このキーワード
友達に教える
URLをコピー

志帥会とは?

志帥会
陰十四菊

【略称】
二階派
【前身】
政策科学研究所(旧渡辺派)
【設立年】
1999年(平成11年)3月18日
【設立者】
村上正邦
亀井静香
【種類】
自由民主党の派閥
【本部】
砂防会館
【位置】
東京都千代田区平河町
【メンバー】
自由民主党所属国会議員
【会長】
空位(二階俊博が実質的な領袖)
【関連組織】
近未来政治研究会(石原派)
清和政策研究会(細田派)
【予算】
139,096,701円
ウェブサイト
志帥会 - ウェイバックマシン(2008年12月31日アーカイブ分)
  1. ^ 平成22年分政治資金収支報告書参照

志帥会(しすいかい)は、自由民主党の派閥。通称は二階(村上亀井派→江藤・亀井派→亀井派→旧亀井派→伊吹派→二階派)。

派閥の名称は初代事務総長の平沼赳夫孟子の「志は気の帥なり」を由来として命名した。砂防会館に事務所が置かれている。

目次

  • 1 沿革
    • 1.1 結成
    • 1.2 江藤会長時代
    • 1.3 亀井会長時代
    • 1.4 伊吹会長時代
    • 1.5 二階会長時代
  • 2 政策
  • 3 歴代会長
  • 4 現在の構成
    • 4.1 役員
    • 4.2 衆議院議員
    • 4.3 参議院議員
  • 5 脚注
  • 6 関連項目

沿革

結成

1998年11月30日政策科学研究所(中曽根派→渡辺派→旧渡辺派)の後継をめぐり、山崎拓グループが近未来政治研究会(山崎派)を結成して旧渡辺派から分離独立した。派閥のオーナーであった中曽根康弘らは、派内の路線対立により清和会(三塚派)から離脱していた亀井静香グループと合流し、1999年3月18日に志帥会を結成した。

旧渡辺派から山崎派が分離独立する際、旧渡辺派所属の参議院議員については、当時参院幹事長だった村上がまとめあげていたため、山崎派への賛同者は少なかったが、衆議院議員は中堅・若手の大半が山崎派に移行したため、旧渡辺派側は長老・ベテラン議員が多く残り、一方の亀井グループ側は、所属衆議院議員の半数以上を経験不足の当選3回以下の若手が占めていた。このため、共に影響力を削がれた少数派閥として両派は思惑が一致し、分離独立した派閥同士の「対等合併」により志帥会は一気に衆参あわせて60人規模の大派閥となった。

1999年3月18日、初代会長に「参議院の法王」の異名を取った村上が、会長代行に亀井がそれぞれ就任。

江藤会長時代

1999年7月、村上が自民党の参議院議員会長に選出されたことを受けて、第二代会長に江藤隆美が就任した(亀井は会長代行のまま)。2001年自由民主党総裁選挙には亀井が立候補したが小泉純一郎に敗れた。

派閥結成当初より、党内でも守旧派であったが、村上・小山孝雄KSD事件で受託収賄容疑で逮捕され、参議院議員辞職したため、柳川覚治繰り上げ当選2001年の小泉政権誕生以降は、江藤と亀井は、改革派の小泉の言ういわゆる「抵抗勢力」の代表格として、小泉改革を批判する急先鋒となった。

亀井会長時代

亀井静香

江藤の政界引退表明を受け、2003年10月10日に亀井が3代目会長に就任したが、亀井が会長に就任してから間もなく、同年の第43回衆議院議員総選挙における公認問題をめぐり、同派の最高顧問だった中曽根が小泉純一郎総裁により総選挙不出馬、引退に追い込まれた。

長年の持論であった郵政民営化を強力に推進する小泉に対し、亀井や参院亀井派会長の中曽根弘文らは強硬に反対。しかし、亀井の姿勢は小泉改革に賛同する水野賢一らの離反を引き起こした。亀井が「反小泉」の旗幟を鮮明にするにつれ、亀井派を離脱する議員もいたが、亀井は退会の意思を示した議員を引き止めず、「(亀井のトレードマークである)亀のバッジをつけていると、選挙に不利だから、亀のバッジをはずしてやってくれ」と逆に自派の議員たちを思いやったという。亀井の他、元衆議院議長綿貫民輔、前総務会長堀内光雄、元郵政大臣野田聖子ら、亀井派以外の派閥からも衆院での郵政民営化法案の採決では造反者が相次いだが、5票差で可決される。しかし、参議院では中曽根弘文らの造反により、法案は否決された。これを受け、小泉はただちに衆議院を解散する。解散後、亀井は志帥会会長を辞任し、自民党を離党。綿貫や元国土庁長官亀井久興らと共に国民新党を結党した。

この後、一時的に元経済産業大臣平沼赳夫が後任の会長に就任したが、衆議院での採決で反対票を投じた平沼も自民党から公認されず、無所属での出馬を余儀なくされたため、会長を辞任。これにより、伊吹文明が後任の会長に選出されるまで、志帥会会長のポストは空席となった。なお亀井派所属の農林水産大臣島村宜伸が、閣議衆議院解散に反対し辞表を提出したが、小泉に罷免された。

伊吹会長時代

2005年9月15日、郵政民営化法案に賛成した会長代行の伊吹が派閥の次期代表に内定したが、派内に反発の声があり、正式就任は見送られた。同年12月14日に反対していた島村を名誉会長に棚上げすることで、伊吹の正式な会長就任の運びとなった。亀井・平沼らが自民党を離党した後、伊吹らは「亀井派」のイメージを払拭するため、平沼が命名した「志帥会」の名称を変更する事も検討していたが、派内の反発もあり断念した。

2007年3月15日、名誉会長だった島村が派閥を退会。これは、亀井の離脱以来、派内における主導権争いにおいて島村が伊吹と対立していたことや、島村が郵政解散に反対していた経緯から、「刺客」として選挙を戦った同派の西川京子鍵田忠兵衛との間に確執が生じていたことなどが原因と見られている。

同年9月の自民党総裁選において、伊吹派は古賀派や町村派と連携して麻生派を除く八派閥で福田康夫支持を固め、「麻生包囲網」を敷いた。しかし、伊吹派からは麻生太郎の総裁候補推薦人を5人も出したため、伊吹派は福田支持で固まっていない派閥と見られた。なお伊吹派の所属議員で麻生支持を明確にした議員は28人中20人であった。9月24日、伊吹が新総裁・福田の下で幹事長に就任。志帥会からの幹事長輩出は派閥創設以来初で、中曽根派・渡辺派・旧渡辺派時代を含めても3人目である。幹事長就任に伴い、伊吹が形式的に派閥を離脱したため、中川昭一が会長代行に就任した。

伊吹は福田康夫改造内閣では財務大臣に就任したが、わずか1ヶ月余で福田は首相を辞任。5人が立候補した2008年自民党総裁選では、伊吹派は幹事長・麻生太郎の支持を派閥単位で決定。麻生の盟友であった中川昭一がいち早く麻生支持を表明し、同年9月4日の伊吹派役員会でその旨が確認された。麻生内閣の発足に伴い、伊吹に代わり中川昭一が財務大臣に就任した(後に辞任)。

2009年第45回衆議院議員総選挙では次期会長候補の筆頭だった中川昭一ら派閥メンバーの落選が相次ぎ、派閥領袖が苦戦する中、会長である伊吹も京都1区で敗れ、比例近畿ブロックで復活当選することとなった。選挙後、北海道7区で初当選した伊東良孝が加入した。

総選挙での惨敗を受け、派閥の勢力は大幅に縮小され、さらに中川が同年10月に急逝。こうした状勢の変化を受け、2009年の総選挙での当選者が会長の二階俊博1人だった二階派との合併が模索された結果、11月5日を以て二階派の二階俊博、泉信也鶴保庸介の3人が伊吹派へ合流した。

2010年第22回参議院議員通常選挙に泉信也が出馬せず、政界を引退。新たに2009年の総選挙で落選し、参議院に鞍替えして出馬した片山さつきが当選後、加入した。

2010年1月、古屋圭司が議員グループのぞみへの参加を表明して休会し、事実上伊吹派を離脱した。同年8月には中曽根弘文が自民党参議院議員会長選挙への出馬を表明。「脱派閥」を掲げての出馬であるため、中曽根は伊吹派を離脱した。

2011年5月12日無所属中村喜四郎が入会。自民党には入党せず、「客員会員」の形式で伊吹派にのみ入会した。

二階会長時代

二階俊博

2012年12月26日に会長の伊吹文明が衆議院議長に選出され、慣例により同派を離脱したことに伴い、翌12月27日に二階俊博が後任会長となり、二階派に移行。事務総長の河村建夫も党四役ポストに格上げされた選挙対策委員長就任に伴い、同派を離脱。後任の事務総長は西川公也となった。

衆議院議員の山口壮2013年12月に民主党を離党し無所属のまま「客員会員」として入会した。二階の引き抜き工作があったとされている。

2014年9月の党役員人事で会長の二階が総務会長(2016年8月から幹事長)就任したため、慣例として派閥を退会。会長職は空席とし、選対委員長を退任した河村が会長代行に就任した。なお、対外的な呼称(通称)は引き続き二階派のままである。同年12月に伊吹が衆議院議長を退任し復帰。2015年1月、二階の強い意向により山口壮の自民党入党が認められた。

2015年4月、石原派との合流論が浮上する。2017年4月、二階の強い意向により小泉龍司と長崎幸太郎の自民党復党が認められた。

政策

中曽根康弘亀井静香二階俊博という三巨頭の二度に亘る結集により誕生した派閥である。党内でも屈指の真正保守型でタカ派色が強い派閥だが親米色はほぼ無く、親米保守色の強い清和政策研究会ハト派・親アジア宏池会などとは一線を画している。一方、旗揚げ時は中曽根康弘を擁する派閥であったため、親米保守色が残っていたほか、現在では亀井静香をはじめとした清和会分裂組は派内にほとんど残っておらず、親米保守色が再び見られつつある。また、諸事情のため自民党に入党できない議員が、二階俊博の勧誘により客員会員として無所属のまま入会するケースが複数見られるのも特徴である。

歴代会長

【代】
【名前】
期間
1 村上正邦 | 1998年 - 1999年
2 江藤隆美 | 1999年 - 2003年
3 亀井静香 | 2003年 - 2005年
4 伊吹文明 | 2005年 - 2012年
5 二階俊博 | 2012年 - 2014年

現在の構成

役員

会長 空席
会長代行 河村建夫(衆院)
中曽根弘文(参院)
副会長 林幹雄
鶴保庸介
事務総長 平沢勝栄
政策委員長 小泉龍司
最高顧問 伊吹文明
特別参与 井脇ノブ子

衆議院議員

伊吹文明
(12回、京都1区) | 二階俊博
(12回、和歌山3区) | 河村建夫
(10回、山口3区) | 林幹雄
(9回、千葉10区) | 今村雅弘
(8回、比例九州) | 平沢勝栄
(8回、東京17区) | 山本拓
(8回、比例北陸信越) | 江崎鉄磨
(7回、愛知10区) | 桜田義孝
(7回、千葉8区) | 福井照
(7回、比例四国)
小泉龍司
(6回、埼玉11区) | 武田良太
(6回、福岡11区) | 谷公一
(6回、兵庫5区) | 山口壮
(6回、兵庫12区) | 吉川貴盛
(6回、北海道2区) | 伊藤忠彦
(4回、愛知8区) | 伊東良孝
(4回、北海道7区) | 松本洋平
(4回、東京19区) | 秋元司
(3回・参院1回、東京15区) | 大岡敏孝
(3回、滋賀1区)
小倉將信
(3回、東京23区) | 勝俣孝明
(3回、比例東海) | 門博文
(3回、比例近畿) | 小林鷹之
(3回、千葉2区) | 佐藤ゆかり
(3回・参院1回、比例近畿) | 武部新
(3回、北海道12区) | 田畑毅
(3回、比例東海) | 宮内秀樹
(3回、福岡4区) | 岡下昌平
(2回、比例近畿) | 神谷昇
(2回、比例近畿)
小林茂樹
(2回、奈良1区) | 鳩山二郎
(2回、福岡6区) | 泉田裕彦
(1回、新潟5区) | 小寺裕雄
(1回、滋賀4区) | 繁本護
(1回、比例近畿) | 中曽根康隆
(1回、比例北関東) | 

※二階俊博は、自由民主党幹事長在任中のため脱会中。

(計36名)

参議院議員

中曽根弘文
(6回、群馬県) | 鶴保庸介
(4回、和歌山県) | 平野達男
(3回、岩手県) | 衛藤晟一
(2回・衆院4回、比例区) | 片山さつき
(2回・衆院1回、比例区) | 柳本卓治
(1回・衆院6回、大阪府) | 三木亨
(1回、徳島県) | 進藤金日子
(1回、比例区) | 

(計8名)

脚注

  1. ^ 当初は村上正邦が「成蹊会」を発案していたが、「成蹊大学のOB会のような名前だ」と不評であったため、却下された。
  2. ^ [1]
  3. ^ 【「1強」の足元】存在感増す二階氏「ポスト安倍」仕込み? 自民の「陰の幹事長」に官邸警戒 (1/2ページ)
  4. ^ 【「1強」の足元】存在感増す二階氏「ポスト安倍」仕込み? 自民の「陰の幹事長」に官邸警戒 (2/2ページ)
  5. ^ 「おカネまったくないねん…」井脇ノブ子が貧困を告白!
  6. ^ 2016年2月、自由民主党兵庫県連入会を認められる。

関連項目

自由民主党
前身: 自由党日本民主党
歴史
1950年代:
55年体制の成立と
社会保障制度の導入 | 
55年 - 鳩山一郎 | 
日ソ国交回復国連加盟 - 保守合同

56年 - 石橋湛山 | 
初の総裁公選による選出

57年 - 岸信介 | 
満州人脈 - 警察官職務執行法改正案 - 60年安保 - 国民皆保険


1960年代:
高度経済成長
吉田学校の系譜 | 
60年 - 池田勇人 | 
所得倍増計画 - 農業基本法公布 - OECD加盟 - 東京オリンピック - 岸派分裂 - 財界四天王

64年 - 佐藤栄作 | 
日韓基本条約 - 非核三原則(日米核持ち込み問題) - 公害国会 - 日本万国博覧会 - 沖縄返還(西山事件) - 佐藤派五奉行 - 黒い霧事件 - 日通事件


1970年代:
三角大福中
闇将軍 | 
72年 - 田中角栄 | 
日中国交回復 - 日本列島改造論 - 第1次オイルショック - 第一次角福戦争 - 青嵐会結成 - 椎名裁定

74年 - 三木武夫 | 
ロッキード事件 - 三木おろし

76年 - 福田赳夫 | 
日中平和友好条約調印 - 福田ドクトリン - 大福密約 - 第二次角福戦争

78年 - 大平正芳 | 
田園都市構想 - 総合安全保障構想 - 第2次オイルショック - ダグラス・グラマン事件 - 四十日抗争 - 第三次角福戦争 - ハプニング解散


1980年代:
和の政治と
戦後政治の総決算 | 
80年 - 鈴木善幸 | 
増税なき財政再建

82年 - 中曽根康弘 | 
新保守主義 - 国鉄分割民営化 - 二階堂擁立構想 - 死んだふり解散 - 創政会結成と田中派分裂 - 皇民党事件 - ニューリーダー(安竹宮)と中曽根裁定

87年 - 竹下登 | 
消費税導入 - 昭和天皇崩御 - 竹下派七奉行 - ネオ・ニューリーダー - リクルート事件

89年 - 宇野宗佑 | 
参院選惨敗 - 自民一党優位の終焉

89年 - 海部俊樹 | 
バブル景気 - 自衛隊初の海外派遣 - YKK - 一龍戦争 - 一六戦争 - 安倍派四天王分裂と三六戦争 - 海部おろし


1990年代:
野党転落と
経世会支配 | 
91年 - 宮澤喜一 | 
バブル崩壊 - 東京佐川急便事件 - ゼネコン汚職 - KK戦争 - 経世会(金竹小)分裂 - 嘘つき解散

93年 - 河野洋平 | 
小選挙区比例代表並立制 - 自社さ連立政権 - 阪神・淡路大震災

95年 - 橋本龍太郎 | 
失われた10年 - 六大改革中央省庁再編の決定 - 保保連合構想

98年 - 小渕恵三 | 
金融国会 - ITバブル - ブッチホン


2000年代:
清和会支配と
野党再転落 | 
00年 - 森喜朗 | 
五人組 - KSD事件 - 加藤の乱 - 神の国解散

01年 - 小泉純一郎 | 
自公連立政権 - 聖域なき構造改革 - 金融再生プログラム - 郵政民営化(郵政国会 - 郵政解散) - 年金未納問題(政治家の年金未納) - 小泉劇場( ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/11/11 01:51

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「志帥会」の意味を投稿しよう
「志帥会」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

志帥会スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「志帥会」のスレッドを作成する
志帥会の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail