このキーワード
友達に教える
URLをコピー

弘前ねぷたまつりとは?

(弘前ねぷたまつりから転送)
この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2017年9月)
弘前ねぷた
弘前ねぷたまつりの扇ねぷた(鏡絵)

【イベントの種類】
祭り
【開催時期】
8月1日 - 7日
【会場】
青森県弘前市
弘前ねぷたまつりの扇ねぷた(見送り絵)

弘前ねぷたまつり(ひろさきねぷたまつり)は、青森県弘前市で開催される弘前四大まつりのひとつである夏祭り。

大勢の市民が「ヤーヤドー」の掛け声とともに、武者絵が描かれた山車を引いて市内を練り歩く。弘前ねぷたには扇ねぷた(扇型)と組ねぷた(人形型)があり、総数約80台の県内最多のねぷたが運行される。

目次

  • 1 起源・歴史
  • 2 開催状況
  • 3 参加団体数と人出(まつり本部集計)
  • 4 運行コース
  • 5 ねぷたに使われる題材・構造
  • 6 弘前ねぷたの運行
  • 7 青森ねぶたとの違い
  • 8 弘前四大まつり
  • 9 参考文献
  • 10 関連項目
  • 11 脚注
  • 12 外部リンク

起源・歴史

ねぷたまつりの由来はさまざまある。

語源は、「眠り流し」→「ねむた流し」→「ねむた」→「ねぷた(ねぶた)」と転訛(表記は佞武多、禰ふたと様々ある)。「眠り流し」は日本各地で行われている。農作業の激しい夏期に襲ってくる睡魔を追い払い、厄災・邪悪を水に流して村の外に送り出す行事のひとつ。

明治から昭和初期にかけて、主に当時の弘前市内に複数あった、町道場に通う士族や平民の子弟らを中心とした若者達が作り練り歩いたねぷたでは、他の道場または町会のねぷたと出くわすと、相手のねぷたに石を投げつけたり、竹槍や木刀等(時には日本刀)で乱闘し、しばしば死傷者を出したため、何度も「ねぷた禁止令」 が出されたことがある。これを「けんかねぷた」という。(その名残が「石打無用」という言葉になってねぷたの肩部分などに記されているものもある)

日中戦争が始まった翌年の昭和13年(1938年)から中断していたが、昭和22年(1947年)に復活した。

昭和46年(1971年)には、陸奥新報社の創立25周年記念で、棟方志功がネプタ絵を描いた。昭和55年(1980年)に「弘前のねぷた」が国の重要無形民俗文化財に指定された。

昭和58年(1983年)には初めて日本国外(アメリカ・シアトル市)で運行され、平成8年(1996年)には弘前ねぷた囃子が「日本の音風景100選」に認定された。

平成23年(2011年)は東日本大震災犠牲者への鎮魂や弘前城築城400年祭記念などをテーマに、7月31日に特別運行・8月7日になぬか日スペシャルが行われた。

開催状況

参加団体数と人出(まつり本部集計)

【開催年】
【参加団体数】
人出
昭和40年(1965年) | 87団体 | 
昭和50年(1975年) | 51団体 | 
昭和60年(1985年) | 64団体 | 
平成2年(1990年) | 
平成7年(1995年) | 65団体 | 
平成12年(2000年) | 66団体 | 
平成13年(2001年) | 68団体(大型扇:52団体、大型組:6団体、小型扇:9団体、担ぎ:1団体) | 136万人
平成14年(2002年) | 68団体(大型扇:50団体、大型組:7団体、小型扇:9団体、担ぎ:2団体) | 148万人
平成15年(2003年) | 69団体(大型扇:51団体、大型組:7団体、小型扇:10団体、担ぎ:1団体) | 173万人
平成16年(2004年) | 75団体(大型扇:51団体、大型組:7団体、小型扇:15団体、担ぎ:2団体) | 161万人
平成17年(2005年) | 74団体(大型扇:53団体、大型組:7団体、小型扇:13団体、担ぎ:1団体) | 144万人
平成18年(2006年) | 75団体(大型扇:56団体、大型組:6団体、小型扇:12団体、担ぎ:1団体) | 166万人
平成19年(2007年) | 78団体(大型扇:58団体、大型組:7団体、小型扇:12団体、担ぎ:1団体) | 168万人
平成20年(2008年) | 81団体(大型扇:59団体、大型組:6団体、小型扇:15団体、担ぎ:1団体) | 169万人
平成21年(2009年) | 82団体(大型扇:59団体、大型組:7団体、小型扇:15団体、担ぎ:1団体) | 158万人
平成22年(2010年) | 84団体(大型扇:63団体、大型組:6団体、小型扇:15団体、担ぎ:1団体) | 163万人
平成23年(2011年) | 82団体(大型扇:60団体、大型組:6団体、小型扇:15団体、担ぎ:1団体) | 161万人
平成24年(2012年) | 83団体(大型扇:62団体、大型組:5団体、小型扇:15団体、担ぎ:1団体) | 162万人
平成25年(2013年) | 80団体(大型扇:59団体、大型組:5団体、小型扇:15団体、担ぎ:1団体) | 163万人
平成26年(2014年) | 82団体(大型扇:63団体、大型組:4団体、小型扇:14団体、担ぎ:1団体) | 130万人
平成27年(2015年) | 80団体(大型扇:61団体、大型組:4団体、小型扇:14団体、担ぎ:1団体) | 164万人
平成28年(2016年) | 81団体(大型扇:59団体、大型組:4団体、小型扇:15団体、担ぎ:3団体) | 168万人
平成29年(2017年) | 80団体(大型扇:60団体、大型組:4団体、小型扇:14団体、担ぎ:2団体) | 163万人
平成30年(2018年) | 77団体(大型扇:55団体、大型組:4団体、小型扇:15団体、担ぎ:3団体) | 160万人

※昭和50年(1975年)以降では平成22年(2010年)の84団体が最多の参加団体数

運行コース

弘前ねぷたまつり主催者が指定する合同運行日とコースは以下のとおりである。

※1 8月1日・2日は参加団体を両日に分けて審査が行われる。

※2 運行開始時刻は団体数の多い日によっては早められる場合がある。

※3 合同運行の他に審査日の前日を前夜祭と称し、地元地域を独自に練り歩く団体が多数存在する。また、なぬか日は日中に実施されることから人員が集まらず、合同運行に参加せず前述の独自運行をする団体もある。

ねぷたに使われる題材・構造

表面
表面の鏡絵人形の部分では、中国物として三国志水滸伝漢楚軍談軍談等、また和物としては源平盛衰記津軽為信などがあるが、時に世相を風刺したものも登場する。
裏面
裏面中央の見送り絵には唐美人や西王母、楽女のような女性、左右には袖絵が描かれる。表面と裏面の絵をつなぐ真横の部分はと呼ばれ、町内会・団体名などが書かれる。
開き
鏡絵や人形の下にある三角形(台形)の開きと呼ばれる部分はねぷたを支える受け皿の役割をしており、弘前藩家紋である牡丹の花が描かれる。開きの下にある(四角形)のの正面には天の川を意味する「雲漢」と書かれる。
左面・右面・後面
左面・右面・後面には武将の絵が描かれ、左・右面の絵の武将の眼は進行方向を向いている。使用される紙は『ねぷた和紙』等の専用紙の他、「ロンテックス」に代表される業務用障子紙等の、長尺のロール状紙が用いられる。

弘前ねぷたの運行

1団体につき、先頭に町内会名や団体名を記した前灯籠・町印、その次に大型ねぷたの前座である前ねぷた(角灯籠や小型ねぷた)、ねぷた本体につないだ綱を引く曳き手、そして大型ねぷた(扇や組)、太鼓・笛などの囃子方という順番で運行されるのが一般的である。ねぷた囃子は、進行・休止・戻りの3種類がある。掛け声は、進行がヤーヤドー、戻りがねーぷたーのもんどりこ、ヤーレヤレヤーレヤー

また、3代藩主信義(のぶよし)が、お国自慢で作らせたという伝説に基づいて1970年に津軽情っ張り大太鼓保存後援会により制作された、津軽情っ張り大太鼓(つがるじょっぱりおおだいこ)とよばれる直径3.3mの大太鼓が合同運行の先陣を切り、その他にも直径4mの津軽剛情張大太鼓(つがるごうじょっぱりおおだいこ)、直径3.5mの弘前度天太鼓(ひろさきどってんたいこ)が運行している。

弘前ねぷたと同様のまつりで比較的大きなものとしては黒石ねぷた7月30日平川ねぷた8月2日から行われている。

弘前高校のように文化祭(弘高祭)時に各ホームルーム単位で弘前市内を運行する弘高ねぷたや保育園・幼稚園、小・中学校の行事で園内・校内を運行するなど学校単位で運行する場合もある。

現在では会員の高齢化や後継者不足、財政難、少子化による参加者不足等の理由であまり見られなくなったが、集落内で組織をつくりその集落を運行するねぷた(「村ねぷた」と呼ばれる)などもある。現在もごく僅かではあるが、合同運行には参加せず近隣集落や町内を回る「村ねぷた」は存在し、20年以上続いている団体もある。

友好都市との交流で運行していたものが、地域の祭りとして変化したものもあり、太田市尾島地区(旧・尾島町)では、尾島ねぷたとして当地で運行されており、毎年8月14日・15日に開催され、弘前市も参加している。また、北海道斜里町では、しれとこ斜里ねぷたとして毎年7月21・22日に開催され、大小約15台の扇ねぷたが町内約2.5kmを運行している。

青森ねぶたとの違い

弘前四大まつり

参考文献

関連項目

脚注

  1. ^ 津軽遍覧日記、弘前藩庁日記、「奥民図彙」新編弘前市史、「本藩明実録」、「封内事実苑」、「鶴の巻」、 「津軽風俗画巻」、「青森市沿革史」、「青森県警察史」など
  2. ^ 「文化庁データベース」。 これを保護する目的で「弘前ねぷた保存会」が設立され、平成20年(2008年)には 「弘前ねぷた保存基準」 が制定された。
  3. ^ 弘前ねぷたまつり中止に 参加者死亡事故で 朝日新聞 2014年8月6日
  4. ^ ABAニュース 県内夏祭りの人出は減少(Wayback Machine)
  5. ^ 迫力に感動!「ふらいんぐうぃっち」篠田みなみ&三上枝織から、ねぷたまつり参加コメントが到着 - ニュースウォーカー2016年8月3日18時配信

外部リンク

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/09/19 05:02

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「弘前ねぷたまつり」の意味を投稿しよう
「弘前ねぷたまつり」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

弘前ねぷたまつりスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「弘前ねぷたまつり」のスレッドを作成する
弘前ねぷたまつりの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail