このキーワード
友達に教える
URLをコピー

後光明天皇とは?

第110代天皇

在位期間
1643年11月14日-1654年10月30日
寛永20年10月3日 - 承応3年9月20日

即位礼
1643年12月2日(寛永20年10月21日)
【元号】
寛永
正保
慶安
承応
征夷大将軍
徳川家光
徳川家綱
摂政
二条康道九条道房一条昭良
関白
一条昭良→近衛尚嗣二条光平
【先代】
明正天皇
【次代】
後西天皇
【】

【誕生】
1633年4月20日(寛永10年3月12日)
【崩御】
1654年10月30日(承応3年9月20日)寅刻
下御所(仮皇居)
大喪儀
1654年11月23日(承応3年10月15日)
【陵所】
月輪陵
【追号】
後光明院
(後光明天皇)
1654年11月23日(承応3年10月15日)追号勅定
【諱】
紹仁
1643年2月3日(寛永19年12月15日)命名
称号
素鵞宮
【元服】
1643年11月8日(寛永20年9月27日)
【父親】
後水尾天皇
【母親】
園光子(壬生院)
【子女】
孝子内親王(礼成門院)
【皇居】
土御門東洞院殿
下御所(仮皇居)

後光明天皇(ごこうみょうてんのう、1633年4月20日寛永10年3月12日〉- 1654年10月30日承応3年9月20日〉)は、日本の第110代天皇(在位: 1643年11月14日寛永20年10月3日〉 - 1654年10月30日〈承応3年9月20日〉)。紹仁(つぐひと)。幼名は素鵞宮(すがのみや)。

儒学に傾倒して典礼を重んじ、朝儀再興を目指した。

系譜

後水尾天皇の第四皇子。母は贈左大臣園基任の娘光子(壬生院)。養母は父帝の中宮徳川和子(東福門院)。明正天皇は異母姉。

系図

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

後陽成天皇 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

後水尾天皇 | 
 | 近衛信尋 | 
 | 高松宮(有栖川宮)好仁親王 | 
 | 一条昭良 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

明正天皇 | 
 | 後光明天皇 | 
 | 後西天皇 | 
 | 霊元天皇 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 有栖川宮幸仁親王 | 
 | 東山天皇 | 
 | 職仁親王
有栖川宮家へ〕 | 
 | 吉子内親王

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 正仁親王 | 
 | 中御門天皇 | 
 | 閑院宮直仁親王 | 
 | 
 | 
 | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

経歴

寛永10年(1633年)3月12日に誕生。寛永19年(1642年)9月2日儲君となり、12月15日親王宣下。翌年(1643年)9月27日に11歳で元服10月3日明正天皇譲位を受けて践祚、同月21日に即位礼を挙行した。在位期間の12年は、将軍徳川家光から家綱の時代に相当している。東福門院(徳川和子)が養母とされたため、徳川氏は形式的ながら外戚の地位を保ち続けた。承応3年(1654年)9月20日、痘瘡により崩御宝算22。翌月15日に後光明院と追号された。

天皇は武芸を学ぶなど激烈で直情径行的な性格の持ち主であり、反幕府的な態度をとっていたともいわれるが、その反面で幼少から学問を好み、特に儒学漢学を尊重して、これを奨励した。初め明経家伏原賢忠から『周易』の伝授を受け、後に程朱学派に傾倒すると、二条康道の推薦で民間から朝山素心を招き入れて進講を受けている。慶安4年(1651年)9月には、儒者藤原惺窩の功績を称えてその文集に勅序を与えた。天皇が庶民の書に序文を賜うことは、これが最初という。また、漢詩文作を好み、御集に『鳳啼集』がある。このような経学への傾倒に対し、和歌や『伊勢物語』・『源氏物語』などの古典を柔弱として斥ける風もあったが、在位中は朝儀再興に心を砕いており、正保3年(1646年)に神宮例幣の儀を再興した。釈奠大学寮の復興、服制の改革をも意図していたというが、これらは崩御のために実現しなかった。

崩御前年から体調を崩し、末弟の高貴宮(後の霊元天皇)を猶子に迎えている。突然の崩御のため、後年には幕府による毒殺説も生じた。

逸話

在位中の元号

陵・霊廟

(みささぎ)は、宮内庁により京都府京都市東山区今熊野泉山町の泉涌寺内にある月輪陵(つきのわのみささぎ)に治定されている。宮内庁上の形式は石造九重塔。

承応3年(1654年)9月25日、入棺。翌月15日、泉涌寺にて奉葬された。陵は石造九重塔である。この大葬の時、禁中に出入していた魚屋奥八兵衛の進言によって、従来の火葬(荼毘)を改めて土葬の制を採用した。その後、昭和天皇に至るまで、歴代天皇は土葬された。

また皇居では、皇霊殿(宮中三殿の1つ)において他の歴代天皇・皇族とともに天皇のが祀られている。

出典

  1. ^ 三宅尚斎述・久米訂斎編 『尚斎先生雑談録』。
  2. ^ 『鳩巣小説』。
  3. ^ なお第一位は大正天皇の1367首で、第三の嵯峨天皇が97首の漢詩を遺した。石川忠久、『漢詩人 大正天皇 - その風雅の心』p.10
  4. ^ 近衛家熈述・山科道安編 『槐記享保17年8月9日。
  5. ^ 槐記享保17年9月12日。
  6. ^ 若槻幾斎 『承応遺事』他。
  7. ^ 『後光明天皇外記』
  8. ^ 歴代の天皇、3分の1は火葬 - MSN産経ニュース(2013年11月15日 13:35版)

注釈

  1. ^ 中御門宣順の『宣順公記』承応3年10月17日条によれば、後光明天皇は高貴宮誕生直後に勾当内侍を通じて幕府が派遣されていた禁裏附高木守久に相談したところ、高木は将軍(家綱)は「(天皇が)善処されるべき」とおっしゃるであろうから、幕府への勅使派遣は急ぐ必要はないのでは、と回答したという。
  2. ^ 室鳩巣の『鳩巣小説』によれば、天皇の病状悪化のため、関東から医師を参上させてを勧めたが、天皇は服用を拒んだ。しかし、京都所司代の土井大炊頭が強く勧めたので、やむなく服用したところ、容態が急変したという。文中に毒殺とは明記されないが、それを暗示するかのような表現である。しかし、この記事は正徳5年(1715年)5月6日付の鳩巣の手紙によるとあるから、崩御より60年ほど後のものである。しかも、崩御時の所司代は板倉重宗である。「土井大炊頭」で有名なのは秀忠家光の下で老中大老を務めた土井大炊頭利勝だが、利勝は後光明天皇即位の年に死去しており、跡を継いだ土井利隆は京都所司代にはなっていない。土井氏で京都所司代になったのは後光明天皇の時代より後の18世紀に所司代となった、土井利里のみである。幕府が天皇の病状悪化を知って医師武田道安を上洛させたことは事実であるが、天皇は道安出発の前日に崩御している。

参考文献

関連項目

天皇一覧
伝承の時代

古墳時代

飛鳥時代 | 
 | 
奈良時代 | 

平安時代 | 

鎌倉時代 | 

南北朝時代 | 
南朝 | 

北朝 | 


室町時代
戦国時代 | 

江戸時代 | 

明治以降 | 



【典拠管理】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/04/02 21:57

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「後光明天皇」の意味を投稿しよう
「後光明天皇」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

後光明天皇スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「後光明天皇」のスレッドを作成する
後光明天皇の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail