このキーワード
友達に教える
URLをコピー

愛新覚羅溥儀とは?

この記事には参考文献や外部リンクの一覧が含まれていますが、脚注による参照が不十分であるため、情報源が依然不明確です。適切な位置に脚注を追加して、記事の信頼性向上にご協力ください。(2019年6月)
【宣統帝】


第12代皇帝
3歳の宣統帝(右)

【王朝】

【在位期間】
1908年12月2日 - 1912年2月12日
1917年7月1日 - 1917年7月12日(丁巳復辟)
【都城】
紫禁城
【姓・諱】
愛新覚羅溥儀
【満州語】
aisin gioro pu i
【字】
耀之
【生年】
光緖32年1月14日(1906年2月7日)
【没年】
1967年10月17日
【父】
醇親王載灃
【母】
福晋幼蘭
【年号】
宣統 (gehungge yoso): 1909年 - 1912年
(満州国)大同 : 1932年 - 1934年
(満州帝国)康徳 : 1934年 - 1945年
康徳帝
康德帝
満洲国皇帝
満洲国皇帝時代の溥儀

【在位】
1932年3月9日 - 1934年3月1日(執政)
1934年3月1日 - 1945年8月18日(皇帝)
【戴冠】
1932年3月9日道台衙門(執政)
1934年3月1日、於杏花村順天広場(告天礼)・皇宮勤民楼(即位式)
【別号】
浩然 ()、ヘンリー(英名)
【】

【全名】
愛新覚羅溥儀
【出生】
(1906-02-07) 1906年2月7日
北京
【死去】
(1967-10-17) 1967年10月17日(61歳没)
中国北京
【埋葬】
1995年
中国河北省保定市易県華龍皇家陵園
【配偶者】
一覧参照

【王家】
愛新覚羅氏
【愛新覚羅 溥儀】

【各種表記】

繁体字: 愛新覺羅 溥儀
簡体字: 爱新觉罗 溥仪
拼音: Àixīnjuéluó Pǔyí
【和名表記:】
あいしんかくら ふぎ
【発音転記:】
アイシンジュエルオ プーイー
ラテン字: P'u-i

愛新覚羅 溥儀(あいしんかくら ふぎ、アイシンギョロ・プーイー、満州語:ᠠᡞᠰᡞᠨ
ᡤᡞᠣᠷᠣ
ᡦᡠ ᡞ
、転写:aisin gioro pu i、1906年2月7日 - 1967年10月17日)は、大清国第12代にして最後の皇帝(在位:1908年12月2日 - 1912年2月12日)、後に満州国執政(1932年3月9日 - 1934年3月1日)、皇帝(在位:1934年3月1日 - 1945年8月18日)。1960年から中華人民共和国中国人民政治協商会議(政協)文史研究委員会専門委員、1964年から政協全国委員を兼任。

は「耀之」。は「浩然」。辛亥革命後の呼称としては、廃帝国民党政府から呼ばれる一方、旧清朝の立場からは遜帝(「遜」は「ゆずる」の意)とも呼ばれた。末代皇帝(末帝)と呼ばれる場合もある。また、唯一火葬された皇帝のため「火龍(龍は皇帝を指す)」とも呼ばれる。

目次

  • 1 概要
  • 2 生涯
    • 2.1 年表
    • 2.2 生誕
    • 2.3 第12代清朝皇帝
    • 2.4 清朝崩壊と退位
    • 2.5 袁世凱の皇帝即位
    • 2.6 張勲復辟事件
    • 2.7 ジョンストンとの出会い
    • 2.8 結婚
    • 2.9 改革
    • 2.10 慈善活動
    • 2.11 紫禁城追放
    • 2.12 日本への接近と困惑
    • 2.13 ジョンストンとの別れと再会
    • 2.14 静かな暮らし
    • 2.15 国共内戦と東陵事件
    • 2.16 文繍との離婚
    • 2.17 満洲事変
    • 2.18 満洲国建国と清朝復辟の画策
    • 2.19 満洲国執政就任
    • 2.20 皇帝即位
    • 2.21 日満議定書
    • 2.22 関東軍による介入拡大
    • 2.23 日本国内からの反発
    • 2.24 初来日
    • 2.25 溥傑と嵯峨浩の結婚
    • 2.26 日中戦争(支那事変)
    • 2.27 二度目の来日
    • 2.28 第二次世界大戦
    • 2.29 満洲国崩壊と退位
    • 2.30 ソ連への抑留
    • 2.31 婉容の死
    • 2.32 東京裁判
    • 2.33 収監
    • 2.34 釈放後
    • 2.35 政協全国委員
    • 2.36 死去
    • 2.37 死後
  • 3 家族
    • 3.1 正妻と側室
    • 3.2 再婚
  • 4 自伝
  • 5 題材にした諸作品
    • 5.1 書籍
    • 5.2 映画
    • 5.3 テレビドラマ
    • 5.4 宝塚歌劇
    • 5.5 漫画
  • 6 関連項目
  • 7 脚注
    • 7.1 注釈
    • 7.2 出典
  • 8 参考文献

概要

中華圏最後の皇帝であり、その生涯を題材にした映画から『ラストエンペラー』として知られる。幼帝として2歳で清朝皇帝に即位し、元号から宣統と称される。辛亥革命後は遜清皇室小朝廷として大清皇帝の尊号で保護されるも張勲復辟事件で復位して12日間で再び退位。

その後は紫禁城に住むことを許されるものの、北京政変で紫禁城を追われてしまう。さらに当初庇護を受けようとしたイギリスオランダ公館に庇護を拒否されてしまい、天津日本租界で日本公館の庇護を受けた。

これ以降の縁で、満州事変以降関東軍の主導で建国された満洲国の執政に就任、満州国軍大元帥満州国協和会名誉総裁などを兼任し、帝政移行後の大満洲帝国で皇帝に即位した。満州国皇帝としては元号から康徳と称されることもある。太平洋戦争(大東亜戦争)における日本の敗戦と、ソビエト連邦軍の侵略を受けた満州帝国の崩壊とともに退位した。

ソ連赤軍の捕虜となって中華人民共和国に引き渡され、1959年撫順戦犯管理所からの釈放後の1960年には中国共産党の方針により北京植物園に勤務したが、すぐに政協文史研究委員会専門委員に就任した。さらに晩年の1964年には、満州族の代表として政協全国委員に選出され、北京で生涯を終えた。

生涯

年表

生誕

1906年に、清朝の第11代皇帝光緒帝の皇弟である醇親王載灃と、光緒帝の従兄弟で、西太后の腹心栄禄の娘である瓜爾佳氏・幼蘭の子として、清国(大清帝国)の首都である北京に生まれる。祖父愛新覚羅奕譞曽祖父道光帝となる。

第12代清朝皇帝

溥儀(右)と醇親王に抱かれる溥傑(1909年)

1900年に発生した義和団の乱を乗り越え、当時依然として強い権力を持っていた西太后が1908年光緒帝の後継者として溥儀を指名したことにより、溥儀はわずか2歳10か月で皇帝に即位させられ、清朝の第12代・宣統帝となった。即位式は紫禁城太和殿で行われ、新しい皇帝の即位は世界各国で大きく報じられた。その後宣統帝は多くの宦官や女官らとともに紫禁城で暮らすこととなる。

西太后は宣統帝を後継者とするとともに、宣統帝の父・醇親王を監国摂政王に任命して政治の実権を委ね、同年11月14日に光緒帝が崩御した翌日に74歳で崩御した。

光緒帝の崩御に関して、当初から毒殺されたのではないかという説があり、2007年に行われた調査では、光緒帝の遺髪から大量の砒素が検出されたため、毒殺の可能性がより濃厚になった。

誰が光緒帝を暗殺したかについては、西太后と光緒帝の死亡時期が近いため、「西太后が光緒帝を自分よりも長生きさせないために暗殺した」とする説がある一方で、「戊戌変法で光緒帝を裏切っている袁世凱が、光緒帝が復権して自身に報復するのを恐れて暗殺した」という説もあり、溥儀は自伝『わが半生』では「袁世凱による殺害」という見方を示している。しかしいずれも確たる証拠がなく、誰が光緒帝を暗殺したかは不明である。

清朝崩壊と退位

中華民国臨時大総統に就任した袁世凱

その翌年の1909年初めに醇親王は、兄である光緒帝を裏切って戊戌変法を潰したとして憎んでいた北洋大臣直隷総督袁世凱を失脚させ、さらに袁世凱を殺害しようとしたが、内部情報を得た袁世凱はかろうじて北京を逃れ河南省彰徳蟄居することとなった。

その後袁世凱は、清国政府による民間資本鉄道の国有化とその反対運動をきっかけに1911年10月10日辛亥革命が勃発すると、湖北省武昌で起きた反乱(武昌起義)の鎮圧を名目に政界に復帰した。袁世凱は清国政府に第2代内閣総理大臣の地位を要求するとともに、醇親王の摂政王退位を要求した。

反乱鎮圧のために袁世凱の武力に頼らなければならない清朝政府は袁世凱の要求を受け入れたが、袁世凱はさらに、孫文らと宣統帝を退位させる代わりに自らが中華民国臨時大総統に就任するという裏取引をし、隆裕皇太后に溥儀の退位を迫り、隆裕皇太后は皇族を集めて連日御前会議を開いた。

その席上粛親王善耆恭親王溥偉などは退位に激しく反対したが、清朝皇族が頼りとしていた日本陸軍士官学校留学生で皇族出身の良弼が暗殺されるという事態におよび、隆裕皇太后はついに皇帝退位を決断し、1912年2月に宣統帝は退位することとなった。粛親王は日本租借地旅順へ、恭親王はドイツ租借地青島に逃れてその後も清朝復辟運動を行った。

溥儀の皇帝退位にあたり、清朝政府と中華民国政府との間に「清帝退位優待条件」が締結された。優待条件は、

などが取りきめられた。そのため溥儀は退位後も紫禁城で宦官らと皇帝としての生活を続けた。この頃、弟の溥傑と初対面を果たした。

袁世凱の皇帝即位

その後、袁世凱は溥儀に代わり自らが「皇帝」となるべく奔走し、1915年12月12日に「帝政復活」を宣言して皇帝に即位した。その後、1916年1月1日より年号を洪憲と定め、国号を「中華帝国」に改めた。だが北洋軍閥や日本政府などの各方面からの強い反対により、即位直後の同年3月に退位することを余儀なくされ、失意の中で同年6月に死去した。

張勲復辟事件

復辟時の溥儀

袁世凱が死去した翌年の1917年に、対ドイツ問題で黎元洪大総統と政敵の段祺瑞の確執が激化し、同年5月23日には黎元洪が段祺瑞を罷免に追い込んだものの、民国期になっても辮髪を止めないほどの保守派で、革命後も清朝に忠節を尽す張勲が、この政治的空白時に乗じて王政復古によって政権を奪還しようと、中華民国の立憲君主制を目指す康有為を呼び寄せて、すでに退位していた溥儀を再び即位させて7月1日に帝政の復古を宣言。いわゆる「張勲復辟事件」に発展した。

張勲は幼少の溥儀を擁して自ら議政大臣と直隷総督兼北洋大臣となり、国会及び憲法を破棄し、共和制廃止と清朝の復辟を成し遂げるも、仲間割れから段祺瑞に敗れオランダ公使館に避難。最終的に溥儀の復辟は13日間で挫折した。その後中国大陸は馮玉祥蒋介石張作霖などの軍閥による勢力争いという、混沌とした状況を迎えることとなる。

ジョンストンとの出会い

溥儀が使用していた英語の教科書
婉容(前)とジョンストン(左)、イザベル・イングラム(右)
文繍
関東大震災

その後、溥儀の後見役的立場になっていた醇親王載灃と、西太后の側近であった李鴻章の息子で、清国の欽差全権大臣を務め、駐イギリス特命全権大使でもあった李経方の勧めによって、近代的な西洋風の教育と併せて英語の教育を受けることを目的に、1919年3月にイギリス拓務省官僚で、中国語に堪能であったスコットランド人のレジナルド・ジョンストンを帝師(家庭教師)として紫禁城内に招聘した。

ジョンストンは、1919年3月3日に13歳の溥儀と初めて面談した際の様子を次のように記し、イギリス本国に報告した。

この若い皇帝は、英語も、その他のヨーロッパ語もまったく知らないけれども、学習意欲は極めて高くて、知的関心も旺盛である。(中略)シナの政治的地位や他国との比較における重要度についても、誤った考えや誇張された考えに囚われていないように見受けられる。(中略)とても「人間味のある」少年で、活発な性質、知性、鋭いユーモアのセンスの持ち主である。さらに礼儀作法がすばらしく立派で、高慢心とは無縁である。環境が極端に人為的であったことや仰々しく見せかける宮廷日課を考慮すると、これはむしろ驚くべきことである。 — レジナルド・ジョンストン、『完訳 紫禁城の黄昏』第11章(中山理 訳)

溥儀は当初、見ず知らずの外国人であるジョンストンを受け入れることを拒否していたものの、ジョンストンとの初対面時にその語学力と博学ぶりに感心し、一転して受け入れることを決断した。ジョンストンは紫禁城内には居住せず、城外の後門付近に居住し自動車で通勤した。

ジョンストンより日々教育をうける中で、自動車や洋服自転車電話、英語雑誌などのヨーロッパの最新の輸入品を与えられ、その後「洋服には似合わない」との理由で辮髪を切るなど、紫禁城内で生活をしながらも、ジョンストンがもたらした英国風の生活様式と風俗、思想の影響を受けることとなる一方、溥儀の西洋化に対し敵意を持った一部の宦官や女官たちとそれらと仲の良い新聞などから、ジョンストンは攻撃を受けることとなる。

この頃溥儀はキリスト教徒(プロテスタント)のジョンストンより、「ヘンリー(Henry)」という名を与えられ、その後もこの名前を好んで使用した。溥儀はイギリス風の名を持ったものの、同様の多くの中国人と同じくキリスト教徒にはならなかった上、この名前は欧米人に対してのみ使用し、決して公式の場で使用したり、中国人に対しては使用しなかった。

結婚

その後の1922年11月には、満洲旗人ダフール族の郭布羅氏・婉容を皇后として、蒙古旗人の鄂爾徳特氏・文繍を淑妃として迎え、紫禁城において盛大な結婚式を挙げる。

溥儀自身は「時代遅れの慣習である」として淑妃を迎えることに反対したものの、側近らの勧めで1人だけ迎えることに同意した。また、結婚後には中国の皇帝として初めてイギリスや日本フランスなどの外交官を中心とした外国人を招待した「歓迎会」を催した。

結婚後に婉容の家庭教師として北京生まれのアメリカイザベル・イングラムが就任し、婉容にはイングラムより「エリザベス(Elizabeth)」の英名が与えられた。この頃自分用の自動車を入手した他、婉容とともにイギリスやアメリカへの留学を画策するものの、実現することはなかった。

改革

この頃、溥儀は中華民国内の混沌とした政情の中にあったものの、正妻とジョンストンらの側近、宦官らとともに紫禁城の中で平穏な日々を過ごしていたが、清国の大阪総領事総理衙門章京、湖南布政使等を歴任した後の1924年に総理内務府大臣(教育掛)となった鄭孝胥の薦めを受けて、退位を受けて予算が減らされた紫禁城内の経費削減と近代化を推し進めた。

同年6月には、美術品が多く置かれている紫禁城内の「建福院」の目録一覧を作成し、これまで頻繁に行われていた宦官による美術品の横領を一掃することを目論んだものの、目録作成直後の6月27日未明に一部の宦官らが「建福院」に放火し、横領の証拠隠滅を図った。

これに激怒した溥儀は、中華民国政府の力を借りて約1,200名いた宦官のほとんどを一斉解雇し、日頃の宦官による横暴に対して怒りを感じていた国民やマスコミから称賛をうけた。その後も長年紫禁城に居ついていた女官を追放するなど、紫禁城内の経費削減と近代化を推し進め議論を呼んだ。

慈善活動

当時溥儀は、中華民国内における洪水や飢饉、さらには生活困窮者に対して常に同情を寄せ、これらの支援のために多くの義捐金を送ったものの、その全ては自らの命令でさらに匿名で行っていた。

1923年9月1日に日本で起きた関東大震災においては、ジョンストンから震災の発生を伝えられると、即座に日本に対する義捐金を送ることを表明し、併せて紫禁城内にある膨大な宝石などを送り、大日本帝国側で換金し義捐金とするよう芳沢謙吉公使に伝えた。

これに対し大日本帝国政府(以降、日本政府と略す)は、換金せずに評価額と同じ金額を皇室から支出し、宝石などは皇室財産として保管することを申し出た。その後日本政府は代表団を溥儀のもとに送り、この恩に謝した。なおこの際に、「溥儀は何の政治的な動機を持たず、純粋に同情の気持ちを持って行った」とジョンストンは自書の中で回想している。

紫禁城追放

馮玉祥(左から2番目)や張作霖(同3番目)

その後も中国の武力統一を図る軍閥同士の戦闘はますます活発化し、1924年10月には馮玉祥と孫岳が起こした第二次奉直戦争に伴うクーデター(北京政変)が発生し、直隷派の曹錕が監禁され馮玉祥と孫岳が北京を支配することとなった。さらに馮玉祥と孫岳は政変後に、帝号を廃し清室優待条件の一方的な清算を通達し、紫禁城に軍隊を送り溥儀とその側近らを紫禁城から強制的に退去させた。

当初溥儀は醇親王の王宮である北府へ一時的に身を寄せ、その後ジョンストンが総理内務府大臣の鄭孝胥と陳宝琛の意向を受けて上海租界天津租界内のイギリス公館やオランダ公館に庇護を申し出たものの、ジョンストンの母国であるイギリス公館からは内政干渉となることを恐れ受け入れを拒否された。

日本への接近と困惑

竹本多吉大佐夫妻とともに(1924年)
在北京日本公使館

頼りにしていたイギリスとオランダから受け入れを拒否されたジョンストンは、関東大震災の義捐金などを通じて溥儀と顔見知りであった芳澤謙吉特命全権公使に受け入れを打診した。

これに対して芳澤公使は最終的に受け入れを表明し、溥儀ら一行は11月29日に北京の日本公使館に入り、日本政府による庇護を受けることになった。翌1925年2月には鄭孝胥と日本の支那駐屯軍、駐天津大日本帝国総領事館の仲介で、溥儀一行の身柄の受け入れを表明した日本政府の勧めにより天津市の日本租界の張園に移ることとなる。

この事は、1905年日露戦争の勝利によるロシア権益の移譲以降、満洲への本格進出の機会を狙っていた日本陸軍(関東軍)と溥儀がその後緊密な関係を持ち始めるきっかけとなるものの、この頃の日本政府及び日本陸軍の立場は、あくまで第一次世界大戦における同盟国であり、当時も強力な友好国であるイギリス国民であるジョンストンの申し出を受けて、イギリスとオランダが受け入れを拒否した溥儀を一時的に租界内に庇護するだけであり、溥儀との関係を積極的に利用する意思はなかった。

それどころか日本政府は、紫禁城から強制的に退去されたものの当時も中華民国および満洲に強い影響力を持っており、政治的に微妙な立場にいた溥儀を受け入れることが、中華民国に対する内政干渉になりかねないと困惑していた。

ジョンストンとの別れと再会

イギリスの租借領時代の威海衛(1930年)

溥儀が清室優待条件を失ったことを受けて同年に帝師を辞任したジョンストンは、天津港からP&Oの汽船でイギリスに帰国した。なお、ジョンストンはイギリスに帰国する直前に天津に滞在していた溥儀を訪問し、この際に溥儀はジョンストンに記念品を下賜している。

しかしジョンストンは、溥儀と別れた2年後に1927年にイギリスの租借領であるポート・エドワード(威海衛)の植民地行政長官(弁務官)に就任することとなり再び中華民国へと戻ることとなり、1930年10月に威海衛がイギリスから中華民国へ返還されるまでこの地に駐在した。

イギリスに帰国したジョンストンは、その知識、経験と語学力を生かしてロンドン大学東洋学及び中国語教授に就任し、1931年に太平洋会議への出席のために再び中華民国を訪れた際に溥儀と再会する。

その後1934年に、溥儀の家庭教師時代から溥儀の満洲国「元首」(執政)までの動向を綴った「紫禁城の黄昏」(原題:『Twilight in the Forbidden City』)を著し、翌1935年には満洲国を訪れ「執政」となった溥儀と再会するなど、生涯を通じて溥儀との交流は続いた。

静かな暮らし

天津時代の溥儀と婉容
離婚後の文繍

ジョンストンは去ったものの、溥儀の住んでいた日本租界のある天津は、この頃の国共内戦の主な戦闘地域から離れていたことや、日本やイギリス、フランスなどの列強をはじめとする外国租界が多かったため、両軍が租界を持つ諸外国に刺激を与えることを恐れたこと、さらに張作霖爆殺事件以降、急速に関東軍の支配が強まっていたこともあり、国共内戦などの影響を受けることはなかった。

日本政府は、既に皇帝の座を退いていたものの社会的影響力も高く注目を受けていた溥儀の扱いに引き続き苦慮していたものの、この様な状況下で溥儀を自国の租界から追い出すわけにもいかないため、溥儀はその後も天津の日本租界の張園、後に移転した協昌里の静園に留まり、婉容と文繍、そして鄭孝胥をはじめとする紫禁城時代からの少数の側近らとともに静かに暮らしていた。

国共内戦と東陵事件

この頃に至っても中華民国国内の政治的状況は混沌としたままで、1927年4月には「上海クーデター」が勃発し、蒋介石率いる中国国民党右派が対立する中国共産党を弾圧した。その後、蒋介石南京にて「南京国民政府」を設立し、党および中華民国政府の実権を掌握するものの、同年7月に国共合作を破棄したことで、ソビエト連邦からの支援を受けた中国共産党の残党が反発し国共内戦がはじまる。

溥儀を紫禁城から追放するきっかけとなった北京政変後の1926年に政権を掌握した張作霖の政権も磐石なものではなかった。張作霖は、孫文の没後にその後を継いだ中国国民党右派の蒋介石1928年に開始した北伐により北京より脱出したものの、同年6月、乗っていた列車を関東軍に爆破されて死亡した(張作霖爆殺事件)。その後張作霖の息子の張学良蒋介石に降伏し、その後両者は相通じて関東軍に対し挑発行動を繰り返すこととなる。

このような政治的混乱のなかで、1928年に国民党の軍閥孫殿英の軍隊が河北省の清東陵を略奪するという事件が発生した(東陵事件)。なかでも乾隆帝の裕陵と西太后の定東陵は墓室を暴かれて徹底的な略奪を受けた。溥儀は国民政府に抗議したが、孫殿英は国民党の高官に賄賂を贈っていたためになんら処罰されることはなく、溥儀を大いに憤慨させた。東陵事件は溥儀にとって紫禁城を退去させられた時以上に衝撃的な事件であり、これによって清朝復辟の念を一層強くしたという。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

出典:wikipedia
2019/07/21 13:20

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「愛新覚羅溥儀」の意味を投稿しよう
「愛新覚羅溥儀」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

愛新覚羅溥儀スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「愛新覚羅溥儀」のスレッドを作成する
愛新覚羅溥儀の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail