このキーワード
友達に教える
URLをコピー

平和の牛歌とは?

平和の牛歌
サザンオールスターズ楽曲
【収録アルバム】
-
【リリース】
未発売
【録音】
-
ジャンル
ロック
作詞者
桑田佳祐
作曲者
桑田佳祐

平和の牛歌』(へいわのぎゅうか)はサザンオールスターズの楽曲。現在までCDでの作品化、スタジオレコーディングの行われていないサザンの中では数少ない作品である。

解説

1996年から1997年にかけて行われた年越しライブ『牛』で披露された未発表曲。ライブでもほとんど行われることのないアカペラでの演奏になっており、現在でもCD化がなされていない楽曲である。

歌詞の内容は『世に万葉の花が咲くなり』以来4年ぶりとなるオリジナルアルバム『Young Love』の発売、アルバム含めシングル「愛の言霊 〜Spiritual Message〜」「太陽は罪な奴」のヒットに対する感謝、さらにメンバー全員が40代に突入したことへの嘆きなどが含められている。

1996年8月から10月に行われたコンサートツアー『ザ・ガールズ万座ビーチ』にて演奏された未発表曲(当時)「平和の琉歌」がタイトルの元ネタとなっているが、歌詞の内容から曲調まで全く異なるものになっている。この「平和の琉歌」は1998年ベストアルバム海のYeah!!』に収録され初CD化となっている。こちらの概要は平和の琉歌を参照のこと。この年越しライブの際のみ披露されたものであり、スタジオレコーディングのバージョンは存在していない。この映像では最終公演での模様が収録されており、野沢秀行コスプレで、曲が終わった後にメンバーがいる舞台とは離れた場所から登場するという演出のため、野沢は歌唱には参加していない。もともと野沢はこういった役回りが多く、1995年夏のコンサート『横浜 ホタル・カリフォルニア』の特典映像に収録されたサザンのメンバーによる「赤鼻のトナカイ」でも歌唱に参加せず、2005年のシングル「BOHBO No.5」のPVでも演奏者としては参加していない。ただ、後者は持病の腰痛によりレコーディング活動を休止し、クレジットはあるものの楽曲のレコーディングに参加したかどうかも定かではないため、そのような形になったとも言える。2004年のシングル「愛と欲望の日々」でもメンバー(サポートメンバーの斎藤誠を含む)とは違う扱いで出演しているが、最終的には映像内の演奏にも参加しており、シングルのレコーディングにも参加している。映像として参加していないものが多いことは、「理由があって本編には参加していない」ところが重要である。

現在サザンのライブアルバムは発売されておらず、桑田佳祐も「自身のライブをCDとして発売する気は全くない」という趣旨の発言もしているため、今後この楽曲がCD化される可能性は極めて低いといえる。現状、シングルc/wに前年のライブ音源が収録されることもあるが、先行シングルなどの理由でない限り収録されることがないため、現在既に10年以上経過しているライブ音源が何らかの形でCDになることはないと考えられる。

タイトルの「牛歌」もライブタイトル「牛」にちなんだものである。このライブ自体も年越し後の1997年に迎える干支」にそのままちなんだものである。

楽曲はメンバー全員のアカペラであるが、メインボーカルが桑田、女声ボーカルが原、大森、関口、松田はコーラス、野沢はエキストラで最後にひょっこりと顔を出し、ステージ裏に下がるメンバーに取り残されるといったものである。CD音源が存在せず、CD作品にも収録されていないため、サザンの全楽曲が紹介され参照できる公式サイトでも曲の紹介はされていない。ただ、ライブの演奏リストとして年越しライブ「牛」の演奏曲としては記載されている。作詞・作曲などのクレジットは公表されていないが、JASRACによると作詞・作曲は桑田佳祐である。編曲についてはおそらくサザンの楽曲で最も多く、サポートメンバーの手の入りがない場合通常のクレジットである、編曲:サザンオールスターズであると想定される。

桑田、原以外のメンバーはコーラスという役回りになるが、実際の音源では桑田の1人多重ボーカルでコーラスを収録した線が強く、その場合ソロパート以外は実際には基本的に口パクである。

参加ミュージシャン

サザンオールスターズ
桑田佳祐 (ボーカル・ギター) | 原由子 (キーボード・ボーカル) | 関口和之 (ベース) | 松田弘 (ドラム) | 野沢秀行 (パーカッション)
シングル
サザンオールスターズのシングル
【オリジナル】
【1970年代】
【78年】

1.勝手にシンドバッド - 2.気分しだいで責めないで


【79年】

3.いとしのエリー - 4.思い過ごしも恋のうち - 5.C調言葉に御用心



【1980年代】
【80年】

6.涙のアベニュー - 7.恋するマンスリー・デイ - 8.いなせなロコモーション - 9.ジャズマン - 10.わすれじのレイド・バック - 11.シャ・ラ・ラ/ごめんねチャーリー


【81年】

12.Big Star Blues (ビッグスターの悲劇) - 13.栞のテーマ


【82年】

14.チャコの海岸物語 - 15.匂艶 THE NIGHT CLUB - 16.Ya Ya (あの時代を忘れない)


【83年】

17.ボディ・スペシャルII - 18.EMANON - 19.東京シャッフル


【84年】

20.ミス・ブランニュー・デイ - 21.Tarako


【85年】

22.Bye Bye My Love (U are the one) - 23.メロディ


【88年】

24.みんなのうた


【89年】

25.女神達への情歌 (報道されないY型の彼方へ) - 26.さよならベイビー - 27.フリフリ'65



【1990年代】
【90年】

28.真夏の果実


【91年】

29.ネオ・ブラボー!!


【92年】

30.シュラバ★ラ★バンバ - 31.涙のキッス


【93年】

32.エロティカ・セブン - 33.素敵なバーディー (NO NO BIRDY) - 34.クリスマス・ラブ (涙のあとには白い雪が降る)


【95年】

35.マンピーのG★SPOT - 36.あなただけを 〜Summer Heartbreak〜


【96年】

37.愛の言霊 〜Spiritual Message〜 - 38.太陽は罪な奴


【97年】

39.01MESSENGER 〜電子狂の詩〜 - 40.BLUE HEAVEN


【98年】

41.LOVE AFFAIR 〜秘密のデート - 42.PARADISE


【99年】

43.イエローマン 〜星の王子様〜



【2000年代】
【00年】

44.TSUNAMI - 45.HOTEL PACIFIC - 46.この青い空、みどり 〜BLUE IN GREEN〜


【03年】

勝手にシンドバッド 胸さわぎのスペシャルボックス - 47.涙の海で抱かれたい 〜SEA OF LOVE〜


【04年】

48.彩 〜Aja〜 - 49.君こそスターだ/夢に消えたジュリア - 50.愛と欲望の日々/LONELY WOMAN


【05年】

51.BOHBO No.5/神の島遥か国


【06年】

52.DIRTY OLD MAN 〜さらば夏よ〜


【08年】

53.I AM YOUR SINGER



【2010年代】
【13年】

54.ピースとハイライト


【14年】

55.東京VICTORY




【配信】

1.闘う戦士たちへ愛を込めて - 2.壮年JUMP - 3.愛はスローにちょっとずつ



アルバム
オリジナル

1.熱い胸さわぎ - 2.10ナンバーズ・からっと - 3.タイニイ・バブルス - 4.ステレオ太陽族 - 5.NUDE MAN - 6.綺麗 - 7.人気者で行こう - 8.KAMAKURA - 9.Southern All Stars - 10.稲村ジェーン - 11.世に万葉の花が咲くなり - 12.Young Love - 13.さくら - 14.キラーストリート - 15.葡萄


ベスト

1.ベスト・オブ・サザンオールスターズ (廃盤) - 2.Kick Off! (廃盤) - 3.アーリー・サザンオールスターズ (廃盤) - 4.SOUTHERN ALL STARS BEST ONE '82 (廃盤) - 5.Shout! (廃盤) - 6.バラッド '77〜'82 (バラード・ベスト) - 7.原由子 with サザンオールスターズ (廃盤) - 8.バラッド2 '83〜'86 (バラード・ベスト) - 9.海のYeah!! - 10.バラッド3 〜the album of LOVE〜 (バラード・ベスト) - 11.海のOh, Yeah!!


【企画】

江ノ島 Southern All Stars Golden Hits Medley


【ボックス】

1.すいか SOUTHERN ALL STARS SPECIAL 61SONGS - 2.HAPPY!



【楽曲】

私はピアノ - 夏をあきらめて - そんなヒロシに騙されて - 希望の轍 - 平和の琉歌 - 平和の牛歌


企画作品

Inside Outside U・M・I - ベストヒットUSAS - 21世紀の音楽異端児 (21st Century Southern All Stars Music Videos)


【ライブ】

胸さわぎ - Further on up the road - サザンオールスターズがやってくる ニャー! ニャー! ニャー! - ゆく年・くる年コンサート - そちらにおうかがいしてもよろしいですか? - SASたいした発表会 私は騙された!!ツアー - 熱帯絶命!ツアー夏 - 縁起者で行こう - KAMAKURA TO SENEGAL - THE 音楽祭 1991 - 「しじみのお味噌汁」コンサート - 横浜 ホタル・カリフォルニア- Stadium Tour 1996 "ザ・ガールズ万座ビーチ" - おっぱいなんてプー - 1998 スーパーライブ in 渚園 - シークレットライブ'99 SAS 事件簿 in 歌舞伎町 - 茅ヶ崎ライブ 〜あなただけの茅ヶ崎〜 - SPECIAL LIVE IN 建長寺 - 流石(SASが)だ真夏ツアー! あっっ!生。だが、SAS - みんなが好きです! - THE 夢人島 Fes. - 真夏の大感謝祭 LIVE - 灼熱のマンピー!! G★スポット解禁!! - ひつじだよ! 全員集合! - おいしい葡萄の旅 - “キミは見てくれが悪いんだから、アホ丸出しでマイクを握ってろ!!” だと!? ふざけるな!!


【関連項目】

大森隆志 (旧メンバー・リードギター) - ディスコグラフィ - アミューズ - ビクターエンタテインメント - タイシタレーベル - バラッドシリーズ - 稲村オーケストラ - 小林武史 - 茅ヶ崎公園野球場 - サザンビーチちがさき - サザン通り商店街 - ラチエン通り - the波乗りレストラン - サザン・ヒッツ - 宮治淳一 - 三ツ矢サイダー - 茅ヶ崎サザン芸術花火



・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/08/11 07:29

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「平和の牛歌」の意味を投稿しよう
「平和の牛歌」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

平和の牛歌スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「平和の牛歌」のスレッドを作成する
平和の牛歌の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail