このキーワード
友達に教える
URLをコピー

志賀義雄とは?

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2016年3月)
日本政治家
志賀 義雄
しが よしお

1955年9月17日、徳田球一の遺骨を抱いて北京から羽田空港へ戻った志賀(左。右は徳田夫人のたつ)

【生年月日】
1901年1月12日
【出生地】
山口県萩市
【没年月日】
(1989-03-06) 1989年3月6日(88歳没)
【出身校】
東京帝国大学(現・東京大学)
【所属政党】
(日本共産党→)
(日本共産党(日本のこえ)→)
(日本のこえ→)
平和と社会主義
衆議院議員

【選挙区】
大阪府第1区
【当選回数】
4回
【在任期間】
1955年2月28日 - 1966年12月27日
衆議院議員

【選挙区】
大阪府第1区
【当選回数】
2回
【在任期間】
1946年4月11日 - 1950年6月6日

志賀 義雄(しが よしお、1901年(明治34年)1月12日 - 1989年(平成元年)3月6日)は日本政治家共産主義運動の活動家。衆議院議員日本共産党中央委員、「日本共産党(日本のこえ)」委員長などを務めた。ソ連共産党から資金援助を受けていた。

経歴

戦前の活動と投獄

山口県萩市出身。旧姓、川本。1906年、母方の祖父の養子となり、志賀姓となる。旧制萩中学校(現・山口県立萩高等学校)から一高を経て東京帝国大学文学部に入学する。帝大在学中に学生運動に参加し、在学中の1923年(大正12年)には、前年に非合法政党として結成された日本共産党へ入党。その後は共産党の活動を行ったが、1928年(昭和3年)の三・一五事件において検挙され、治安維持法により有罪とされた。獄中生活は1945年(昭和20年)に日本が第二次世界大戦で敗北するまで続いたが、志賀は多くの党員と異なり、獄中でも転向拒否を貫いた。

戦後の活動

日本の敗戦後、志賀は10月に連合国軍最高司令官総司令部 (GHQ) の指令に基づいて府中刑務所から徳田球一などと共に釈放され、党政治局員として徳田書記長や野坂参三政治局員等と共に党勢拡大に努めた。1946年(昭和21年)の第22回衆議院議員総選挙では大阪1区(大選挙区制)で当選し、同党初の国会議員となった5人の中に名を連ねた。志賀はその後も中選挙区制の大阪府第1区で衆議院議員への当選を重ねた。

1950年(昭和25年)1月、当時の共産党が掲げていた占領下の平和革命路線をコミンフォルムが批判したのを契機に徳田らが武装闘争路線へと傾いたのに対して反論を提示し、宮本顕治と共に国際派として扱われた。国際派は党内の反主流派で、徳田ら主流派は志賀の党員資格を停止し、事実上除名した。また、同年にはGHQから公職追放対象者となり、衆議院議員の地位を喪失した志賀は地下に潜伏した。

その後、1955年(昭和30年)に共産党が武装闘争路線を放棄すると、志賀は再び公然活動を開始した。また、同年に徳田が1953年(昭和28年)に既に北京で死去していた事が発表されると、その遺骨を引き取るために、徳田の妻のたつと共に日本との国交がなかった中華人民共和国を訪問した。これは、日本共産党の関係者が初めて合法的に中国を訪問した例とされている。

他の共産党指導者らとともに、徳田球一の遺影を囲む(1955年8月)。
(前列左から、志田重男、野坂参三、紺野与次郎。後列左から、志賀、宮本顕治、春日正一)

以後、志賀は共産党の常任幹部会委員として、宮本書記長の平和革命・議会活動重視路線を支持した。党勢の緩やかな回復と大阪での強固な党支持基盤に支えられ、衆議院での議席奪回にも成功した。1955年の第27回衆議院議員総選挙から、4回連続の当選を果たした。

日本のこえ

1963年(昭和38年)に部分的核実験停止条約が調印され、1964年(昭和39年)に国会でその批准が問われると、志賀は共産党内で再び少数派となった。当時は中ソ対立が激化しており、この時点では中国共産党と友好関係があった日本共産党は中国と歩調を合わせる形で条約批准反対を決めた。しかし、ソ連共産党に近いとされる志賀はこの条約を支持し、党の決定に反して5月15日の衆議院本会議採決で白票(しろ票、賛成票)を投じた。その結果、5月21日に共産党中央委員会は志賀の除名を決定した。一方、6月30日に、志賀は自分と同時に共産党を除名された参議院議員の鈴木市蔵の他、神山茂夫中野重治らと共に「日本共産党(日本のこえ)」を結成すると発表し、自らが委員長となった。

部分的核実験停止条約でソ連の意向に添った日本のこえ派はソ連共産党の支持を受け、同年に機関紙「日本のこえ」を創刊したが、日本共産党員のほとんどは宮本を中心とした従来の執行部を支持し、志賀を支持したのは新日本文学会の主流派や「民主主義学生同盟」など構造改革派系の新左翼党派などを除くとわずかであった。一方、このころから共産党(宮本派)と部落解放同盟の対立が激しくなるが、その一因として、共産党の見解によれば、志賀派と解放同盟が手を組んだ経緯があったとされる。

結果として、志賀は支持基盤の多くを失い、1967年(昭和42年)1月29日第31回衆議院議員総選挙では大阪6区(この選挙から旧大阪1区が分区された)で落選して、通算6期で衆議院議員としての国会活動を終えた。その後、他の共産党分派との大同団結の動きもあったが、寸前のところで志賀が離脱するなど混乱と低迷を続け、同年10月には神山と中野が同派を離脱した。1968年には自派から「日本共産党」の名称を外して「日本のこえ」としたが、同年7月の第8回参議院議員通常選挙に鈴木が出馬を断念し、同派所属の国会議員はいなくなった。

1977年(昭和52年)、同派は「平和と社会主義」と改称し、創立時の名称からは完全に変更した。さらに1979年(昭和54年)、日本共産党は代表団をソ連に派遣し、ソ連共産党との関係を修復したため、国際的な後ろ盾を失った志賀は日本の共産主義運動における影響力を大きく低下させた。

1989年(平成元年)に死去。墓所は徳田と同じ東京都多磨霊園にある。

参考

著書

徳田球一(左)・野坂参三(中央)とともに写真に収まる志賀(右)

共著編

翻訳

脚注

注釈

  1. ^ この賛成投票から除名に至る時期、当時は朝日新聞の政治部記者だった石川真澄は志賀の自宅をたびたび訪れ、この投票行動についての見解や従来の活動に関する回顧を聞くとともに、「明らかにロシア人と思われる」と石川自身が感じた欧州系の人物の姿を目にした。この模様は志賀の死後に出版された『人物戦後政治――私の出会った政治家たち』(岩波書店1997年-岩波現代文庫2009年)の中で叙述されている。

出典

  1. ^ アンドレイ・イーレシュ『KGB極秘文書は語る』
  2. ^ 昭和毎日:共産党中央委員を公職追放 - 毎日jp(毎日新聞)
  3. ^ しんぶん赤旗』嶋田昇 2007年1月4日(木)「しんぶん赤旗」 崩れ出した「解同」タブー
日本共産党
【機関・役職】

大会 - 中央委員会(幹部会 - 常任幹部会 - 書記局) - 議長 - 委員長 - 書記局長


【歴代幹部】

片山潜 - 堺利彦 - 山川均 - 荒畑寒村 - 徳田球一 - 野坂参三 - 志賀義雄 - 宮本顕治 - 袴田里見 - 不破哲三 - 上田耕一郎 - 金子満広 - 小笠原貞子 - 志位和夫 - 市田忠義 - 石井郁子 - 緒方靖夫 - 山下芳生 - 小池晃 - 田村智子


【大会】

創立大会 - 2回大会 - 3回大会 - 4回大会 - 5回大会 - 6回大会 - 7回大会 - 8回大会 - 9回大会 - 10回大会 - 11回大会 - 12回大会 - 13回大会 - 14回大会 - 15回大会 - 16回大会 - 17回大会 - 18回大会 - 19回大会 - 20回大会 - 21回大会 - 22回大会 - 23回大会 - 24回大会 - 25回大会 - 26回大会 - 27回大会 - 28回大会


【綱領・テーゼ等】

22年テーゼ - 27年テーゼ - 32年テーゼ - 51年綱領 - 宗教についての日本共産党の見解と態度 - 自由と民主主義の宣言


【歴史】
【戦前】
【事件・闘争等】

三・一五事件 - 四・一六事件 - 武装メーデー事件 - 赤色ギャング事件 - 熱海事件 - 佐野・鍋山転向声明 - スパイ査問事件 - 横浜事件


【キーワード】

講座派 - 労農派 - 治安維持法 - 技術部 - ハウスキーパー - 転向



【戦後初期】
【事件・闘争等】

首相官邸デモ事件 - 二・一ゼネスト - 平事件 - 徳田要請問題 - 大津地方検察庁襲撃事件 - 練馬事件 - 白鳥事件 - 田口事件 - 血のメーデー事件 - 菅生事件 - 吹田事件 - 枚方事件 - 大須事件 - 曙事件 - 横川元代議士襲撃事件 - 松川事件 - 阪神教育事件


【分裂期の各組織】

国際派 - 所感派 - 北京機関 - 特殊財政部 - 人民艦隊 - 山村工作隊 - 中核自衛隊 - 自由日本放送 - 第6回全国協議会


【分裂組織】

日本共産党労働者派 - 日本共産党国際主義者団 - 共産主義労働者党 - 日本トロッキスト聯盟(革命的共産主義者同盟) - 日共行動派 - 日共ボルシェビキ派 - 日共解放戦線 - 社会主義革新運動 - 統一共産同盟 - 日共こえ派(民主主義的社会主義運動) - フロント - 日共マルクス・レーニン主義派(労働者共産党) - 日共左派(日本労働党)


【キーワード】

軍事方針(球根栽培法 - 栄養分析表)



【61年綱領確定後】
【事件・闘争等】

三里塚闘争 - 新日和見主義事件 - サンケイ新聞事件 - 日本共産党幹部宅盗聴事件 - 宮本顕治宅盗聴事件 - 葛飾政党ビラ配布事件


【キーワード】

自主独立路線 - 社共共闘 - 創共協定 - 自共共闘 - 野党と市民の共闘(立憲民主党国民民主党社会民主党れいわ新選組新社会党)




【かつての上部団体
(現在は自主独立)】

コミンテルン( - 1943年5月)


【党外関係】
【現存しない】

台湾共産党 - 沖縄人民党 - 奄美共産党 - 日本人民解放連盟


【加盟・参加】

平和・民主・革新の日本をめざす全国の会 - 原水爆禁止日本協議会 - 中央社会保障推進協議会


【団体側が党の指導性を規定】

日本民主青年同盟


【他国党との関係】

日中共産党の関係



【機関紙誌】

しんぶん赤旗 - 前衛 (雑誌) - 月刊学習 - 女性のひろば - 議会と自治体 - ジャパンプレスサービス - グラフこんにちは日本共産党です(休) - 文化評論(休) - 赤旗ニュース映画(廃)


【政権論等】

科学的社会主義 - 平和革命 - 暴力革命 - 日本人民共和国憲法草案 - 二段階革命論 - 敵の出方論 - 民主連合政府 - 非核の政府 - 国民連合政府


【主催行事】

赤旗まつり - 赤旗名人戦 - 新人王戦 (囲碁) - 新人王戦 (将棋)


【関連・友好団体】

新日本婦人の会 - 全国商工団体連合会 - 農民運動全国連合会 - 日本のうたごえ全国協議会


【その他】

民主集中制 - 査問 - うたごえ運動 - 独習指定文献 - 講師資格試験 - 日本共産党 (曖昧さ回避) - JCPサポーター- 日本共産党カクサン部 - オール沖縄 - 革新自治体



【典拠管理】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/06/27 17:05

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「志賀義雄」の意味を投稿しよう
「志賀義雄」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

志賀義雄スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「志賀義雄」のスレッドを作成する
志賀義雄の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail