このキーワード
友達に教える
URLをコピー

徳大寺有恒とは?

この記事には独自研究が含まれているおそれがあります。問題箇所を検証し出典を追加して、記事の改善にご協力ください。議論はノートを参照してください。(2008年4月)
徳大寺 有恒

【生誕】
1939年(昭和14年)11月14日
日本東京府
【死没】
2014年(平成26年)11月7日(満74歳没)
日本東京都
【職業】
自動車評論家
【配偶者】
あり

徳大寺 有恒(とくだいじ ありつね、下はゆうこうとも読む)、1939年(昭和14年)11月14日 - 2014年(平成26年)11月7日)は、日本自動車評論家。元・レーシングドライバー。本名・旧ペンネーム:杉江 博愛(すぎえ ひろよし)。

目次

  • 1 人物
  • 2 来歴
    • 2.1 幼少時代~大学時代
    • 2.2 レーシングドライバー
    • 2.3 レーシングメイト
    • 2.4 自動車評論家・徳大寺有恒へ
    • 2.5 間違いだらけのクルマ選び
    • 2.6 幅広い活躍
    • 2.7 晩年
  • 3 私生活
  • 4 著書
    • 4.1 単著
    • 4.2 共著
  • 5 出典
  • 6 注釈
  • 7 関連項目

人物

名前は「できるだけ偉そうにしよう」と決定したペンネームであり、公家徳大寺家と姻戚関係はない。

「間違いだらけのクルマ選び」を出版する前は、本名・杉江 博愛(すぎえ ひろよし)として活動していた。なお、徳大寺がわせだ書房の編集者だった頃に名刺を渡した豊田有恒は「有恒という名前が記憶に残っていたため、ペンネームに採用したのかもしれない」と述べている。

日本を代表するクルマの第一人者的評論家として高い評価と知名度を得ていた。他の評論家と比べると、車の乗り方から、男の生き方、経済批評まで間口を広げているのも特徴であった。

NAVI」(二玄社)や「ベストカー」(三推社)、「ENGINE」(新潮社)などの自動車専門誌や「MEN'S EX」(世界文化社)などの男性ファッション誌、テレビ新聞、各種講演などを中心に幅広いジャンルで活躍していた。カーグラフィック(二玄社)創刊編集長の小林彰太郎や、岡崎宏司、27年間続いたTV番組新車情報の司会を務めた三本和彦などともに日本を代表する自動車評論家の一人であった。

かつては日本カー・オブ・ザ・イヤー(COTY)の選考委員を務めていたが、COTYの運営方針やメーカーの接待攻勢等に疑問を持つようになり、1990年代前半に退任した。

カーメーカー・ブランドなど外国語日本語表記について、原語に近い発音に拘ることで知られていた。

※表記の例

来歴

幼少時代~大学時代

杉江の父親は栃木県農家の出身で、足利市運輸業を営んでいた。後に東京に移り自動車販売やタクシー会社を経営していた頃の1939年(昭和14年)、杉江が誕生した。

その後も東京に住んでいたが、第二次世界大戦の戦況悪化に伴い一家は茨城県水戸市疎開し、タクシー会社の経営を続けそのまま定住する。杉江は茨城大学教育学部附属中学校水戸第一高等学校を経て成城大学経済学部に進学した。

レーシングドライバー

大学時代からその後レース仲間となる式場壮吉浮谷東次郎福澤幸雄生沢徹らとの親交を深めた。さらにホンダの創設者本田宗一郎の息子で、エンジンチューンやアフターマーケットパーツ製造販売で知られる「無限」(現M-TEC)の創設者である本田博俊とも親交が深く、たびたび本田宗一郎の愛車を借用してドライブに出かけている。

大学卒業後に式場からの推薦を受けて、1960年代初頭の日本モータースポーツの黎明期にトヨタ自動車ワークス・チームの専属レーシングドライバーとして契約し、第二回日本グランプリにトヨタのワークスドライバーとして参戦したほか、ラリーにも参戦している。しかしレーサー時代は長続きせず、トヨタチーム内のドライバー集約を受けて引退を余儀なくされてしまう。

レーシングメイト

レース界を引退後には、式場らとともに自動車用品会社「レーシングメイト」を東京都文京区に設立した。自家用車ブームに乗り一時は従業員40名を擁し、連夜銀座で豪遊できる繁盛ぶりだったという。しかしながら、取引先の不渡りなどを受けて1969年(昭和44年)に同社は倒産する。

自動車評論家・徳大寺有恒へ

その後は、タクシー運転手などで生計を立てた後、フリーランスとして文筆業を開始した。ファッション雑誌チェックメイト」(講談社)のライターを経て自動車評論家に転身、1976年(昭和51年)「徳大寺有恒」の筆名で自動車批評本『間違いだらけのクルマ選び - 良いクルマを買うための57章+全車種徹底批評』(草思社)を出版した。一冊目(1976年(昭和51年)版)には老舗誌「モーターマガジン」のテスターとして「杉江博愛」の名も登場。さりげなく同誌やテスター陣を褒めるかのような表現がなされている。

一方で、匿名を用いて本を出版したことに対し、当時の自動車業界からの反発は大きかった。「徳大寺有恒」という人物が誰なのかは当初秘密で、各方面でその正体が話題になっており、名前が似ていることから豊田有恒の変名と疑われたこともあったが、文体や諸事情から「杉江博愛だろう」と囁かれていた。そして、「この杉江をAJAJ(日本自動車ジャーナリスト協会)から追放しよう」という声があがった。杉江はAJAJを脱退。記者会見を開き、自身が「徳大寺有恒」であることを公にした。

間違いだらけのクルマ選び

急激なモータリゼーションを経て大型消費財へと変貌していた当時の自動車を批判的に評論した『間違いだらけのクルマ選び』は1976年(昭和51年)に77万部が販売され、「間違いだらけの○○」というフレーズは自動車の世界に留まらない流行語となった。その後も毎年版を重ね、毎年ベストセラーの上位にランクインした。

イラストは創刊から穂積和夫が担当。内容はユーザー側の視点で評論することを基本としていたが、日本の自動車メーカーに対してアドバイスするような内容が多くみられた。

車種別のタイトルは筆者ではなく編集部が付けたものである。そのため、ときとして筆者の本意とは違う印象を与えることがあった 。巻末にはジャンル別に採点表が掲載され、これは筆者の主観に基づいた内容であるとの断りを入れている。5点満点評価や0.5点刻みによる10点満点評価の時代もあった。

全メーカー全車種を掲載することを原則としていたが、運転席が最前部にある商用車ベースのワンボックスカーは、衝突安全をクリアすることが困難なため「危険な車種である」として1980年代後半以降は載せないようにしていた。また、商用車そのものを登場させることも皆無なため実際に売れていた軽ボンネットバンは出さずクオーレやセルボといった軽セダンを掲載させていたが、2012年版では特別にサンバーバンの説明が掲載された。

末期は年2回刊行となり、その多忙さゆえ、一部の車種しか載せないようになっていた。筆者の急病のため2005年(平成17年)版は休刊となり、2006年(平成18年)1月にそれまでの総集編である最終版を出版。30年間の歴史にピリオドを打つ。

幅広い活躍

1980年代から2000年代にかけては、『ベストカー』や『NAVI』などの人気自動車雑誌に連載を持つ傍ら、ファッション雑誌やライフスタイル誌にも連載を持ち、またテレビ番組にも度々登場するなど、「師匠」として親しく付き合った「カーグラフィック」誌の小林彰太郎とともに、日本を代表する自動車評論家として各方面で活躍した。

また『間違いだらけのクルマ選び』以外の単行本も頻繁に出版したほか、「ホンダ・NSX」や「トヨタ・セルシオ」、「フェラーリ・328」や「ジャガー・XJS」、「ベントレー・ミュルザンヌ」や「ダイムラー・ダブルシックス」などの新型車のみならず、「アストンマーティン・DB6」や「マセラティ・ミストラル」などのヴィンテージカーも愛用していた。

晩年

2000年代に重度の糖尿病に罹患した。これは著書などで自ら述べている。これ以降は活動のペースを抑えたものの、『ベストカー』や『NAVI』、『ENGINE』などに定期、もしくは不定期の連載を行う傍ら、年に数冊のペースで自動車批評本も発刊していた。一度は『間違いだらけのクルマ選び』の執筆を止めたものの、2011年(平成23年)に復刊を果たした。

2014年11月7日、急性硬膜下血腫のため死去。 74歳没。

私生活

自動車評論家という職業柄、膨大な台数の車を購入しては手放した。外国車を中心に常時5-6台を所有していた。小型スポーツ車から大型セダンまで旧い英国車が好みで、1990年代には旧車を中心に数台を所有した。

晩年にはロンドン郊外の旧車専門店の話や、1950年代のアルヴィスやMG、トライアンフなどに言及した。SUVではミドルサイズのダッジダコタを導入したり、またドイツ車はメルツェデスのSLなどを所有したりと嗜好の幅が広く、多くの読者を生んでいる。フランス車では特にシトロエンを好み、最近の愛車はシトロエン・DS3であった。かつて、夫人の足代わりに軽自動車(数台乗り継がれている)のスズキ・ワゴンRを購入した過去もあるが、最近はミニであった。

自動車以外の嗜好は喫煙で、特に葉巻を好み、酒好きでもある 。「助手席には女性以外は乗せない」ことを信条とし、ファッションなどでも英国風のダンディズムを標榜していた。

著書

単著

共著

出典

  1. ^ 自動車評論家 徳大寺有恒氏が死去 webCG 2014年11月8日閲覧
  2. ^ 「(現代の肖像) 徳大寺有恒」 『AERA』 1999年(平成11年)9月27日号 (朝日新聞社)
  3. ^ 豊田有恒『日本SFアニメ創世記 虫プロ、そしてTBS漫画ルーム』TBSブリタニカ、2000年(平成12年)、p.195。
  4. ^ 豊田有恒『日本SFアニメ創世記 虫プロ、そしてTBS漫画ルーム』TBSブリタニカ、2000年(平成12年)、p.194。
  5. ^ 徳大寺有恒氏が死去 「間違いだらけのクルマ選び」著者”. 日本経済新聞 (2014年11月8日). 2016年7月12日閲覧。

注釈

  1. ^ 「ベストカー」連載 「俺と疾れ!! '86」で読者からの指摘で釈明している。
  2. ^ 自著「ぶ男に生まれて」(飛鳥新社)などに詳しい。
  3. ^ この復刊以後のものは、モータージャーナリスト島下泰久との共著である。
  4. ^ なお、『間違いだらけのクルマ選び』シリーズについては、2015年12月10日に発売された2016年版より、島下の単独著書となった。

関連項目


【典拠管理】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/11/29 00:04

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「徳大寺有恒」の意味を投稿しよう
「徳大寺有恒」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

徳大寺有恒スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「徳大寺有恒」のスレッドを作成する
徳大寺有恒の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail