このキーワード
友達に教える
URLをコピー

愛知揆一とは?

愛知 揆一
あいち きいち
1971年(63 - 64歳)

【生年月日】
1907年10月10日
【出生地】
東京都千代田区(旧・麹町区)
【没年月日】
(1973-11-23) 1973年11月23日(66歳没)
【死没地】
東京都新宿区
【出身校】
東京帝国大学(現・東京大学)
【前職】
国家公務員(大蔵省)
【所属政党】
(自由党→)
自由民主党
【称号】
従二位
勲一等旭日桐花大綬章
【配偶者】
妻・愛知富子
【親族】
養女・愛知絢子
娘婿・愛知和男
孫・愛知治郎
第77代 大蔵大臣

【内閣】
第2次田中角榮内閣
【在任期間】
1972年12月22日 - 1973年11月23日
第97-98代 外務大臣

【内閣】
第2次佐藤第2次改造内閣
第3次佐藤内閣
【在任期間】
1968年11月30日 - 1970年1月14日
第29代 内閣官房長官

【内閣】
第1次佐藤第2次改造内閣
【在任期間】
1966年8月1日 - 1966年12月3日
第84-85代 文部大臣
第14-15代 科学技術庁長官

【内閣】
第3次池田改造内閣
第1次佐藤内閣
【在任期間】
1964年7月18日 - 1965年6月3日
衆議院議員

【選挙区】
宮城県第1区
【当選回数】
7回
【在任期間】
1955年2月28日 - 1973年11月23日
その他の職歴

第12代 法務大臣
第11代 自治庁長官

(1958年10月28日 - 1959年1月12日)
第18代 内閣官房長官
(1957年7月10日 - 1958年6月12日)
第11代 通商産業大臣
第7代 経済審議庁長官

(1954年1月9日 - 1954年12月10日)
参議院議員
(1950年6月5日 - 1955年2月1日)

愛知 揆一(あいち きいち、1907年10月10日 - 1973年11月23日)は、日本大蔵官僚政治家。初め参議院議員、後に衆議院議員に転じ、外務大臣大蔵大臣などを歴任。

目次

  • 1 来歴・人物
  • 2 その他
  • 3 家族
  • 4 演じた俳優
  • 5 脚注
    • 5.1 注釈
    • 5.2 出典
  • 6 参考文献
  • 7 外部リンク

来歴・人物

東京市麹町区に、愛知敬一・祥夫妻の長男として生まれた。父・敬一は物理学者で、1911年(明治44年)に東北帝国大学理科大学物理学科の教授に就任したため、一家は仙台市へ移った。母・祥の実家も代々漢学者の系統という家柄で、一家を上げての学者家庭だったという。

愛知は旧制宮城県第二中学校(現在の仙台第二高等学校)、旧制第二高等学校を経て東京帝国大学法学部政治学科に入学、1931年(昭和6年)に卒業した。二中時代には、柔道部に所属していた。学生時代は秀才として鳴らし、中学時代には同級生で後に最高裁判所長官となる岡原昌男と常に成績トップの座を競い合ったり、東大法学部時代には刑法牧野英一民法我妻栄という大家の下で学び、成績も「優」を10個取得すれば秀才と言われた中にあって15個も取得するなど、秀才ぶりを伝える逸話もある。

中学3年の折に父・敬一がフグによる食中毒で満42歳で急死した。

東京帝大卒業後は大蔵省に入省し、財務書記として英・仏に駐在したほか、ロンドン国際経済会議随員・蔵相秘書官・文書課長(1945年)を務める。主に財務・国際金融を担当した。終戦後は、同省官房長銀行局長(1947年)などを歴任し、GHQによる財閥解体のなかで日本の金融界を守るべく腐心した。

1950年(昭和25年)に大蔵省を退官し、同年実施された第2回参議院議員通常選挙において参議院全国区から自由党公認で立候補して初当選、参議院議員に就任した。それまでの経験と政策能力は、同じく大蔵省出身で当時大蔵大臣を務めていた池田勇人から高く評価され、1952年(昭和27年)の池田・ロバートソン会談には、政府代表として池田に随行した。

当時の内閣総理大臣・吉田茂の側近として「吉田13人衆」のひとりにも数えられ、1952年(昭和27年)に組閣された第5次吉田内閣では、通商産業大臣経済審議庁長官に起用された。

1955年(昭和30年)、第27回衆議院議員総選挙宮城県第1区から立候補して当選、衆議院議員に転じた(当選同期に田村元椎名悦三郎唐沢俊樹高村坂彦渡海元三郎丹羽兵助など)。

同年、保守合同に伴って自由民主党に参加、1957年(昭和32年)発足した岸信介政権では第1次岸改造内閣内閣官房長官第2次岸内閣では法務大臣自治庁長官に就任した。岸の退陣をうけて発足した池田勇人政権の下では1964年(昭和39年)発足の第3次池田改造内閣文部大臣科学技術庁長官を務めた。この頃から愛知は次第に池田による高度経済成長政策を批判するようになり、代わって岸に接近、岸の実弟・佐藤栄作派閥である佐藤派に所属した。同派内では、田中角栄保利茂松野頼三橋本登美三郎とともに「佐藤派五奉行」と呼ばれ、「社会開発」「人間尊重」のスローガンを佐藤政権誕生のブレーンとして取りまとめた。

1964年(昭和39年)11月、池田の病気退陣を受けて佐藤政権が発足すると、愛知は第1次佐藤内閣文部大臣兼科学技術庁長官、第1次佐藤内閣第2次改造内閣で内閣官房長官、第2次佐藤内閣第2次改造と続く第3次佐藤内閣外務大臣を歴任した。外務大臣としては沖縄返還に向けての日米交渉を担当し、1972年(昭和47年)には沖縄返還協定が締結されることとなった。

長期政権となった佐藤の退任時には、佐藤が後継者と考えていた福田赳夫ではなく田中角栄を支持、田中が自民党総裁選挙立候補に際しての政策立案を行った。1972年(昭和47年)7月、田中は自由民主党総裁に選出され内閣総理大臣に就任した。

1972年(昭和47年)12月22日、第33回衆議院議員総選挙後に第2次田中角栄内閣が組閣されると、愛知は大蔵大臣に起用された。田中が政権の「切り札」としてこの最も困難な時期に積極財政論者の愛知を大蔵大臣に起用したことからは、田中が愛知の実力を高く評価していたことがうかがえる。

1973年(昭和48年)2月には、スミソニアン体制が完全に崩壊を見せるなか、愛知の裁断で、変動相場制への移行が決定され、外国為替取引が大きく転換する状況を生じた。さらに、「日本列島改造論」によって、景気過熱による極端な物不足とインフレーションが起こっていたところに、同年10月初旬からの第四次中東戦争により生じた第一次オイルショックが顕在化、産油国からの石油供給が削減されたことによって、インフレと物不足はフルギャロップで昂進した。そうしたなか愛知は積極的に各国を訪問し、経済外交を推進した。

このような状況において緊急石油対策や昭和48年度補正予算案の編成などが行われるなか、激務で疲労の極みにあった愛知は風邪をこじらせる。11月22日夜半には高熱を訴え、翌23日夕刻に文京区湯島の自宅から信濃町慶應病院救急車で搬送されたが、病院に着いたときにはすでに意識を失っていた。そのまま意識を回復することなく、入院から間もない同日午後9時50分死去、まだ66歳だった。25日には蔵相会議に出席するためパリへ出発する予定だった愛知は、救急車の中で 「俺は、俺は、こんなことでは死なないぞっ」 と声を振り絞るように叫び、次第に意識が混濁する中でうわ言のようにフランス語を口走っていたという。慶應病院への搬送には25分を要したが、自宅から目と鼻の先(およそ5分で行けたという)の本郷には東大病院があり、もしこちらへ搬送されていたら助かったかもしれないことが今更のように悔やまれた。

訃報を聞いて病院に駆けつけた田中は愛知の遺体の前にただ呆然として言葉にならず、「巨星墜つ… この時期に愛知君を喪ったのは痛い…」と呟くのがやっとだった。懐刀の死を嘆いた田中は内閣の改造に踏み切り、後任の蔵相には均衡財政論者である福田赳夫が就任した。

その他

家族

愛知夫妻には実子がなく、富子夫人の姪・絢子を養女とした。なお愛知富子は、2007年(平成19年)2月26日に死去した。享年91。

愛知の後継者は、絢子の夫で娘婿・愛知和男(旧姓中田)である。愛知和男は、地盤を継ぎ、1976年(昭和51年)の総選挙で衆議院議員となり、環境庁長官防衛庁長官を歴任した。愛知の孫にあたる愛知治郎は元参議院議員で、愛知和男の次男である。

演じた俳優

脚注

注釈

  1. ^ ともに第25回卒業生。ただし岡原は、小学校・中学校でそれぞれ1年ずつ飛び級しており、愛知よりも実年齢では2歳年下になる。
  2. ^ 中島『巨星墜つ』によれば、愛知急逝の報を受けて慶應病院に駆けつけた二階堂進内閣官房長官は、「22日(11月22日、入院・死去の前日)の閣議では補正予算案を説明したが、その前に開いた緊急石油対策推進本部の会議ではひとことも発言しなかったので、問題を深刻に考えているんだろう、ぐらいに考えていた。しかし今から思えば、あの時既に疲れ切っていたんだろう。」と述べ、激務に斃れた愛知を思いやったという。
  3. ^ 現職閣僚の死亡は、1945年(昭和20年)の阿南惟幾陸軍大臣の死亡(自決)以来28年ぶりのことだった。

出典

  1. ^ 愛知揆一(あいちきいち)とは”. コトバンク. 2019年8月3日閲覧。
  2. ^ 中島信吾『巨星墜つ:百年の逸材:仙台二高』。
  3. ^ 愛知 揆一(アイチ キイチ)とは”. コトバンク. 2019年8月3日閲覧。

参考文献

 | 
出典は列挙するだけでなく、脚注などを用いてどの記述の情報源であるかを明記してください。記事の信頼性向上にご協力をお願いいたします。(2019年6月)

外部リンク

公職
先代:
植木庚子郎 |  大蔵大臣
第77代:1972年 - 1973年 | 次代:
福田赳夫
先代:
三木武夫 |  外務大臣
第96・97代:1968年 - 1971年 | 次代:
福田赳夫
先代:
橋本登美三郎
石田博英 |  内閣官房長官
第29代:1966年
第18代:1957年 - 1958年 | 次代:
福永健司
赤城宗徳
先代:
灘尾弘吉 |  文部大臣
第84・85代:1964年 - 1965年 | 次代:
中村梅吉
先代:
佐藤栄作 |  科学技術庁長官
第14・15代:1964年 - 1965年 | 次代:
上原正吉
先代:
佐藤栄作 |  総理府原子力委員会委員長
第14・15代:1964年 - 1965年 | 次代:
上原正吉
先代:
唐澤俊樹 |  法務大臣
第12代:1958年 - 1959年 | 次代:
井野碩哉
先代:
青木正 |  自治庁長官
第11代:1958年 - 1959年 | 次代:
青木正
先代:
岡野清豪 |  通商産業大臣
第11代:1954年 | 次代:
石橋湛山
先代:
岡野清豪 |  経済審議庁長官
第7代:1954年 | 次代:
高碕達之助
大蔵大臣
大蔵卿 | 

大蔵大臣 | 
  • 松方正義
  • 渡辺国武
  • 井上馨
  • 松田正久
  • 西園寺公望
  • 曾禰荒助
  • 阪谷芳郎
  • 桂太郎
  • 山本達雄
  • 若槻禮次郎
  • 高橋是清
  • 武富時敏
  • 寺内正毅
  • 勝田主計
  • 市来乙彦
  • 井上準之助
  • 勝田主計
  • 濱口雄幸
  • 早速整爾
  • 片岡直温
  • 三土忠造
  • 藤井真信
  • 町田忠治
  • 馬場鍈一
  • 結城豊太郎
  • 賀屋興宣
  • 池田成彬
  • 石渡荘太郎
  • 青木一男
  • 櫻内幸雄
  • 河田烈
  • 小倉正恒
  • 賀屋興宣
  • 津島壽一
  • 広瀬豊作
  • 渋沢敬三
  • 石橋湛山
  • 矢野庄太郎
  • 栗栖赳夫
  • 北村徳太郎
  • 泉山三六
  • 大屋晋三 臨時代理
  • 池田勇人
  • 向井忠晴
  • 小笠原三九郎
  • 一万田尚登
  • 佐藤栄作
  • 水田三喜男
  • 田中角栄
  • 福田赳夫
  • 植木庚子郎
  • 愛知揆一
  • 大平正芳
  • 坊秀男
  • 村山達雄
  • 金子一平
  • 竹下登
  • 渡辺美智雄
  • 宮澤喜一
  • 橋本龍太郎
  • 海部俊樹
  • 羽田孜
  • 林義郎
  • 藤井裕久
  • 武村正義
  • 久保亘
  • 三塚博
  • 松永光
  • 宮澤喜一

  • 財務大臣 | 
  • 宮澤喜一
  • 塩川正十郎
  • 谷垣禎一
  • 尾身幸次
  • 額賀福志郎
  • 伊吹文明
  • 中川昭一
  • 与謝野馨
  • 藤井裕久
  • 菅直人
  • 野田佳彦
  • 安住淳
  • 城島光力
  • 麻生太郎


  • 外務大臣
    外国事務総裁 | 
    江戸幕府 | 

    明治政府 | 
  • 仁和寺宮嘉彰親王


  • 外国事務総督 | 
  • 山階宮晃親王
  • 三条実美
  • 伊達宗城
  • 東久世通禧
  • 澤宣嘉

  • 外国事務局督 | 
  • 山階宮晃親王

  • 外国官知事 | 
  • 伊達宗城
  • 澤宣嘉

  • 外務卿 | 
  • 澤宣嘉
  • 岩倉具視
  • 副島種臣
  • (副島種臣(外務事務総裁))
  • 寺島宗則
  • 井上馨

  • 外務大臣 | 
  • 井上馨
  • 伊藤博文
  • 大隈重信
  • 青木周藏
  • 榎本武揚
  • 陸奥宗光
  • 西園寺公望
  • 大隈重信
  • 西徳二郎
  • 大隈重信
  • 青木周蔵
  • 加藤高明
  • 曾禰荒助
  • 小村壽太郎
  • 加藤高明
  • 西園寺公望
  • 林董
  • 寺内正毅
  • 小村寿太郎
  • 内田康哉
  • 桂太郎
  • 加藤高明
  • 牧野伸顯
  • 加藤高明
  • 大隈重信
  • 石井菊次郎
  • 寺内正毅
  • 本野一郎
  • 後藤新平
  • 内田康哉
  • 山本權兵衞
  • 伊集院彦吉
  • 松井慶四郎
  • 幣原喜重郎
  • 田中義一
  • 幣原喜重郎
  • 犬養毅
  • 芳澤謙吉
  • 齋藤實
  • 内田康哉
  • 廣田弘毅
  • 有田八郎
  • 林銑十郎
  • 佐藤尚武
  • 廣田弘毅
  • 宇垣一成
  • 近衛文麿
  • 有田八郎
  • 阿部信行
  • 野村吉三郎
  • 有田八郎
  • 松岡洋右
  • 豊田貞次郎
  • 東郷茂徳
  • 東條英機
  • 谷正之
  • 重光葵
  • 鈴木貫太郎
  • 東郷茂徳
  • 重光葵
  • 吉田茂
  • 芦田均
  • 吉田茂
  • 岡崎勝男
  • 重光葵
  • 岸信介
  • 藤山愛一郎
  • 小坂善太郎
  • 大平正芳
  • 椎名悦三郎
  • 三木武夫
  • 愛知揆一
  • 福田赳夫
  • 大平正芳
  • 木村俊夫
  • 宮澤喜一
  • 小坂善太郎
  • 鳩山威一郎
  • 園田直
  • 大来佐武郎
  • 伊東正義
  • 園田直
  • 櫻内義雄
  • 安倍晋太郎
  • 倉成正
  • 宇野宗佑
  • 三塚博
  • 中山太郎
  • 渡辺美智雄
  • 武藤嘉文
  • 羽田孜
  • 柿澤弘治
  • 河野洋平
  • 池田行彦
  • 小渕恵三
  • 高村正彦
  • 河野洋平
  • 田中眞紀子
  • 小泉純一郎
  • 川口順子
  • 町村信孝
  • 麻生太郎
  • 町村信孝
  • 高村正彦
  • 中曽根弘文
  • 岡田克也
  • 前原誠司
  • 松本剛明
  • 玄葉光一郎
  • 岸田文雄
  • 河野太郎
  • 茂木敏充


  • ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    出典:wikipedia
    2019/09/22 23:08

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「愛知揆一」の意味を投稿しよう
    「愛知揆一」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    愛知揆一スレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「愛知揆一」のスレッドを作成する
    愛知揆一の」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail