このキーワード
友達に教える
URLをコピー

愛甲猛とは?


コーチ歴

  • TOKYO METS

この表について
この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

プロジェクト:野球選手 テンプレート


愛甲 猛(あいこう たけし、1962年8月15日 - )は、神奈川県逗子市出身の元プロ野球選手(内野手外野手投手、左投左打)・俳優実業家野球評論家コーチ

長男は、社会人野球クラブチームTOKYO METSの選手兼任コーチである愛甲大樹。

目次

  • 1 経歴
    • 1.1 プロ入り前
    • 1.2 ロッテ時代
    • 1.3 中日時代
    • 1.4 引退後
  • 2 人物・エピソード
  • 3 プレースタイル
  • 4 薬物使用
  • 5 詳細情報
    • 5.1 年度別投手成績
    • 5.2 年度別打撃成績
    • 5.3 表彰
    • 5.4 記録
    • 5.5 背番号
  • 6 関連情報
    • 6.1 著書
    • 6.2 DVD
    • 6.3 出演
      • 6.3.1 映画
  • 7 脚注
  • 8 関連項目
  • 9 外部リンク

経歴

プロ入り前

小学生から野球を始める。体が成長し始めた中学時代は身体能力の高さからバレーボールバスケット水泳などにも誘われるほどだった。

横浜高校では1年生から左のエースとなり、1978年第60回全国高等学校野球選手権大会に出場。途中、1年生の時に副キャプテンの安西という人物と一緒になって1か月にわたって野球部の合宿所を脱走して不良仲間の家を転々としていたが、警察に保護されて当時監督を務めていた渡辺元が身元を引き受ける形で野球部に戻った。3年時の1980年にはエースで3番打者を務め、第62回全国高等学校野球選手権大会決勝戦では、アイドル的な人気を得ていた早稲田実業のエース・荒木大輔に投げ勝ち優勝した。

ロッテ時代

本人は地元である横浜大洋ホエールズ西武ライオンズへの入団を希望していたが、同年のドラフト会議ロッテオリオンズから1位指名を受ける。ドラフト前に愛甲を最も熱心に誘ったのは大洋で、原辰徳の外れ1位と言われていた。大洋から指名されなかった場合は社会人のプリンスホテル硬式野球部を経由して西武に入団するという密約を西武と結んでいたため、ドラフト後の記者会見で「ロッテにはいきたくありません」と発言してしまい、露骨に嫌な表情を浮かべた写真や映像が知られることなった。しかし、他の指名選手に遅れて入団。入団発表での記者会見で「野球をやめたら吊るしの洋服屋がやりたい」というコメントを残す。入団後は高橋博士のものだった背番号1を与えられた(高橋は背番号を15に変更)。また愛甲を目当てに多くのファン、とりわけ女性(後述)がキャンプや試合に訪れた。イベントにも女性が殺到し、バレンタインデーには280個のチョコレートが届いた。

1年目の1981年は開幕から一軍に上がり8試合に登板。6月25日西武を相手に先発するが、早々に打込まれ降板、敗戦投手となる。9月23日には2度目の先発、近鉄橘健治と投げ合い6回を3失点と好投するが、7回には森脇浩司に3点本塁打を喫し力尽きた。翌1982年は5試合の登板にとどまるが、1983年は中継ぎに回り、チーム最多の48試合に登板している。

4年目の1984年からは野手へ転向。チームの主砲落合博満に弟子入りして打撃技術向上に取り組む。落合に受けた自主トレスパルタ教育そのもので、余りの厳しさに愛甲がつい「これでも甲子園優勝投手ですよ」とこぼすと、落合は「そんなに甲子園がいいなら甲子園に帰ればいい」と一喝。愛甲はこれでプライドを捨てる事ができたという。落合は厳しい指導の反面、愛甲を可愛がり、行動を共にすることが多かった。打者転向に一番大きな役割を果たしてくれたと愛甲は自著『球界の野良犬』で語っている。またこの自著によると、当時のロッテは落合派と有藤派に分かれているとされ、打者として頭角をあらわして以降の愛甲は落合派の代表とみなされたが、「お互い一匹狼のオチさんと自分が派閥なんてつくるはずはなかった」と反論している。

野手転向3年目となる1986年には主に右翼手として一軍に定着、66試合に先発出場し打率.265を記録した。翌1987年のシーズン前半は一塁手、後半は山本功児にポジションを譲り、主に両翼を守った。1988年は開幕から五番打者、一塁手として起用され、チームの主軸として本塁打17本と初の二桁を記録、また初めて規定打席(13位、打率.286)にも到達した。近鉄のパ・リーグ優勝がかかった、10.19のダブルヘッダー第1試合では、初回に小野和義から先制2ラン本塁打を放った。1989年には三番打者としてリーグ8位の打率.303を記録し、ゴールデングラブ賞も獲得。1990年には右翼手に回り自己最多の21本塁打を放つ。翌1991年は一塁手に戻り、1994年まで定位置を守った。

1988年6月25日から1992年7月11日にかけて535試合連続フルイニング出場を記録し、当時のパ・リーグ記録を樹立した。なお、連続フルイニング出場が途切れたのは、1992年7月11日に5打席5三振(1試合の三振日本タイ記録)の上に、決勝点の要因となる悪送球を犯して翌日はスタメン落ちしたためである。それでも、1987年10月20日から続けている連続試合出場は継続し、1993年6月6日まで694試合連続出場(当時パ・リーグ歴代5位)を記録した。なお、愛甲の自著によると、連続試合出場が途切れたのは当時の八木沢荘六監督が起用を忘れていたためであるといい、その振る舞いに失望した旨が記されている。

1995年は、ボビー・バレンタインが監督に就任すると、打撃不振の影響もあってチーム構想から外れ、出場機会が激減した。オフには無償トレード中日ドラゴンズに移籍。

中日時代

1996年は主に外野手として起用されるが、1997年からは大豊泰昭山崎武司の控え一塁手として、また代打の切り札としても活躍した。同年は12試合に先発出場、打率.283を記録している。

1999年には規定打席不足ながら10年振りの3割となる打率.387と勝負強さを見せ、リーグ優勝に貢献した。同年のダイエーとの日本シリーズでは2試合に代打として出場、第2戦では9回に自身のシリーズ初安打を放つ。翌2000年限りで現役を引退した。

引退後

飲食店経営やサラリーマンなど職を転々とした後、タレントに転身。映画(Vシネマ)に端役として出演したほか、一時期はプロ野球マスターズリーグにも参加した。

2002年には失踪騒動が起こる。様々な憶測を呼んだが、本人は「3日ほど温泉に行っていただけ」と語っており、タレントとして契約していた芸能プロダクションとのトラブルにより、失踪という報道が出てしまったのが原因と主張した。

2006年に芸能事務からは独立。東京都錦糸町化粧品サプリメント企画会社の経営をはじめた。

2008年に雑誌「スコラ」で、野球コラムを連載。

2014年、雑誌「BUBKA」の連載コラム内で、左人差し指血行障害を公表。早期発見のため大事には至らず、完治した。

2017年11月26日、子息も所属する社会人野球クラブチームTOKYO METSのコーチに就任。

人物・エピソード

高校時代は彫りの深い端正な顔立ちと野球の実力を兼ね備えたことから、特に女性の間で絶大な人気と知名度を誇った「甲子園のアイドル」だった一方、悪童としても知られた。 中学時代から不良の道にも精を出し始め、タバコシンナー万引き暴走族など、悪いと言われる事は全てやったという。愛甲に限らず不良は当時の愛甲の周囲において極めて多かったようであり、愛甲が中学1年生の頃、1学年で万引きをした生徒が170人も明らかになったと本人が語っている。横浜高校へは授業料免除の特待生で、寮生活の野球漬けのはずが、高校2年まではタバコ・女・シンナーをやっていた。しかし、3年の時に本気で甲子園での優勝を目指してタバコ以外は断った。高校時代のあだ名は「あんぱん」であったという。高校卒業間際には暴行事件が発覚。愛甲はチームメイトや関係者らに謝罪したが、横浜高校はこの一件が原因で対外試合禁止処分を受け、春の大会に出場できなかった。甲子園優勝投手の暴行事件として写真週刊誌に愛甲が謝罪中の場面が掲載されたため反響を呼んだ。

愛甲が在学していた時期の横浜高校は後の愛甲自身の証言によると偏差値が30台前半と推測されるほど勉学に力が入っていない高校であったと語り、愛甲自身も「名前をきちんと書いただけでテストで5点が加算された」と体験談を語っている。

下宿先である渡辺元智監督宅の電話を毎晩夜遅くまで使い、そのために渡辺家の電話代は通常の何倍にもなってしまったが、当の渡辺監督は「それで愛甲が立ち直ってくれるなら」と、黙認していた。

当時の横浜高校野球部内でのイジメ、シゴキについて「他の学校は知らないけど、自分の時代は、1年生はゴミ、2年生は人間、3年生は神様だから。周りには3年生から『コーラ買って来い』と言われ、平仮名で『せんえん』って書かれた紙キレを握りしめて買いに行ったヤツもいた。砂利の上に正座させられての説教なんて日常茶飯事。自分が入学する前の出来事だと、コーラの王冠を後輩の頭の上に乗せて、王冠目がけてシューズでパッカーンと殴る先輩もいた」と語る。 当時の野球部のモットーは『根性とハッタリでは負けるな』。遠征試合の時は全員が“ドカン”っていう太いズボンをはいて行く。試合前の挨拶で両校が整列する時は『相手よりあとに集合して、相手が引き揚げるまで帰ってくるな。相手からは絶対に目を離すな』と言われていた。 余りの練習の辛さにバーベルを自らの足に落とし骨折させ練習を休む者、2階から飛び降りて両足を折り、練習を休もうとする人など、故意に怪我をする人間が多発したという。

当時の横浜高校では野球部に限らず他の部でも同様の行為が行われていたようであり、プロレス関連の書籍に収録されている2017年に行われた鈴木みのる(横浜高校の6年後輩)との対談では愛甲本人が概して「掃除当番など正当な理由があったとしても、先輩よりも後から来た者は頭の上に熱々のカレーうどんを乗せられるなどの懲罰を受けた」と語っている。他にも「帰宅部の生徒が保健体育の授業の時間に粋がった態度を取っていたところ、教員がいきなり授業をボクシングに変更し、ボクシングの名目でその生徒を殴った」というエピソードを明かしている。

1980年春の甲子園での優勝後は、「優勝パレードの翌日にスナックで酒を飲んでたら、知り合いの社長が来て、一緒に堀之内ソープに行った。あの時は待合室にお姉さんたちが集まって、サイン会になった」という。優勝後は学校内での扱いもそれまでとは一変し、「学校内での授業中に別室に呼び出されてお茶お菓子を出されて、色紙にサインを書かされ、なんならタバコも吸うかと言われた」という状況も味わったという。

高校3年秋のドラフト会議前には、愛甲の獲得を希望する西武プリンスホテルの関係者から接触があった。小遣いとして毎回10万円をもらい、ソープでの接待なども受けたという。社会人チームであるプリンスホテルからは異例の4000万円という支度金を提示されたが、愛甲は地元球団である横浜大洋ホエールズ入りを希望しており、ドラフト指名先が大洋でなければプリンスホテル入りと考えていた。ドラフト会議の結果、ロッテに1位指名されたが大洋を希望していた事もあり嫌な表情を浮かべ、ロッテ関係者が挨拶に来た日には女との先約があったのですっぽかしたそうである。

ロッテへの入団後はドラフト指名された瞬間とは違い、特に不満を述べることはなかった。名実ともに「ロッテの顔」となった打者転向後はファンサービスにも熱心であった。後に1990年のドラフト会議でその年の注目選手だった小池秀郎投手がロッテからの1位指名を拒否し(その後、松下電器を経て近鉄に入団。)、「ロッテにだけは行きたくない」と発言した話を聞くと「あんな風に公に批判をするもんじゃない。もし、僕が彼の先輩だったらぶん殴ってやりますよ」と憤った。

1989年は一時期、打率.330を超え首位打者争いをするなど絶好調だったが、シーズン終盤に調子が急落。打率も3割を下回りそうなスランプにあえいだが、ある試合でオリックスの三塁手を務めていた松永浩美に「サードに転がせばヒットにしてやるよ」と言われたことをきっかけに内野安打で出塁。調子を取り戻し、3割を達成した。

ロッテが川崎球場から千葉マリンスタジアムに本拠地を移した1992年、2試合だけ川崎球場での公式戦が組まれた。愛甲はこのうち7月4日の近鉄戦で高村祐から本塁打を放ったが、その本塁打は川崎球場におけるプロ野球一軍公式戦での最後に記録された本塁打となった。

ロッテ時代の応援歌にソルティー・シュガーの「走れコウタロー」が使われていた。

まだ球団名がロッテオリオンズだった川崎球場時代と、千葉移転初期のサンライズピンク(ロゴ、番号、ラインの色)のユニフォームだった頃に、一人だけ背番号の1が「下部に横棒の付いた1」であった(1995年よりその仕様が標準化。また同学年・プロ同期の秋山幸二も、背番号1だった時期に特例で同様の書体にしていた)。

夫人とはロッテ所属時代に国鉄横須賀線の車内で出会った。酔っ払いに絡まれ、偶然愛甲の隣の座席に逃げてきた現夫人に電話番号を書いた紙を渡したことをきっかけに、後日きた彼女からの返事で交際が始まった。

愛甲自身は、アルコールは全く飲まない。

1996年打撃用ヘルメットのフラップ(耳当て)が義務づけられた後も、特例規定で、フラップのないヘルメットを2000年の引退まで着用し続けた。

2009年8月、娘が千葉マリンスタジアムで売り子のアルバイトをしていることが報じられた。これは自らの著書でも触れられている。

プレースタイル

打撃では勝負強いバッティングを武器に主軸を打っており、1988年から3年連続で2ケタ本塁打を放つなどしたが、21本を放った1990年は低打率だったため、それ以降は確実性重視のバッターに変わった。

守備は一塁手を中心に外野手もこなした。1989年にはゴールデングラブ賞を獲っている。股関節が柔らかく180度開脚して送球を受けることができた。

頑丈な選手としても知られる。1988年から1992年にかけての535試合連続フルイニング出場は、2018年に秋山翔吾に破られるまでパ・リーグ記録であった。

薬物使用

週刊誌などで自らの薬物使用を何度も告白している(週刊現代2001年4月発売号、SPA!2008年発売号、週刊新潮2009年7月23日号)。それらによると、中日時代の1990年代末に体力の衰えをカバーするため、ホルモン剤の「アンドロステンジオン」を服用したという。薬を使ったトレーニングの効果として、すべての力、体力・持久力・精力が異常に強くなった。副作用に関しては「引退(2000年)の2年前から、激しい動悸が起きるようになったため量を減らした」「引退から3カ月ほど経ったころ、足が異様にむくんだりして、病院で『静脈血栓』と診断され、即入院を言い渡された」など、薬物の危険性を語っている。結果的に薬物の使用による副作用で故障がちとなり、選手寿命を縮めることになったが、著書では「後悔はしていない」とも述べている。

なお、自身が「プロテインを使用したトレーニングなど様々な肉体改造を模索した末、医師と相談した上でマーク・マグワイアと同じアンドロステンジオンを服用した」と語るように、当時の野球界はドーピングに対する禁止規定は無く、批判も少なかった(アンドロステンジオンは当時サプリメントとしてアメリカ国内で合法的に販売されていた)、自身もアナボリックステロイドの副作用や、陸上競技のスター選手・フローレンス・グリフィス=ジョイナーの急死事件を考慮するなど、当時の時代背景で認められる範囲の使用であったことも語っている。後にバルコ・スキャンダルなどを発端としてドーピングに対する目が厳しくなる中、「昔は認められたが現在は認められない行為」として自身の体験を引き合いにドーピングの危険性について警鐘を鳴らす機会も増えている。

詳細情報

年度別投手成績






























ブ




ド
































ボ











W
H
I
P

1981 | ロッテ | 8 | 2 | 0 | 0 | 0 | 0 | 2 | 0 | -- | .000 | 83 | 17.0 | 21 | 2 | 12 | 0 | 4 | 7 | 1 | 0 | 19 | 19 | 10.06 | 1.94
1982 | 5 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | -- | ---- | 22 | 5.1 | 9 | 3 | 2 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 4 | 4 | 6.75 | 2.06
1983 | 48 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | -- | ---- | 126 | 24.2 | 23 | 4 | 28 | 2 | 2 | 16 | 1 | 0 | 16 | 12 | 4.38 | 2.07
通算:3年 61 | 2 | 0 | 0 | 0 | 0 | 2 | 0 | -- | .000 | 231 | 47.0 | 53 | 9 | 42 | 2 | 6 | 23 | 2 | 0 | 39 | 35 | 6.70 | 2.02

年度別打撃成績









































































O
P
S

1981 | ロッテ | 13 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | ---- | ---- | ---- | ----
1982 | 5 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | ---- | ---- | ---- | ----
1983 | 48 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | ---- | ---- | ---- | ----
1984 | 2 | 6 | 6 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 1 | 0 | .000 | .000 | .000 | .000
1985 | 40 | 63 | 59 | 10 | 18 | 6 | 0 | 2 | 30 | 8 | 0 | 2 | 0 | 1 | 3 | 0 | 0 | 9 | 1 | .305 | .333 | .508 | .842
1986 | 108 | 294 | 268 | 35 | 71 | 9 | 2 | 7 | 105 | 26 | 4 | 5 | 8 | 4 | 12 | 0 | 2 | 55 | 3 | .265 | .297 | .392 | .689
1987 | 105 | 316 | 292 | 39 | 76 | 20 | 2 | 8 | 124 | 31 | 2 | 5 | 3 | 2 | 18 | 1 | 1 | 44 | 8 | .260 | .304 | .425 | .728
1988 | 130 | 538 | 493 | 61 | 141 | 30 | 0 | 17 | 222 | 63 | 7 | 2 | 2 | 3 | 34 | 3 | 6 | 72 | 11 | .286 | .338 | .450 | .788
1989 | 130 | 576 | 528 | 66 | 160 | 34 | 2 | 13 | 237 | 65 | 8 | 3 | 0 | 0 | 46 | 1 | 2 | 111 | 15 | .303 | .361 | .449 | .810
1990 | 130 | 580 | 523 | 75 | 127 | 27 | 0 | 21 | 217 | 72 | 15 | 4 | 6 | 3 | 48 | 1 | 0 | 112 | 5 | .243 | .305 | .415 | .720
1991 | 130 | 565 | 495 | 46 | 134 | 30 | 2 | 8 | 192 | 59 | 7 | 3 | 11 | 4 | 55 | 4 | 0 | 92 | 8 | .271 | .341 | .388 | .729
1992 | 130 | 534 | 464 | 42 | 127 | 26 | 2 | 8 | 181 | 53 | 4 | 5 | 15 | 6 | 42 | 1 | 7 | 83 | 8 | .274 | .339 | .390 | .729
1993 | 125 | 456 | 398 | 42 | 100 | 27 | 2 | 8 | 155 | 33 | 3 | 2 | 10 | 5 | 41 | 3 | 2 | 58 | 9 | .251 | .321 | .389 | .710
1994 | 111 | 363 | 327 | 41 | 95 | 20 | 2 | 5 | 134 | 41 | 1 | 2 | 3 | 0 | 31 | 0 | 2 | 49 | 1 | .291 | .356 | .410 | .765
1995 | 46 | 121 | 105 | 6 | 19 | 4 | 0 | 2 | 29 | 7 | 1 | 0 | 3 | 0 | 12 | 3 | 1 | 27 | 4 | .181 | .271 | .276 | .547
1996 | 中日 | 56 | 91 | 82 | 7 | 17 | 3 | 0 | 4 | 32 | 17 | 0 | 0 | 0 | 3 | 5 | 0 | 1 | 22 | 3 | .207 | .253 | .390 | .643
1997 | 93 | 121 | 99 | 8 | 28 | 5 | 1 | 2 | 41 | 20 | 0 | 0 | 2 | 4 | 16 | 0 | 0 | 18 | 3 | .283 | .370 | .414 | .784
1998 | 78 | 78 | 62 | 9 | 14 | 2 | 0 | 2 | 22 | 13 | 0 | 0 | 1 | 1 | 13 | 1 | 1 | 13 | 1 | .226 | .364 | .355 | .718
1999 | 38 | 34 | 31 | 3 | 12 | 1 | 0 | 0 | 13 | 3 | 0 | 0 | 0 | 0 | 3 | 0 | 0 | 6 | 0 | .387 | .441 | .419 | .861
2000 | 14 | 13 | 12 | 1 | 3 | 1 | 0 | 1 | 7 | 2 | 0 | 0 | 0 | 0 | 1 | 0 | 0 | 2 | 2 | .250 | .308 | .583 | .891
通算:20年 1532 | 4749 | 4244 | 491 | 1142 | 245 | 15 | 108 | 1741 | 513 | 52 | 33 | 64 | 36 | 380 | 18 | 25 | 774 | 82 | .269 | .330 | .410 | .740

表彰

記録

初記録(投手記録)
初記録(打撃記録)
節目の記録
その他の記録

背番号

関連情報

著書

DVD

出演

映画

脚注

  1. ^ 東邦出版『KAMINOGE』vol.65 p54-68
  2. ^ 愛甲猛が明かす荒木大輔との決勝ドラマ「女の子の悲鳴はすごかった」
  3. ^ 愛甲猛を擁する横浜が悲願の「夏の甲子園」制覇した「第62回大会」
  4. ^ 愛甲猛「ロッテ入団が決まったらカラオケデュエットで3万円も」
  5. ^ 【2月14日】1981年(昭56) やっぱりチョコはロッテ!愛甲、バレンタインデーに280個
  6. ^ 大打者との数奇な巡り合わせ、名一塁手・山本功児逝去。「いぶし銀」として存在感を発揮したプロ野球人生
  7. ^ 2018年に秋山翔吾が更新。
  8. ^ “【西武】秋山、パ・リーグ新536試合連続フルイニング出場”. スポーツ報知. (2018年7月21日). https://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20180721-OHT1T50234.html 2018年7月23日閲覧。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/01/27 11:57

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「愛甲猛」の意味を投稿しよう
「愛甲猛」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

愛甲猛スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「愛甲猛」のスレッドを作成する
愛甲猛の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail