このキーワード
友達に教える
URLをコピー

左大臣とは?

左大臣(さだいじん)は、朝廷の最高機関、太政官の職の一つ。唐名は「左府」「左丞相」「左相国」「左僕射」「太傅」。和訓は「ひだりのおおいもうちぎみ/ひだりのおとど」。定員1名。官位相当は従二位太政大臣と左・右大臣(後に左・右大臣と内大臣)とを総称して、三公・三槐と呼ぶ。

一上」の別称が示すとおり、太政官の職務を統べる議政官の首座として朝議を主催した。上位の太政大臣は功労者を待遇する名誉職としての意味が強いために具体的職掌が伴わず、また「則闕(そっけつ)の官」と呼ばれたように常設職ではなかったことから、左大臣が太政官における事実上の最高位であった。事実、摂関政治の最盛期に位置する藤原道長藤原頼通も長期にわたって左大臣の地位を保持し続けており、太政大臣であった期間はごく短い。

この他、弾正台が不当な糾弾や摘発を行った案件がある場合には、代わって弾劾する権限を持った。

六国史」や『公卿補任』の記録を見ると、律令制初期には適任者不在のために闕官となっていた時期も少なくないが、その場合は次位の右大臣が政務を代行した。10世紀前半の藤原忠平からほぼ常設職となる。明治維新以降も天皇を輔佐して大政を統理する職として存続したが、1885年(明治18年)内閣制度の発足に伴い廃止。

目次

  • 1 左大臣の一覧
  • 2 贈左大臣の一覧
  • 3 脚注
  • 4 参考文献
  • 5 関連項目

左大臣の一覧

【名】
【就任】
辞任
(印は死没と同日) 備考 在官時の天皇
大宝令以前の左大臣
阿倍内麻呂 | 皇極天皇4年6月14日
(645年7月12日) | 大化5年3月17日
(649年5月3日) | 大鳥大臣 | 孝徳
巨勢徳多 | 大化5年4月20日
(649年6月5日) | 斉明天皇4年1月13日
(658年2月20日) | 
斉明
蘇我赤兄 | 天智天皇10年1月5日
(671年2月19日) | 天武天皇元年8月25日
(672年9月22日) | 蔵大臣 | 天智
弘文
多治比島 | 文武天皇4年8月26日
(700年10月12日) | 大宝元年7月21日
(701年8月29日) |  | 文武
大宝令養老令に基づく左大臣
石上麻呂 | 和銅元年3月13日
(708年4月8日) | 霊亀3年3月3日
(717年4月18日) | 物部大臣 | 元明
元正
長屋王 | 神亀元年2月4日
(724年3月3日) | 神亀6年2月12日
(729年3月16日) | 佐保左大臣 | 聖武
藤原武智麻呂 | 天平9年7月25日
(737年8月25日) | 
橘諸兄 | 天平15年5月5日
(743年6月1日) | 天平勝宝8歳2月2日
(756年3月7日) | 西院大臣
孝謙
藤原永手 | 天平神護2年10月20日
(766年11月26日) | 宝亀2年2月22日
(771年3月12日) | 長岡大臣 | 称徳
光仁
藤原魚名 | 天応元年6月27日
(781年7月22日) | 天応2年6月14日
(782年7月28日) | 川辺大臣
桓武
(藤原田麻呂) | 延暦2年
(783年) | 延暦2年3月19日
(783年4月25日) | 蜷淵大臣
藤原冬嗣 | 天長2年4月5日
(825年4月26日) | 天長3年7月24日
(826年8月30日) | 閑院大臣 | 淳和
藤原緒嗣 | 天長9年11月2日
(832年11月27日) | 承和10年1月18日
(843年2月20日) | 山本大臣
仁明
源常 | 承和11年7月2日
(844年7月20日) | 仁寿4年6月13日
(854年7月11日) | 東三条左大臣
文徳
源信 | 斉衡4年2月19日
(857年3月18日) | 貞観10年閏12月28日
(869年2月13日) | 北辺大臣
清和
源融 | 貞観14年8月25日
(872年10月1日) | 寛平7年8月25日
(895年9月17日) | 河原左大臣
陽成
光孝
宇多
藤原良世 | 寛平8年7月16日
(896年8月28日) | 寛平8年12月28日
(897年2月3日) | 致仕大臣
藤原時平 | 昌泰2年2月14日
(899年3月29日) | 延喜9年4月4日
(909年4月26日) | 本院大臣 | 醍醐
藤原忠平 | 延長2年1月22日
(924年2月29日) | 承平6年8月19日
(936年9月7日) | 小一条
朱雀
藤原仲平 | 承平7年1月22日
(937年3月6日) | 天慶8年9月1日
(945年10月9日) | 枇杷大臣
藤原実頼 | 天暦元年4月26日
(947年5月19日) | 康保4年12月13日
(968年1月15日) | 小野宮
冷泉
源高明 | 康保4年12月13日
(968年1月15日) | 安和2年3月26日
(969年4月15日) | 西宮
藤原師尹 | 安和2年3月26日
(969年4月15日) | 安和2年10月15日
(969年11月27日) | 小一条
円融
藤原在衡 | 安和3年1月27日
(970年3月7日) | 天禄元年10月10日
(970年11月11日) | 粟田
源兼明 | 天禄2年11月2日
(971年11月22日) | 貞元2年4月21日
(977年5月11日) | 御子左
藤原頼忠 | 貞元2年4月24日
(977年5月14日) | 天元元年10月2日
(978年11月5日) | 三条
源雅信 | 天元元年10月2日
(978年11月5日) | 正暦4年7月26日
(993年8月16日) | 一条、鷹司
花山
一条
源重信 | 正暦5年8月28日
(994年10月5日) | 長徳元年5月8日
(995年6月8日) | 六条
藤原道長 | 長徳2年7月20日
(996年8月6日) | 長和5年12月7日
(1017年1月7日) | 法成寺、御堂
三条
後一条
藤原顕光 | 長和6年3月4日
(1017年4月3日) | 治安元年5月25日
(1021年7月7日) | 堀河
藤原頼通 | 治安元年7月25日
(1021年9月4日) | 康平3年7月17日
(1061年8月15日) | 宇治
後朱雀
後冷泉
藤原教通 | 康平3年7月17日
(1061年8月15日) | 延久元年8月13日
(1069年9月1日) | 大二条
後三条
藤原師実 | 延久元年8月22日
(1069年9月10日) | 永保3年1月19日
(1083年2月8日) | 京極、後宇治
白河
源俊房 | 永保3年1月26日
(1083年2月15日) | 保安2年2月26日
(1121年3月16日) | 堀川
堀河
鳥羽
藤原忠通 | 保安3年12月17日
(1123年1月16日) | 大治3年12月17日
(1129年1月9日) | 法性寺
崇徳
藤原家忠 | 天承元年12月22日
(1132年1月12日) | 保延2年5月12日
(1136年6月13日) | 花山院
源有仁 | 保延2年12月9日
(1137年1月2日) | 久安3年2月3日
(1147年3月6日) | 花園
近衛
藤原頼長 | 久安5年7月28日
(1149年9月1日) | 保元元年7月14日
(1156年8月1日) | 宇治
後白河
徳大寺実能 | 保元元年9月13日
(1156年9月29日) | 保元2年5月30日
(1157年7月8日) | 徳大寺
藤原伊通 | 保元2年8月19日
(1157年9月24日) | 永暦元年8月11日
(1160年9月12日) | 九条
二条
近衛基実 | 永暦元年8月11日
(1160年9月12日) | 長寛2年閏10月17日
(1164年12月2日) | 六条、中殿
近衛家
松殿基房 | 長寛2年閏10月23日
(1164年12月8日) | 仁安元年11月4日
(1166年11月28日) | 中山、菩提院
六条
藤原経宗 | 仁安元年11月11日
(1166年12月5日) | 文治5年2月13日
(1189年3月1日) | 中御門、大炊御門
阿波大臣
高倉
安徳
後鳥羽
徳大寺実定 | 文治5年7月10日
(1189年8月23日) | 建久元年7月17日
(1190年8月19日) | 後徳大寺
三条実房 | 建久元年7月17日
(1190年8月19日) | 建久7年3月23日
(1196年4月23日) | 三条
花山院兼雅 | 建久9年11月14日
(1198年12月13日) | 正治元年6月22日
(1199年7月16日) | 花山院
土御門
九条良経 | 正治元年6月22日
(1199年7月16日) | 元久元年11月16日
(1204年12月8日) | 中御門、後京極
近衛家実 | 元久元年12月14日
(1205年1月5日) | 建永2年1月30日
(1207年2月28日) | 猪隈
藤原隆忠 | 建永2年2月10日
(1207年3月10日) | 建暦元年9月22日
(1211年10月30日) | 大覚寺
順徳
九条良輔 | 建暦元年10月4日
(1211年11月10日) | 建保6年11月11日
(1218年11月30日) | 八条
九条道家 | 建保6年12月2日
(1218年12月21日) | 承久3年10月
(1221年10月) | 光明峰寺、東山
仲恭
後堀河
近衛家通 | 承久3年閏10月10日
(1221年11月25日) | 貞応3年8月11日
(1224年9月25日) | 近衛
徳大寺公継 | 元仁元年12月25日
(1225年2月4日) | 嘉禄3年1月21日
(1227年2月8日) | 野宮
九条良平 | 嘉禄3年4月9日
(1227年5月25日) | 寛喜3年4月18日
(1231年5月21日) | 醍醐
九条教実 | 寛喜3年4月26日
(1231年5月29日) | 文暦2年3月4日
(1235年3月24日) | 洞院
四条
近衛兼経 | 嘉禎元年10月2日
(1235年11月13日) | 嘉禎4年6月18日
(1238年7月30日) | 岡屋
二条良実 | 嘉禎4年7月20日
(1238年8月31日) | 寛元2年6月1日
(1244年7月7日) | 普光園院
二条家
後嵯峨
一条実経 | 寛元2年6月13日
(1244年7月19日) | 寛元4年12月14日
(1247年1月22日) | 円明寺
一条家
後深草
鷹司兼平 | 寛元4年12月24日
(1247年2月1日) | 建長4年11月3日
(1252年12月5日) | 照念院
鷹司家
二条道良 | 建長4年11月3日
(1252年12月5日) | 正元元年11月8日
(1259年12月22日) | 九条
西園寺公相 | 正元元年11月14日
(1259年12月28日) | 弘長元年2月27日
(1261年3月29日) | 冷泉、今出川
亀山
山階実雄 | 弘長元年3月27日
(1261年4月28日) | 弘長3年3月20日
(1263年4月29日) | 山階
一条実経
(還任) | 弘長3年8月12日
(1263年9月15日) | 文永2年9月12日
(1265年10月22日) | 円明寺
近衛基平 | 文永2年10月5日
(1265年11月14日) | 文永5年11月9日
(1268年12月14日) | 深心院
鷹司基忠 | 文永5年12月2日
(1269年1月5日) | 文永6年3月1日
(1269年4月3日) | 円光院
一条家経 | 文永6年4月23日
(1269年5月25日) | 建治元年10月21日
(1275年11月10日) | 後光明峰寺
後宇多
二条師忠 | 建治元年12月22日
(1276年1月9日) | 正応元年6月26日
(1288年7月25日) | 香園院
伏見
九条忠教 | 正応元年7月11日
(1288年8月9日) | 正応4年12月21日
(1292年1月12日) | 浄土寺、報恩院
鷹司兼忠 | 正応4年12月25日
(1292年1月16日) | 永仁4年12月25日
(1297年1月19日) | 猪隈、歓喜園院
二条兼基 | 永仁4年12月27日
(1297年1月21日) | 永仁7年4月14日
(1299年5月14日) | 中院、光明照院
後伏見
九条師教 | 正安元年4月26日
(1299年5月26日) | 嘉元3年閏12月17日
(1306年2月1日) | 浄土寺、己心院
後二条
鷹司冬平 | 嘉元3年閏12月21日
(1306年2月5日) | 延慶2年3月14日
(1309年4月24日) | 後照念院
花園
西園寺公衡 | 延慶2年3月19日
(1309年4月29日) | 延慶2年6月15日
(1309年7月22日) | 竹林院
近衛家平 | 延慶2年10月15日
(1309年11月17日) | 正和2年12月20日
(1314年1月6日) | 岡本
二条道平 | 正和2年12月26日
(1314年1月12日) | 正和5年10月21日
(1316年11月6日) | 後光明照院
近衛経平 | 正和5年10月22日
(1316年11月7日) | 文保2年6月24日
(1318年7月22日) | 後浄妙寺
後醍醐
洞院実泰 | 文保2年8月24日
(1318年9月19日) | 元亨2年8月11日
(1322年9月22日) | 後山本
九条房実 | 元亨2年8月11日
(1322年9月22日) | 元亨3年6月14日
(1323年7月17日) | 後一音院
洞院実泰
(還任) | 元亨3年6月15日
(1323年7月18日) | 元亨4年4月23日
(1324年5月16日) | 後山本
鷹司冬教 | 元亨4年4月27日
(1324年5月20日) | 元徳3年1月30日
(1331年3月9日) | 後円光院
近衛基嗣 | 元徳3年2月1日
(1331年3月10日) | 正慶2年5月17日
(1333年6月29日) | 後岡屋
光厳
二条道平
(還任) | 元弘3年5月17日
(1333年6月29日) | 建武2年2月4日
(1335年2月27日) | 後光明照院 | 後醍醐
鷹司冬教
(還任) | 建武2年2月16日
(1335年3月11日) | 建武2年11月19日
(1336年1月2日) | 後円光院
近衛経忠 | 建武2年11月19日
(1336年1月2日) | 建武4年4月5日
(1337年5月5日) | 後猪熊、堀河
光明
一条経通 | 建武4年7月12日
(1337年8月8日) | 暦応2年12月27日
(1340年1月26日) | 後芬陀利花院
九条道教 | 暦応2年12月27日
(1340年1月26日) | 康永元年11月1日
(1342年 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/02/20 14:06

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「左大臣」の意味を投稿しよう
「左大臣」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

左大臣スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「左大臣」のスレッドを作成する
左大臣の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail