このキーワード
友達に教える
URLをコピー

徳川家宣とは?

凡例
徳川家宣
徳川家宣像(徳川記念財団蔵)

【時代】
江戸時代前期 - 中期
【生誕】
寛文2年4月25日(1662年6月11日)
【死没】
正徳2年10月14日(1712年11月12日)
【改名】
新見左近、松平虎松(幼名)、徳川綱豊、家宣
【別名】
甲府宰相
【諡号】
文昭院
【戒名】
文昭院殿贈正一位大相国公
文昭院殿順蓮社清譽廓然大居士
【墓所】
東京都港区の三縁山広度院増上寺
【官位】
従三位左近衛権中将兼左近衛将監、参議正三位権中納言従二位権大納言正二位内大臣右近衛大将征夷大将軍、贈正一位太政大臣
【幕府】
江戸幕府 6代征夷大将軍(在任:1709年 - 1712年)
【藩】
甲斐甲府藩主(在任:延宝6年(1678年)- 宝永元年(1704年)
【氏族】
徳川氏(甲府徳川家徳川将軍家)
新見氏
【父母】
父:徳川綱重、母:長昌院(お保良)
養父:新見正信徳川綱吉
【兄弟】
家宣松平清武、牛丸?
【妻】
正室:近衛熙子
側室:お喜世の方お古牟の方お須免の方斎宮
【子】
豊姫夢月院家千代大五郎家継虎吉
養女:政姫(近衛家熙の娘)

徳川 家宣(とくがわ いえのぶ)は、江戸幕府第6代将軍(在職:1709年 - 1712年)である。

甲府藩主・徳川綱重(甲府宰相)の長男で、母はお保良の方(長昌院)。正室は近衛基熙の娘・熙子(天英院)。子に徳川家継ほか。第3代将軍・徳川家光の孫に当たる。同母弟に松平清武、その子で甥に松平清方がいる。幼名は虎松。初名は綱豊(つなとよ)。

目次

  • 1 生涯
  • 2 人物・逸話
  • 3 官歴
  • 4 系譜
  • 5 家宣の容姿
  • 6 偏諱を受けた人物
  • 7 徳川家宣が登場する作品
  • 8 脚注

生涯

寛文2年4月25日(1662年6月11日)、徳川綱重長男として、江戸根津邸にて生まれる。父が正室を娶る直前の19歳の時に、身分の低い26歳の女中・お保良(長昌院)に生ませた子であったため、世間を憚って家臣の新見正信に預けられ、養子として新見左近を名乗った。生母は寛文4年(1664年)に死去している。

9歳のとき、他の男子に恵まれなかった綱重の世嗣として呼び戻され、元服して伯父である4代将軍・徳川家綱偏諱を受けて綱豊と名乗った。延宝6年(1678年)10月25日に父・綱重が死去し、17歳で家督を継承し、祖母・順性院に育てられた。

延宝8年(1680年)、家綱が重態となった際には、家綱に男子がなかったことから綱重の弟である上野館林藩主・徳川綱吉とともに第5代将軍の有力候補であったが、堀田正俊が家光に血が近い綱吉を強力に推したため、綱豊の将軍就任はならなかった。

綱吉にも男子がおらず、綱吉の娘婿の紀州藩徳川綱教という後継候補も存在したが、3代将軍徳川家光の孫であることもあって将軍世嗣に正式に定まり、「家宣」と改名して綱吉の養子となり江戸城西の丸に入ったのは宝永元年12月5日(1704年12月31日)、家宣が43歳の時だった。なお、綱豊の将軍後継に伴い甲府徳川家は絶家となり、家臣団も幕臣として編制されている。

宝永6年(1709年)、綱吉が亡くなり、48歳で第6代将軍に就任すると、宝永通宝の流通と酒税 とを廃止。生類憐れみの令も一部を残し順次廃止させた。ほか、柳沢吉保の辞職により側用人間部詮房、学者として新井白石らを登用して、綱吉時代から始まった文治政治を推進し、琉球李氏朝鮮との外交や宝永令の発布、新井白石による正徳金銀の発行などの財政改革を試みた。しかし在職3年後の正徳2年10月14日(1712年11月12日)に死去。享年51(満50歳没)。家綱・綱吉と同様に家宣も後継者に恵まれず将軍職を継いだのは3歳の徳川家継で、政治は引き続き間部や新井白石らに依存した。

法名は文昭院殿順蓮社清譽廓然大居士。墓所は東京都港区の三縁山広度院増上寺

6代将軍・徳川家宣と7代将軍・徳川家継の治世を併せて正徳の治(正徳の政治)という。

人物・逸話

官歴

※近衛府の次官たる中将と同府の判官たる将監を兼任するのは珍しい様相である。

系譜

家宣の容姿

家宣の埋葬された増上寺で徳川将軍家の墓地が改葬された際に、これに立ち会い被葬者の遺骨の調査を担当した鈴木尚の著書『骨は語る 徳川将軍・大名家の人びと』によると、家宣は細面で鼻筋が通っていて穏やかな顔立ちをした美男であったといい、父・綱重とは猫背であったこと以外に似ている部分は非常に少なかったという。また、鈴木が中心となって編纂した『増上寺徳川将軍墓とその遺品・遺体』によれば、家宣の血液型は曽祖父の第2代将軍・秀忠、及び父・綱重と同じくO型であった。遺骨によると、家宣の身長は当時の日本人としては平均よりやや高い160.0センチメートルである。現在までに判明しているところでは、歴代将軍の中で最も高い。

偏諱を受けた人物

徳川家宣が登場する作品

歌舞伎
テレビドラマ
映画
漫画
小説

脚注

  1. ^ 母は父綱重の継室・紅玉院とされる。1673年 - 1673年。実在すれば家宣の異母弟となる。
  2. ^ 元禄10年(1697年)、幕府が造り酒屋に対して課した運上金酒運上」。酒価格の五割。
  3. ^ 篠田達明『徳川将軍家十五代のカルテ』(新潮新書2005年5月、ISBN 978-4106101199)より。また、謎解き!江戸のススメ(BS-TBS2015年3月2日放送)でも紹介された。
征夷大将軍(1709年 - 1712年)
平安以前 | 

鎌倉幕府 | 
鎌倉幕府将軍一覧1192年-1333年

建武政権 | 

南朝 | 
  • 興良親王1339年-
  • 宗良親王1352年-
  • (尹良親王)1386年?-

  • 室町幕府 | 
    室町幕府将軍一覧1338年-1588年

    江戸幕府 | 
    江戸幕府将軍一覧1603年-1868年


    江戸幕府将軍
    関連項目: 江戸幕府 - 江戸時代 - 江戸城 - 徳川氏 - 徳川将軍家 - 征夷大将軍 - 大御所
    慶長08年(1603年): 徳川家康
    慶長10年(1605年): 徳川秀忠
    元和09年(1623年): 徳川家光
    慶安04年(1651年): 徳川家綱
    延宝08年(1680年): 徳川綱吉 | 宝永06年(1709年): 徳川家宣
    正徳03年(1713年): 徳川家継
    享保元年(1716年): 徳川吉宗
    延享02年(1745年): 徳川家重
    宝暦10年(1760年): 徳川家治 | 天明7年(1787年): 徳川家斉
    天保8年(1837年): 徳川家慶
    嘉永6年(1853年): 徳川家定
    安政5年(1858年): 徳川家茂
    慶応2年(1867年): 徳川慶喜
     | 
    ※名前の前の年号は就任年

    徳川宗家当主(第6代)


    甲府徳川氏甲府藩第2代藩主(1678年 - 1704年)
    尾張徳川家 | 

    1607年から1618年まで幕府直轄領

    駿河徳川家 | 

    1624年から1678年まで幕府直轄領

    甲府徳川家 | 

    柳沢家 | 
  • 柳沢吉保1704-1709
  • 柳沢吉里1709-1724
  • 大和郡山藩に転封され廃藩。旧甲府藩領のうち甲府町方は甲府勤番支配、在方は代官支配に。


  • ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    出典:wikipedia
    2019/10/18 04:26

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「徳川家宣」の意味を投稿しよう
    「徳川家宣」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    徳川家宣スレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「徳川家宣」のスレッドを作成する
    徳川家宣の」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail