このキーワード
友達に教える
URLをコピー

徳島市とは?

 | 
徳島市旗 | 徳島市章

【国】
日本
【地方】
四国地方
中国・四国地方
【都道府県】
徳島県
団体コード
36201-8
法人番号
6000020362018
【面積】
191.39km

【総人口】
256,698[編集]
(推計人口、2018年10月1日)
人口密度
1,341人/km
【隣接自治体】
小松島市勝浦郡勝浦町
板野郡松茂町北島町藍住町
名西郡石井町神山町
名東郡佐那河内村
【市の木】
ホルトノキ
【市の花】
サクラ
徳島市役所

【市長】
遠藤彰良
【所在地】
770-8571
徳島県徳島市幸町二丁目5番地
北緯34度4分13秒東経134度33分17.8秒座標: 北緯34度4分13秒 東経134度33分17.8秒

【外部リンク】
徳島市

― 市 / ― 町・村



【特記事項】
市章は1909年(明治42年)10月9日制定
ウィキプロジェクト

徳島市(とくしまし)は、日本四国北東部に位置する都市で、徳島県県庁所在地である。

徳島市のブランドステートメントは、心おどる水都・とくしま

目次

  • 1 概要
  • 2 地理
    • 2.1 広袤(こうぼう)
    • 2.2 隣接している自治体
    • 2.3 主な山
    • 2.4 主な川
    • 2.5 その他
  • 3 気候
  • 4 人口
  • 5 歴史
    • 5.1 市域の変遷
    • 5.2 江戸時代まで
    • 5.3 明治維新から第二次世界大戦まで
    • 5.4 第二次世界大戦後(昭和後期)
    • 5.5 平成以後
  • 6 行政
    • 6.1 市長
  • 7 議会
    • 7.1 市議会
  • 8 行政組織
    • 8.1 徳島市
    • 8.2 徳島県
    • 8.3 国、関西広域連合
    • 8.4 警察・消防
      • 8.4.1 警察
      • 8.4.2 消防
  • 9 姉妹都市・提携都市
    • 9.1 日本国内
    • 9.2 国外
  • 10 市内に立地する国・広域連合の機関
  • 11 合併構想
  • 12 経済
    • 12.1 農林水産業
    • 12.2 製造業
    • 12.3 商業
      • 12.3.1 百貨店
      • 12.3.2 大型商業施設
      • 12.3.3 スーパーマーケット
      • 12.3.4 商店街
      • 12.3.5 映画館
      • 12.3.6 その他
    • 12.4 金融
      • 12.4.1 市内に本店を置く金融機関
      • 12.4.2 市内に支店を置く金融機関
    • 12.5 市内に本社を置く主要企業
    • 12.6 事業所等を置く主要企業
  • 13 医療・福祉
    • 13.1 主な医療機関
  • 14 教育
    • 14.1 大学・短期大学
    • 14.2 高等学校
    • 14.3 中学校
    • 14.4 小学校
    • 14.5 保育所(市立・認可)
    • 14.6 幼稚園
    • 14.7 専門学校
    • 14.8 特殊学校
    • 14.9 自動車教習所
    • 14.10 児童養護施設
    • 14.11 廃校
  • 15 交通
    • 15.1 鉄道
    • 15.2 バス
      • 15.2.1 路線バス
      • 15.2.2 高速バス
      • 15.2.3 高速バスストップ
    • 15.3 道路
      • 15.3.1 高速道路
      • 15.3.2 一般国道
      • 15.3.3 主要県道
      • 15.3.4 一般県道
    • 15.4 船舶
    • 15.5 航空
  • 16 メディア
    • 16.1 市内に所在
  • 17 文化・観光
    • 17.1 名所・旧跡
    • 17.2 公共施設
      • 17.2.1 図書館
      • 17.2.2 博物館、美術館、見学施設
      • 17.2.3 動物園、植物園、公園、緑地
      • 17.2.4 ホール・劇場
      • 17.2.5 スポーツ施設
      • 17.2.6 コミュニティセンター
    • 17.3 社寺
    • 17.4 祭事・イベント
    • 17.5 食文化
  • 18 スポーツチーム
  • 19 出身有名人
    • 19.1 徳島市名誉市民
    • 19.2 政治・経済
      • 19.2.1 政治
      • 19.2.2 経済
    • 19.3 学界
    • 19.4 芸術
      • 19.4.1 美術・工芸
      • 19.4.2 文学
      • 19.4.3 写真
      • 19.4.4 デザイナー
      • 19.4.5 漫画
    • 19.5 芸能・マスコミ
      • 19.5.1 音楽
      • 19.5.2 芸能
      • 19.5.3 放送・編集
    • 19.6 スポーツ
    • 19.7 徳島市にゆかりのある人
  • 20 徳島市を舞台とした作品
  • 21 脚注
    • 21.1 注釈
    • 21.2 出典
      • 21.2.1 広報資料・プレスリリースなど一次資料
      • 21.2.2 統計資料
  • 22 関連項目
  • 23 外部リンク

概要

徳島駅前

徳島市は江戸時代徳島藩城下町として栄え、幕末には産業の発展で国内で人口が上位10位に入る城下町となった。徳島県の政治・経済・文化の中心都市であり、古来より近畿地方との繋がりが深く現在でも神戸淡路鳴門自動車道関西地方テレビラジオを通じて人的・物的・経済的な交流が盛んである。地理的には「四国三郎」と呼ばれる吉野川河口に位置し、紀伊水道に面している。

毎年8月のお盆期間に開催される当市の阿波おどりは江戸開府より約400年の歴史がある日本の著名な伝統芸能のひとつであり、阿波踊り期間中の4日間に日本国内外から約130万人の観光客が訪れる。

地理

沿岸側から見た徳島市街

吉野川河口に位置し、その三角州上に発達した都市である。当市内には138の川が流れる。当市の大半は徳島平野に位置し平坦であるが、ほぼ中央には当市のシンボルである眉山がそびえ、風光明媚な景観を創り出している。南部は山林が広がる山間部となっている。

広袤(こうぼう)

国土地理院地理情報によると徳島市の東西南北それぞれの端は以下の位置で、東西の長さは19.33km、南北の長さは19.44kmである。

市内の各地区は、徳島城跡や徳島駅のあるひょうたん島(内町地区)を中心とすると、東西南北に次のように位置している。

また、内町地区より新町川を挟んで眉山寄りには新町地区があり、この2地区を合わせて中心市街地と定義されている。

さらに、各河川を超えると、次の地区がある。

そして、鮎喰川の中上流域に上八万ならびに入田地区が広がる。


 | 北端
北緯34度7分50秒 東経134度34分37秒 / 北緯34.13056度 東経134.57694度 / 34.13056; 134.57694 (徳島市最北端)
↑ | 
西端
北緯34度2分54秒 東経134度25分21秒 / 北緯34.04833度 東経134.42250度 / 34.04833; 134.42250 (徳島市最西端)← | 中心点
北緯34度2分34.5秒 東経134度31分38秒 / 北緯34.042917度 東経134.52722度 / 34.042917; 134.52722 (徳島市中心点) | 東端
北緯34度2分18秒 東経134度37分55秒 / 北緯34.03833度 東経134.63194度 / 34.03833; 134.63194 (徳島市最東端)
 | ↓
南端
北緯33度57分19秒 東経134度32分9秒 / 北緯33.95528度 東経134.53583度 / 33.95528; 134.53583 (徳島市最南端) | 

隣接している自治体

主な山

眉山ロープウェイから望む高層ビルが建ち並ぶ徳島市街地
新町川(手前)と助任川の合流点。写真中央の建物は徳島県庁舎
【山】
【標高】
備考
眉山 | 277m | 映画「眉山-びざん-」の舞台
城山 | 062m | 徳島城
中津峰山 | 773m | 当市内でもっとも高い
西竜王山 | 495m | 山内には徳島県立神山森林公園がある
東竜王山 | 408m | 西竜王山の東部に位置している
弁天山 | 6.1m | 自然の山としては日本一低い
平石山 | 648m | 当市と勝浦郡勝浦町の境界に位置する山
古田山 | 660m | 当市と名東郡佐那河内村の境界に位置する山
負出山 | 346m | 当市と名東郡佐那河内村の境界に位置する山
日峰山 | 191m | 当市と小松島市の境界に位置する山
津田山 | 077m | 阿波狸合戦ゆかりの地
気延山 | 212m | 源義経ゆかりの地
辰ヶ山 | 197m | 旧名東郡国府町名西郡入田村の境界に位置する山
向寺山 | 190m | 山内には徳島県文化の森総合公園がある

主な川

水系 本川 支流
吉野川 | 鮎喰川 | 飯尾川逆瀬川西大堀川東大堀川船戸谷川福正谷川金治谷川
新町川 | 助任川田宮川佐古川沖洲川大岡川興源寺川住吉島川
園瀬川 | 御座船入江川冷田川大松川新川多々羅川千切山川星河内谷川長谷川
今切川 | 榎瀬江湖川宮島江湖川
正法寺川 | -
勝浦川
日浦谷川 | -
八多川 | 夏焼谷川仕出川金谷川
打樋川 | -
廃河川 | 寺島川 | -

その他

気候

徳島市
雨温図(説明)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
39
10
3
 | 
53
11
3
 | 
95
14
6
 | 
108
19
11
 | 
148
24
15
 | 
191
27
20
 | 
149
30
24
 | 
173
32
25
 | 
210
28
21
 | 
146
23
15
 | 
97
18
10
 | 
45
13
5

気温(°C)
総降水量(mm)
出典:[

インペリアル換算
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
1.5
50
37
 | 
2.1
51
37
 | 
3.7
57
42
 | 
4.3
67
51
 | 
5.8
74
59
 | 
7.5
80
67
 | 
5.9
87
74
 | 
6.8
89
76
 | 
8.3
83
71
 | 
5.8
73
60
 | 
3.8
64
50
 | 
1.8
55
41

気温(°F)
総降水量(in)

市街地は瀬戸内海式気候と南海型太平洋側気候のちょうど境目に位置している。南海上の湿った気流による影響が大きい点から、南海型太平洋側気候に分類されることがある。ただ降水日数や年降水量から見ると、瀬戸内海式気候が明瞭である。西日本では珍しい梅雨よりも秋雨や台風での降水量が多い地域である。

空梅雨の年、台風襲来のない年は、瀬戸内側の他の地域と同様に降水量が少なくなる。しかし、夏から秋に特に台風で雨量が集中すると、南海型太平洋側気候の地域とほとんど変わらない降水量を記録する事も珍しくなく、年によって降水量が大きく異なる。

典型的な海洋性気候で年間を通じて温暖であり、降霜や冬日(日最低気温0℃未満の日)はごく稀であり、冬季の最低気温の平均は四国四県の県庁所在地中で一番高い。

また日照時間は全国的に見て長い方であり、県庁所在地47地点中で第6位である。

年平年値(1981年から2010年の平均値)は、気温:16.6℃、降水量:1,453.8mm(最多雨月9月:210.0mm、最少雨月1月:38.9mm)、日照時間:2,092.9時間、1mm以上の降水日数:97.5日/年である。

徳島市(1980年 - 2010年)の気候
【月】
【1月】
【2月】
【3月】
【4月】
【5月】
【6月】
【7月】
【8月】
【9月】
【10月】
【11月】
12月 年
最高気温記録 °C (°F) 22.5
(72.5) | 23.2
(73.8) | 26.4
(79.5) | 29.2
(84.6) | 32.9
(91.2) | 34.6
(94.3) | 38.4
(101.1) | 37.1
(98.8) | 35.7
(96.3) | 33.4
(92.1) | 27.1
(80.8) | 26.7
(80.1) | 38.4
(101.1)
平均最高気温 °C (°F) 9.8
(49.6) | 10.5
(50.9) | 13.8
(56.8) | 19.4
(66.9) | 23.6
(74.5) | 26.6
(79.9) | 30.3
(86.5) | 31.9
(89.4) | 28.3
(82.9) | 22.8
(73) | 17.5
(63.5) | 12.5
(54.5) | 20.6
(69.1)
平均最低気温 °C (°F) 2.7
(36.9) | 2.8
(37) | 5.6
(42.1) | 10.5
(50.9) | 15.2
(59.4) | 19.6
(67.3) | 23.6
(74.5) | 24.6
(76.3) | 21.4
(70.5) | 15.4
(59.7) | 9.8
(49.6) | 4.9
(40.8) | 13.0
(55.4)
最低気温記録 °C (°F) -5.4
(22.3) | -6.0
(21.2) | -3.6
(25.5) | -0.7
(30.7) | 4.6
(40.3) | 9.7
(49.5) | 15.3
(59.5) | 16.6
(61.9) | 11.9
(53.4) | 4.5
(40.1) | -1.3
(29.7) | -4.3
(24.3) | -6.0
(21.2)
降水量 mm (inch) 38.9
(1.531) | 52.8
(2.079) | 94.5
(3.72) | 108.2
(4.26) | 148.4
(5.843) | 190.8
(7.512) | 148.8
(5.858) | 172.9
(6.807) | 210.0
(8.268) | 146.2
(5.756) | 97.2
(3.827) | 45.2
(1.78) | 1,453.8
(57.236)
平均月間日照時間 157.5 | 150.2 | 171.2 | 192.9 | 196.8 | 157.9 | 195.2 | 230.4 | 159.9 | 166.7 | 150.8 | 163.3 | 2,092.9
出典 1: 気象庁
出典 2: 気象庁

人口


徳島市と全国の年齢別人口分布(2005年) | 徳島市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 徳島市
緑色 ― 日本全国
 | 
青色 ― 男性
赤色 ― 女性

徳島市(に相当する地域)の人口の推移

総務省統計局 国勢調査より

人口は約25万人と、四国の県庁所在地の中では最も少ないが、徳島都市圏の人口は68万人(四国第2位)となっており、松山都市圏とほぼ同規模である。

歴史

市域の変遷

江戸時代まで

明治維新から第二次世界大戦まで

徳島市章
1909年10月29日制定

第二次世界大戦後(昭和後期)

2010Happy Mail