このキーワード
友達に教える
URLをコピー

彌彦神社とは?

【彌彦神社】


拝殿
【所在地】
新潟県西蒲原郡弥彦村弥彦2898
【位置】
北緯37度42分24.1秒
東経138度49分33.6秒
座標: 北緯37度42分24.1秒 東経138度49分33.6秒
【主祭神】
天香山命
神体
弥彦山(神体山)
社格式内社(名神大)
越後国一宮
国幣中社
別表神社
【創建】
不詳
本殿の様式 三間社流造
【例祭】
2月2日
【地図】
彌彦神社

神体とする弥彦山
ただし中央は多宝山で、左後方が弥彦山。
一の鳥居と社号標

彌彦神社(いやひこじんじゃ、常用漢字体:弥彦神社)は、新潟県西蒲原郡弥彦村弥彦にある神社式内社(名神大社)、越後国一宮旧社格国幣中社で、現在は神社本庁別表神社

正式には「いやひこ」だが、神体山とする弥彦山など関連する地名が全て「やひこ」と読む関係で、一般には「やひこ」とも呼ばれる。

目次

  • 1 概要
  • 2 祭神
  • 3 歴史
    • 3.1 概史
    • 3.2 神階
  • 4 境内
    • 4.1 本社(山麓)
    • 4.2 弥彦山頂
    • 4.3 その他
  • 5 摂末社
    • 5.1 摂社・神廟
    • 5.2 末社
  • 6 祭事・行事
    • 6.1 祭事
    • 6.2 行事
  • 7 文化財
    • 7.1 重要文化財(国指定)
    • 7.2 重要無形民俗文化財(国指定)
    • 7.3 国の登録有形文化財
    • 7.4 新潟県指定文化財
  • 8 現地情報
  • 9 脚注
  • 10 参考文献
  • 11 関連項目
  • 12 外部リンク

概要

越後平野西部の弥彦山(標高634m)山麓に鎮座し、弥彦山を神体山として祀る神社である。

万葉集』にも歌われる古社であり、祭神天香山命越後国開拓の祖神として信仰されたほか、神武東征にも功績のあった神として武人からも崇敬された。宝物館には日本有数の大太刀(長大な日本刀)である「志田大太刀(しだのおおたち、重要文化財)」や、源義家源義経上杉謙信(輝虎)などに所縁と伝えられる武具などが社宝として展示されている。

宮中同様に鎮魂祭を行うとして、石上神宮物部神社と共に有名である。なお、当社の鎮魂祭は宮中で行われる11月22日でなく、4月1日11月1日の年2回行われる。二年参りや初詣、秋の菊まつりは特に賑わう。

分社が北海道から山陰地方まで少なくとも47ヵ所に点在する。越後発祥の武士・山内氏が所領の会津地方(現・福島県西部)に勧請したり、移住者や新潟県で産する石油関連企業が県外で創建したりして広がった。

祭神

なお祭神に関しては、大屋彦命大彦命とする説もある。

歴史

概史

創建年代は不詳。祭神の天香山命は、『古事記』に「高倉下」として登場する(ただし古事記において天香山命と高倉下が同一とする記述はない)。社伝によれば、命は越後国開拓の詔により越後国の野積の浜(現・長岡市)に上陸し、地元民に漁撈製塩稲作養蚕などの産業を教えたとされる。このため、越後国を造った神として弥彦山に祀られ「伊夜比古神」として崇敬された。このほか、彌彦の大神は、神武天皇即位の大典の際に自ら神歌楽(かがらく)を奉奏したとされる。ただし、尾張国造家の祖神である天香山命が越後に祀られるのは不自然なため、本来の祭神は北陸国造高橋氏祖神の大彦命ではないかとする説もある。

江戸時代には、高田藩藩主松平忠輝が、500石の社領寄進し、朱印地となった。朝廷からも篤く崇敬されたという。社家明治時代まで高橋氏が世襲した。

この頃神主であった高橋左近光頼により、神道家・橘三喜の教えの影響下で、神社の神宮寺を廃して仏像を取り払い神葬祭を行うなど、神仏分離が行われた。しかし元禄4年(1691年)に光頼は神宮寺の僧に訴えられて敗訴している。

国学者の平田篤胤は、彌彦神社に聖徳太子が記した神代文字が存在すると主張したが、該当の文書は火事で焼失したと伝わる。

明治4年(1871年)、近代社格制度において国幣中社に列した。

神階

境内

本社(山麓)

社殿は明治45年(1912年)に焼失し、大正5年(1916年)に現在地に移って再建された。拝殿の背後に弥彦山を仰ぐ。

弥彦山頂

御神廟(奥の宮)

その他

摂末社

摂社・神廟

末社

境内社

境外社

祭事・行事

祭事

年間祭事一覧

重要な祭事では、特殊神饌の大御膳が供えられる。

行事

文化財

重要文化財(国指定)

重要無形民俗文化財(国指定)

国の登録有形文化財

いずれも大正5年建造で、平成10年に登録。

  • 本殿
  • 幣殿
  • 拝殿
  • 石廊下
  • 瑞垣・裏門
  • 神饌所
  • 伺候所
  • 祝詞舎
  • 一之鳥居
  • 制札台
  • 石橋
  • 絵馬殿
  • 手水舎
  • 神符授与所
  • 二之鳥居
  • 神木石柵
  • 鼓楼
  • 舞殿
  • 楽舎
  • 参集殿(旧拝観所)
  • 斎館(旧勅使館)
  • 狛犬
  • 摂社乙子神社
  • 摂社今山神社
  • 摂社草薙神社

新潟県指定文化財

現地情報

所在地

交通アクセス

周辺

脚注

  1. ^ 山崎幸和「弥彦神社、分社の歴史◇全国47社の背景探る 石油産業との意外なつながりも◇」日本経済新聞』朝刊2019年6月5日(文化面)2019年6月11日閲覧。
  2. ^ 境内地図は弥彦神社地図(弥彦観光協会(外部リンク))参照。
  3. ^ 2012年現在の日本一は、和歌山県田辺市の大斎原(熊野本宮大社旧社地)のもので、高さ33.9m。

参考文献

関連項目

外部リンク

神道
ポータル神道 - ウィキプロジェクト神道
基礎 | 
 | 
資料 | 
  • 古事記
  • 日本書紀
  • 風土記
  • 古語拾遺

  • 神社 | 
  • 神社
  • 神社一覧
  • 式内社
  • 一宮
  • 近代社格制度
  • 別表神社
  • 神社本庁

  • 祭祀と祭礼 | 
  • 祭祀
  • 神楽
  • 祝詞
  • 大祓詞

  • 関連用語 | 
  • 神道用語一覧
  • 神仏習合
  • 山岳信仰
  • 民俗学
  • 国学
  • 国家神道
  • 教派神道
  • 神職

  • カテゴリ
  • コモンズ


  • 【典拠管理】

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    出典:wikipedia
    2019/11/30 08:25

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「彌彦神社」の意味を投稿しよう
    「彌彦神社」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    彌彦神社スレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「彌彦神社」のスレッドを作成する
    彌彦神社の」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail