びせられたものの、その後スタンダードになったものが数多くある。さらに自らが模倣するだけでなく、日本の競馬関係者及び競馬界に対しアメリカに倣うよう数々の提言を行った。アメリカ遠征の影響は技術面のみならず精神面にも及び、遠征を繰り返すもなかなか勝利を挙げられないでいた岡部に対してクリス・マッキャロンが贈った言葉「Take it easy」(日本語に訳すると「無理をしないで気楽にいこう」という意味)は、岡部の座右の銘となった。さらに岡部は、遠征中に日常会話を交わす中で、日本国外の競馬関係者と比べて社会一般のルールや常識が身についていないことを自覚するようになった。岡部は「よきゴルファーである前によき社会人であれ」というジャック・ニクラスの言葉を引き合いに出し、自戒を込めつつ、日本の競馬関係者に対して専門分野にのみ偏って社会常識や判断力を失ってはならないと警鐘を鳴らすようになった。

シンボリルドルフでクラシック三冠を達成(1984年)

シンボリルドルフに騎乗する岡部(1985年4月29日、第91回天皇賞(春))

1984年、岡部はシンボリルドルフに騎乗して中央競馬牡馬クラシック三冠を達成した。岡部はシンボリルドルフについて、「現在、日本でつくり出せるサラブレッドの最高峰を極めた馬」と評し、騎手生活が38年間に及んだのはもう一度シンボリルドルフのような馬に巡り合いたいと思ったからだと述べている。競馬ファンの多くもシンボリルドルフを岡部のベストパートナーとみなしている。

騎手引退後に同じくクラシック三冠馬のディープインパクトとシンボリルドルフの比較においては、ディープインパクトにはシンボリルドルフに匹敵する能力があるとしつつ、欠点の少なさにおいてはシンボリルドルフの方が上であると評している。

フリー騎手の先駆けとなる(1984年)

1984年10月1日、岡部は特定の厩舎に所属しないフリーランスの騎手となった。動機は、所属厩舎が管理する馬への騎乗を優先させて騎乗したい馬に乗れないことへの不満にあった。岡部がフリー騎手となったことはほかの騎手に影響を与え、1990年代にはトップジョッキーがフリーであることは一般的な事柄となった。さらにフリー騎手となってから数年が経過した時に、レースにだけ集中したいという思いから騎乗依頼についてエージェントを導入した。エージェントについても岡部の行動はほかの騎手に影響を与え、2006年にJRAが騎乗依頼仲介者として公認するほど普及した。ライターの阿部珠樹は岡部によって「優れた騎手が優れた馬に乗る」という「スポーツとして当然の法則」が切り拓かれたと評した。岡部は1つのレースに複数の騎乗依頼が来た場合、能力があると認めながらもそのレースでは騎乗できない競走馬への依頼を、自らを慕う柴田善臣田中勝春に振り向けた。柴田、田中を受け皿とすることで、依頼を断るとその競走馬をほかの騎手にとられてしまいその後の騎乗が困難になるという問題に対処したのである。岡部と柴田、田中の関係は「岡部ライン」と呼ばれた。

騎手生活最大の落馬事故(1988年)

1988年6月25日、岡部は福島競馬場でのレース中に落馬事故に見舞われ、左腕の握力が3キロに低下する重傷を負った。岡部は自分の未来は自分の意思で決めるという信念を持ち、競馬関係者が重んじることの多いジンクスといった概念を好まず、特定の宗教を信じることのない人間であったが、事故後3週間が過ぎても回復の兆しが見えない中で騎手生命の終わりを意識し、神社に参拝して回復を祈るほどの精神状態に追い込まれた。懸命のリハビリの結果、事故から3か月後には騎手への復帰が可能な程度にまで回復した。この落馬事故について岡部は騎手生活最大の事故で「最大級の試練」であったと回顧している。なお自身は同年初春にも落馬事故に遭っている。

関東のトップジョッキーとして活躍

岡部はデビュー2年目の1968年に関東リーディング6位となり、その後も1976年に関東のリーディングジョッキーになるなど、リーディング上位を維持し続けた。1987年に初めて全国リーディングジョッキーを獲得して以降、2000年までの14年間に10回関東リーディングジョッキーとなった。GI競走においても西高東低と呼ばれた時代にあってコンスタントに優勝し、美浦トレーニングセンター所属の調教師だけでなく栗東トレーニングセンター所属の調教師からも騎乗依頼が寄せられた。1995年には騎手として中央競馬史上最多となる通算2017勝を達成した(GI優勝時に騎乗していた競走馬については#GI競走および八大競走優勝馬、GIを含む優勝した重賞競走の一覧については#年度別成績(中央競馬のみ)を参照)。なお、初めて中央競馬の全国リーディングジョッキーを獲得したのは騎手人生の後半を過ぎた39歳の時で、また重賞99勝、GI競走23勝は40歳以降に挙げたものである。岡部は自身の騎手人生を「『一流』と呼ばれるには程遠い地点から、長い長い時間をかけて自分の居場所を築いてきた」とし、また自分自身を晩成型と分析している。岡部は長距離戦に強く、ダイヤモンドステークス(岡部勝利時は3200m)、ステイヤーズステークス(3600m)をそれぞれ7勝(ともにレース史上最多勝利)した。八大競走においても菊花賞(3000m)を3勝、天皇賞(春)(3200m)を4勝し、「長距離の鬼」と称された。なお、1995年から引退した2005年までの間は日本騎手クラブ会長としても活動した。

キャリア晩年

キャリア晩年はトレーニングによって「20代後半のスポーツ選手と変わらない」といわれる肉体を維持しつつ、「一回一回競馬を楽しもう、一回一回悔いを残さず」という思いで騎乗を続け、中央競馬史上最年長の騎手として活躍した。2002年には第126回天皇賞(秋)を53歳11か月28日で優勝。これはGI競走およびGI級競走の中央競馬史上最高年齢での優勝記録である。

左膝の故障からの復帰(2004年1月)
ダンスインザムード

晩年の岡部は左膝の痛みに悩まされ続け、痛み止めの注射を打ちながら騎乗を続けていた2002年には左足を引きずって歩くほどに症状が悪化し、12月の有馬記念での騎乗を最後に休養に入り、左膝の半月板を手術した。1年近くにわたるリハビリを経て2004年1月25日中山競馬で復帰。復帰初日には丸刈り姿でレースに臨み、同日第9競走の若竹賞で、後に桜花賞を勝つダンスインザムードに騎乗し1着となった。

騎手引退(2005年3月)

2005年に入り岡部は自身の騎乗に違和感を覚えるようになった。2月19日にイメージ通りの競馬ができなくなっていることを自覚し、翌2月20日になっても改善が見られなかったため、同日のレースを最後に騎乗を自粛した。

同年3月10日に38年間におよぶ騎手生活からの引退を発表し、騎手免許を返上した。引退当時岡部は中央競馬における騎手の最多勝記録を更新し続けており、史上初の通算3000勝を目前にしていたが、岡部自身は記録がかかっていることで迷いは生じなかったと述べている。岡部は自らの騎手人生について、「今、与えられたこと、やれることを、やっていくしかない」と思って行った「自然体の努力」の結果であると振り返った。

これに伴って、2005年3月20日には中山競馬場で引退セレモニーが行われ、同日の第10競走に予定されていた「東風ステークス」は最終12競走に変更の上、レース名も「岡部幸雄騎手引退記念競走」と変更されて施行された。セレモニーでは後輩騎手である横山典弘らの提案で岡部を神輿に乗せ、騎手一同で担いでパドックを周回した。

騎手引退後

引退後は2006年10月から、「JRAアドバイザー」として裁決委員審判業務を行う決勝審判委員などに対しての意見や助言、若手騎手に対する技術指導を行うアドバイザーを務める傍ら、フリーランスの競馬評論家的活動を行っている。騎手の中には引退後に調教師となる者も多数いるが、岡部は人間関係が重んじられる調教師は「自分の肌に合う職業ではない」として転身しなかった。

2007年4月22日に開催した元騎手によるエキシビジョンレース、「第1回ジョッキーマスターズ」に出場(結果は9頭中5着)。翌2008年11月9日に行われた「第2回ジョッキーマスターズ」にも出場した(結果は8頭中3着)。

2009年6月20日付で日本中央競馬会裁定委員会委員に就任することになった。

2013年には筑波大学の非常勤講師に就任。同年5月27日に初めての講義を同大学で行った。

年表

私生活

私生活での岡部は家庭を大切にし、騎手としての全盛期にも「世界で一番家族が大切」「仕事と家庭、どちらかを捨てなければならない状況に直面した(ならば)躊躇なくボクは馬をやめる決断をする」と公言していた。岡部は競馬社会の血縁関係のしがらみに拘束されることを嫌い、競馬とは関係のない女性と結婚した。騎手時代の岡部は、子供の学校行事に一度も出席できなかったり、妻の出産に一度も立ち会えないなど、家族との交流が制限されていた。そのため騎手引退後は父親と旅に出たり子供の学校行事に参加するなど、家族との交流に努めている。また、「好きなこと」「現役時代にできなかったこと」に挑戦し、新たな趣味としてスキューバダイビングサーフィンなどを始めた。

成績

通算成績(中央競馬のみ)

【通算成績】
【1着】
【2着】
【3着】
【4着以下】
【騎乗回数】
【勝率】
連対率
平地 2,928 | 2,437 | 2,192 | 11,027 | 18,584 | .158 | .289
障害 15 | 9 | 5 | 33 | 62 | .242 | .387
計 2,943 | 2,446 | 2,197 | 11,060 | 18,646 | .158 | .289

年度別成績(中央競馬のみ)

※勝利数が太字になっている年は全国リーディングジョッキー、斜体になっている年は関東リーディングを獲得したことを意味する。太字の競走名はグレード制が導入された1984年以降はGI競走を、1983年以前は八大競走を指す。

【年】
【勝利数】
【勝率】
【連対率】
重賞優勝
1967年 | 15勝 | .075 | .201 | 
1968年 | 54勝 | .110 | .248 | 牝馬東京タイムズ杯
1969年 | 72勝 | .133 | .282 | 金杯(東)アラブ王冠(春)
1970年 | 28勝 | .066 | .176 | 七夕賞
1971年 | 43勝 | .109 | .201 | 優駿牝馬(オークス)(騎乗馬カネヒムロ)ほか4勝
1972年 | 36勝 | .110 | .242 | 朝日杯3歳S目黒記念(春)高松宮杯
1973年 | 31勝 | .082 | .224 | 東京4歳S
1974年 | 37勝 | .101 | .188 | 
1975年 | 44勝 | .126 | .243 | 京都牝馬特別クモハタ記念
1976年 | 63勝 | .145 | .268 | クイーンS毎日王冠
1977年 | 58勝 | .133 | .267 | 金杯(東)、クイーンCNHK杯セイユウ記念京成杯3歳S
1978年 | 62勝 | .158 | .263 | 天皇賞(春)(騎乗馬グリーングラス)ほか3勝
1979年 | 55勝 | .142 | .268 | エリザベス女王杯スプリンターズS、牝馬東京タイムズ杯
1980年 | 48勝 | .123 | .246 | 優駿牝馬(オークス)(騎乗馬ケイキロク)ほか3勝
1981年 | 66勝 | .134 | .273 | クイーンC、サンスポ賞4歳牝馬特別新潟記念
1982年 | 46勝 | .104 | .218 | 安田記念、七夕賞、牝馬東京タイムズ杯
1983年 | 86勝 | .162 | .305 | 優駿牝馬(オークス)(騎乗馬ダイナカール)ほか5勝
1984年 | 78勝 | .143 | .279 | 中央競馬牡馬クラシック三冠(騎乗馬シンボリルドルフ)有馬記念(騎乗馬シンボリルドルフ)ほか8勝
1985年 | 76勝 | .144 | .266 | 天皇賞(春)(騎乗馬シンボリルドルフ)、ジャパンC(騎乗馬シンボリルドルフ)、有馬記念(騎乗馬シンボリルドルフ)ほか4勝
1986年 | 101勝 | .184 | .338 | 皐月賞(騎乗馬ダイナコスモス)、天皇賞(春)(騎乗馬クシロキング)ほか5勝
1987年 | 138勝 | .190 | .331 | ダイヤモンドS、スプリングS、新潟3歳S京王杯オータムH、毎日王冠
1988年 | 85勝 | .197 | .360 | 有馬記念(騎乗馬オグリキャップ)ほか6勝
1989年 | 94勝 | .204 | .350 | 安田記念(騎乗馬バンブーメモリー)ほか6勝
1990年 | 105勝 | .184 | .348 | 天皇賞(秋)(騎乗馬ヤエノムテキ)ほか5勝
1991年 | 128勝 | .209 | .372 | 菊花賞(騎乗馬レオダーバン)ほか3勝
1992年 | 129勝 | .227 | .353 | ジャパンカップ(騎乗馬トウカイテイオー)ほか6勝
1993年 | 114勝 | .230 | .370 | 菊花賞(騎乗馬ビワハヤヒデ)、マイルチャンピオンシップ(騎乗馬シンコウラブリイ)ほか10勝
1994年 | 121勝 | .202 | .345 | 天皇賞(春)(騎乗馬ビワハヤヒデ)、宝塚記念(騎乗馬ビワハヤヒデ)ほか12勝
1995年 | 121勝 | .209 | .343 | 皐月賞(騎乗馬ジェニュイン)、朝日杯3歳ステークス(騎乗馬バブルガムフェロー)ほか5勝
1996年 | 136勝 | .211 | .365 | マイルチャンピオンシップ(騎乗馬ジェニュイン)ほか5勝
1997年 | 124勝 | .211 | .328 | フェブラリーS(騎乗馬シンコウウインディ)、高松宮杯(騎乗馬シンコウキング)、安田記念(騎乗馬タイキブリザード)、スプリンターズS(騎乗馬タイキシャトル)ほか16勝
1998年 | 100勝 | .168 | .307 | フェブラリーS(騎乗馬グルメフロンティア)、安田記念(騎乗馬タイキシャトル)、マイルチャンピオンシップ(騎乗馬タイキシャトル)ほか7勝
1999年 | 97勝 | .164 | .276 | サンスポ賞4歳牝馬特別、クイーンS
2000年 | 103勝 | .149 | .268 | ジャパンカップダート(騎乗馬ウイングアロー)、NHKマイルカップ(騎乗馬イーグルカフェ)ほか6勝
2001年 | 101勝 | .158 | .263 | 中京記念、京王杯スプリングC、関屋記念エルムS
2002年 | 85勝 | .144 | .283 | 天皇賞(秋)(騎乗馬シンボリクリスエス)ほか9勝
2003年 | 騎乗なし | - | - | 
2004年 | 60勝 | .105 | .210 | 
2005年 | 3勝 | .032 | .116 | 

日本国外・地方競馬における成績

出典:wikipedia
2020/04/06 20:41

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「岡部幸雄」の意味を投稿しよう
「岡部幸雄」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

岡部幸雄スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「岡部幸雄」のスレッドを作成する
岡部幸雄の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail