このキーワード
友達に教える
URLをコピー

徳川秀忠とは?

凡例
徳川秀忠
徳川秀忠像(松平西福寺蔵)

【時代】
安土桃山時代 - 江戸時代前期
【生誕】
天正7年4月7日(1579年5月2日)
【死没】
寛永9年1月24日(1632年3月14日)
【改名】
長松(長丸)→竹千代(幼名)→秀忠
【別名】
江戸中納言、江戸右大将
【戒名】
台徳院殿興蓮社徳譽入西大居士
【墓所】
増上寺
【官位】
従五位下侍従蔵人頭正五位下
武蔵守従四位下正四位下
右近衛少将参議右近衛中将
従三位権中納言権大納言従二位
右近衛大将正二位内大臣
征夷大将軍従一位右大臣太政大臣正一位
【幕府】
江戸幕府:第2代征夷大将軍
(在任1605年 - 1623年)
【氏族】
徳川氏
【父母】
父:徳川家康
母:西郷局(源姓土岐氏流三河西郷氏)
【兄弟】
信康亀姫督姫結城秀康秀忠松平忠吉振姫武田信吉松平忠輝松千代仙千代松姫義直頼宣頼房市姫
【妻】
正室:小姫(織田信雄の長女、秀吉養女)
継室: (浅井長政の娘、秀吉の養女)
側室: 浄光院(神尾某の娘、没後に側室の扱いを受ける)
【子】
千姫珠姫勝姫長丸初姫家光忠長和姫保科正之ほか養女多数

徳川 秀忠(とくがわ ひでただ)は、安土桃山時代から江戸時代にかけての武将江戸幕府の第2代征夷大将軍(在職:1605年 - 1623年)。

生涯

出生から後継者争い

秀忠が産湯を使ったと伝わる井戸

天正7年4月7日(1579年5月2日)、徳川家康の三男として遠江国浜松に誕生する。母は側室西郷局。母の実家・三河西郷氏土岐氏一族で、室町初期には三河守護代を務めたこともある名家であり、当時も三河国の有力な国人であった。乳母・大姥局によって養育される。同母弟に関ヶ原の戦いで活躍した松平忠吉がいる。

秀忠が誕生してから5か月後に長兄・信康切腹している。次兄である秀康豊臣秀吉に養子として出され、のちに結城氏を継いだため、母親が三河国の名家出身である秀忠が実質的な世子として処遇されることになった。

長丸(秀忠)の存在が注目されたのは、家康と秀吉の講和条件として秀吉の妹である朝日姫(旭姫)を家康に嫁がせることになった時である。同時代の史料では確認できないものの、『三河後風土記』や『武徳編年集成』にはこの時家康が「朝日姫が家康の子を産んでも嫡子とはしないこと」「長丸を秀吉の人質としないこと」「万一、家康が死去しても秀吉は徳川領5か国を長丸に安堵して家督を継がせること」を条件にしたと伝えられている。

天正18年(1590年)1月7日、小田原征伐に際して実質的な人質として上洛した。これは秀吉が諸大名の妻子を人質に取るように命じた天正17年9月のいわゆる「妻子人質令」を受けての措置であるが、秀吉は長丸の上洛を猶予しているのに対して家康から長丸を上洛させる希望を述べており、更に上洛後も秀吉に拝謁し、織田信雄の娘で秀吉の養女・小姫(春昌院)と祝言を挙げた直後の同月25日には秀吉の許しを得て帰国しており、他大名の妻子とは別格の待遇を受けている。

この上洛中の1月15日に秀吉に拝謁した長丸は元服して秀吉の偏諱を受けて秀忠と名乗ったとされ(『徳川実紀』)、秀吉から、豊臣姓を与えられる。ただし、同年12月に秀忠が再度上洛した時の勧修寺晴豊の日記『晴豊記』天正18年12月29日条には秀忠を「於長」と称しており、秀忠の元服と一字拝領は同日以降であった可能性もある。なお、翌天正19年(1591年)6月に秀吉から家康に充てられた書状では秀忠を「侍従」と称しており、この時には元服を終えていたと考えられる。

また、秀吉の養女・小姫(春昌院)との婚姻については、小姫の実父である信雄と秀吉が仲違いして信雄が除封されたことにより離縁となり、翌天正19年(1591年)に7歳で病死したとされる。ただし、当時は縁組の取決めをすることを「祝言」と称し、後日正式に輿入れして婚姻が成立する事例もあることから、婚約成立後に信雄の改易もしくは小姫の早世によって婚姻が成立しなかった可能性も指摘されている。

その後、中納言に任官し、「江戸中納言」と呼ばれる。文禄4年(1595年)9月17日には秀吉の養女・と再婚する。この年の7月には秀次事件があり、江の姉である淀殿所生のお拾が秀吉後継者と確定したばかりの時点での婚姻である。 秀吉から、羽柴名字を与えられる。

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは、東海道を進む家康本隊に対して、中山道を進む別働隊の指揮を執る役割を与えられた。進軍途中、信濃国上田城攻めを行なっていたが、天候不順による進発命令の遅れと行軍の遅れから、9月15日(新暦10月21日)の関ヶ原本戦に間に合わなかった。

9月20日に大津に到着した秀忠は戦勝祝いと合戦遅参の弁明をすべく家康に面会を求めたが家康は「気分が優れない」として面会しなかった。翌日または3日後に面会したと言われている。これには榊原康政ら家臣の仲介があったとされている。

将軍後継者

関ヶ原の戦いのあと家康は三人の息子のうち誰を後継者にすべきかを家臣を集めて尋ねた。本多正信結城秀康を推し、井伊直政本多忠勝松平忠吉を推し、大久保忠隣のみが「乱世においては武勇が肝要ではありますが天下を治めるには文徳も必要です。知勇と文徳を持ち謙譲な人柄の秀忠様しかおりませぬ」とただ一人秀忠を推した。後日家康は同じ家臣を集め後継者は秀忠とすると告げた。

徳川秀忠像(徳川記念財団蔵)

慶長8年(1603年)2月12日に征夷大将軍に就いて幕府を開いた家康は、徳川氏による将軍職世襲を確実にするため、嫡男・秀忠を右近衛大将にするよう朝廷に奏上し、慶長8年(1603年)4月16日に任命された(すでに大納言であり、父・家康が左近衛大将への任官歴があったので、すぐに認められた)。それまでの武家の近衛大将任官例は武家棟梁にほぼ限られ、征夷大将軍による兼任が例とされていた。これにより、徳川家の将軍職世襲がほぼ内定し、また秀忠の徳川宗家相続が揺るぎないものとなった。この時期の秀忠は江戸右大将と呼ばれ、以後代々の徳川将軍家において右大将といえば、将軍家世嗣をさすこととなる。

関ヶ原の戦いの論功行賞の名の下に、豊臣恩顧の大名を西国に移した徳川家は、東海・関東・南東北を完全に押さえ、名実ともに関東の政権を打ち立てた。ここに頼朝(右大将家)を崇拝する家康の願いが現実のものとなる。

そして2年後の慶長10年(1605年)、家康は将軍職を秀忠に譲り、秀忠が第2代征夷大将軍となることとなる。

征夷大将軍

慶長10年(1605年)正月、父・家康は江戸を発ち伏見城へ入る。2月、秀忠も関東・東北・甲信などの東国の諸大名あわせて16万人の上洛軍を率い出達した。

3月21日、秀忠も伏見城へ入る。4月7日、家康は将軍職辞任と後任に秀忠の推挙を朝廷に奏上し、4月16日、秀忠は第2代将軍に任じられた。これにより建前上家康は隠居となり大御所と呼ばれるようになり、秀忠が徳川家当主となる。このとき、家康の参内に随行した板倉重昌も叙任された。

徳川秀忠 征夷大将軍の辞令(宣旨)「壬生家四巻之日記」

權大納    
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/05/31 22:04

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「徳川秀忠」の意味を投稿しよう
「徳川秀忠」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

徳川秀忠スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「徳川秀忠」のスレッドを作成する
徳川秀忠の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail