このキーワード
友達に教える
URLをコピー

川崎市とは?

 | 

川崎市旗
1965年(昭和40年)6月18日制定 | 川崎市章
1925年(大正14年)4月15日制定

【国】
日本
【地方】
関東地方
【都道府県】
神奈川県
団体コード
14130-5
法人番号
7000020141305
【面積】
143.01km

【総人口】
1,509,887[編集]
(推計人口、2018年4月1日)
人口密度
10,558人/km
【隣接自治体】
横浜市
東京都大田区世田谷区調布市狛江市稲城市多摩市町田市
千葉県木更津市(海上で隣接)
【市の木】
ツバキ
【市の花】
ツツジ
川崎市役所

【市長】
福田紀彦
【所在地】
210-8577
神奈川県川崎市川崎区宮本町1番地
北緯35度31分51.2秒東経139度42分10.8秒座標: 北緯35度31分51.2秒 東経139度42分10.8秒

【外部リンク】
川崎市

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町 / ― 村



【特記事項】
市外局番:044(市内全域)
ウィキプロジェクト

川崎市(かわさきし)は神奈川県の北東部に位置する政令指定都市で、7区の行政区を持つ。

政令指定都市の中では最も面積が小さいが、人口は都道府県庁所在地以外の市の中では最大である。人口約151万人。神戸市(人口約152万人)に次ぐ国内7位

市内全域が旧武蔵国に含まれる。神奈川県内の市町村では唯一、相模国に属していた地域を含まない。

目次

  • 1 概要
  • 2 地理
    • 2.1 一級河川
    • 2.2 運河
  • 3 歴史
    • 3.1 市成立前
      • 3.1.1 原始以前
      • 3.1.2 古代
      • 3.1.3 中世
      • 3.1.4 近世
      • 3.1.5 近代
    • 3.2 市成立後
      • 3.2.1 近代
      • 3.2.2 現代
  • 4 人口
  • 5 行政
    • 5.1 行政区域の変遷
    • 5.2 歴代首長
    • 5.3 県・市の行政機関
      • 5.3.1 警察
  • 6 司法
  • 7 議会
    • 7.1 市議会
    • 7.2 神奈川県議会(川崎市選出)
    • 7.3 衆議院
  • 8 経済
    • 8.1 第一次産業
    • 8.2 第二次産業
    • 8.3 第三次産業
  • 9 市内の主な企業
  • 10 姉妹都市・提携都市
    • 10.1 国内
    • 10.2 海外
      • 10.2.1 姉妹都市
      • 10.2.2 友好港
  • 11 行政区・地域
    • 11.1 主な街・ターミナル
    • 11.2 インフラ整備の状況
    • 11.3 隣接している自治体・行政区
  • 12 教育
    • 12.1 学校教育
      • 12.1.1 大学
      • 12.1.2 短期大学
      • 12.1.3 高等学校
      • 12.1.4 高等学校を併設する中学校
      • 12.1.5 専修学校
      • 12.1.6 各種学校
      • 12.1.7 学校教育以外の教育施設
    • 12.2 社会教育
      • 12.2.1 図書館
  • 13 職業訓練
  • 14 スポーツ
    • 14.1 主な施設
    • 14.2 公営競技
    • 14.3 スポーツ団体・クラブ
      • 14.3.1 プロ野球
      • 14.3.2 Jリーグ
      • 14.3.3 Bリーグ
      • 14.3.4 アマチュアスポーツ
      • 14.3.5 川崎市ホームタウンスポーツ推進パートナー
      • 14.3.6 その他のチーム
  • 15 交通
    • 15.1 空港
      • 15.1.1 東京国際空港へのアクセス
      • 15.1.2 成田国際空港へのアクセス
    • 15.2 鉄道線
      • 15.2.1 索道線
      • 15.2.2 廃止路線
      • 15.2.3 計画中の路線
      • 15.2.4 構想中の路線
    • 15.3 バス路線
      • 15.3.1 一般道路線バス
      • 15.3.2 高速路線バス
    • 15.4 道路
  • 16 名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事
    • 16.1 寺社
    • 16.2 博物館
    • 16.3 美術館
    • 16.4 音楽
    • 16.5 レジャー
    • 16.6 名所
    • 16.7 公園
    • 16.8 イベント
  • 17 関連番組
    • 17.1 テレビ
    • 17.2 ラジオ
  • 18 舞台にした作品
    • 18.1 映画
    • 18.2 ネットシネマ
    • 18.3 テレビドラマ
    • 18.4 漫画
    • 18.5 テレビアニメ
    • 18.6 歌
    • 18.7 ゲーム
  • 19 出身人物・ゆかりの人物
  • 20 地上波放送
  • 21 その他
  • 22 脚注
  • 23 関連項目
  • 24 外部リンク

概要

政令指定都市20市の中で面積が最も小さい。人口は25位の沖縄県を上回る150万人、2015年4月に京都市を抜き全国第7位の市となり、神奈川県内で横浜市に次いで2番目に人口が多く、非都道府県庁所在地の市では最大かつ唯一100万人を超えている。財政状況は良く、財政力指数は1.101(平成21年度)で政令指定都市では最も財政に余裕がある。

地理

川崎市の衛星画像

神奈川県の北東部、県の最東端に位置し、東京都横浜市にはさまれた細長い市域を持つ。県内では横浜市以外の市町村とは隣接していない。市の北端には多摩川が流れ東京都との境となっており、東部には東京湾が広がっている。江戸時代から栄えていた歴史ある街で武家も多く、古くからの閑静な住宅地が多いが、ここ数十年で東京との近さから一気に近代化し、若者の街と言われるようになり、特に川崎駅前周辺は昼夜を問わず人が多い。川崎駅から離れた多摩川沿いの低地や多摩丘陵にはのどかな田園風景が広がるが、丘陵部には新興住宅地が多く、東京湾岸に広がる埋立地は隣接する横浜市鶴見区沿岸部とともに大規模な重工業地帯となっているなど、多様な面を見せる。

東京のベッドタウンとしての性格が強く、東海道線京急線京王線東急東横線東急田園都市線小田急線などの通勤路線を通じて東京都心部との交流が深く、各路線ごとに東京区部・横浜市北部を含めた沿線地域圏を形成しているため、稲田堤若葉台登戸新百合ヶ丘を始めとした北部の住民は新宿渋谷といった東京都心部のターミナルへの志向が強く、川崎駅(川崎区)に行くことは比較的少ない。各々の区が東京の衛星都市としての位置づけであるため、単体の市としての地域的一体性はあまりないといえる。

一級河川

運河

 | 

 | 

 | 


歴史

詳細は「川崎市の歴史」を参照

市成立前

原始以前

北西部の丘陵地帯に人が定住したのは古く、黒川などでは旧石器時代縄文時代の遺跡が確認できる。しかし、多摩川沿いや臨海部の低地はかつて海底だった場所が多く、多摩川の堆積作用や海面の低下により徐々に陸地化が進んだ。

古代

7世紀に律令体制の整備により武蔵国橘樹郡(たちばなぐん)の一部となり、奈良時代には現在の高津区に郡衙が置かれ、地域行政の中心になったと推定される。平安時代からは荘園が発達し、稲毛氏が広い地域を支配した。

中世

前述の稲毛氏の一族稲毛三郎重成源頼朝の御家人の1人となって活躍した。また大治3年(1128年)には川崎大師(平間寺)が建立され、門前町の形成が始まる。その後鎌倉時代から戦国時代にかけては小規模領主による分治が進み、やがて北条氏の支配下に入った。

近世

慶長16年(1611年)には小泉次大夫の指揮により二ヶ領用水が完成、中野島から大師・大島に至る多摩川流域平野のほぼ全域を流れ、農業生産力の向上をもたらした。二ヶ領用水で潤った水田で生産された米は稲毛米と呼ばれ、江戸で寿司飯として人気となる。また江戸幕府が成立したことで東海道中原街道の重要性が高まり、川崎宿(現川崎駅周辺)の整備が進んだ。ただし、川崎宿が正式な宿場に指定されたのは東海道五十三次の中で最後となる元和9年(1623年)のことである。このとき多摩川の橋は流され、以後川崎宿は六郷の渡しの渡河点、及び川崎大師への玄関口として繁栄する。この他にも中原街道丸子の渡し大山街道二子の渡し津久井街道登戸の渡しが整備され、いずれも後に東京都内への鉄道が建設される宿場町が形成された。

近代

京浜工業地帯

明治・大正期は川崎駅周辺で都市化が急速に進行する一方、丘陵地帯では従来の農山村も維持されていた。その後昭和前期になると鉄道路線の開業が相次ぎ、私鉄沿線には住宅地が、多摩川沿いの南武線沿線には主に工業地が展開した。

市成立後

近代

現代

人口


川崎市と全国の年齢別人口分布(2005年) | 川崎市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 川崎市
緑色 ― 日本全国
 | 
青色 ― 男性
赤色 ― 女性

川崎市(に相当する地域)の人口の推移
1970年 | 973,497人 | 

1975年 | 1,014,951人 | 

1980年 | 1,040,802人 | 

1985年 | 1,088,624人 | 

1990年 | 1,173,603人 | 

1995年 | 1,202,820人 | 

2000年 | 1,249,905人 | 

2005年 | 1,327,011人 | 

2010年 | 1,425,512人 | 

2015年 | 1,475,213人 | 


総務省統計局 国勢調査より

行政

行政区域の変遷

この他、明治以降の埋め立ての進行で市域は海に向かって拡大している。

歴代首長

官選市長
出典:wikipedia
2018/08/16 20:46

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「川崎市」の意味を投稿しよう
「川崎市」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

川崎市スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「川崎市」のスレッドを作成する
川崎市の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail