このキーワード
友達に教える
URLをコピー

広瀬香美とは?

この存命人物の記事には検証可能な出典が不足しています。信頼できる情報源の提供に協力をお願いします。存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的に中傷・誹謗・名誉毀損あるいは有害となるものはすぐに除去する必要があります。(2018年5月)
広瀬 香美

【生誕】
(1966-04-12) 1966年4月12日(52歳)
【出身地】
日本 福岡県太宰府市
【ジャンル】
J-POP
【職業】
シンガーソングライター作詞家作曲家編曲家音楽プロデューサーラジオパーソナリティ、ボイストレーナー
【担当楽器】
ボーカルピアノ
【活動期間】
1992年 -
【レーベル】
JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント
【事務所】
Muse Endeavor inc.
【共同作業者】
田村充義
【公式サイト】
hirose-kohmi.com

広瀬 香美(ひろせ こうみ、本名:石井 麻美(いしい まみ)、1966年4月12日 - ) 日本女性シンガーソングライター作詞家作曲家編曲家音楽プロデューサー、ボイストレーナー。

福岡県出身。 Muse Endeavor inc.所属で、JVCケンウッド・ビクターエンタテインメントと契約。

目次

  • 1 概要
  • 2 来歴
    • 2.1 生い立ち
    • 2.2 デビュー
    • 2.3 2000年代
    • 2.4 2010年代
  • 3 人物
  • 4 ディスコグラフィー
    • 4.1 シングル
    • 4.2 コラボレーション・シングル
    • 4.3 アルバム
    • 4.4 ベストアルバム
    • 4.5 カバーアルバム
    • 4.6 ミニアルバム
    • 4.7 配信限定シングル
    • 4.8 配信限定アルバム
    • 4.9 映像作品
  • 5 主な提供曲
  • 6 プロデュース
  • 7 コンサート
    • 7.1 全国ツアー
    • 7.2 ディナーショー
    • 7.3 単発コンサート
    • 7.4 ゲスト参加
  • 8 出演
    • 8.1 ラジオ
    • 8.2 テレビ
    • 8.3 音楽番組
    • 8.4 インターネット
  • 9 著書
  • 10 出典・脚注
  • 11 関連項目
  • 12 外部リンク

概要

米国滞在中に制作した自作のデモ音源が、レコード会社の耳に留まり、各レコード会社争奪のなか、ビクター音楽産業(現・ビクターエンタテインメント)より1992年にデビュー。1stシングル『愛があれば大丈夫』を発表後、『ロマンスの神様』(175万枚)、ベストアルバム『広瀬香美 THE BEST "Love Winters"』(240万枚)などが次々と大ヒットを記録する。2002年、初の全国ツアーにて日本武道館公演を成功させ、国内屈指のスーパー・ヴォーカリストとしての地位を築く。

日本の国立音楽大学作曲学科に通いながら、ロサンゼルスにて、マイケル・ジャクソンダイアナ・ロスホイットニー・ヒューストンのヴォイス・トレーナーであるセス・リッグスに師事。国立音楽大学作曲学科卒業後も、ロサンゼルスでトレーニングしながら、作曲家を目指す。

来歴

生い立ち

父は建設関係の仕事。和歌山県で生まれ、5歳より音楽の英才教育を受け、作曲家を志す。6歳まで大阪府門真市で育った。6歳から福岡県太宰府市育ち。「手に職を付けてもらいたい」という母の意向で、4歳からピアノ、そして5歳から和声学などクラシック音楽作曲法を習い始めた。練習をしなければ夕食抜きになるなど、学習は非常に過酷であった。第1号作品を完成させたのは6歳で、タイトルは『パパとママ』である(この曲は2001年 - 2002年に行われた自身初のコンサートツアーで弾き語りにより披露された)。初めて買ったレコードバッハの『マタイ受難曲』。「この作品には作曲法が詰まっていて、作曲のルールを身につけるための勉強になるから」という先生からの教えで、夕食中などにも聴き続けていた。

小中学生の頃が自身の作曲家人生のピークだったと本人が語っている。日夜、夢の中でもひたすらメロディを考え、頭の中に浮かべ続けていたという。新しいメロディが浮ぶと、その場ですぐ紙に五線譜を書いてメモを取っていた。広瀬香美の作品として発表している楽曲の中に、この当時に作成したメロディを使っていることも多い。当人の楽曲になぜメロディの起伏が激しいものが多いかというと、元々人が歌うためのものではなく、ピアノやバイオリンなど楽器のために書いていた曲だったからである。

中学、高校生時代にはよく通学中に作曲していたという。『ロマンスの神様』のサビ以外の部分は西鉄井尻駅前バス停で、『愛があれば大丈夫』のサビは井尻六ツ角交差点の歩道橋の上で作られた。

福岡女学院中学校・高等学校(音楽科)卒業後、国立音楽大学音楽学部作曲学科に進学。しかし学科内での成績は悪く、講師から「何になりたい?」と尋ねられて「作曲家」と答えるも「無理」と言われた。幼少期から養った音楽理論と自身の夢を否定された広瀬は、気分転換を兼ねて高校時代の友人を訪ねるためロサンゼルス(LA)へと旅立った。そこで、マイケル・ジャクソンマドンナのライブを見て感激し、ポップ・ミュージックに目覚める。「自分が書き溜めてきたクラシックの楽曲を編曲してマイケル・ジャクソンが歌ったら売れるのでは」と考え、「マイケルに楽曲提供したい」という夢が生まれた。そして夢に少しでも近づくためポップ・ミュージックの勉強を開始、広瀬にとって大きな転機となった。

デビュー

前述の渡米時代に目標としていたマイケル・ジャクソンのヴォイストレーナーであるセス・リッグス氏のオーディションを受ける。そこでマイケルに少しでも近づくため、作曲やプロデュースの勉強をさせてくれないかと直訴した。結果、歌ものの曲を書きたいのならボーカルトレーニングも受けておくことを勧められ、東洋人で初めての合格者となり約3年間師事する。トレーニング修了後、LA在住の日本人ギタリスト平野T.J.ヨーイチと出会う。平野は広瀬の才能を高く評価し、日本デビューに向けてデモテープを制作した。そして帰国後多数のレコード会社にデモテープを送付、そのデモテープがビクター音楽産業(現・ビクターエンタテインメント)のプロデューサー田村充義の目に止まり、同社からのデビューが決定した。

1992年7月、アルバム『Bingo!』でデビュー、同年12月には1stシングル『愛があれば大丈夫』をリリースした。翌年1993年アルペンCMソングになった3rdシングル『ロマンスの神様』は、オリコンチャートで170万枚を越える大ヒットとなりブレイク。それ以降、『幸せをつかみたい』『ゲレンデがとけるほど恋したい』『promise』など、数々のヒット曲を生み出す。

にヒットする曲が多いことから『冬の女王』とも呼ばれているが、広瀬本人曰く「(ヒットした曲が多い)アルペンのCMソング等は実はに書いている」と語っていた。ちなみに広瀬は、自身のシングル『夏だモン』や広末涼子に提供した『summer sunset』など夏の曲も相当数書いている。

教育現場においては、1999年、独自のメソッドを提唱するヴォイス・トレーニングやヴォーカル・レッスンを行う「Do Dream」 (現・広瀬香美音楽学校)を開校、自ら校長を務める。また母校である福岡女学院大学で客員教授としても教鞭を執っている。

2000年代

2009年7月19日に親交のあった勝間和代の勧めにより、Twitterのアカウントを取得。同年11月13日には、日本人メジャーアーティストとしては初となるTwitterコンサートを開催。Twitter上のみで観客を募集(募集定員もTwitterの文字数制限にちなんで140人)、当日は観客による会場からのTwitter実況を許可、広瀬本人のMCもTwitterでのみ行われ、歌声と時々笑いが起きる以外はほとんど沈黙状態というコンサートとなった。またTwitter上でのやり取りを通じ、「ビバ☆シリーズ」と称して「ビバ☆ヒウィッヒヒー」など5曲を作曲して自身のブログやYouTubeのビクター公式チャンネルで配信、2009年12月にはそれらを収録した「ビバ☆ベスト」がPC配信限定アルバムとして発売された。

2010年代

2010年1月20日、NHK総合スタジオパークからこんにちは」にゲスト出演し、同局で同日夜に放送されたSONGSのロケで初めてゲレンデに行った事、「冬の女王」と呼ばれている事で「ゲレンデには行かないの?」と聞かれた時は「忙しいから行けない」と本当は冬の寒さが苦手であると告白できずにいたが、放送で「冬が苦手なんです」と言った。2010年10月4日から、ニッポン放送他全国35局ネットで冠番組広瀬香美 ラジオdeフォロ〜ミ〜」がスタート。初めて全国ネットのレギュラーラジオ番組を持つことになった。2010年11月16日に、東京工科大学で広瀬本人と同大学学生が、Twitterを使用し相互につぶやきながらの講義が行われた。

また、2015年には「広瀬香美合唱団」を設立した。同合唱団のテーマ曲は「最高のエンディングを共に」である。(2016年発売のアルバム「25th プレイリスト」に収録)

レギュラー番組としては、2012年10月にNHK Eテレにて「趣味Do楽 『誰でも歌はうまくなる!〜広瀬香美のボーカル・レッスン〜』」が放映開始。また、その話術が買われ2013年4月よりニッポン放送にて「広瀬香美 ミュージックwith」が放送された。また、2013年12月よりNHK Eテレにて「趣味Do楽『めざせカラオケ王キング! 〜広瀬香美のボーカル・レッスン PART2〜』」が放送された。

2018年5月21日付で株式会社オフィスサーティーとのマネジメント契約を終了し、設立中のMuse Endeavor inc.に移籍を発表。しかし、オフィスサーティー側は一方的かつ無断で移籍を発表されたとし、5月31日付で「広瀬香美」の芸名を使用した芸能活動の禁止を求めることを明らかにした。8月29日、オフィスサーティーとの間で和解が成立したことを発表した。

人物

歌手活動に留まらず、作曲家・作詞家・音楽監督としても多彩なプロデュース・ワークを行い、国内外の各方面から高く賞賛されている。 現在、ロサンゼルスに拠点を置き幅広く活動中。ロサンゼルスで発行されている在留邦人向けのフリーペーパー「QOLA」では、レギュラー寄稿者として執筆中。ロサンゼルス在住の邦人として、また、国際人として、多方面で創作活動に励んでいる。さらに、ロサンゼルス在住の邦人向けのラジオでレギュラー出演番組も現在準備している。 最新のアルバム・レコーディングもロサンゼルスで行うなど、日本のポップス音楽のパフォーマーでありながら、世界各地における制作活動を展開、海外における定期的な演奏活動も計画中である。また、日米の文化的交流の担い手となるべく、日本とアメリカの双方を音楽や文化のレベルで、深く繋げていくために活動している。

精力的に音楽活動を展開しており、ドラマ映画ミュージカルの音楽監督、多くのアーティストへの作品提供及びプロデュース等を手がける。またヴォイストレーナーとしても、1999年10月に設立し自らが校長を務める「広瀬香美音楽学校(旧称Do Dream・2010年7月22日付で改称)」において、生徒の指導にあたっている。

冬の女王」の異名を持っており、そのきっかけとなる「アルペン」とのタイアップを、1993年2002年2007年〜現在まで毎年行っている。

私生活においては、1999年俳優大沢たかおと結婚したが、2006年協議離婚2008年10月12日ロサンゼルス在住の1歳上の米国人男性と再婚。

ディスコグラフィー

シングル

発売日 タイトル 最高位 備考
1st | 1992年12月2日 | 愛があれば大丈夫 | 42位 | 東映配給映画病は気から 病院へ行こう2主題歌
2nd | 1993年5月21日 | 二人のBirthday |  | TBS系『自然がいちばん!地球塾』テーマ曲
3rd | 1993年12月1日 | ロマンスの神様 | 1位 | 1993-1994アルペンCMソング
4th | 1994年5月11日 | ドラマティックに恋して | 4位 | フジテレビドラマ上を向いて歩こう!』主題歌
5th | 1994年12月1日 | 幸せをつかみたい | 6位 | 1994-1995アルペンCMソング
6th | 1995年5月24日 | 愛はバラード | 41位 | 「住友生命」CMソング
7th | 1995年12月1日 | ゲレンデがとけるほど恋したい | 6位 | 1995-1996アルペンCMソング

東宝配給映画『ゲレンデがとけるほど恋したい。』主題歌


8th | 1996年11月11日 | DEAR...again | 7位 | 1996年後期アルペンCMソング
9th | 1997年1月1日 | 真冬の帰り道 | 10位 | 1997年前期アルペンCMソング
10th | 1997年7月24日 | 夏だモン | 34位 | TBS系ドラマ『金のたまご』主題歌
11th | 1997年11月27日 | promise | 4位 | 1997年後期アルペンCMソング
12th | 1998年1月15日 | ピアニシモ | 22位 | 1998年前期アルペンCMソング
13th | 1998年9月23日 | Groovy! | 67位 | NHK教育アニメ『カードキャプターさくら』第1期エンディングテーマ
14th | 1998年12月2日 | ストロボ | 5位 | 1998年後期アルペンCMソング
15th | 1999年1月21日 | I Wish | 15位 | 1999年前期アルペンCMソング
16th | 1999年11月20日 | 恋のベスト10 | 33位 | 1999年後期アルペンCMソング
17th | 2000年1月13日 | BEGIN ~いくつもの冬を超えて~ | 26位 | 2000年前期アルペンCMソング
18th | 2000年3月23日 | Only One ~オンリー・ワン~ | 78位 | サンリオピューロランドハローキティ ドリーム レビューワン』テーマ曲
19th | 2000年11月22日 | More More Love Winters | 18位 | 2000年後期アルペンCMソング
20th | 2001年1月24日 | Search-Light | 23位 | 2001年前期アルペンCMソング
21st | 2001年9月21日 | 黄昏 | 47位 | 初のノンタイアップシングル
22nd | 2001年12月5日 | Velvet | 42位 | 2001年後期アルペンCMソング
23rd | 2002年1月23日 | 月の下で逢いましょう | 44位 | 2002年前期アルペンCMソング
24th | 2004年11月17日 | 日付変更線 | 90位 | 
25th | 2006年2月15日 | GIFT/愛は特効薬 | 85位 | NTV系『DRAMA COMPLEX 時代屋の女房』主題歌 (GIFT)

TBS系ドラマ 愛の劇場病院へ行こう!』主題歌 (愛は特効薬)


26th | 2009年12月16日 | とろけるリズム |  | 2009-2010アルペンCMソング

コラボレーション・シングル

  1. クリスマスキャロルの頃には(2009年11月18日)

アルバム

発売日 タイトル 最高位 備考
1st | 1992年7月22日 | Bingo! |  | 
2nd | 1993年3月24日 | GOOD LUCK! | 50位 | 
3rd | 1993年12月16日 | SUCCESS STORY | 2位 | 
4th | 1994年12月16日 | Harvest | 3位 | 
5th | 1995年12月16日 | Love Together | 10位 | 
6th | 1997年2月5日 | welcome-muzik | 1位 | 
7th | 1998年1月15日 | rhapsody | 2位 | 
8th | 1999年12月16日 | Music D. | 6位 | 
9th | 2004年12月16日 | LOVEBIRD | 44位 | 
10th | 2006年11月22日 | Gift+ | 69位 | 
11th | 2008年12月3日 | Making My Life Better | 162位 | 「冬のモチベーション」2008-2009アルペンCMソング収録
12th | 2012年12月5日 | And.Love.Again. | 205位 | 「Love again」2012-2013アルペンCMソング収録
13th | 2016年11月2日 | 25thプレイリスト | 52位 | 「ロマンスの神様 2016」 「青い冬ハジマレ」

2016-2017アルペンCMソング収録


ベストアルバム

発売日 タイトル 最高位 備考
1st | 1998年11月11日 | 広瀬香美 THE BEST "Love Winters" | 2位 | 
2nd | 2001年11月8日 | 広瀬香美 THE BEST Love Winters~ballads | 6位 | 
3rd | 2007年12月5日 | Alpen Best Kohmi Hirose | 48位 | 「ロマンスの神様 ~弾き歌いVersion~」2007-2008アルペンCMソング収録
4th | 2009年12月16日 | タイアップコレクション〜広瀬香美のテレビで聴いたあの曲達〜 | 48位 | 
5th | 2011年11月23日 | SINGLE COLLECTION | 56位 | 「フリーダム」2011-2012アルペンCMソング収録
6th | 2014年12月3日 | Winter High!! ~Best Of Kohmi's Party~ | 112位 | 「Snow Fall」2014-2015アルペンCMソング収録

カバーアルバム

  1. Thousands of Covers Disc1(1997年8月21日)
  2. DRAMA Songs(2010年1月20日)
  3. 名曲アルバム(2010年12月15日)-「LOVE MEETING」2010-2011アルペンCMソング収録
  4. Love X'mas(2011年11月23日)

ミニアルバム

  1. Beginning Part.2(1995年6月21日)

配信限定シングル

  1. サタデー☆ラバーズ E.P(2008年1月30日)
  2. 愛があれば大丈夫 -08'Remastering(2008年7月23日)
  3. 笑顔の女神様(2011年4月22日)
  4. ストレートに好きと言おう(2013年12月20日)
    • 「ストレートに好きと言おう」2013-2014アルペンCMソング収録
  5. ロマンスの神様(2016年10月12日)
    • 25周年記念シングル
    • 「出会いの奇跡を大切に」2015-2016アルペンCMソング収録

配信限定アルバム

  1. Friday Kohmi 1st Year Compilation(2011年6月24日)
  2. friends(2012年7月20日)20周年記念
  3. 冬のCMベスト(2012年12月18日)

映像作品

  1. hirose kohmi THE VIDEO Love Winters(2000年12月6日) - VHS,DVD
  2. Kohmi Hirose The Live Winter Collection 2001-2002(2002年3月21日) - VHS,DVD
  3. Tour 2007 GIFT+♪幸せは冬にやってくる♪(2007年12月5日) - DVD

主な提供曲

秋本祐希

安達祐実

安倍なつみ

ANZA

石井ゆき

石嶺聡子

上戸彩

内田有紀

川中美幸

アルバム「ふたりの美幸 麗人麗歌/人生賭けてます」(1997年発売)には、上記3曲に加え、広瀬のシングル曲カバーが3曲収録されている(DEAR...again・愛はバラード・真冬の帰り道)。

神崎まき

TBS系テレビドラマ「カミさんの悪口2」主題歌。放送当初は「地震・カミナリ・・・」が主題歌だったが、阪神・淡路大震災の影響で急遽「わたしが・・・」としてリメイク・CDリリースされた。

貴島サリオ

グミ

カードキャプターさくら』第1期オープニングテーマ。また、前述の通り同作品第1期エンディングテーマは広瀬香美自身が作詞、作曲、歌唱を担当している。

郷ひろみ

猿岩石

椎名法子

篠原涼子

島谷ひとみ

下川みくに

少年隊

「少年隊」名義だが、錦織のソロ楽曲である。

SILVA

スージー・カン

相馬裕子

タイナカサチ

DECAメロン

tohko

TUBE

西田彩栞

2010Happy Mail