このキーワード
友達に教える
URLをコピー

崔炯宇とは?

この存命人物の記事には検証可能な出典が不足しています。信頼できる情報源の提供に協力をお願いします。存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的に中傷・誹謗・名誉毀損あるいは有害となるものはすぐに除去する必要があります。(2020年7月)
崔 炯宇 (チェ・ヒョンウ)
Choi Hyung-Woo
起亜タイガース #34

【基本情報】

【国籍】
韓国
【出身地】
全羅北道全州市
【生年月日】
(1983-12-16) 1983年12月16日(36歳)
【身長
体重】
179 cm
86 kg
【選手情報】

【投球・打席】
右投左打
【ポジション】
左翼手指名打者
【プロ入り】
2002年 2002年2次ドラフト6位
【初出場】
KBO / 2002年10月14日
【年俸】
25億ウォン(2020年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

【国際大会】

【代表チーム】
大韓民国
WBC
2017年
この表について
この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

プロジェクト:野球選手 テンプレート


崔 炯宇(チェ・ヒョンウ、최형우、1983年12月16日 - )は、韓国出身のプロ野球選手

経歴

全州高等学校在籍時の2001年三星ライオンズから2次ドラフト6位で指名を受け入団。入団当初は捕手だったが、外野手に転向。成績が振るわず2005年オフ三星を自由契約となり、その後兵役の義務のため警察庁野球団に入団し、プロ野球の2軍リーグで目覚しい活躍を見せた。

これが認められ2008年三星に復帰し、守備に不安はあるが長打力を生かし外野のレギュラーに定着し、韓国プロ野球史上最年長となる24歳10ヶ月で新人王を受賞した。韓国プロ野球の規定ではプロ入り後5年以内にしか新人王の資格はなく、2008年ですでにプロ7年目を迎えていたが、警察庁野球団での2年間を除外して有資格者となったため受賞することができた。

2009年も前年を上回る活躍を見せ、三星の打線の中軸を担うようになった。2010年はチーム最多、自己最多となる24本塁打、97打点を記録し、4番を任される試合も多かった。2011年は30本塁打、118打点で本塁打王打点王と自身初の個人タイトルを獲得し、2冠王となりチームの韓国シリーズ優勝に貢献した。2012年は昨シーズンの活躍で他球団の投手陣から厳しく警戒され、2軍へ降格する事態にもなった。後半以降は、盛り返し韓国シリーズではマリオ・サンティアゴ蔡秉龍からそれぞれ本塁打を放ちシリーズ9打点と勝負強さは目立った。2013年は、8月23日チームの正捕手陳甲龍が負傷退場したため、11年ぶりに捕手の守備機会を得た。2年ぶりに全試合出場・3割と結果を残した。

2015年も3度目の全試合出場を果たした。2016年は5年ぶりの打点王、自身初の首位打者と打撃二冠王となった。また8月19日のKTウィズ戦ではサイクルヒットを記録し、二塁打の韓国プロ野球シーズン新記録を達成した(2018年にジャレッド・ホイングが更新)。同年11月、FA(フリーエージェント)を行使し起亜タイガースへ移籍した。

2017年は3月のWBC韓国代表として出場した。またレギュラーシーズンでは起亜の8年ぶり11回目の韓国シリーズ優勝にも貢献した。

詳細情報

年度別打撃成績




【球

団】


































































O
P
S

2002 | 三星 | 4 | 6 | 5 | 0 | 2 | 2 | 0 | 0 | 4 | 0 | 0 | 0 | 1 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | .400 | .400 | .800 | 1.200
2004 | 2 | 2 | 2 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 1 | 0 | .000 | .000 | .000 | .000
2008 | 126 | 440 | 384 | 68 | 106 | 24 | 0 | 19 | 187 | 71 | 3 | 0 | 0 | 2 | 48 | 2 | 6 | 76 | 9 | .276 | .364 | .487 | .851
2009 | 113 | 481 | 415 | 70 | 118 | 24 | 0 | 23 | 211 | 83 | 1 | 2 | 1 | 3 | 53 | 4 | 9 | 60 | 12 | .284 | .375 | .511 | .886
2010 | 121 | 506 | 420 | 71 | 117 | 29 | 1 | 24 | 220 | 97 | 4 | 0 | 2 | 5 | 71 | 5 | 8 | 91 | 13 | .279 | .389 | .524 | .913
2011 | 133 | 571 | 480 | 80 | 163 | 37 | 3 | 30 | 296 | 118 | 4 | 3 | 0 | 10 | 76 | 15 | 5 | 88 | 8 | .340 | .427 | .617 | 1.044
2012 | 125 | 531 | 461 | 51 | 125 | 27 | 1 | 14 | 196 | 77 | 2 | 1 | 0 | 10 | 55 | 3 | 5 | 76 | 20 | .271 | .348 | .425 | .774
2013 | 128 | 573 | 511 | 80 | 156 | 28 | 0 | 29 | 271 | 98 | 2 | 1 | 0 | 8 | 47 | 1 | 7 | 91 | 5 | .305 | .367 | .530 | .897
2014 | 113 | 493 | 430 | 92 | 153 | 33 | 0 | 31 | 279 | 100 | 4 | 2 | 0 | 6 | 50 | 1 | 7 | 62 | 11 | .356 | .426 | .649 | 1.075
2015 | 144 | 637 | 547 | 94 | 174 | 33 | 1 | 33 | 308 | 123 | 2 | 5 | 0 | 8 | 73 | 7 | 9 | 101 | 13 | .318 | .402 | .563 | .965
2016 | 138 | 618 | 519 | 99 | 195 | 46 | 2 | 31 | 338 | 144 | 2 | 2 | 0 | 7 | 83 | 8 | 9 | 83 | 12 | .376 | .464 | .653 | 1.118
2017 | 起亜 | 142 | 629 | 514 | 98 | 176 | 36 | 3 | 26 | 296 | 120 | 0 | 1 | 0 | 8 | 96 | 8 | 11 | 82 | 15 | .342 | .450 | .576 | 1.026
2018 | 143 | 609 | 528 | 92 | 179 | 34 | 1 | 25 | 290 | 103 | 3 | 0 | 0 | 8 | 66 | 7 | 7 | 87 | 17 | .339 | .414 | .549 | .963
2019 | 136 | 555 | 456 | 65 | 137 | 31 | 1 | 17 | 221 | 86 | 0 | 1 | 0 | 7 | 85 | 6 | 7 | 77 | 13 | .300 | .413 | .485 | .897
KBO:14年 1568 | 6651 | 5672 | 960 | 1801 | 384 | 13 | 302 | 3117 | 1220 | 27 | 18 | 4 | 82 | 803 | 67 | 90 | 975 | 148 | .318 | .405 | .550 | .955

個人タイトル

表彰

外部リンク

起亜タイガース 2020
【監督】

【コーチ】

【二軍監督・コーチ】

【三軍コーチ】
  • 85 張泰洙(総括)
  • 90 金宣鎮(打撃)
  • 99 柳澤鉉(投手)
  • 87 羅成容(バッテリー)
  • 81 尹該振(守備)

【投手】

【捕手】
  • 12 白勇煥
  • 32 金珉植
  • 42 韓承澤
  • 44 韓俊洙

【内野手】

【外野手】

【兵役】
  • 金有臣
  • 盧官賢
  • 申範秀
  • 柳承澈
  • 柳丞鉉
  • 韓丞赫
  • 張志秀


獲得タイトル
韓国野球委員会新人王
【1980年代】
  • 83 朴鍾勳
  • 84 尹錫環
  • 85 李順喆
  • 86 金健友
  • 87 李正勳
  • 88 李龍澈
  • 89 朴正炫

【1990年代】

【2000年代】

【2010年代】


韓国野球委員会首位打者
【1980年代】

【1990年代】

【2000年代】

【2010年代】


韓国野球委員会本塁打王
【1980年代】

【1990年代】

【2000年代】

【2010年代】


韓国野球委員会打点王
【1980年代】

【1990年代】

【2000年代】

【2010年代】


韓国野球委員会最高出塁率
【1980年代】

【1990年代】

【2000年代】

【2010年代】


韓国野球委員会ゴールデングラブ(外野手)
【1980年代】
  • 82 金城官,梁承寬,金準桓
  • 83 金鍾模,朴鍾勳,張孝祚
  • 84 張孝祚,金鍾模,洪文鍾
  • 85 李光殷,朴鍾勳,張孝祚
  • 86 張孝祚,李光殷,金鍾模
  • 87 李光殷,金鍾模,張孝祚
  • 88 李順喆,李康敦,李正勳
  • 89 金一權,李康敦,高元富

【1990年代】

【2000年代】

【2010年代】



野球韓国代表 - 2017 ワールド・ベースボール・クラシック
【監督】

81 金寅植


【コーチ】

【投手】

【捕手】

【内野手】

【外野手】


・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/08/14 05:23

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「崔炯宇」の意味を投稿しよう
「崔炯宇」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

崔炯宇スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「崔炯宇」のスレッドを作成する
崔炯宇の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail