このキーワード
友達に教える
URLをコピー

岡部牧夫とは?

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2019年11月)

岡部 牧夫(おかべ まきお、1941年8月8日 - 2010年12月6日)は、日本の文筆家歴史学者

略歴

東京市渋谷区代々木生まれ。本名・長興。太平洋戦争中は新潟県小出に疎開し、戦後は神奈川県で母方の祖父・岩崎輝弥が経営していた子安農園に住んだ。森村学園小学校、成蹊中学、成蹊高校から1965年に成蹊大学政治経済学部卒業。中学・高校教員、雑誌『アルプ』編集委員を経て、1971年に長野県諏訪郡富士見町へ移住し、自然環境についての文筆活動を行った。さらに、高校時代の恩師である荒井信一に誘われたのがきっかけで、日本近現代史研究、特に植民地支配や天皇制についての研究を進めた。1993年から串田孫一らとともに財団法人自然保護助成基金の評議員を務めた。2010年12月6日、学会帰りの高速バス内で脳梗塞のため急死(69歳)。遺体は信州大学病院へ献体された。また、彼が所蔵していた日本とアジア諸国の近現代史関連の資料約3800点は、国際日本文化研究センターに寄贈されている。

家族

著書

編共著

翻訳

論文

寄稿

雑誌 「アルプ」 51号1962年5月1日より、300号1983年2月まで 136編

雑誌 「新ハイキング」 47号1958年1月1日より、223号1974年5月1日まで 45編

新聞連載 「信濃毎日新聞」 文化欄 信州自然誌1981年7月7日より、1982年6月27日まで 42編

雑誌 「世界」 479号 p110、544号 p32、628号 p228、649号 p154。

雑誌 「みすず」 328号、333号、334号、360

他の様々な雑誌への寄稿は「生涯学生 一生青春」に記載されている。

英文寄稿

「Our vanishing Lakeshore by reclamation」「Report of Suwa Hydro-biological Station, Shinshu Univ.」 1991

「Collapse of the Shinano-gawa Fishery by the Development of Hydro-resources」 「ASEH NEWS」 1991

「Bitter Bracken」 「The Ecologist」 18-4/5 1989

脚注

  1. ^ 『現代日本人名録』2002年
  2. ^ 日本経済評論社

外部リンク

【典拠管理】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/06/06 13:09

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「岡部牧夫」の意味を投稿しよう
「岡部牧夫」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

岡部牧夫スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「岡部牧夫」のスレッドを作成する
岡部牧夫の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail