このキーワード
友達に教える
URLをコピー

恋のから騒ぎとは?

 | 
この記事の内容の信頼性について検証が求められています。
確認のための文献や情報源をご存じの方はご提示ください。出典を明記し、記事の信頼性を高めるためにご協力をお願いします。議論はノートを参照してください。(2008年3月)

恋のから騒ぎ
Much Ado About Love
【ジャンル】
トーク番組 / バラエティ番組
【企画】
菅賢治
【構成】
大岩賞介
ほか
【演出】
小川通仁
【監修】
吉川圭三(スーパーバイザー)
【出演者】
明石家さんま(司会)
ゲスト1組
独身素人女性20名
【オープニング】
Kate BushWUTHERING HEIGHTS(嵐が丘)
【エンディング】
Sam & Dave「HOLD ON, I'M COMIN'」
【製作】

【プロデューサー】
竹内尊実(CP)
【制作】
日本テレビ

【放送】

【音声形式】
モノラル放送(モノステレオ放送)
【放送国・地域】
日本
【放送期間】
1994年4月16日 - 2011年3月25日
【放送時間】
土曜日 23:00 - 23:30
【放送分】
30分

【1994年4月から2010年3月まで】

【放送期間】
1994年4月16日 - 2010年3月20日
【放送時間】
土曜日 23:00 - 23:30
【放送分】
30分

【2010年4月から2011年3月まで】

【放送期間】
2010年4月2日 - 2011年3月25日
【放送時間】
金曜日 23:30 - 23:58
【放送分】
28分

恋のから騒ぎ』(こいのからさわぎ、英称:Much Ado About Love)は、1994年4月16日から2011年3月25日まで毎週土曜日 23:00 - 23:30(JST)(2010年4月2日からは、金曜 23:30 - 23:58(JST))に放送された日本テレビ系列の恋愛トークバラエティ番組である。通称は、「恋から」または「から騒ぎ」。

番組のタイトルはシェイクスピアの『空騒ぎ』(Much Ado About Nothing)に因む。文字多重放送ハイビジョン制作であった。

概要

1994年4月16日に放送を開始。

オーディションにより素人女性たちを集め、その女性が経験した恋愛テーマに司会の明石家さんまと週代わりのゲスト1名(1組)と共にトークを行うスタイルである。初回のゲストはフリーアナウンサーの河野景子で、通常放送最終回のゲストは久本雅美であった。

メンバーは4月から翌年3月の卒業までを1期として新年度ごとに総入れ替えが行われ、2010年4月 - 2011年3月は17期目を数える。第2期からは『ご卒業スペシャル』で各期の「MVP」が決められる。

毎年1月から3月の放送のみオープニングタイトル画面に雪がふり、「ご卒業スペシャル」の回のみ花吹雪になる。

オープニングでは、男性スタッフと外国人女性が恋愛に関する偉人の格言や世界各国の諺などに沿った寸劇を行う。それを受けてさんまがエピソードトークや近況報告(内容に関係ない事が多い)を行い、そのオチ部分が先ほどの格言同様に表示される。まれに出てくる日本人女性は番組アシスタントディレクターや技術スタッフである。また、ごくまれにこの番組の卒業生がこのオープニング(前座)に出演することもある。オープニングのテーマ曲はケイト・ブッシュの『嵐が丘』である。エンディングのテーマ曲はSam & Daveの『HOLD ON, I'M COMIN'』である。

番組初期では、から騒ぎメンバーとデートしたい人を募集していたが途中で無くなった。

2004年(平成16年)まで、番組の改編期には『大騒ぎスペシャル』と題して「女子高生スペシャル」、「国際結婚スペシャル」、「インターナショナル」、「人妻スペシャル」の中から2本立ての特別企画を組んだ1時間のスペシャルとして放送されることもあった。同年10月23日は新潟県中越地震報道特別番組放送のため休止となった。

2010年(平成22年)3月30日に放送された『さんま&所の大河バラエティ!超超近現代史!人間は相変わらずアホか!?』にて、特別版「中国美女スペシャル」(ゲスト:所ジョージ)が放送された。

2011年(平成23年)3月11日のスペシャルを以って終了の予定だったが、東日本大震災関連の報道特別番組を放送した関係で当日の放送は休止となり、3月25日に振替放送した。これをもって、1994年4月から放送開始した同番組は17年の歴史に幕を降ろした。

2013年(平成25年)9月16日に放送された『明石家さんまの転職DE天職 3時間SP!!』にて、恋のから騒ぎ同窓会が行われた。出演当時の映像や卒業後どうなったかを紹介し、スタジオでトークをした。

2016年(平成28年)1月5日に放送された『踊る!さんま御殿!!恋のから騒ぎ大復活!新春4時間初笑いSP』(19:00 - 22:54)では、出演当時の映像や卒業後どうなったかを紹介するだけでなく、スタジオに関根勤、所ジョージをスペシャルゲストに迎え、恋のから騒ぎ卒業生10名だけでなく、イマドキ女子4人も加わってトークを展開した。

ゲストで本番終了後に女性からサインを求められたのは、後にも先にも美輪明宏のみだったそうである。

セットは何度かマイナーチェンジを繰り返しているものの(一番目立つものではモニターハイビジョン化が挙げられる)、基本的にさんまの意向や番組の演出上からずっと初代のものを使用していた。また、スタジオは麹町の旧社屋で収録されている。

放送

1994年4月の初回放送から2004年3月末は、トヨタ自動車一社提供番組だった。なお、トヨタ自動車は2004年4月からは『アリゾナの魔法』の一社提供へと移行した。2007年(平成19年)度(第14期)よりハイビジョン制作で放送。

収録は出演者の職業などが考慮され土曜の夜に2〜3本まとめて収録され、深夜になるため遠方の者には新幹線代や宿泊代が支給されていた。出演者によれば、ギャラはかなり低いと言い、「同じ時間で換算したらバイトの方が高い」という者もいた。

2010年3月20日に放送された『恋のから騒ぎ 16期生ご卒業スペシャル』を以て、16年間に渡った土曜日での放送が終了。2010年4月2日放送分・17期生より金曜日23:30 - 23:58に放送時間が移動した。これに伴い、テレビ宮崎では3年ぶりに同時ネットに移行する一方、テレビ大分ではフジテレビ系列番組の延長により遅れネットが発生する。また、放送曜日移動と同時に地上アナログ放送では画角16:9のレターボックス放送に移行した。金曜日の放送では『金曜ロードショー』の放送時間拡大等の理由で放送時間が遅れることもある。

なお、年末年始24時間テレビ放送日などごく一部を除けば、期首・期末特番を編成する時期でも放送休止となることはめったになかった。

番組開始以来トークコーナーの前後にCMを挿入する構成を採っていたが、2010年10月22日放送分からはトークの途中にCMが入り、トーク終了後CMを挟まずにエンディングの「説教部屋」コーナーを放送する構成になった。

席順

前列には美人で、若く、スタイルも良い女性が座っており、才色兼備が多く、足を斜めにして短いスカートなどの露出の高い服を着ており、タレント志望が多かった。2列目はごく普通か、キャラが濃いが若い女性。東北九州出身で訛りが強い女性が多かった。3列目はキャラも濃く、個性的な美人で、年齢も比較的高めだった。しかし、大企業に就職していたり、自ら会社をいくつも経営していたり、実家も裕福だが親に頼らず出世したなどの高収入者やキャリアウーマンが多かった。そのため、プライドも高いが頭の回転が早くさんまに好かれていた。

前列に座ると、確かにカメラにはよく映り、出演者から「差別だ」と言われていたが、さんまは2列目や3列目のキャラが濃い女性の方が大好きでいじり倒すため、前列はほとんど喋らずに卒業した女性が多く、視聴者にもあまり覚えられていなかった。前列はあだ名もあまりつけてもらえなかった。

ネット局・放送時間

2010年4月からの放送時間。NNN30局フルネットで同時放送されている。

『恋のから騒ぎ』ネット局
放送対象地域 放送局 系列 放送時間 遅れ日数
関東広域圏 | 日本テレビ (NTV)
『恋のから騒ぎ』制作局 | 日本テレビ系列 | 金曜
23:30 - 23:58 | 同時ネット
北海道 | 札幌テレビ (STV)
青森県 | 青森放送 (RAB)
岩手県 | テレビ岩手 (TVI)
宮城県 | ミヤギテレビ (MMT)
秋田県 | 秋田放送 (ABS)
山形県 | 山形放送 (YBC)
福島県 | 福島中央テレビ (FCT)
山梨県 | 山梨放送 (YBS)
長野県 | テレビ信州 (TSB)
新潟県 | テレビ新潟 (TeNY)
静岡県 | 静岡第一テレビ (SDT)
中京広域圏 | 中京テレビ (CTV)
富山県 | 北日本放送 (KNB)
石川県 | テレビ金沢 (KTK)
福井県 | 福井放送 (FBC) | 日本テレビ系列・テレビ朝日系列
(クロスネット)
近畿広域圏 | 読売テレビ (ytv) | 日本テレビ系列
鳥取県島根県 | 日本海テレビ (NKT)
広島県 | 広島テレビ (HTV)
山口県 | 山口放送 (KRY)
徳島県 | 四国放送 (JRT)
香川県・岡山県 | 西日本放送 (RNC)
愛媛県 | 南海放送 (RNB)
高知県 | 高知放送 (RKC)
福岡県 | 福岡放送 (FBS)
長崎県 | 長崎国際テレビ (NIB)
熊本県 | くまもと県民テレビ (KKT)
大分県 | テレビ大分 (TOS) | 日本テレビ系列・フジテレビ系列
(クロスネット)
宮崎県 | テレビ宮崎 (UMK) | フジテレビ系列・日本テレビ系列
テレビ朝日系列
(トリプルネット)
鹿児島県 | 鹿児島読売テレビ (KYT) | 日本テレビ系列
沖縄県 | 沖縄テレビ (OTV) | フジテレビ系列 | 土曜
25:05 - 25:35 | 29日遅れ

かつて放送していた局

変遷

【放送期間】
放送時間(日本時間)
【1994.04.16】
2010.03.20 土曜日 23:00 - 23:30(30分)
【2010.04.02】
2011.03.25 金曜日 23:30 - 23:58(28分)

さんま愛の説教部屋

毎週最後に、トークの内容が最悪であると判断された女性出演者は「さんま愛の説教部屋」に連れて行かれ、様々な仮装・キャラクターに扮したさんま(初期は番組特注の柔道着&ピエロ風メイクのキャラで一貫)から、特製のピコピコハンマーで叩かれて説教されるというのが終了パターンであった。

キャラクターによっては、構成作家の岩立良作が「○○太郎」と呼ばれるキャラクターに扮して登場する。番組開始当初は「ぴこっ」と音がするものを使用していたが、2006年(平成18年)以降は金箔が剥がれやすく、音がしないハンマーが使用されている。さんまはハンマーで本気では叩かない。極めて稀に、説教部屋行きの女性も、さんまにネタにされたキャラクター(オバケのQ太郎、河童など)に、強制的に仮装されることがあり、究極の例では第7期のレギュラー回最後にて、当時出演していた新垣梢の希望により、新垣が狸の姿で叩き役、さんまが叩かれ役と立場が逆転するケースがあった。また、男性ゲストを招いた特番では何故か男性陣として出演していたオフィス北野所属でたけし軍団松尾伴内マセキ芸能社所属の出川哲朗が説教部屋に呼び出されてさんまに叩かれていた。

この説教部屋に呼び出される人(「説教部屋行き」)は原則として1人だけであるが、その日の話の展開によっては2人呼び出されることもある(例として、塩村文夏と和田和子など)。また、ごく稀に3人以上呼び出されたケースや、さんまと同様に「説教してたたく側」として呼ばれるケースもある。

この説教部屋には稀にゲストも入ってくることもあり、なかでもヒロミは説教部屋行きの女性に同情して乱入しては余計な事を言って「説教されてたたかれる側」にされたり、逆に研ナオコが番組特注の柔道着&ピエロ風メイクのキャラでさんまと一緒に「説教してたたく側」として登場していた。

毎回さんまも変装しており、一番多かったのはさんまが昔出会った事がある「すっごいよ〜!」が口癖の沖縄のコーディネイターのおっちゃん。

このように、説教部屋はあまりいいイメージをもたれないが、さんまと約1分半に及ぶ2ショットでのカラみという、シチュエーションとしてこれほど「オイシイ」ものはないことから、ある意味では番組出演者のステータスになっていると言えなくもなく、過去の出演者には「説教部屋行き」を目標とした者も少なくない。最多説教部屋は、年間10回を記録した8期生の山下彩佳と14期生MVPの塩村文夏の2名である。

毎年恒例の行事として、日本テレビの女性アナウンサー内定者が説教部屋に出演する。これは内定式で流されるもので、原則として放送されないが夏目三久アナウンサーが『おしゃれイズム』に出演した際にその模様が放送されたことがある。

あだ名

入れ替わりが多かったことやさんまが名前を覚える事が困難だったため、見た目や言動や職業であだ名をつけていた。

容姿であだ名をつける時にはひどいあだ名もあったが、いじめのようなあだ名は無かった。「コンプレックスだからやめて」と出演者が言うと、逆にさんまは「特徴があって良い」「美人だと特徴がないからあだ名もつけられない」と言われるため、最後にはあだ名を誇りに思っていた。

歴代の主な出演女性

【氏名→現芸名】
【職業】
【ニックネーム】
備考
1期 / 1994年度
小倉弘子 | TBSアナウンサー |  | 現・水内猛夫人
鎌田理奈 | IBC岩手放送アナウンサー→エフエム北海道ディレクター |  | 
島田律子 | タレントエッセイスト |  | 
2期 / 1995年度
真壁京子 | 気象予報士 |  | 
3期 / 1996年度
岡田薫 | ミステリーハンター |  | 
角田久美子 | 日本テレビアナウンサー→日本テレビ編成局 |  | 日テレ女子アナ枠
白井久美子 | ローカルタレントナレーター |  | 
西川史子 | 医師・タレント |  | 
米畑詩子 | 気象予報士 |  | 
4期 / 1997年度
春日井美紀 | タレント→引退(会社員) |  | 
5期 / 1998年度
渡辺奏子→星野奏子 | 歌手 |  | 
6期 / 1999年度
柴田倫世 | 日本テレビアナウンサー→フリーアナウンサー |  | 日テレ女子アナ枠
田中利佳→カリカナタ | お笑いタレント→引退 | 群馬ちゃん | 
山本恵美 | タレント→引退 |  | TBS「ワンダフル」出演の為途中降板
7期 / 2000年度
沢田麗奈 | AV女優 |  | 
田村裕貴子→田村ゆきこ | お笑いタレント |  | 
8期 / 2001年度
小林麻耶 | TBSアナウンサー→フリーアナウンサー |  | 
長安智子 | 山口放送アナウンサー→佐賀テレビアナウンサー→四国放送アナウンサー→テレビ熊本アナウンサー→NHK山口放送局→NHK福岡放送局アナウンサー |  | 
椎名静子 | AV女優 | 大原麗子 | 
宝満円→宝満まどか | タレント→引退 |  | 
9期 / 2002年度
小林麻央 | キャスター・タレント |  | 小林麻耶の実妹
2017年6月に逝去
田中いちえ | タレント |  | 
那須桂子→高沢幸恵 | AV女優 |  | 
西方敦子→西方凌 | 女優・タレント | 左官屋 | 現・木村祐一夫人
正木安曇→正木あずみ | スイミングスクールインストラクター→漫談家 |  | 
藁谷リサ→桐生リサ | AV女優 | グレたメーテル | 
10期 / 2003年度
岩田亜矢那 | タレント |  | 
木村桃枝→神崎ひのり | AV女優 |  | 
河野静香→岡島優里 | AV女優 |  | 
取池奈々 | タレント |  | 
夏波夕日 | 実業家・タレント |  | 
福田佳代→平井まりあ | AV女優 |  | 
水野あいり | AV女優 |  | 
山崎真理→なめたらいかんぜよ。MARI | お笑いタレント |  | 
吉原久恵→よしはら久恵 | お笑いタレント | クエ | 
11期 / 2004年度
池田麻理子 | タレント |  | 
稲垣那祐佳→峰なゆか | AV女優→漫画家 |  | 
大浜芳美→アリカ | キックボクサー |  | 
岡田真奈美 | 食育インストラクター |  | 
河島未怜 | 気象予報士 |  | 
杉本奈穂 | AV女優 |  | 
西園桃子→花園うらら | グラビアアイドル |  | 
真鍋摩緒 | 料理研究家・タレント |  | 
本橋優華 | グラビアアイドル→ファッションディレクター | 告げ口ガールズB | 
福本清子 | タレント | ヌーボ | 福岡のローカルタレント
12期 / 2005年度
荒井志乃 | タレント | おっさん | 
黒木なほ | AV女優 |  | 
白崎あゆみ | MROアナウンサー→引退 |  | 
中山真見 | 読者モデル |  | 
渡部いずみ | タレント | 南米の鳥 | 
13期 / 2006年度
岡崎真美 | アナウンサー | ほんこん | 
倉田麗華 | 政治家 |  | 政治家になる為途中降板
境下潤子→風花 | お笑いタレント |  | 
竹川奈津子→なちゅ | タレント | ギャルサー | 
府中文江→ふちゅうふみえ→府中ふみえ | お笑いタレント | 天野くん | 
山田さつき | フリーキャスター |  | 
14期 / 2007年度
小倉星羅 | アナウンサー(広島テレビ→フリー→千葉テレビ放送) |  | 
塩村文夏 | エッセイスト放送作家→政治家 | 関根勤さんの嫌いな女 | 
竹村りゑ | NHK名古屋キャスター→MROアナウンサー |  | 
斎藤由季子→雪子→斎藤悠 | モデル |  | 
15期 / 2008年度
安里優美 | AV女優 |  | 
津田麻莉奈 | タレント |  | 
時田望 | AV女優 |  | 
森直美 | 静岡朝日テレビアナウンサー |  |  | 佐藤渚 | 元TBSアナウンサー |  | 
16期 / 2009年度
徳田琴美 | 山口放送アナウンサー→フリーアナウンサー |  | 
17期 / 2010年度
芦村幸香 | ボートレーサー |  | 
高見こころ | タレント |  | 
登坂菜里子→浜崎瑞穂、若葉こころ | AV女優 |  | 
坊美希 | モデル・レースクイーン |  | 
牧野結美 | 静岡朝日テレビアナウンサー→フリーアナウンサー |  | 
村山絢香 | NHK盛岡キャスター→元CTC→フリー |  | 

参照

その他

その一方で2003年以降、岡島優里平井まりあ、神崎ひのりといったAV女優が過去のAV出演歴を隠して出演し、発覚後に降板させられるといったケースや、番組出演後にAVデビュー(峰なゆか沢田麗奈、高沢幸恵)というケースなども見られる。

上記の原因によりスポンサーが降板する事態が発生しているため、これらの出演者は番組スポンサーへの配慮から降板後に番組の公式サイトでは出演経歴ごと削除されている。

他には神埼あゆみ、星真里奈、野上愛莉、内藤汐美、佐藤綾香など。

基本的に出演者はタレント志望が多いが、出演するうちにタレントを諦めたり、逆に友人の勧めで出演し全く興味は無かったがタレントになった者もいる。タレント活動を継続している者以外は、ほとんどは卒業後は普通の生活に戻っているが、芦村のようにアスリートとして活動している例もある。

収録時間が長く、深夜にもなるため出演者同士が仲良くなりやすい環境であり、テレビに出演しているが、ほとんど素人なため、恋愛も自由であり出演者同士で合コンへ行ったり、遊びに行き、卒業後も交友関係を続け、結婚式に招待したり、中には出演者の経営する会社に就職したり、共に起業して成功している出演者もいる。また、芸能人と結婚した出演者もいる。

タレントらの採用

素人の女性をオーディションで採用して恋愛トークをするのが同番組のコンセプトであるが、タレントがメンバー入りするケースもある。応募は自選・他選は問わないが、18歳未満と高校生、男性は不可。履歴書と写真を番組に送ることが条件であり、住む場所はどこでも可能。ただし、スタッフは迎えには行かないため、収録には自力で来る事になっていた。2007年度に出演していた塩村文夏(14期生MVP)は、かつてグラビアタレントなどとして活躍し、番組出演時の肩書きはエッセイストで、それまでの活動を元にした話で番組に嵐を呼んでいたが、その後放送作家を経て、2013年より東京都議会議員(みんなの党所属)となっている。また、16期生の中には、ラジオ番組『MBSヤングタウン』(毎日放送)でかつてさんまのアシスタントを務めた大津びわ子の娘が加わっていた。17期生の中には現役タレントでFM大阪の番組BEATLEQUEST(2010年10月4日〜レギュラー)のパーソナリティを務めている高見こころ(別称:こころ)も家事手伝いという肩書きで加わっている。

年間MVP

第2期から1年を代表するメンバーがMVPを受賞する。審査は、さんまとゲストによる。

第1期はMVP制度がなかったため、歴代MVPの紹介時などには“第1期代表”として島田律子ともう一人、水口ひろみが紹介されていたが4期から島田のみになった。

【期間】
【名前】
【通称】
当時の年齢・職業
第1期 | 島田律子 | 国際線スチュワーデス | 26歳・元国際線スチュワーデス
第2期 | 宮沢めぐみ | 歌舞伎男 | 20歳・イベントコンパニオン
第3期 | 槌本正美 | 自称うさぴょん | 24歳・商社勤務
第4期 | 山田貴美子 | アジャ | 22歳・フリーター
第5期 | 荒井瞳 | 水戸泉 | 21歳・短大2年生
第6期 | 今泉有希 | 彼氏はイモ | 19歳・立教大学1年生
第7期 | 登尾佳奈 | 京唄子 | 19歳・フリーター
第8期 | 宝満円 | ホーマン | 20歳・ウェイトレス
第9期 | 藁谷リサ | グレたメーテル | 19歳・美容院受付
第10期 | 吉原久恵 | クエ | 28歳・家事手伝い
第11期 | 加藤恵美 | 彦六師匠 | 25歳・飲食店勤務
第12期 | 光丘仁美 | ジャスミン | 24歳・東京大学大学院2年生
第13期 | 齋藤実奈子 | ミーナ | 20歳・ショップ店員
第14期 | 塩村文夏 | 関根勤さんの嫌いな女 | 29歳・エッセイスト
第15期 | 内藤里奈 | ラリッてるカンガルー | 22歳・成蹊大学文学部日本文学科4年生
第16期 | 緒形千晶 | ハッハハー | 22歳・フリーター
第17期 | 佐藤綾香 | 池袋 | 30歳・会社員

ドラマスペシャル

2004年秋から年に一回放送。主に期末改編特番で、この番組で紹介されたエピソードの中から3篇を選んでドラマスペシャルとして放送されている。さんまはストーリーテラーとして出演。

I〜Vまでは北村一輝が「1%の選ばれし男・公認会計士草柳明」というキザな脇役として出演していた。また、櫻井淳子もI〜Vまでは、1エピソード・1シーンのみ(「三十路の女」、「笑われる女」、「荷台に乗せられる女」、「声が震える女」、「金星から来た女」)出演していた。通常、エピソード前にモデルとなった出演者の簡単な紹介を、エピソード後に出演者のその後と近況が紹介されるのだが、なぜかエピソードIVの「ナマイキな女」ではそういった紹介(第6期MVPの今泉有希と思われる)が一切なかった。 今泉は第14期の卒業スペシャルから、歴代MVPの写真が第5期の水戸泉(荒井瞳)と共に飾られていなかったため、ドラマスペシャルでも、何らかの理由で写真の使用を拒否したと思われる。

〜Love Stories〜

2004年9月25日放送。視聴率16.2%。

  1. 「三十路の女」(主演:酒井法子)
  2. 「海に落とされた女」(主演:内山理名)
出典:wikipedia
2020/08/15 08:50

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「恋のから騒ぎ」の意味を投稿しよう
「恋のから騒ぎ」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

恋のから騒ぎスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「恋のから騒ぎ」のスレッドを作成する
恋のから騒ぎの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail