このキーワード
友達に教える
URLをコピー

後三条天皇とは?

第71代天皇

在位期間
1068年5月22日 - 1073年1月18日
治暦4年4月19日 - 延久4年12月8日

即位礼
1068年8月21日(治暦4年7月21日)
大嘗祭
1068年12月19日(治暦4年11月22日)
【元号】
治暦
延久
【時代】
平安時代
【先代】
後冷泉天皇
【次代】
白河天皇
【】

【誕生】
1034年9月3日(長元7年7月18日)
【崩御】
1073年6月15日(延久5年5月7日)
大炊御門殿
【陵所】
圓宗寺陵
【追号】
後三条院
(後三条天皇)
【諱】
尊仁
【別称】
金剛行(法名)
延久帝
【元服】
1047年1月17日(永承元年12月19日)
【父親】
後朱雀天皇
【母親】
禎子内親王
【中宮】
馨子内親王
【女御】
源基子
藤原昭子
【夫人】
藤原茂子
【子女】
聡子内親王
白河天皇
俊子内親王
佳子内親王
篤子内親王
実仁親王
輔仁親王
大炊御門万里小路殿址、源高房、後三条天皇はこの地で崩御京都府京都市中京区富小路通夷川上る西側

後三条天皇(ごさんじょうてんのう、1034年9月3日長元7年7月18日〉- 1073年6月15日延久5年5月7日〉)は、日本の第71代天皇(在位:1068年5月22日治暦4年4月19日〉- 1073年1月18日〈延久4年12月8日〉)。尊仁(たかひと)。

後朱雀天皇の第二皇子。母は三条天皇第三皇女・皇后禎子内親王(陽明門院)。後冷泉天皇の異母弟。宇多天皇以来170年ぶりの藤原氏を外戚としない天皇である(ただし、生母の禎子内親王は藤原道長外孫である)。

目次

  • 1 生涯
    • 1.1 幼少時
    • 1.2 東宮時代
    • 1.3 即位後
    • 1.4 延久の善政
  • 2 系譜
    • 2.1 系図
  • 3 后妃・皇子女
  • 4 在位中の元号
  • 5 陵・霊廟

生涯

幼少時

後一条天皇皇太弟・敦良親王(のちの後朱雀天皇)の第2王子として生まれる。父の即位に伴い、長元9年12月に親王宣下を受ける。異母兄・後冷泉天皇の即位にあたり、寛徳2年(1045年)1月16日、12歳で皇太弟となる。

東宮時代

生母が藤原氏の出でない(道長の外孫ではあるが、関係は悪化していた)ため、関白藤原頼通教通兄弟に疎んじられたが、彼らの異母弟・能信の支援を受けたと言われている。『今鏡』によると、後朱雀天皇が尊仁親王を兄・親仁親王(後冷泉天皇)の皇太弟にと考えていたのを、頼通が抑えていたのに対し、能信が強く薦めて、その遺詔により皇太弟となる事が出来たとある。しかし、頼通や教通は、後冷泉天皇の後宮に娘を入内させて外祖父として権力を握るために、尊仁親王に対して陽に陰に圧迫を加えていた。その一例として、歴代の東宮が伝領する「壺切御剣」を頼通が「藤原氏(特に摂関家)腹の東宮の宝物」との理由で、23年もの間、親王が即位するまで献上しなかった事が、大江匡房の談話集『江談抄』に記されている(ただし、誤伝説もある)。

ただし、尊仁親王の祖母はともに藤原氏の摂関家出身であり、親王が即位しても摂関家以外に外戚の要件を満たす家は存在しないこと、頼通が尊仁親王の妃として後一条天皇の皇女である馨子内親王を入内させていること(馨子に皇子が誕生して皇位を継承しても、頼通と皇子の血縁関係は大伯父と姪孫の関係しか構築できないのは尊仁親王と全く同じである。ただし、実際には皇子は生まれなかった)など、尊仁親王(後三条天皇)と藤原氏(摂関家)の血縁関係を「疎遠」の一言では片付けられない側面も有している。このため、頼通らは後朱雀天皇の嫡男である後冷泉天皇の系統に皇位を一本化する意図であったとする考えもある。

しかし、後冷泉天皇は、正式な后妃との間には、ついに成長した皇子に恵まれることのないまま崩御し、尊仁親王は即位した。

即位後

頼通が失意のあまり引退した後、上東門院彰子の推挙で弟の教通を関白にしたが、反摂関家の急先鋒で東宮時代の天皇を庇護していた故能信の養子の藤原能長や、村上源氏源師房源経長等を登用して摂関家の政権独占打破を図り、大江匡房藤原実政等の中級貴族などを登用し、積極的に親政を行った。また、源隆国のように、東宮時代の天皇を頼通に気兼ねして蔑ろにしていた者に対しても、隆国の子息の俊明を登用する等、決して報復的態度を取らないように公正な態度を示した。

延久の善政

後三条天皇は桓武天皇を意識し、大内裏の再建と征夷の完遂を打ち出した。さらに大江匡房らを重用して一連の改革に乗り出す。1069年には画期的な延久の荘園整理令を発布して記録荘園券契所を設置し、1070年には絹布の制、1072年には延久宣旨枡估価法の制定等、律令制度の形骸化により弱体化した皇室の経済基盤の強化を図った。特に延久の荘園整理令は、今までの整理令に見られなかった緻密さと公正さが見られ、そのために基準外の摂関家領が没収される等(『後二条師通記』に記載有り)、摂関家の経済基盤に大打撃を与えた。この事が官や荘園領主、農民に安定をもたらし、『古事談』はこれを延久の善政と称えている。一方、摂関家側は頼通・教通兄弟が対立関係にあり、外戚関係もなかったために天皇への積極的な対抗策を打ち出すことが出来なかった。

また、同時代に起きた延久蝦夷合戦にて、津軽半島下北半島までの本州全土が朝廷の支配下に入る等、地方にも着実に影響を及ぼすようになる。

1072年、即位後4年にて第一皇子・貞仁親王に譲位して太上天皇となり、院政を開こうと図ったが、翌年には病に倒れ、40歳で崩御した。尚、近年の研究では、天皇の退位は院政の実施を図ったものではなく、病によるものとする説が有力である。後三条天皇の治世は摂関政治から院政へ移行する過渡期としての役割となった。

系譜

後三条天皇の系譜
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 


 | 16. 第62代 村上天皇(=24)

 | 
 | 
 | 
 | 


 | 8. 第64代 円融天皇 | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 


 | 17. 藤原安子(=25)

 | 
 | 
 | 
 | 


 | 4. 第66代 一条天皇 | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 


 | 18. 藤原兼家(=20,26,28)

 | 
 | 
 | 
 | 


 | 9. 藤原詮子 | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 


 | 19. 藤原時姫(=21,27,29)

 | 
 | 
 | 
 | 


 | 2. 第69代 後朱雀天皇 | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 


 | 20. 藤原兼家(=18,26,28)

 | 
 | 
 | 
 | 


 | 10. 藤原道長(=14) | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 


 | 21. 藤原時姫(=19,27,29)

 | 
 | 
 | 
 | 


 | 5. 藤原彰子 | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 


 | 22. 源雅信(=30)

 | 
 | 
 | 
 | 


 | 11. 源倫子(=15) | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 


 | 23. 藤原穆子(=31)

 | 
 | 
 | 
 | 


 | 1. 第71代 後三条天皇 | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 


 | 24. 第62代 村上天皇(=16)

 | 
 | 
 | 
 | 


 | 12. 第63代 冷泉天皇 | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 


 | 25. 藤原安子(=17)

 | 
 | 
 | 
 | 


 | 6. 第67代 三条天皇 | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 


 | 26. 藤原兼家(=18,20,28)

 | 
 | 
 | 
 | 


 | 13. 藤原超子 | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 


 | 27. 藤原時姫(=19,21,29)

 | 
 | 
 | 
 | 


 | 3. 禎子内親王 | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 


 | 28. 藤原兼家(=18,20,26)

 | 
 | 
 | 
 | 


 | 14. 藤原道長(=10) | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 


 | 29. 藤原時姫(=19,21,27)

 | 
 | 
 | 
 | 


 | 7. 藤原妍子 | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 


 | 30. 源雅信(=22)

 | 
 | 
 | 
 | 


 | 15. 源倫子(=11) | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 


 | 31. 藤原穆子(=23)

 | 
 | 
 | 
 | 



系図

 | (60)醍醐天皇 | 
 | (61)朱雀天皇 | 
 | 
 | 広平親王
 | 
 | 
 | 
 | 

 |  |  |  | 
 | 
 | (62)村上天皇 | 
 | 
 | (63)冷泉天皇 | 
 | (65)花山天皇
 | 
 | 
 | 
 | 

 |  |  |  | 
 | 
 | 兼明親王 | 
 | 
 | 致平親王 | 
 | 
 | (67)三条天皇 | 
 | 敦明親王(小一条院)
 | 
 | 
 | 
 | 

 |  |  |  | 
 | 
 | (源)高明 | 
 | 
 | 為平親王 |  |  |  |  | 
 | 
 | 禎子内親王
(後三条母、陽明門院)
 | 
 | 

 |  |  |  |  |  |  |  | 
 | 
 | (64)円融天皇 | 
 | (66)一条天皇 | 
 | (68)後一条天皇
 | 
 | 
 | 

 |  |  |  |  |  |  |  | 
 | 
 | 昭平親王 |  |  |  |  | 
 | 
 | (69)後朱雀天皇 | 
 | (70)後冷泉天皇
 | 
 | 
 | 

 |  |  |  |  |  |  |  | 
 | 
 | 具平親王 | 
 | (源)師房
村上源氏へ〕 |  |  |  |  | 
 | 
 | (71)後三条天皇 | 

 | 
 | 
 | 


 | (71)後三条天皇 | 
 | (72)白河天皇 | 
 | (73)堀河天皇 | 
 | (74)鳥羽天皇 | 
 | (75)崇徳天皇 | 
 | 重仁親王
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

 |  |  |  | 
 | 
 |  |  |  | 
 | 
 | 覚行法親王 | 
 | 
 | 最雲法親王 | 
 | 
 | (77)後白河天皇 | 
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

 |  |  |  | 
 | 
 | 実仁親王 | 
 | 
 | 覚法法親王 |  |  |  |  | 
 | 
 | (76)近衛天皇
 | 
 | 

 |  |  |  | 
 | 
 |  |  |  | 
 | 
 | 媞子内親王
(郁芳門院)

 |  |  |  | 
 | 
 | 輔仁親王 | 
 | (源)有仁
 | 

 |  |  |  | 
 | 
 | 篤子内親王


后妃・皇子女

在位中の元号

陵・霊廟

(みささぎ)は、宮内庁により京都府京都市右京区竜安寺朱山の龍安寺内にある圓宗寺陵(円宗寺陵:えんそうじのみささぎ)に治定されている。宮内庁上の形式は円丘。

また皇居では、皇霊殿(宮中三殿の1つ)において他の歴代天皇皇族とともに天皇の霊が祀られている。

天皇一覧
伝承の時代

古墳時代

飛鳥時代 | 
 | 
奈良時代 | 
  • 第43代 元明天皇(707 - 715△)
  • 第44代 元正天皇(715 - 724△)
  • 第45代 聖武天皇(724 - 749△)
  • 第46代 孝謙天皇(749 - 758△)
  • 第47代 淳仁天皇(758 - 764▼)
  • 第48代 称徳天皇(764 - 770)
  • 第49代 光仁天皇(770 - 781△)

  • 平安時代 | 
  • 第50代 桓武天皇(781 - 806)
  • 第51代 平城天皇(806 - 809△)
  • 第52代 嵯峨天皇(809 - 823△)
  • 第53代 淳和天皇(823 - 833△)
  • 第54代 仁明天皇(833 - 850△)
  • 第55代 文徳天皇(850 - 858)
  • 第56代 清和天皇(858 - 876△)
  • 第57代 陽成天皇(876 - 884△)
  • 第58代 光孝天皇(884 - 887)
  • 第59代 宇多天皇(887 - 897△)
  • 第60代 醍醐天皇(897 - 930△)
  • 第61代 朱雀天皇(930 - 946△)
  • 第62代 村上天皇(946 - 967)
  • 第63代 冷泉天皇(967 - 969△)
  • 第64代 円融天皇(969 - 984△)
  • 第65代 花山天皇(984 - 986△)
  • 第66代 一条天皇(986 - 1011△)
  • 第67代 三条天皇(1011 - 1016△)
  • 第68代 後一条天皇(1016 - 1036)
  • 第69代 後朱雀天皇(1036 - 1045△)
  • 第70代 後冷泉天皇(1045 - 1068)
  • 第71代 後三条天皇(1068 - 1072△)
  • 第72代 白河天皇(1072 - 1086△)
  • 第73代 堀河天皇(1086 - 1107)
  • 第74代 鳥羽天皇(1107 - 1123△)
  • 第75代 崇徳天皇(1123 - 1141△)
  • 第76代 近衛天皇(1141 - 1155△)
  • 第77代 後白河天皇(1155 - 1158△)
  • 第78代 二条天皇(1158 - 1165△)
  • 第79代 六条天皇(1165 - 1168△)
  • 第80代 高倉天皇(1168 - 1180△)
  • 第81代 安徳天皇(1180 - 1185)

  • 鎌倉時代 | 
  • 第82代 後鳥羽天皇(1183 - 1198△)
  • 第83代 土御門天皇(1198 - 1210△)
  • 第84代 順徳天皇(1210 - 1221△)
  • 第85代 仲恭天皇(1221▼)
  • 第86代 後堀河天皇(1221 - 1232△)
  • 第87代 四条天皇(1232 - 1242)
  • 第88代 後嵯峨天皇(1242 - 1246△)
  • 第89代 後深草天皇(1246 - 1259△)
  • 第90代 亀山天皇(1259 - 1274△)
  • 第91代 後宇多天皇(1274 - 1287△)
  • 第92代 伏見天皇(1287 - 1298△)
  • 第93代 後伏見天皇(1298 - 1301△)
  • 第94代 後二条天皇(1301 - 1308)
  • 第95代 花園天皇(1308 - 1318△)

  • 南北朝時代 | 
    南朝 | 
    出典:wikipedia
    2019/10/19 08:28

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「後三条天皇」の意味を投稿しよう
    「後三条天皇」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    後三条天皇スレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「後三条天皇」のスレッドを作成する
    後三条天皇の」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail