このキーワード
友達に教える
URLをコピー

広瀬叔功とは?


監督・コーチ歴


野球殿堂(日本)
殿堂表彰者

【選出年】
1999年
【選出方法】
競技者表彰
この表について
この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

プロジェクト:野球選手 テンプレート


広瀬 叔功(ひろせ よしのり、1936年8月27日 - )は、広島県佐伯郡大野町(現:廿日市市)出身の元プロ野球選手(外野手内野手)・監督野球解説者南海ホークスがパ・リーグの盟主として君臨した1950年代後半-1960年代に「鷹の爪」とも呼ばれたリードオフマン。愛称は「チョロ」。

通算盗塁数歴代2位、通算盗塁成功率歴代1位。

目次

  • 1 経歴
    • 1.1 プロ入り前
    • 1.2 プロ入り後
    • 1.3 引退後
  • 2 プレースタイル
    • 2.1 広瀬の盗塁術
      • 2.1.1 ライバルから見た広瀬の脚
      • 2.1.2 福本と広瀬の盗塁
      • 2.1.3 他球団の対策
    • 2.2 打撃
      • 2.2.1 広瀬オリジナルフォーム
      • 2.2.2 周囲から見た広瀬の打撃
      • 2.2.3 広瀬の打撃記録
    • 2.3 守備
  • 3 人物
    • 3.1 ニックネーム
    • 3.2 身体能力
    • 3.3 飛行機恐怖症
    • 3.4 交友関係
      • 3.4.1 野村克也との関係
      • 3.4.2 門田博光との関係
      • 3.4.3 鶴岡一人との関係
  • 4 広瀬の登場する作品
  • 5 詳細情報
    • 5.1 年度別打撃成績
    • 5.2 年度別投手成績
    • 5.3 年度別監督成績
    • 5.4 タイトル
    • 5.5 表彰
    • 5.6 記録
    • 5.7 背番号
  • 6 関連情報
    • 6.1 出演番組
  • 7 脚注
    • 7.1 注釈
    • 7.2 出典
  • 8 参考文献
  • 9 関連項目
  • 10 外部リンク

経歴

プロ入り前

大工の父・千代治と母・マツ子の間に生まれた7人兄弟の6番目で、小学生だった1945年8月、学校での朝礼中に広島市への原子爆弾投下を目撃している。7歳上の姉は中学校教師で嫁ぎ相手も中学校教師、次の姉の嫁ぎ相手も広島大学教授という教員一家に育ち、広瀬自身も大野小学校・大野中学校では教員になることを目指し、普通科のある広島県立大竹高等学校に進学した。父、二人の姉は広瀬が高校で野球を続けることに反対し、「野球をやらない」という一礼を広瀬本人から取っていた。父は「広大にでも入ってもらいたい」と思っていたが、入学後に野球部から熱心に勧誘され、ついに家族に黙って「とうとう野球部に入ってしまった」という。

高校時代は2年秋から投手を務め、3年夏にはエース・4番として活躍する。二塁走者を牽制しようとするが野手が動かないため、自分でマウンドから二塁へ向かって走って走者を刺した、という逸話を残している。また俊足で、高校時代の後輩には後にプロでも俊足で活躍した簑田浩二がいる。2年生の頃、先輩だった森内勝巳に誘われて地元・広島東洋カープの入団テストを受験し、森内と共に合格したが、卒業と同時に入団した森内に対し、広瀬は遊び半分で受験したために入団しなかった。

広瀬が在籍していた大竹高校は全国高等学校野球選手権大会の予選でも勝利できない弱小高校で、広島の入団テストを受験して合格したとはいえ、広瀬への注目は集まらなかった。しかし、1954年の広島大会予選で敗れた際に、南海ホークス監督の鶴岡一人の知人で、広島商業高校時代の同期だった上原清治の強い勧めで、南海ホークスの入団テストを受験した。上原は、広島県内の有望な高校生を次から次へと南海へ送り込んでおり、弱小高校ながら広瀬の活躍が上原の眼に留まったもので、テストでは中百舌鳥球場での二軍練習へ参加し、翌日に大阪スタヂアムで行われる対近鉄パールス(二軍)戦への先発登板というものだった。広瀬は3回を投げて1被本塁打3失点と結果を出せず、ネット裏で見守った鶴岡は「大したピッチャーとちゃうで。法政に行かせとけ」と言ったが、上原の推薦で高校卒業後の南海ホークスへの入団が決まった。

南海の入団テストを受験後、高校を卒業するまでは陸上競技に手を染め、走幅跳で広島県2位になったのを始め、円盤投砲丸投でも表彰状を受け取り、早稲田大学順天堂大学から陸上選手として勧誘された。教員志望だったため早稲田に心が傾いたが、高校の教師から「(南海ホークスは)あの鶴岡さんが監督をされている名門チームだから」と入団を勧められた。

プロ入り後

1955年に南海ホークスの一員となった広瀬は、首脳陣にアピールするために肩を作らないまま投げ込み練習を続けた結果、肘を痛めて投手としての練習を行えなくなった。そこで広瀬は、高校時代から武器にしていた持ち前の俊足と強肩を活かすために野手転向を決意し、同年6月に自ら二軍監督へ申し出て転向した。当初は外野手だったが、後に内野手へ変更された。

1956年4月26日の対阪急ブレーブス戦で米田哲也から公式戦初打席初安打を放ち、同年7月29日の対高橋ユニオンズ戦では先発出場して4打数4安打、初盗塁も記録するなど活躍する。7月31日の対大映スターズ戦でも2打席連続で安打を放ち、プロ初打席から7打席連続安打を記録した。当時、パ・リーグ記録部に勤務していた宇佐美徹也は広瀬について、「塁間をスルスルと滑るようなトカゲを思わせる走塁に、当時のネット裏では『大変な選手が出てきたものだ』と異常な興奮に包まれたのを覚えている」と語っている。1957年シーズン途中からは遊撃手に抜擢され、114試合の出場で規定打席に到達していないものの打率.284、25盗塁を記録してレギュラーに定着、1958年も120試合に出場し、33盗塁・打率.288を残して、成績を上げて行った。

1959年にはついに打率が3割を越え(.310)、遊撃手としてチームの日本一に貢献するなど、充実したシーズンを送った。この頃は盗塁王ではなく、盗塁成功率も6~7割程度だったが、1957年のレギュラー定着時から「プロ随一の快足」と評価されていた。一方で、遊撃手としては守備範囲が広く無類の強肩だったが悪送球が多く(後述)、1958年には葛城隆雄と並ぶリーグ42個の失策を記録している。

1961年に守備位置が同一のルーキー・小池兼司が入団すると、小池の遊撃守備を見た広瀬は「自分より堅実な小池に任せた方がチームのためになるのではないか」と考え、監督の鶴岡一人に自ら提案し、8月から中堅手へ転向した。同年には打率.296・42盗塁で晴れて盗塁王に輝くと、1965年まで5年連続で盗塁王のタイトルを獲得し、南海のリードオフマンとして杉浦忠野村克也皆川睦雄と黄金時代を築いた。いわゆる「ダイヤモンド」を一周13秒9、50メートル5秒5で駆け抜ける俊足と、遊撃手としてプレーしていた頃からの守備範囲の広さで鳴らし、「プロ野球のスピード感を変えた男」とも言われた。また、広瀬の活躍は日本野球機構シーズン最多盗塁を公式の個人表彰項目として新設する大きな要因となった。

1963年にはリーグ5位の打率.299(1963年と1964年のパ・リーグは150試合制)を記録、187安打を放って最多安打記録を打ち立て、1994年イチロー(オリックス・ブルーウェーブ)が210安打を放って更新するまでの31年間にわたってパ・リーグ記録となっていた。また同年の676打席は2005年赤星憲広(阪神タイガース)に抜かれるまで日本記録、2010年西岡剛(千葉ロッテマリーンズ)に抜かれるまでパ・リーグ記録だった。

1963年オフ、当時存在したA級10年選手制度が近かったことから満額のボーナスを目当てに初めての猛練習を自身に課した。後年、「後にも先にもあれほど練習したことは無い」と語るほどの状態で迎えた1964年シーズンは、3月14日の開幕戦から安打を量産し、89試合目まで打率4割を維持(1989年ウォーレン・クロマティ(読売ジャイアンツ)に抜かれるまでプロ野球最長記録)した。前半には3番に座り、2本塁打を含む5安打・7打点の大活躍を見せた試合もあるなど、広瀬の好調ぶりはチームの快進撃に欠かせないものとなった。しかし、6月17日の対東映フライヤーズ戦にて尾崎行雄の速球を打ち返した際に左手首を負傷し、以降は腱鞘炎に苦しむようになった。負傷後は中軸どころか先発を外れる試合も増えたが、優勝争いを繰り広げていたチームに迷惑をかけまいと治療を続けながら代走で出場し、8月中旬には先発出場に復帰した。それでも腱鞘炎の影響は治まらず、右手一本で打つようなシーンも見られ、後半戦は完全に調子を落としてしまった。それでも最終的には張本勲の打率.328に大きく差を付ける打率.366、72盗塁と自己最高の成績を収め、史上初となる首位打者と盗塁王を同時で獲得、なかでも打率は1985年落合博満(ロッテオリオンズ)に抜かれるまで、右打者の歴代最高打率だった。また、開幕から100安打に到達した試合数は61と、1994年にイチローが60試合で到達するまで日本記録だった。広瀬の好調ぶりは日本シリーズでも発揮され、打率.345を記録し、南海ホークスは日本一を達成した。

1965年も打率.298(リーグ5位)・39盗塁を記録してチームのリーグ連覇に貢献した。またこの年で実働10年となり、前述のA級10年選手制度が適用されたが、南海球団側は広瀬が前年に腱鞘炎を患ったことと、同年のシーズンも故障で離脱していた時期があったことから、広瀬が期待する満額のボーナス支給を渋った。長年、主力選手としてチームに貢献してきたにも関わらずプライドを傷つけられた広瀬は当然納得するはずが無く、球団と揉めた。結果的に、この件が球団側の掲示する給与面に不満があった鶴岡の監督退任を考えさせる一因にもなった。広瀬を襲った手首の腱鞘炎は、同時期に西鉄ライオンズで強打者として活躍した中西太も苦しんでおり、また当時は有効な治療法が確立されていないなど、打者が恐れる負傷の一つとも考えられていた。広瀬の打法は手首の強さと速いスイングで、投球を出来るだけ手元に引きつけてからコンパクトに打ち返すものだったが、中西と同様に、手首の強さは故障の原因にもなる「諸刃の剣」だった。1965年までは通算打率も3割に限りなく近い数字を残していたが、1966年1967年は欠場・長期離脱によって規定打席未到達となり、球団側の懸念が当たってしまうこととなった。それでも広瀬は1968年に打率.294(リーグ5位)、1969年には打率.284(リーグ13位)を記録したが、これ以降は成績を落としていき、全盛期の成績を残すことは出来なくなった。

手首の腱鞘炎によって打撃面では調子を落とすが、走塁では引き続き活躍を見せる。1970年8月2日の対近鉄バファローズ戦(日本生命球場、ダブルヘッダー第2試合)で通算480個目の盗塁を記録し、チームの先輩である木塚忠助が保持していた日本記録を更新した。同年10月14日の対阪急ブレーブス戦ではこの試合でのみ投手として登板し、2回2被安打3四球と荒れたものの無失点で切り抜けた。この試合は阪急側のワンサイドとなった時点で、南海の選手兼任監督だった野村が広瀬に「(敗戦処理として)投げてみいひんか?」と声をかけたものだった。

1972年7月1日の対西鉄ライオンズ戦で史上6人目の通算2000本安打を達成したが、左手首の腱鞘炎に加え、右肩を痛めるなど、広瀬の現役晩年は故障との戦いだった。1973年からは極端に出場機会が減ったことで引退も考えたが、球団から「もうちょっとやってくれ」と言われ、野村からも「(辞められたら)ピンチヒッターがおらんやないか」として断られ、現役を続行せざるを得なくなった。広瀬は1977年シーズンで引退することを決め、同年7月6日のパ・リーグ後期初戦だった対阪急ブレーブス戦(西宮球場)に出場した際には、福本豊が自身の保持していた通算盗塁記録を更新する597個目の盗塁を記録した瞬間を守備に就いていた中堅から見つめていた。広瀬はその直後、福本に対し「日本新(記録)や600盗塁などと小さいことを言わず、世界記録を狙ってほしい」というコメントを残し、途中交代して球場を去った。なお、引退後に一年間渡米してメジャーリーグを視察する計画を立てていたが、実現しなかった。

引退後

1977年シーズン最終盤に公私混同を理由に南海ホークスの監督を解任された野村の後を受け、南海ホークスの監督に就任、1978年から3年間にわたって務めた。しかしこの交代は突然だったため、「球団代表も困り果てていて、『何とか引き受けてくれ』という感じで頼まれては断りきれるものではない」として否応なく承諾した。就任後は野村解任騒動でバラバラになった選手の気持ちをまとめようと「団結と和」を基本理念に掲げてスタートを切ったが、広瀬が監督に就任した段階で江夏豊柏原純一は野村に同調し、球団のやり方には納得できないとして江夏が広島東洋カープへ、柏原は日本ハムファイターズへ移籍した。

いきなり投打の軸を失った南海と広瀬だったが、在任中には金城基泰の抑え転向(1979年に最優秀救援投手)、片平晋作の一塁レギュラー定着(1979年には打率.329)、村上之宏の新人王(1978年)など明るい話題もあったものの、野村退団による江夏、柏原の移籍、主砲・門田博光のアキレス腱断裂(1979年)もあり、戦力は整わず成績は下位に低迷した。広瀬は恩師・鶴岡の「古き良き鶴岡時代」への回帰を目指し、野村の野球を継承せず、「泥まみれ野球」を標榜、ユニフォームも復古調の物へ変更(鶴岡監督時代の象徴だった、肩と袖の太いラインが復活)することも含め、野村カラーを一掃した。また、広瀬はスコアラーの提出するデータをあまり重視しなかったため、南海に29年もの長きにわたり在籍していた尾張久次は退団、西武ライオンズへ移籍した。結局、広瀬の提唱する「団結と和」は達成されたものの、成績には結びつかなかった。藤原満は「広瀬さんが監督になられて、従来とは全く違う野球になった。(野村さんの)良い所だけを上手く継承しても良かったかなとは思いました」と語っている。広瀬自身も「(監督をやる人物が)『誰もおらんからやってくれ』、そんな感じだった」「その頃の南海電鉄には昔のように資金も無いし、球団の人気も無い。だから選手を集めることも出来ない」「投手不足でマネージャーの上田さんを現役復帰させたりした」「(南海時代は)楽しい思い出が殆ど無い監督生活だった」と語っている。

監督辞任後は、1981年から1990年にかけてNHK野球解説者(この時は全国中継にも出演)を務め、1990年にはスポーツニッポン野球評論家も兼務した。1991年からは古巣・南海の後身である福岡ダイエーホークスの守備走塁コーチに就任し、現役時代に武器とした俊足と走塁技術を徹底的に叩き込み、大野久(42個、盗塁王獲得)・佐々木誠(36個)・湯上谷宏(30個)とチームから30盗塁以上の選手を3人輩出させ、両リーグトップとなるチーム141盗塁を記録した。1992年には佐々木に自身以来史上2人目となる首位打者・盗塁王を同時に獲得させ、同年限りで退任した。1999年野球殿堂入りを果たす。

1993年からはNHK広島放送局野球解説者(基本的にローカル放送のみ出演)を2015年まで務め、現在は日刊スポーツの野球評論家を担当、居住地も大阪府から故郷の広島県に移している。

プレースタイル

広瀬の盗塁術

通算盗塁数は歴代2位(2018年現在)の596個である。シーズン最多盗塁死は一度も記録せず、通算盗塁成功率は82.9%(596盗塁、123盗塁死)は、通算盗塁数300以上の選手では歴代1位である。

「僅差の場面でしか走らない」「打者が2ストライクと追い込まれたら(三振・併殺を防ぐために)走らない」など、有用な場面でのみ盗塁を仕掛ける職人肌の選手で、高い盗塁技術を誇る。1964年3月から5月にかけては「31回連続盗塁成功」と、1968年にシーズン盗塁成功率95.7%(成功44、失敗2)という、いずれも日本記録を保持している。

広瀬の盗塁は、一塁から3.80メートルという並外れたリードを取り、スタートしてからすぐスピードに乗り、二塁ベースの手前まで全力で走ってから短いスライディングで二塁を陥れるものだった。1964年に4割近い打率を挙げ、さらにあまりにも走ることから日本野球機構は「盗塁王」を同年から連盟表彰にした。それまで日本では盗塁はあまり評価されておらず、広瀬は盗塁を認知させた最初の選手である。

ライバルから見た広瀬の脚

ロッテオリオンズ内で一番の俊足、かつプロ野球史上屈指の投手守備を誇った荒巻淳は、1956年9月8日の対南海ホークス戦で、一塁に代走で出場した広瀬に対し、次打者(木塚忠助)の送りバントで二塁に送球し野選、次々打者(蔭山和夫)の送りバントで三塁へ送球して再び野選とされた時に受けた衝撃を、「バントが転がされた瞬間、アウトに出来るか出来ないか、経験上ピンとくる。95%は的中します。(この時も)アウトだと確信して二塁、三塁へ送球した。ところがセーフなんです。送りバントで二封出来る、三封出来ると私が判断してセーフになったのは広瀬が最初でした」「(広瀬は)野球革命者なんですよ。単なる盗塁王とか、脚が速いというだけでなく、彼のスピードは野球を革命しました」と述べている。また、スポーツライターの近藤唯之は「本塁打革命者は大下弘、脚の革命者は広瀬」と表現している。木塚は通算479盗塁、通算盗塁成功率80.8%を誇る「先輩」盗塁王だが、広瀬の盗塁を「僕の全盛時代と彼を比較すれば、スピードとスタートでは負けないと思うけど、真似できないのはベース寸前でも全然スピードの落ちないあのスライディングだ」と評している。

セ・リーグの盗塁王、柴田勲とは格が違うとも言われる。1963年週刊朝日による、広瀬と柴田によるダイヤモンド一周競走の企画(別々に走る二人を一緒に走ったかのように写真で合成したもの)では、広瀬が本塁を踏んだ時、柴田はまだ本塁より3メートル手前を走っていたという。

通算350盗塁を記録し、盗塁王も二度獲得している吉田義男は、「(広瀬の脚は)私らとは桁違いに速かった。ベスト3は広瀬、福本、3番目は…も速かったけど、屋敷かなぁ」として、広瀬を一番に挙げている。広瀬と同時代に南海ホークスの主力として、福本豊とも対決した野村克也も「福本も確かに速い。だけどあのバネと速さは、やっぱり広瀬の方が上やと思うね」と述べている。

大沢啓二は「(広瀬は)ここ一番って時にだけ走るわけよ。勝負のかかった大事な場面でな」「試合が終わってみると、あの盗塁が試合を決めたということが多かったな」と語っている。また、阪急ブレーブスの正捕手だった岡村浩二は自身のブログで、現役時代に“この選手は本当に速いな”と感心したのは福本と広瀬、とした上で、「ここで走られたら困る場面で必ず成功させるのは広瀬さんでした。南海ホークス戦前夜は広瀬選手がケガで休んでいれば良いのにと、何回も思いました」と語っている。同じく、阪急ブレーブスの二塁手だったダリル・スペンサーは、「広瀬が一塁に出たときは、ムダなことはしない。僕はもう二塁ベースに入らない。河野遊撃手も入るな。そして捕手は二塁に投げずに三塁に投げたらいいんだ」と自嘲気味に語ったという。また、杉浦忠は「数字だけを狙っていたら、おそらく毎シーズン100盗塁以上はやっていたでしょう」と述べている。

松下電器時代、監督に「社会人野球の広瀬になれ」と言われ、広瀬と同じ背番号12をもらい、広瀬を見たい一心で大阪球場に頻繁に通ったという福本豊は、「広瀬さんは神様やもん。プロに入ってからもそれは一緒よ。相変わらず雲の上の存在やった」「盗塁や走塁で魅せてくれる足も、守備(センター)の際の動きにしても、広瀬さんのスピードは他の選手とかけ離れていた」と述べている。

福本と広瀬の盗塁

パ・リーグの記録部で勤務していた宇佐美徹也も、広瀬の盗塁について「さっと滑り込んで送球が届いたときにはベース上、すっくと立ち上がっている姿に何度ほれぼれしたことか」と賛辞を贈っている。出し惜しみせずもっと走れば通算最多盗塁記録を現役晩年の年に、目の前で福本に更新されることも無かっただろうと惜しむが、記録のために走るのではなく、元来淡泊な性格で、記録に執着することも無かった。「週刊ベースボール」(1969年5月12日号)誌上でも、「記録を必要以上に意識することの多い現在(1969年)のプロ野球選手の中にあって、広瀬のような存在はまことに珍しい(記録の手帖)」と評されている。この姿勢は現役最後まで貫かれ、通算600盗塁が目前に迫っても記録達成にこだわることなく引退した。広瀬の盗塁スタイルを福本と比較すると、宇佐美が「広瀬ほど余裕のある盗塁を見せた選手はほかに見たことがない」と評した姿が浮かび上がる。

  1. 福本の盗塁は、有能な2番打者に支えられたものだった。西本幸雄は「(2番打者の)阪本は福本の足を生かすために、自分を犠牲にした。自分のボールカウントが悪くなるケースが多かったが、黙って耐えた。阪本の役目はその後、大熊忠義へと引き継がれた」と評し、福本自身も「クマさん(大熊)は自分のボールカウントを悪くしてでも、2ストライクに追い込まれるまでは僕の盗塁を支えてくれた」「(捕手が一歩前に出て送球出来ないように)ちょっとタイミングを遅らせた空振りをしてくれた」と語っている。一方で広瀬は、前述のように打者のカウントが悪くなる場面では決して走ることはなく、また、打順も必ずしも1番に固定されておらず(2・3番を任されたり、代走として出場することも多かった)、特定の後続打者の協力・負担を必要とするものではなかった。野村克也も「広瀬が3番、私(野村)が4番を打っていた頃、広瀬が走るまで打つのを待つそぶりを見せるたび、『俺に関係なく打っていいですよ』と気を使ってくれた」と証言している。「初球か2球目にスタートを切る。それが打者へのエチケット」という広瀬の盗塁哲学が実践されていたことは、例えば1964年は盗塁企図数81回(成功72、失敗9)のうち、2球目までに64回(約8割)、1968年は盗塁企図数46回(成功44、失敗2)のうち、2球目までに33回(約7割)スタートを切っているという数字からも裏付けられる。また、「僅差の場面でしか走らない」という哲学も徹底しており、1964年の盗塁企図数81回のうち2点差以内での企図が66回(約8割)であった。
  2. 福本の盗塁が投手のクセを見抜いて走るものであったのに対し、広瀬は、相手に関係なく成功する技術を身に付ける必要がある(クセを見抜いて走るレベルではクセを盗めない投手では走れない)として、このスタイルを否定している。最大限にリードをとりながら、どんなけん制球が来ても塁に戻れる技術(スタートと帰塁は表裏一体であると捉え、スタートの反動を利用して塁へ戻る技術)を会得し、投手のクセに頼ることなく、投手が誰であろうと素早いスタートを切ることが出来た。
  3. 二塁への滑り込みについても、広瀬は捕手からの送球が逸れる方向を欺こうとする野手の体の動きに惑わされないよう、滑り込む直前にベースカバーに入る野手の目を見て、その視線と逆方向に滑り込むという高度な技術を身に付け、「ベース際の魔術師」とも呼ばれていた。広瀬はこれを、「グラブの位置や小さな仕草で送球方向を誤魔化せても、目だけはウソがつけない」と語っている。このスタイルは、福本の「高校のころ“ベースカバーに入る野手の目線を見て送球をかわせ”と言われ、かわすスライディングをして酷い捻挫をした。そんな危ないスライディングはそれっきりにした」「プロに入ってからは、二塁送球をかわさんように努めた。最短距離を狙って、キャッチャーからの送球に関係なく、セカンドベースへ正面から滑り込むようにした」というスタイルとは対照的である。
  4. クイックモーションの導入・普及は、広瀬の現役最晩年のころであるが、福本登場後(1970年以降)の広瀬の盗塁成功率は83.2%(企図数155・成功数129)、クイックモーションの普及した1974年以降では82.6%(企図数23・成功数19)であり、成功率への影響はみられない。

なお、広瀬は福本について、盗塁技術の向上のために試合中も失敗を恐れずに走るべきだという福本の主義には「私の考え方と相容れない」としながらも、「ゲームの中で走ることによって、彼は彼なりの方法で盗塁の技術を極限まで高めた。いかなる接戦の中でも1点を取るために盗塁ができる。そんな域まで上り詰めた男である」「私がとやかく言えるような選手ではない」と評している。

他球団の対策

西鉄ライオンズのエース、稲尾和久との一瞬を巡る駆け引きは、西鉄打線と杉浦忠の対決とともに、西鉄-南海戦の白眉だった。稲尾は当初、通常の左周りの牽制で広瀬に対抗したが、広瀬を防ぎ切れず、通常とは逆の右回りの牽制を編み出した。これは右肩越しに広瀬を視角に捉え、視野の右隅に広瀬の爪先が入ったら逆回転のひねりで牽制するもので、稲尾曰く「それほど彼(広瀬)には手こずったということなんだ」「俊敏というよりエキセントリックな盗塁というかなぁ」「足を封じるために右回りを用いた。彼がランナーのときだけ…」というものであった。広瀬もこれに対抗し、撒き餌を撒くように稲尾の視界に足を入れ、牽制が来ると、上半身の反動を利用してフルスピードで二塁を奪ったという。

他球団が広瀬の足を封じるのにいかに必死であったかについて次のエピソードがある。

また、塁間で一旦挟まれても、動物的カンと走力でなかなかアウトにならなかった。野村克也は「アイツの挟殺プレーはベンチから見ているだけで楽しかった」と述懐しており、広瀬の挟殺プレー見たさに球場へ足を運んだファンもいたほどだという。

1971年秋のドラフトで近鉄バファローズに入団した梨田昌孝は、晩年の広瀬について「一塁から二塁までは、当初良いようにあしらわれた。広瀬さんに初めて“プロのすご味”を教えられた」「私の知る広瀬さんは三塁へのスチールが天下一品でした。ところが、僕がその三盗をアウトにしたのです。嬉しかった…。でもその時、広瀬さんは逆に『時の流れ』を感じたのかも知れませんね」と振り返っている。

また、広瀬はオールスターでも7回盗塁を仕掛け、全て成功させている。

打撃

広瀬オリジナルフォーム

広瀬の打撃フォームは、打席内で左膝を深く内に入れた状態で構える独特な形だが、同世代の豊田泰光は広瀬の連続写真を見ながら「こんな構えは(本来なら)絶対してはいけない。(中略)普通の人は初めから左膝を深く入れていたらとても打てない」と解説している。さらに豊田は「ミートした直後からバットで打球をコントロールしながら、同時に(一塁へ)走り出している。身体の中心線を守りつつ、他の打者より2歩は先んじていた印象。内野安打の技術はイチローの比では無かった」とも語っており、あくまでも広瀬だけのオリジナルフォームであることを述べている。このフォームで広瀬は全盛期においては打率3割前後の好成績を残しており、打率ランキングにおいては必ず上位に入るほどの「常連」だった。中でもベスト5入りは五度記録し、真面目に練習に取り組んだという1964年は4割に近づいた。広瀬自身もこのことについて、「確かに『夢中で打つ』タイプに近かったろう」「(10年目のボーナスが懸かっていた1964年を除いて)工夫も素振りもあまりした記憶が無い」「(腱鞘炎に悩まされて以降、)素振りはほとんどしなくなった」「首位打者のタイトルも取ったから目標達成。『あとはもうエエわ』、そんな感じ。まあ、今度生まれ変わったら努力するけど、無頓着にやったのが逆に良かったのかも知れんしなぁ」と述べている。

南海ホークスで共に主力選手として戦った野村克也は、打者を「A型」から「D型」の4タイプに分け、「A型」を「常にストレート(速球)に合わせて変化球に対応する理想型」としているが、広瀬は自著で「(『広瀬は何も考えないで打ちよる』とノムやん(野村)が言っていたのは知ってるが)何も考えなかったわけではない」と前置きしたうえで、「その相手投手の最も速い球にタイミングを合わせ、変化球ならば一呼吸おいてからバットを振りだす」と述べており、まさに「A型:速球に合わせて変化球に対応する」の打撃スタイルである。

周囲から見た広瀬の打撃

野村は広瀬について、「野球の天才は(自分は)二人しか知らない。長嶋茂雄と広瀬や。彼らは何も考えないでも凄いプレーが出来た」「野球生活で出会った天才が三人いる。一人は長嶋、一人は広瀬、そしてイチロー」「彼(広瀬)は来た球を自在に打ち返せる技術を持っていた」「(広瀬が)バットの素振りしてるのなんて見たこと無いですよ」「バッティングに関しては天才肌。ピッチャーから野手へ転向した時も素振りくらいするだろうと思っていたら、全体練習でバッティングをちらほらする程度」などと語っている。

南海ホークス一筋で選手からコーチまで務めた堀井数男は、「ちょっと特殊で他の選手は真似出来ない。ああいう選手はもう出てこないだろう」「足が速い。肩が良い。(野球の)勘が良い。人の打てないボールを打つ。そういう特殊な技能を持っていた」と述べ、1953年に首位打者およびMVPを獲得した岡本伊三美は「初めて対戦するピッチャーだったとしても、ストライクであれば初球からバットの芯で捉えてヒットを打つことが出来た。残念ながら私には出来ないことだった」と述懐している。エースだった杉浦忠は「(走塁だけでなく)打撃も天才的」としたうえで、広瀬が1964年に腱鞘炎で打席に立てない際に代走で起用され、味方の攻撃が続いて広瀬に打席が回って来た際に「(通常右打者の広瀬が)なんと左打席に立ってセンター前へヒットを打った」と驚愕したが、監督だった鶴岡一人は広瀬を「天才的だが、ちょっと軽はずみな所がある」と評し、森下整鎮国貞泰汎と共にチームを引き締めるための「叱られ役」としていた。

広瀬が打率4割をキープしていた1964年当時、近鉄バファローズ監督だった別当薫は、「日本一の選手は誰か」との問いに対し、「みんな長嶋、と騒ぐが、本当の意味の日本一ということなら、それは広瀬をおいて他にない」と言い切っていた。

全盛期を過ぎてから南海へ入団した門田博光藤原満は、天才としての広瀬を「選手としてはとにかく別格」(門田)、「とにかく半端じゃなかった。もうあんな選手は出てこんかもしれんね」(藤原)と表現している。

広瀬の打撃記録

広瀬は1964年に打率.366を記録しているが、一方で記録には執着しない淡泊な性格は打撃面にも影響し、鶴岡曰く「勝負の帰趨に自分の一打が関係無いと見ると、雑な打ち方をする」という面もあった。

1950年代から1960年代にかけては、リーグの平均打率が.240~.250ほどの「投高打低」時代だったが、打率傑出度(RBA)(各年度のリーグ平均を考慮して補正した相対的な打率)でみると、広瀬の通算RBAは歴代10位(通算7000打数以上の打者41名中)に相当する。これは右打者においては長嶋茂雄山内一弘落合博満江藤慎一に次ぐ歴代5位であり、先頭打者(リードオフマン)としては福本豊(阪急ブレーブス)、柴田勲(読売ジャイアンツ)よりも上位である。

先頭打者の能力を示す指標の一つである「生還率」((得点-本塁打数)÷(出塁率-本塁打数))を見ると、広瀬の通算生還率は.421で、この数字は前述の通算RBAでも挙げた福本豊(.401)、柴田勲(.370)を上回る。さらに通算6000打数以上の打者81名において、通算生還率が4割を超えるのは広瀬と福本の2名のみで、通算300盗塁以上を記録した選手28名においては木塚忠助(.434)に次ぐ歴代2位である。無用の盗塁企図を削ぎ落とした上でのこの記録は、野村も「(広瀬が三塁走者の場合は)ピッチャーゴロでも何でも良いから、とにかく前へ転がす。前へ転がしたら(広瀬が)絶対ホームへ帰って来る。なんせ反射神経が凄かった」、杉浦も「(走者になったときの広瀬が)スタートを切る勘の良さは天才的。あの勘の良さは『動物的カン』というしかない」と語っており、広瀬の際立った得点能力の高さを示している。

快速選手の広瀬らしく、二塁打・三塁打も多く記録して

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/12/08 07:41

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「広瀬叔功」の意味を投稿しよう
「広瀬叔功」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

広瀬叔功スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「広瀬叔功」のスレッドを作成する
広瀬叔功の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail