このキーワード
友達に教える
URLをコピー

志道広良とは?

凡例
志道広良 【時代】
戦国時代
【生誕】
応仁元年(1467年)
【死没】
弘治3年7月1日(1557年7月26日)
【別名】
通称:太郎三郎、:瑞如
【官位】
受領名:上野介、大蔵少輔
【主君】
毛利弘元興元幸松丸元就
【氏族】
大江姓毛利氏庶流志道氏
【父母】
父:志道元良
【兄弟】
広良口羽通良?
【子】
広長坂元貞、口羽通良?

志道 広良(しじ ひろよし)は、戦国時代武将毛利氏の家臣。通称は太郎三郎、受領名上野介、大蔵少輔。安芸国志道城主。志道元良の子で、弟に口羽通良(なお、通良は広良の子とする説もある)がいる。子に志道広長坂元貞など。

目次

  • 1 生涯
  • 2 逸話
  • 3 脚注
  • 4 参考文献
  • 5 関連項目

生涯

本姓大江氏家系毛利氏の庶家で代々の毛利家当主を補佐していた坂氏一門。父・元良の代から志道氏を名乗る。

応仁元年(1467年)、志道元良の子として生まれる。毛利興元の代から毛利家執政を務めていたが、興元の弟・元就の器量を早くから見抜き、親交を結んでいた。永正10年(1513年)には、17歳の元就が47歳の広良に差し出した起請文では、両者がよく協力しつつ、主君である興元に忠節を尽くすことを誓っている。広良が元就を並の人物では無いと見抜き、年若い元就に起請文の提出を求めて一人前の武将に育て上げていったとされる。

毛利興元と嫡子の毛利幸松丸が夭折した後、毛利元就とその弟・相合元綱との間で争いが起きると、元就を支持して、他の14人の宿老とともに署名した起請文を提出し、かつ足利将軍家の同意もいち早く取り付けた。その後元綱を擁立した宿老の坂広秀渡辺勝の謀反はあったものの、元就に無事家督を相続させることに成功。本家筋の坂広秀が相合元綱を擁して謀叛した際には、元就方として鎮定する側にまわったため、乱の後に次男の志道広昌に途絶えた坂氏の名跡を継がせて、本家を継承せしめた。以後の広良は元就の軍師的な役割を務め、さらにはその子隆元の後見役を務め活躍する。

享禄5年(1532年)7月13日の毛利氏家臣団32名が互いの利害調整を元就に要請した連署起請文では2番目に「志道上野介広良」と署名している。

弘治3年7月1日(1557年7月26日)に91歳の長寿で死去。天文(1539年)に嫡子・広長に先立たれていたため、嫡孫(広長の子)の志道元保が跡を継いだ。

逸話

脚注

  1. ^ 田村哲夫編修 1980, p. 149.
  2. ^ 田村哲夫編修 1980, p. 150.
  3. ^ 吉田龍司 2010.
  4. ^ 目で見る 毛利家あれこれ ~毛利博物館収蔵資料と歴史ばなし~ 第122回 - 毛利博物館 館長代理・柴原直樹(地域情報新聞ほっぷ)
  5. ^ この時連署状に署名した15名の宿老は、署名順に福原広俊中村元明坂広秀渡辺勝粟屋元秀赤川元助(元保)井上就在井上元盛赤川就秀飯田元親井上元貞井上元吉井上元兼桂元澄志道広良
  6. ^ この時連署状に署名した32名は、署名順に福原広俊志道広良桂元澄福原元勝坂広昌山中元孝光永元隆北就勝井上元吉粟屋元秀井上就在長屋吉親井上元盛井上元貞国司有相井上有景井上元続井上俊秀井上良在井上俊久国司就連粟屋元親粟屋元国赤川就秀飯田広親赤川元助(元保)佐々部式部少輔南方親州内藤元康秋山親吉三田元実井原元師

参考文献

関連項目

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/10/22 23:47

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「志道広良」の意味を投稿しよう
「志道広良」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

志道広良スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「志道広良」のスレッドを作成する
志道広良の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail