このキーワード
友達に教える
URLをコピー

平塚市とは?

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2017年2月)
ひらつかし
平塚市
湘南ひらつか七夕まつり

 | 
平塚市旗 | 平塚市章

【国】
日本
【地方】
関東地方
【都道府県】
神奈川県
市町村コード
14203-4
法人番号
3000020142034
【面積】
67.82km
(境界未定部分あり)
【総人口】
257,578[編集]
(推計人口、2020年2月1日)
人口密度
3,798人/km
【隣接自治体】
茅ヶ崎市秦野市厚木市伊勢原市高座郡寒川町足柄上郡中井町中郡大磯町二宮町
【市の木】
クスノキ
【市の花】
ナデシコ
【市の鳥】
シラサギ(コサギ)
平塚市役所

【市長】
落合克宏
【所在地】
254-8686
神奈川県平塚市浅間町9番1号
北緯35度20分7.9秒東経139度20分58秒座標: 北緯35度20分7.9秒 東経139度20分58秒
市庁舎位置

【外部リンク】
公式ウェブサイト

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町 / ― 村



【特記事項】
湘南平が大磯町との境界未定
ウィキプロジェクト
平塚市中心部周辺の空中写真。相模川河口の西側に市街地が広がる。1988年撮影。
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。
湘南平展望台より(画像左側が北、中央は平塚テレビ塔、右奥は相模湾と相模川河口)

平塚市(ひらつかし)は、神奈川県湘南地域に位置する施行時特例市に指定されている。

地理

神奈川県のほぼ中央、相模川右岸(西側)に位置し、南は相模湾に面する。相模川から金目川までの間は市域北端部まで平野となっており、南部には市街地が広がる。金目川より西側は大磯丘陵の一部となる丘陵地帯であり、緑も多い。南部は国道1号JR東海道本線が横断し、相模川沿いに国道129号が縦断する。北部から中西部にかけては、東海道新幹線小田原厚木道路が離れて横断している。

市勢

県下では横浜・川崎・横須賀に次いで4番目、湘南地区および相模川より西の地域では初めてとなるなど戦後早くから商工業都市として発展したため、リゾート地域としての湘南のイメージは薄いが、かつて存在した湘南市構想では中心的役割をすなど地域における存在感は大きい。県内の市ではこの平塚市と厚木市だけが昼夜間人口比率が100%を超えているという事実からも商工業都市としての存在感が窺える。道路の整備が進んでおり、早くから国鉄(現:JR)との立体交差を推進しているなど特筆すべき点がある街であり、自動車で通勤・通学する人も多い。都心にもほど近く、住みやすいので定住率が高い。市街地にはビルやマンションなどが立ち並び、ベッドタウンとしての面もあるが、郊外には緑も多い。東海道線を挟んで北側は宿場町が発展した今日の街であるが、南側はどちらかと言うと古くからのお屋敷町といった感がある

歴史

行政区画の変遷

人口


平塚市と全国の年齢別人口分布(2005年) | 平塚市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 平塚市
緑色 ― 日本全国
 | 
青色 ― 男性
赤色 ― 女性


平塚市(に相当する地域)の人口の推移

総務省統計局 国勢調査より


地域

 | 
この節は更新が必要とされています。
この節には古い情報が掲載されています。編集の際に新しい情報を記事に反映させてください。反映後、このタグは除去してください。(2017年2月)

平塚市では、一部の区域で住居表示に関する法律に基づく住居表示が実施されている。

花水地区
町名 町名の読み 設置年月日 住居表示実施年月日 住居表示実施直前の町名 備考
唐ケ原 | とうがはら | 年月日 | 未実施 |  | 
撫子原 | なでしこはら | 年月日 | 1964年7月1日 | 撫子原の全部 | 
黒部丘 | くろべおか | 年月日 | 1964年7月1日 | 黒部丘の一部 | 
花水台 | はなみずだい | 年月日 | 1964年7月1日 | 花水台の全部 | 
菫平 | すみれだいら | 年月日 | 1964年7月1日 | 菫平の全部及び黒部丘の一部 | 
虹ケ浜 | にじがはま | 年月日 | 1964年7月1日 | 虹ケ浜の全部 | 
龍城ケ丘 | りゅうじょうがおか | 年月日 | 1964年7月1日 | 龍城ケ丘の全部 | 
桃浜町 | ももはまちょう | 年月日 | 1964年7月1日 | 桃浜町の全部及び大字平塚の一部 | 
1965年7月1日(編入) | 大字平塚の一部 | 
八重咲町 | やえざきちょう | 1965年7月1日 | 1965年7月1日 | 大字平塚、大字平塚新宿の各一部 | 
松風町 | まつかぜちょう | 年月日 | 1965年7月1日 | 松風町の全部及び大字平塚、大字須賀の各一部 | 
袖ケ浜 | そでがはま | 年月日 | 1965年7月1日 | 袖ケ浜の全部及び大字須賀の一部 | 
港地区
町名 町名の読み 設置年月日 住居表示実施年月日 住居表示実施直前の町名 備考
夕陽ケ丘 | ゆうひがおか | 1965年7月1日 | 1965年7月1日 | 大字平塚新宿、大字平塚、大字須賀の各一部 | 
代官町 | だいかんちょう | 1965年7月1日 | 1965年7月1日 | 大字平塚新宿、大字須賀、大字馬入の各一部 | 
久領堤 | くりょうづつみ | 1965年7月1日 | 1965年7月1日 | 大字馬入、大字須賀の各一部 | 
札場町 | ふだばちょう | 1965年7月1日 | 1965年7月1日 | 大字須賀の一部 | 
1981年2月1日(編入) | 大字須賀の一部 | 
幸町 | さいわいちょう | 1965年7月1日 | 1965年7月1日 | 大字須賀の一部 | 
千石河岸 | せんごくかし | 1965年7月1日 | 1965年7月1日 | 大字須賀の一部 | 
1981年2月1日(編入) | 大字須賀の一部 | 
須賀 | すか | 1932年4月1日 | 未実施 |  | 
平塚地区
町名 町名の読み 設置年月日 住居表示実施年月日 住居表示実施直前の町名 備考
上平塚 | かみひらつか | 年月日 | 1967年9月1日 | 上平塚、大字徳延、大字山下の各一部 | 
達上ケ丘 | たんじょうがおか | 1967年9月1日 | 1967年9月1日 | 大字平塚、上平塚の各一部 | 
1973年10月1日(編入) | 大字南原、大字平塚の各一部 | 
諏訪町 | すわちょう | 1967年9月1日 | 1967年9月1日 | 大字平塚の一部 | 
富士見町 | ふじみちょう | 1967年9月1日 | 1967年9月1日 | 大字平塚、大字中原下宿の各一部 | 
中里 | なかざと | 年月日 | 1967年9月1日 | 中里の全部及び大字平塚、桜ケ丘、上平塚の各一部 | 
豊原町 | とよはらちょう | 1967年9月1日 | 1967年9月1日 | 大字平塚の一部 | 
立野町 | たつのちょう | 年月日 | 1967年9月1日 | 立野町の全部及び大字平塚新宿、大字平塚の各一部 | 
見附町 | みつけちょう | 年月日 | 1983年10月11日 | 見附町の全部及び大字平塚新宿、大字平塚の各一部 | 
錦町 | にしきちょう | 年月日 | 1983年10月11日 | 錦町の全部及び大字平塚新宿、大字平塚の各一部 | 
紅谷町 | べにやちょう | 1967年2月1日 | 1967年2月1日 | 大字平塚新宿の一部 | 
明石町 | あかしちょう | 1967年2月1日 | 1967年2月1日 | 大字平塚新宿の一部 | 
浅間町 | せんげんちょう | 1967年2月1日 | 1967年2月1日 | 大字平塚新宿の一部 | 
宮松町 | みやまつちょう | 1967年2月1日 | 1967年2月1日 | 大字平塚新宿の一部 | 
宮の前 | みやのまえ | 1967年2月1日 | 1967年2月1日 | 大字平塚新宿の一部 | 
宝町 | たからちょう | 1967年2月1日 | 1967年2月1日 | 大字平塚新宿の一部 | 
平塚一〜五丁目 | ひらつか | 1985年7月1日 | 1985年7月1日 | 大字平塚の全部 | 
老松町 | おいまつちょう | 1967年2月1日 | 1967年2月1日 | 大字馬入の一部 | 
八千代町 | やちよちょう | 1967年2月1日 | 1967年2月1日 | 大字馬入の一部 | 
天沼 | あまぬま | 年月日 | 1967年2月1日 | 天沼の全部及び大字馬入、大字平塚新宿の各一部 | 
堤町 | つつみちょう | 年月日 | 1967年2月1日 | 堤町、大字馬入の各一部 | 
長瀞 | ながとろ | 年月日 | 1967年2月1日 | 長瀞の一部 | 
中堂 | なかどう | 年月日 | 1967年2月1日 | 中堂の全部及び堤町、長瀞、大字馬入の各一部 | 
榎木町 | えのきちょう | 1967年2月1日 | 1967年2月1日 | 大字馬入の一部 | 
馬入本町 | ばにゅうほんちょう | 1977年6月1日 | 1977年6月1日 | 大字馬入の一部 | 
馬入 | ばにゅう | 1932年4月1日 | 未実施 |  | 
大野地区
町名 町名の読み 設置年月日 住居表示実施年月日 住居表示実施直前の町名 備考
南原 | みなみはら | 1956年9月30日 | 未実施 |  | 
南原一〜四丁目 | みなみはら | 1973年10月1日(一〜三) | 1973年10月1日 | 大字南原の一部 | 
1987年8月1日(四) | 1987年8月1日 | 大字南原、大字徳延、大字纒の各一部 | 
御殿一〜四丁目 | ごてん | 1973年10月1日(一〜三) | 1973年10月1日 | 大字中原上宿、大字中原下宿、大字南原の各一部 | 
1991年11月1日(四) | 1991年11月1日 | 大字中原上宿、大字中原下宿、大字入野、大字長持の各一部 | 
中原上宿 | なかはらかみじゅく | 1956年9月30日 | 未実施 |  | 
中原下宿 | なかはらしもじゅく | 1956年9月30日 | 未実施 |  | 
中原一〜三丁目 | なかはら | 1973年10月1日 | 1973年10月1日 | 大字中原上宿、大字中原下宿、大字南豊田の各一部 | 
1975年9月16日(編入) | 大字中原上宿、大字中原下宿の各一部(一に編入) | 
1979年7月1日(編入) | 大字中原上宿、大字中原下宿の各一部(二・三に編入) | 
東中原一・二丁目 | ひがしなかはら | 1973年10月1日 | 1973年10月1日 | 大字中原上宿、大字真土、大字東豊田、大字南豊田の各一部 | 
新町 | しんまち | 1973年10月1日 | 1973年10月1日 | 大字中原上宿、大字中原下宿の各一部 | 
追分 | おいわけ | 1973年10月1日 | 1973年10月1日 | 大字中原下宿、大字八幡、大字平塚、大字平塚新宿の各一部 | 
大原 | おおはら | 1973年10月1日 | 1973年10月1日 | 大字中原上宿、大字中原下宿、大字八幡、大字平塚の各一部 | 
八幡 | やわた | 1956年9月30日 | 未実施 |  | 
西八幡一〜四丁目 | にしやわた | 1975年9月16日 | 1975年9月16日 | 大字八幡、大字中原下宿、大字中原上宿、大字四之宮、大字平塚新宿の各一部 | 
東八幡一〜五丁目 | ひがしやわた | 1975年9月16日 | 1975年9月16日 | 大字八幡、大字四之宮の各一部 | 
四之宮 | しのみや | 1956年9月30日 | 未実施 |  | 
四之宮一〜七丁目 | しのみや | 2001年2月5日 | 2001年2月5日 | 大字四之宮、大字中原上宿、大字中原下宿の各一部 | 
西真土一〜四丁目 | にししんど | 2002年2月4日 | 2002年2月4日 | 大字真土、大字中原上宿、大字東豊田の各一部 | 
東真土一〜四丁目 | ひがししんど | 2002年2月4日 | 2002年2月4日 | 大字真土の一部 | 
豊田地区
町名 町名の読み 設置年月日 住居表示実施年月日 住居表示実施直前の町名 備考
豊田平等寺 | とよだびょうどうじ | 1956年9月30日 | 未実施 |  | 
南豊田 | みなみとよだ | 1956年9月30日 | 未実施 |  | 
東豊田 | ひがしとよだ | 1956年9月30日 | 未実施 |  | 
豊田打間木 | とよだうちまぎ | 1956年9月30日 | 未実施 |  | 
豊田小嶺 | とよだこみね | 1956年9月30日 | 未実施 |  | 
豊田宮下 | とよだみやした | 1956年9月30日 | 未実施 |  | 
豊田本郷 | とよだほんごう | 1956年9月30日 | 未実施 |  | 
北豊田 | きたとよだ | 1956年9月30日 | 未実施 |  | 
神田地区
町名 町名の読み 設置年月日 住居表示実施年月日 住居表示実施直前の町名 備考
田村 | たむら | 1956年9月30日 | 未実施 |  | 
田村一〜九丁目 | たむら | 2004年2月16日 | 2004年2月16日 | 大字田村の一部及び大字大神の一部(九のみ) | 
大神 | おおかみ | 1956年9月30日 | 未実施 |  | 
吉際 | よしぎわ | 1956年9月30日 | 未実施 |  | 
横内 | よこうち | 1956年9月30日 | 未実施 |  | 
城島地区
町名 町名の読み 設置年月日 住居表示実施年月日 住居表示実施直前の町名 備考
大島 | おおしま | 1956年9月30日 | 未実施 |  | 
小鍋島 | こなべしま | 1956年9月30日 | 未実施 |  | 
下島 | しもじま | 1956年9月30日 | 未実施 |  | 
城所 | きどころ | 1956年9月30日 | 未実施 |  | 
岡崎地区
町名 町名の読み 設置年月日 住居表示実施年月日 住居表示実施直前の町名 備考
岡崎 | おかざき | 1956年9月30日 | 未実施 |  | 
ふじみ野一・二丁目 | ふじみの | 1978年7月1日 | 1978年7月1日 | 大字岡崎の一部 | 
金田地区
町名 町名の読み 設置年月日 住居表示実施年月日 住居表示実施直前の町名 備考
寺田縄 | てらだなわ | 1956年9月30日 | 未実施 |  | 
入野 | いの | 1956年9月30日 | 未実施 |  | 
長持 | ながもち | 1956年9月30日 | 未実施 |  | 
飯島 | いいじま | 1956年9月30日 | 未実施 |  | 
入部 | いりぶ | 1956年9月30日 | 未実施 |  | 
金目地区
町名 町名の読み 設置年月日 住居表示実施年月日 住居表示実施直前の町名 備考
広川 | ひろかわ | 1957年10月1日 | 未実施 |  | 
片岡 | かたおか | 1957年10月1日 | 未実施 |  | 
千須谷 | せんずや | 1957年10月1日 | 未実施 |  | 
南金目 | みなみかなめ | 1957年10月1日 | 未実施 |  | 
北金目 | きたかなめ | 1957年10月1日 | 未実施 |  | 
真田 | さなだ | 1957年10月1日 | 未実施 |  | 
北金目一〜四丁目 | きたかなめ | 2010年2月22日 | 2010年2月22日 | 大字北金目、大字真田、大字南金目の各一部 | 
真田一〜四丁目 | さなだ | 2010年2月22日(一〜三) | 2010年2月22日 | 大字真田の一部 | 
2015年2月16日(四) | 2015年2月16日 | 大字真田の一部 | 
土沢地区
町名 町名の読み 設置年月日 住居表示実施年月日 住居表示実施直前の町名 備考
めぐみが丘一・二丁目 | めぐみがおか | 2001年11月17日 | 2001年11月17日 | 大字広川、大字公所、大字片岡、大字千須谷の各一部 | 
土屋 | つちや | 1956年9月30日 | 未実施 |  | 
上吉沢 | かみきちさわ | 1956年9月30日 | 未実施 |  | 
下吉沢 | しもきちさわ | 1956年9月30日 | 未実施 |  | 
旭地区
町名 町名の読み 設置年月日 住居表示実施年月日 住居表示実施直前の町名 備考
公所 | ぐぞ | 1954年7月15日 | 未実施 |  | 
根坂間 | ねざかま | 1954年7月15日 | 未実施 |  | 
出縄 | いでなわ | 1954年7月15日 | 未実施 |  | 
万田 | まんだ | 1954年7月15日 | 未実施 |  | 
高根 | たかね | 1954年7月15日 | 未実施 |  | 
山下 | やました | 1954年7月15日 | 未実施 |  | 
河内 | こうち | 1954年7月15日 | 未実施 |  | 
徳延 | とくのぶ | 1954年7月15日 | 未実施 |  | 
 | まとい | 1954年7月15日 | 未実施 |  | 
高村 | たかむら | 年月日 | 未実施 |  | 
日向岡一・二丁目 | ひなたおか | 年月日 | 1985年10月1日 | 日向岡1・2の各全部 | 

行政

平塚市役所旧庁舎(写真右、2015年6月解体)と平塚市議会旧議事堂(写真左、2011年10月解体)

先代の市役所は1964年に建設された。老朽化と容量不足のため新庁舎の建築を決定。2014年6月に新庁舎が一部完成し、上層階から入居が開始された。その後、随時新庁舎にて公務を開始予定。

歴代市長

 | 氏名 | 就任日 | 退任日
初代 | 鈴木清寿 | 1932年8月 | 1933年8月
2 | 馬場義也 | 1933年8月 | 1935年8月
3 | 原田敬治 | 1938年10月 | 1942年10月
4 | 篠原忠次郎 | 1943年1月19日 | 1946年11月9日
5,6 | 柿澤篤太郎 | 1947年4月12日 | 1955年4月30日
7,8 | 戸川貞雄 | 1955年5月1日 | 1963年4月29日
9-11 | 加藤一太郎 | 1963年4月30日 | 1975年4月29日
12 | 加藤禎吉 | 1975年4月30日 | 1979年4月29日
13-16 | 石川京一 | 1979年4月30日 | 1995年4月29日
17,18 | 吉野稜威雄 | 1995年4月30日 | 2003年4月29日
19,20 | 大藏律子 | 2003年4月30日 | 2011年4月29日
21 - 22 | 落合克宏 | 2011年4月30日 | 現職

行政機構

財政

当初予算規模(2015年度)
808.50億円(一般会計)
819.07億円(特別会計)
197.51億円(病院事業会計)

2008年度当初予算における一般会計の歳入要求額は720億259万2千円であり、財源を移譲したにもかかわらず税収面が急速に厳しくなっているようである。

独立行政法人

国の行政機関

都道府県の行政機関

その他

立法

市議会

詳細は「平塚市議会」を参照
【会派名】
【議席数】
議員名(◎は代表)
清風クラブ | 8 | ◎数田俊樹、佐藤貴子、野崎審也、諸伏清児、坂間正昭、須藤量久、片倉章博、黒部栄三
湘南フォーラム | 5 | ◎出村光、内堀祐一、小泉春雄、府川正明、山原栄一
公明ひらつか | 5 | ◎鈴木晴男、伊東尚美、小笠原千惠美、秋澤雅久、永田美典
平塚自民クラブ | 4 | ◎金子修一、柏木徹、臼井照人、吉野和美
日本共産党平塚市議会議員団 | 3 | ◎髙山和義、渡辺敏光、松本敏子
無所属 | 3 | 江口友子、端文昭、府川勝

※2019年(令和元年)5月20日現在。

市議会の委員会

神奈川県議会(平塚市選挙区)

神奈川県議会」も参照
【氏名】
会派名
森正明 | 自由民主党神奈川県議会議員団
赤井かずのり | 公明党神奈川県議会議員団
米村和彦 | 立憲民主党・民権クラブ神奈川県議会議員団

※2019年(令和元年)5月14日現在。

衆議院

【選挙区】
【区域】
【議員名】
【党派名】
【当選回数】
備考
神奈川県第15区 | 平塚市、茅ヶ崎市中郡 | 河野太郎 | 自由民主党 | 8 | 選挙区

司法

経済

産業

江戸時代には東海道7番目にあたる宿場町として栄え、広大な平野があることから農業も盛んであった。1887年(明治20年)に東海道本線が開通、さらに1905年(明治38年)に軍需工場の設置が行われると民生の近代工業も盛んとなり、数々の企業を生み出し、また誘致している。

工業都市としての発展は、相模川近辺を中心に所在する車両・化学関係の工場によるもので、特に日産車体が代表格といえ、工場施設の市外移転が発表されたものの、その後の計画見直しにより当地に残ることになった。その他、JT横浜ゴム ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

出典:wikipedia
2020/04/05 18:54

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「平塚市」の意味を投稿しよう
「平塚市」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

平塚市スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「平塚市」のスレッドを作成する
平塚市の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail