このキーワード
友達に教える
URLをコピー

川越市とは?


川越市紋章

【国】
日本
【地方】
関東地方
【都道府県】
埼玉県
団体コード
11201-1
法人番号
4000020112011
【面積】
109.13km

【総人口】
353,321
(推計人口、2018年4月1日)
人口密度
3,238人/km
【隣接自治体】
上尾市さいたま市坂戸市狭山市
鶴ヶ島市所沢市日高市
富士見市ふじみ野市
入間郡三芳町比企郡川島町
【市の木】
カシ
【市の花】
ヤマブキ
【その他】
市の鳥:
市の日:12月1日
市の歌:われらの川越
川越市役所

【市長】
川合善明
【所在地】
350-8601
埼玉県川越市元町一丁目3番地1
北緯35度55分30.5秒東経139度29分8.8秒座標: 北緯35度55分30.5秒 東経139度29分8.8秒

【外部リンク】
川越市

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町 / ― 村



ウィキプロジェクト

川越市(かわごえし)は埼玉県南西部に位置する人口約35万人のである。埼玉県内ではさいたま市川口市に次ぐ第3位の人口を擁し、中核市業務核都市保健所政令市に指定されている。旧武蔵国入間郡

目次

  • 1 概要・歴史
  • 2 人口
    • 2.1 昼夜人口比率
  • 3 地理
    • 3.1 気候
    • 3.2 地誌
    • 3.3 地名の由来
  • 4 隣接している自治体・行政区
  • 5 行政
    • 5.1 歴代市長
    • 5.2 名誉市民
    • 5.3 財政
    • 5.4 行政機関
      • 5.4.1 国の出先機関
      • 5.4.2 特殊法人の機関
      • 5.4.3 県の出先機関
      • 5.4.4 県の公社
      • 5.4.5 市の機関
      • 5.4.6 警察
      • 5.4.7 消防
    • 5.5 広域行政
    • 5.6 開発事業
  • 6 司法機関
    • 6.1 裁判所
  • 7 立法
    • 7.1 市議会
    • 7.2 埼玉県議会(西7区選出)
    • 7.3 衆議院
  • 8 姉妹都市・提携都市
    • 8.1 大規模災害時相互応援協定締結都市
  • 9 経済
    • 9.1 工業
    • 9.2 農業
    • 9.3 商業
    • 9.4 メディア
  • 10 地域
    • 10.1 町名・大字
    • 10.2 健康
    • 10.3 教育
      • 10.3.1 幼稚園
      • 10.3.2 小学校
      • 10.3.3 中学校
      • 10.3.4 高等学校
      • 10.3.5 特別支援学校
      • 10.3.6 大学
    • 10.4 学校教育以外の施設
      • 10.4.1 職業能力開発校
      • 10.4.2 図書館
      • 10.4.3 博物館・美術館
      • 10.4.4 公民館
      • 10.4.5 公共福祉施設
    • 10.5 電話番号
    • 10.6 郵政
  • 11 娯楽・レジャー施設
    • 11.1 映画館
    • 11.2 ゴルフ場
    • 11.3 その他
  • 12 交通
    • 12.1 鉄道路線
      • 12.1.1 廃線
    • 12.2 バス
    • 12.3 タクシー
    • 12.4 道路
  • 13 町並み保存
  • 14 住宅団地
  • 15 観光
    • 15.1 名物・特産
    • 15.2 名所
    • 15.3 主要祭事
    • 15.4 川越歳時記
    • 15.5 宿泊施設
    • 15.6 オブジェ
  • 16 川越を舞台にした作品
  • 17 出身有名人
    • 17.1 歴史的人物
    • 17.2 政財界
    • 17.3 芸術
    • 17.4 芸能
    • 17.5 スポーツ
    • 17.6 その他
  • 18 ゆかりのある人物
    • 18.1 マスコミ
  • 19 その他
  • 20 脚注
    • 20.1 注釈
    • 20.2 出典
  • 21 関連項目
  • 22 外部リンク

概要・歴史

江戸時代には親藩譜代川越藩城下町として栄えた都市で、「小江戸」(こえど)の別名を持つ。城跡・神社・寺院・旧跡・歴史的建造物が多く、文化財の数では関東地方神奈川県鎌倉市栃木県日光市に次ぐ。歴史まちづくり法により、国から「歴史都市」に認定されている(埼玉県内唯一の認定)。戦災や震災を免れたため歴史的な街並が残っており、市内の観光名所には年間約704万人もの観光客が訪れる観光都市である。海外の旅行ガイドブックに紹介されることも多く、最近では外国人旅行者が多い(例えばニューヨーク・タイムズ紙の「2009年トラベルガイド」の 川越特集)。

武蔵野台地の北端に位置し、荒川入間川が市内で合流する。地理的な要衝で平安時代には河越館豪族河越氏が興り、武蔵国筆頭の御家人として鎌倉幕府で権勢を誇った。室町時代上杉氏家宰太田道灌によって河越城が築城され、上杉氏、次いで北条氏の武蔵国支配の拠点となった。戦国時代には関東平野の覇権を決する河越夜戦の舞台となった。河越夜戦は「日本三大夜戦」とされる。江戸時代以前は江戸を上回る都市であり、「江戸の母」と称された。

川越城を擁する川越藩は江戸幕府の北の守りであり、武蔵国一の大藩としての格式を誇り、酒井忠勝堀田正盛松平信綱柳沢吉保など大老老中クラスの重臣や御家門越前松平家が配された。そのため、江戸時代から商工業や学問の盛んな城下町であり、今日でも多くの学校を有す文教都市である。川越藩の歴代藩主は武蔵野の開発に力を注いだ。「知恵伊豆」と呼ばれた松平信綱は、川越藩士の安松金右衛門に命じ、玉川上水野火止用水新河岸川の開削、川島大囲堤の築造、川越街道の改修を行い、行政手腕の秀でた柳沢吉保は、川越に召抱えていた荻生徂徠の建議を入れ、筆頭家老の曽根権太夫に命じ、三富新田の開拓などを行った。

川越藩によって殖産政策が遂行され、農産物や絹織物工芸品など市場競争力のある特産品開発がなされた。川越藩領の狭山丘陵で河越茶(狭山茶)の栽培が進められ、武蔵野の開墾地ではサツマイモの栽培が盛んになった。高林謙三が開発した「高林式製茶機械」によって狭山茶は隆盛することとなり、赤沢仁兵衛が考案した「赤沢式甘藷栽培法」によってサツマイモの収穫量は劇的に増加した。寛政年間に焼イモが江戸で大流行すると、新河岸川や入間川の舟運で江戸に出回ったサツマイモは川越芋と呼ばれ「栗よりうまい十三里」というフレーズと味の良さで持て囃され、「イモの町」のイメージも定着した。こうした領内や秩父など近郊からの物資の供給地として「江戸の台所」と呼ばれ繁栄した。また幕末、川越藩領であった上野国前橋生糸業を興し、その輸出で川越商人は財を成した。

埼玉県下随一の城下町(川越藩の石高は武蔵国で最大、関東でも水戸藩に次ぐ)であったので、廃藩置県では川越県、次いで入間県県庁所在地となった。入間県は現在の東京都武蔵野市周辺から新座や秩父・熊谷本庄まで含んで発足、入間県の面積は現在の埼玉県の7割を占めていた。現在の埼玉県成立後、最初に市制を施行したのは川越である(大正11年の市制施行は北海道札幌市などと同年)。明治以降も先進的な発展が続き、埼玉りそな銀行の前身であり埼玉県で唯一の国立銀行であった第八十五国立銀行の発祥地である。また旧川越藩御用商人衆には横田五郎兵衛山崎豊黒須喜兵衛など豪商が多く、米穀取引所や民間による銀行(川越銀行川越商業銀行)の設立や商工会議所医師会の発足なども埼玉県内で最初である。後に川越市初代市長となる綾部利右衛門ら川越商人の強い力で、埼玉県で最初に火力発電所水力発電所を設け、埼玉県下で最初に電灯が燈った町でもある。

川越商人に加え、上広瀬村(現・狭山市)の清水宗徳が参画し、川越鉄道甲武鉄道国分寺駅との間に建設された(現在の西武新宿線西武国分寺線のルーツ)。また、綾部らの川越電気鉄道大宮との間で開通した。川越電気鉄道は蒸気機関車ではなく、その名の通り、埼玉県で最初の電車であった。川越鉄道と川越電気鉄道は最終的に合併し、西武鉄道(旧)となり、川越藩三芳野村(現・坂戸市)出身の大川平三郎(「日本の製紙王」と呼ばれ大川財閥を作った)らが役員に名を連ねた。綾部らの西武鉄道は堤康次郎武蔵野鉄道(現在の西武池袋線)と太平洋戦争中に戦時合併する。一方、1902年(明治35年)には綾部ら川越商人と川越商業銀行頭取で新河岸川の回漕業者でもあった福岡村(現・ふじみ野市)の星野仙蔵が、東京 - 川越間の京越鉄道の敷設を計画した。これは本社を川越に置いて発足した東上鉄道に引き継がれ、1914年(大正3年)に池袋駅 - 田面沢駅(現在の川越市駅の西方にあった)間で開通した。2年後には坂戸駅まで延伸。東上鉄道は1920年根津嘉一郎東武鉄道と合併する。昭和になって軍需鉄道の八高線の建設が決まると川越商人たちが川越線建設を求める請願を行い、国策鉄道として省線の川越線が開通した。代わりに、川越 - 大宮間の電車(西武大宮線と改名)は廃線となった。

現在では、JR東武東上線川越駅は1日約19万人が乗降し(埼玉県内では大宮駅に次ぐ2位)、近接する西武新宿線本川越駅を併せた乗降客数は26万人を超え、東武東上線・川越市駅も併せると中心市街地に駅が3つあることになる。旧市街地の玄関は西武の本川越駅で、新市街地の玄関は東武の川越駅である。

室町時代より川越街道(現・国道254号)で、江戸時代より新河岸川舟運で、江戸と直結した物流の要衝であり、1971年(昭和46年)には埼玉県内で最初の高速道路として関越自動車道練馬IC - 川越IC間で完成、開通時の名称は「東京川越道路」であった。国道16号(東京環状)や首都圏中央連絡自動車道(圏央道)も通じている。

その他:

詳細は「川越市の歴史」を参照

人口


川越市と全国の年齢別人口分布(2005年) | 川越市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 川越市
緑色 ― 日本全国
 | 
青色 ― 男性
赤色 ― 女性

川越市(に相当する地域)の人口の推移
1970年 | 171,029人 | 

1975年 | 225,465人 | 

1980年 | 259,314人 | 

1985年 | 285,437人 | 

1990年 | 304,854人 | 

1995年 | 323,353人 | 

2000年 | 330,766人 | 

2005年 | 333,795人 | 

2010年 | 342,714人 | 

2015年 | 350,327人 | 


総務省統計局 国勢調査より

昼夜人口比率

昼夜人口比率は、96.51%(2005年)。

県庁所在地・さいたま市は91.89%。また埼玉県内は所沢市の85.02%、越谷市の83.84%、上尾市の82.92%、春日部市の80.15%など、70%-80%台の市が大半である。

地理

気候

ケッペンの気候区分では温暖湿潤気候に属する。1年を通じて穏やかな気候で、年平均降水量は1320mm、年平均気温は15.8℃、年平均相対湿度は62.8%、年平均風速は2.1m/s。(数値は2009年)

一方で、東京都心のヒートアイランド現象の影響を受け、夏の猛暑が厳しくなっているとの指摘もある。川越市は気象庁の精密観測網でカバーされていないが、首都大学東京などが独自に気温を計測したところ、夏日の最高気温は酷暑で知られる埼玉県熊谷市を上回るとの研究結果を2017年6月に発表した。

地誌

川越市中心部周辺の空中写真。
1984年撮影の13枚を合成作成。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。

都心から30km圏に属し、北緯35度55分30秒、東経139度29分08秒(市役所のある元町)。市域は東西およそ16.3km、南北およそ13.8km。標高は元町で海抜18.5m、市の南端が最も高く50.7m、東部が最も低く6.9m、標高差およそ44mである。

荒川多摩川に挟まれた地域を武蔵野台地と言い、川越はその北東端に位置する。武蔵野台地は奥秩父山地水源とする多摩川が形成した扇状地である。太古の多摩川(古多摩川)は東京都神奈川県の都県境方面ではなく埼玉県西部の入間郡を横断して流れていた(今の入間川の流路とほぼ同じ)。武蔵野台地は柳瀬川以北を特に川越台地と呼び、さらに入間川を超えた北西側を特に入間台地と呼ぶ。南西には狭山丘陵が接する(狭山丘陵も古多摩川が土砂を堆積してできた丘陵で、狭山丘陵の形成によって多摩川は後に流路を南に変えることになった)。河越館が築かれたのは入間台地の東限で、川越城が築城されたのは川越台地の北限である。川越城は地形を利用した平山城であった。1457年(長禄元年)に川越城と江戸城を築城した太田道灌は、両城を結ぶ防衛ラインとして川越街道を造った。以来、川越街道より西南側へ多摩地域までが武蔵野と呼ばれる地方で、文化的な一体性がある。

川越台地を取り囲むように周囲は低地であり市内からは関東平野を囲む山々を眺めることができる。外秩父山地や武蔵野台地の武蔵野面(古多摩川が形成した高位の河岸段丘)に降った雨は、入間川や新河岸川越辺川不老川小畔川赤間川など(今では多摩川水系ではなく)荒川水系の幾多の河川を形成し、川越の町を囲むような低地に主に北西方向から南東に流れる。町は台地上に形成され、南側の台地に拡大する余地が残っており、歴史的にも南へ街が広がってきた。甲武信ヶ岳を源とする荒川は江戸時代寛永の瀬替えにより大宮台地西側を流れるようになり流量を増やした。荒川は、大持山から流れ出た入間川と当市内の古谷上で合流し、日本でも最大規模の河川敷を形成する(国道16号上江橋は河川にかかる国道の橋としては日本最長である)。このため、「外川」と呼ばれた荒川の対岸の大宮などとは歴史的にも結び付きがあまりない。

川越街道は入間川や荒川を渡ることなく江戸へ通じたので、荒川や利根川の氾濫に苦しめられた中山道に劣らず賑わった。「内川」と呼ばれた新河岸川は江戸へ向って傾斜し隅田川に合流するので、川筋が整備され舟運が盛んであった。大正時代に新河岸川は赤間川と合流され、さらに川越市街を取り巻く形となった(大正時代に新河岸川のルートに東武東上本線が建設され、舟運は廃された)。こうした河川が市内北部や東部に広大な氾濫地である荒川低地を作り出し、稲作地帯となっている。市内東部には埼玉県内最大の自然沼である伊佐沼もある。旧荒川の流路に沿って自然堤防も形成されている。こうした沖積層は、地下水位が高く軟弱な粘土やシルトが厚く分布している。

一方、武蔵野台地(川越台地・入間台地)上にある市内中心部・南部・西部は対照的に洪積台地となっており、富士山浅間山火山灰が形成した関東ローム層(立川ローム層とその下の武蔵野ローム層)の下には古多摩川が形成した比較的安定した礫層がある。関東ローム層は保水力が無く井戸水に困り、また江戸時代以前は武蔵野台地を水源とする川は石神井川や不老川など数少なく、その上、瀬切れを起こしやすく台地上では水の確保に苦労した。現在では武蔵野の雑木林の面影を残し、水はけが良いことから畑作地帯となっている。

地名の由来

直接の由来は平安時代河越館を構えた豪族河越氏 であるが、その由来は古来より諸説ある。

川越は古来より武蔵国の中枢で、諸方に交通の便が拓けていたが川越市街地を川が囲む形となっており、入間川を越えないとたどり着けない地であることから「河越」と称されたという説や、養寿院にある銅鐘(国の重要文化財)に「武蔵国河肥庄」という銘があり吾妻鏡にも文治2年(1186年)の記述に既に「河肥」の文字があることから入間川の氾濫によって肥沃な地であるからという説、などである。

隣接している自治体・行政区

行政

歴代市長

【代】
【氏名】
【就任年月日】
【退任年月日】

初代 | 綾部利右衛門 | 1922年12月1日 | 1923年2月
2 | 武田熊蔵 | 1923年8月1日 | 1927年7月31日
3 | 寺尾規矩郎 | 1927年9月22日 | 1931年9月21日
4 | 林寿夫 | 1931年10月13日 | 1932年1月15日
5 | 早川金十郎 | 1932年3月1日 | 1935年8月13日
6 | 橋本定五郎 | 1935年8月17日 | 1939年8月16日
7 | 伊達徳次郎 | 1939年8月24日 | 1943年8月23日
8 | 渋谷塊一 | 1943年9月14日 | 1945年3月16日
9 | 河合正臣 | 1945年4月21日 | 1946年8月16日
10-15 | 伊藤泰吉 | 1946年10月7日 | 1965年7月31日
16-19 | 加藤瀧二 | 1965年9月19日 | 1981年1月7日
20-22 | 川合喜一 | 1981年2月8日 | 1993年2月7日
23-26 | 舟橋功一 | 1993年2月8日 | 2009年2月7日
27-29 | 川合善明 | 2009年2月8日 | 

名誉市民

財政

川越市の2012年度(平成24年度)の財政力指数 0.95であり、これは埼玉県内全40市の中で、戸田市和光市朝霞市八潮市所沢市さいたま市に次いで7番目に高い。2007年度〜2010年度においては財政力指数が1.00を超えていたが、2011年度以降は1.00を下回っている。

行政機関

国の出先機関

特殊法人の機関

県の出先機関

県の公社

市の機関

  • 川越市役所(これまで、川越市役所出張所設置条例(昭和36年3月29日 条例第7号)によって出張所が設置されていたが、川越市市民センター条例(平成26年2月3日)により平成26年4月1日から「市民センター」に改称された。
    • 川越市芳野市民センター
    • 古谷市民センター
    • 南古谷市民センター
    • 高階市民センター
    • 福原市民センター
    • 山田市民センター
    • 名細市民センター
    • 霞ケ関市民センター
    • 霞ケ関北市民センター
    • 川鶴市民センター
    • 大東市民センター
    また、出張所を補うものとして、川越市役所連絡所及び証明センター規則(平成3年7月31日 規則第26号)により以下の連絡所が設置されている。
川越市上下水道局
川越市保健所
  • 川越市上下水道局
  • 川越市下水道管理センター
  • 川越市保健所
  • 川越駅西口土地区画整理事務所
  • 川越市道路管理事務所
  • 川越市計量検査所
  • 川越市生活情報センター
  • ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/06/25 20:31

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「川越市」の意味を投稿しよう
「川越市」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

川越市スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「川越市」のスレッドを作成する
川越市の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail