このキーワード
友達に教える
URLをコピー

指原莉乃とは?

移動先: 案内検索
 | 
この存命人物の記事には検証可能な出典が不足しています。信頼できる情報源の提供に協力をお願いします。存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的に中傷・誹謗・名誉毀損あるいは有害となるものはすぐに除去する必要があります。(2013年9月)

 | 
お願い:プロフィールに関しては公式発表されたものを記載してください。

 | 
個人記事においては「じゃんけん大会の結果を記載するのは、選抜入りした場合のみとするローカルルールが制定されています。記載した場合は除去します。

さしはら りの
指原 莉乃
指原 莉乃

【プロフィール】

愛称
さっしー、さしこ(ちゃん)、莉乃ちゃん
生年月日
1992年11月21日
現年齢
25歳
【出身地】
日本大分県大分市
血液型
O型
【公称サイズ(2018年時点)】

身長 / 体重 159 cm / kg
スリーサイズ
73 - 53 - 81.5 cm
単位系換算
【身長 / 体重】
5 4 / lb
【スリーサイズ】
29 - 21 - 32 in

【活動】

【ジャンル】
アイドル
所属グループ
HKT48
【活動期間】
2008年3月1日 -
【備考】
AKB48 研究生(5期生)→チームB→チームA→HKT48 チームH
【他の活動】
HKT48劇場支配人兼務
=LOVEプロデューサー
【事務所】
太田プロダクション
【レーベル】
キングレコード(AKB48)
ユニバーサルミュージック(HKT48)
avex trax(ソロ)
【主な出演作】
ミューズの鏡
薔薇色のブー子
【主な楽曲】
それでも好きだよ
恋するフォーチュンクッキー
バグっていいじゃん
アイドル: テンプレート - カテゴリ

指原 莉乃(さしはら りの、1992年11月21日 - )は、日本アイドル、アイドルプロデューサー。女性アイドルグループHKT48チームHのメンバーであり、AKB48およびSTU48の元メンバー、AKB48の派生ユニットNot yetのメンバーである。また尾崎充とともにHKT48劇場支配人を務める。女性アイドルグループ=LOVEのプロデューサーを務める。大分県大分市出身。太田プロダクション所属。

目次

  • 1 略歴
  • 2 人物
    • 2.1 AKB48
    • 2.2 HKT48
  • 3 AKB48・HKT48・STU48での参加曲
    • 3.1 シングル
    • 3.2 アルバム
    • 3.3 劇場公演ユニット曲
  • 4 作品
    • 4.1 シングル
    • 4.2 ソロ楽曲
    • 4.3 参加作品
  • 5 タイアップ
  • 6 プロデュース
    • 6.1 イベント
    • 6.2 アイドル
  • 7 監督作品
    • 7.1 映画
    • 7.2 CM
  • 8 コンサート
  • 9 出演
    • 9.1 バラエティ・情報番組
    • 9.2 ネット配信
    • 9.3 テレビドラマ
    • 9.4 テレビアニメ
    • 9.5 広報番組
    • 9.6 ラジオ
    • 9.7 映画
    • 9.8 劇場アニメ
    • 9.9 舞台
    • 9.10 CM
    • 9.11 イベント
  • 10 受賞歴
  • 11 書籍
    • 11.1 著書
    • 11.2 写真集
    • 11.3 雑誌連載
    • 11.4 カレンダー
  • 12 脚注
    • 12.1 注釈
    • 12.2 出典
  • 13 外部リンク

略歴

2007年

2008年

2009年

  • 2月8日から開催されたチームB 4th Stage「アイドルの夜明け」公演では、ユニット曲「愛しきナターシャ」のメンバーである片山陽加田名部生来と3人でユニット名「チーム狩人。」とし、メンバー各人が「ドリアン指原」、「ディーバスセニョリータ片山」、「グロリアス田名部」と名乗り活動した
  • 6月から7月にかけて実施された『AKB48 13thシングル選抜総選挙「神様に誓ってガチです」』では27位でアンダーガールズ入り。
  • 8月23日に開催された『読売新聞創刊135周年記念コンサート AKB104選抜メンバー組閣祭り』の夜公演において、10月よりチームAへの異動が発表された(実際にチームAへ異動になったのは2010年7月27日)。

2010年

  • 3月25日に行われた『AKB48 満席祭り希望 賛否両論』の夜公演において、太田プロダクションから移籍打診があったことが発表され、当時所属していたAKSから移籍。
  • 4月30日から、指原莉乃オフィシャルブログ「指原クオリティー」を始めた。
  • 5月から6月にかけて実施された『AKB48 17thシングル選抜総選挙「母さんに誓って、ガチです」』では19位で総選挙初の選抜入り。「涙サプライズ!」以来の選抜に復帰。
  • 8月28日、指原本人には知らされずに「ヘビーローテーション」のテレビコマーシャルに挿入する形で、「指原莉乃 改め さしこ」という改名告知が行われた。『24時間テレビ 「愛は地球を救う」』出演中の名札も「さしこ」名義のものであり、AKB48公式プロフィールおよび太田プロダクション公式プロフィールも「さしこ」に変更された。しかし、翌8月29日に改名は冗談であり、単なる企画であったと発表された。名札、プロフィールを変更するまでの徹底ぶり、本人のブログ記事 などを受け、インターネットニュースなどでは実際に「さしこに改名する」との報道がなされた。28日は戸惑っていたが、29日になってブログで経緯について説明した。
  • 9月から10月にかけて『めちゃ×2イケてるッ!』の新メンバーオーディションにAKB48を代表して参加したが、3次審査で落ちた。
  • 10月13日発売の『月刊ヤングマガジン』(講談社)2010年11月号より、指原を主人公にした4コマ漫画「うざりの」 が連載開始。連載開始にあたり、2010年10月号(2010年9月8日発売)で指原のプチグラビアとインタビューが掲載された。
  • 12月4日午前0時から24時間以内に、ブログ更新100回に挑戦し、アメーバブログランキング1位を目指すことが同年12月3日放送の『週刊AKB』で発表され、12月4日23時55分に目標の100回更新を達成し、翌12月5日更新のアメーバブログランキングでは当日のアクセス数3,500万ページビューを達成し歴代1位となった。

2011年

  • 1月12日(1月11日深夜)、AKB48メンバー初の単独冠番組『さしこのくせに〜この番組はAKBとは全く関係ありません〜』がTBS大分放送で放送開始された。
  • 1月21日に開催された『AKB48 リクエストアワーセットリストベスト100 2011』において、大島優子北原里英横山由依と4人で新ユニット「Not yet」を結成し、3月16日に「週末Not yet」でデビュー。
  • 5月20日、再び『週刊AKB』の企画で、前回の倍となるブログ更新200回に挑戦。同日午前9時よりチャレンジを開始し、翌21日午前8時53分に200記事更新を達成した。200記事目には2万以上ものコメントが寄せられ、また20日から21日にかけてのアクセス数は9,100万ページビューを超え、記事についたコメント数も81万件を超えた。これは当時のAmebaにおける史上最大の記録となった。ギネス世界記録が「24時間での個人ブログへの最多コメント」に認定した。
  • 5月から6月にかけて実施された『AKB48 22ndシングル選抜総選挙「今年もガチです」』では9位で、メディア選抜に選ばれる。
  • 10月5日から『笑っていいとも!』の水曜日レギュラーとして出演(2012年4月から月曜日レギュラー)。2014年3月31日の同番組最終回スペシャルまでレギュラーで出演。

2012年

  • 1月8日に幕張メッセで開催された「上からマリコ」劇場盤発売記念大握手会において、avex traxから、自身が主演するドラマ『ミューズの鏡』の主題歌でソロデビューすることが発表された。
  • 2月22日、ファッションブランド「サマンサタバサ」のイメージモデルである「サマンサミューズ」に加わることを発表した。
  • 4月18日、大分市観光大使に就任。
  • 5月2日、ソロデビューシングル「それでも好きだよ」を発売し、オリコンデイリー1位を獲得。
  • 5月4日の18時から24時間以内にGoogle+へ300回投稿することが、当日の読売新聞朝刊の全面広告、当日の朝のGoogle+投稿、当日放送の『週刊AKB』によって発表され、5月5日17時3分に300投稿を達成した。
  • 5月から6月にかけて実施された『AKB48 27thシングル選抜総選挙』では4位に入り、選抜メンバーに選ばれる。
  • 6月16日(6月15日深夜)放送の『AKB48のオールナイトニッポン』において、『週刊文春』(2012年6月21日号)によって過去に元ファンの男性と交際していたと報じられたことに関して、事実でないことも記載されていると語ったが、その男性が友人であったことは認め、ファンや関係者に向けて謝罪した。プロデューサーの秋元康は「明日から」HKT48に移籍するように命じた。
  • 6月25日、自身がプロデュースするアイドルイベント『指原莉乃プロデュース 第一回ゆび祭り〜アイドル臨時総会〜』を日本武道館で開催。
  • 7月5日、HKT48劇場で開催された『チームH 1st Stage「手をつなぎながら」』公演にHKT48として初出演し、公演中にチームHに所属することも発表された。
  • 7月22日、『FNS27時間テレビ 笑っていいとも!真夏の超団結特大号!!徹夜でがんばっちゃってもいいかな?』で、「指原たった1人の残念ライヴ」を開催したが、途中でドッキリ企画としてAKB48からかつて指原の所属したチームA・チームBのメンバーと笑福亭鶴瓶扮するツタンカーメンを模した「ツルベカーメン」が登場した。
  • 7月23日、チームAメンバーとしてAKB48劇場での最後の公演となった、特別公演『指原莉乃 壮行会』が開催された。
  • 8月12日、AKB48劇場で開催された「HKT48チームH出張公演/AKB48劇場『手をつなぎながら』公演」に出演し、壮行会から約3週間でAKB48劇場のステージに立つことになった。
  • 10月17日、2ndソロシングル「意気地なしマスカレード」を「指原莉乃 with アンリレ」名義で発売し、オリコン週間1位を獲得した。

2013年

  • 4月28日、日本武道館で開催された『AKB48グループ臨時総会 〜白黒つけようじゃないか!〜』最終日の夜公演にて、HKT48劇場支配人を兼任することが発表された。メンバーと劇場支配人との兼任はグループ史上初。これによりHKT48劇場支配人は尾崎充との二人体制となった。
  • 5月から6月にかけて実施された『AKB48 32ndシングル選抜総選挙』では当時の最高獲得票数 150,570票で1位を獲得し、初のセンターポジションに就くこととなった。AKB48の姉妹グループに所属するメンバーが総選挙で1位を獲得するのは初めて。地元・大分市に帰郷した際には市長・釘宮磐(当時)から「15万票なんて私も獲得したことがない」と称えられた。
  • 5月12日、秋元康からのメールで、SKE48終身名誉研究生松村香織のソロデビューをプロデュースし「曲を決めて、アレンジを発注して、指原が歌詞を書く」よう指示されたことが、同日深夜に放送された『AKB映像センター』で発表され、8月16日、『AKB48・2013真夏のドームツアー』ナゴヤドーム公演初日に、予算1万円のためハットからブーツまで『AKB48新聞』で作られた衣装を着た松村によって、指原プロデュース曲「マツムラブ!」が披露された。
  • 11月8日、ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー2013において、「最も笑顔が輝いた著名人」に山本裕典とともに選出された。

2014年

2015年

  • 5月13日、2012年より3年間務めた大分市観光大使に再任(任期3年)される。
  • 5月から6月にかけて実施された『AKB48 41stシングル選抜総選挙』では最高獲得票数 194,049票を獲得し、2年ぶりに1位となる。
  • 6月27日、28日に横浜アリーナで開催された『HKT48全国ツアー 〜全国統一終わっとらんけん〜 ツアーファイナル』において総選挙で公約した水着で公演に出ることを2日間3公演で実行した。また、28日の夜公演では、2016年1月29日公開の『DOCUMENTARY of HKT48』の監督を務めることが公表された。

2016年

2017年

  • 1月30日、2017年夏にCDデビュー予定の声優アイドルのプロデュースをすることが発表され、同日正午よりオーディションの応募受付が開始された。4月29日に合格者がお披露目され、同グループ名は「=LOVE(イコールラブ)」となることが発表された。
  • 2月23日(2月22日深夜)放送の『AKB48のオールナイトニッポン』において、STU48の劇場支配人に任命されたこと、メンバーとしてHKT48と兼任することを電話出演で発表した。
  • 6月17日、『AKB48 49thシングル選抜総選挙』で渡辺麻友を抑え、AKB48の選抜総選挙では史上初となる3連覇(通算4回目)を達成した。
  • 11月25日、『瀬戸内7県ツアー 〜はじめまして、STU48です。〜』広島公演においてSTU48との兼任解除と同劇場支配人兼務を終了することを発表した。
  • 12月24日(12月23日深夜)放送の「ラストアイドル」(テレビ朝日)において、ラストアイドルファミリー5ユニットによる2ndシングル表題曲バトルのプロデュースを織田哲郎小室哲哉つんく♂、秋元康とともに担当することを発表。

2018年

  • 1月14日(1月13日深夜)放送の『ラストアイドル』において、指原がプロデュースを担当するグループが「Someday Somewhere」に決定した。
  • 1月18日、TOKYO DOME CITY HALLで自身初のソロコンサート『指原莉乃ソロコンサート〜アイドルとは何か?〜』を開催した。

人物

 | 
この節に雑多な内容が羅列されています。事項を箇条書きで列挙しただけの節は、本文として組み入れるか、または整理・除去する必要があります。(2016年2月)

  • 家族は両親と、兄が一人いる。兄は、大分県内屈指の進学校出身で、広島大学教育学部に通った後、大分県内で教師をしている。
  • 小学校1年の頃に『ASAYAN』でモーニング娘。を知り好きになったことをきっかけに、女性アイドルにのめり込む。憧れの存在はモーニング娘。であり、中でも亀井絵里の大ファンであった。「お気に入りのメンバーがやめた後、興味が薄れてしまって」「1回離れた」ため、しばらく「私が知ってたメンバーって、道重さんしかいない状態になっちゃった」が、それにより「むしろ1周回って、新しくなりすぎて、また興味がわいてきた」という。また保田圭を目標の人物としている。ほかにハロー!プロジェクトのメンバーとしてBerryz工房熊井友理奈℃-ute萩原舞を推しメンとして挙げている。なお自身も過去にハロー!プロジェクトのオーディションに応募したものの、書類審査で不合格となった。また、乃木坂46では秋元真夏を推しメンとして挙げている。
  • トロンボーンを演奏することができる。トロンボーンは中学校の吹奏楽部で初めて習い、中学2年の夏に吹奏楽の県大会にトロンボーン班として参加して金賞を貰ったり、顧問からは一人一人の技術の向上と仲間意識の大切さを特に強く教わったという。
  • 2010年当時、『ラブプラス』という恋愛シミュレーションゲームにはまっていた。
  • 「おでん好きアイドル」や「カップめんアイドル」として雑誌で取上げられたことがある。
  • 母親が大分トリニータが大好きだったため、小学生の頃は毎回ホームゲームを見に行っていた。トリニータのレプリカユニフォームをレッスン着として着用していることもある。ちなみに自らのニックネームに掛けて背番号は34番。
  • 英語が得意な一方で数学は大の苦手。
  • 2010年当時、レッスン帰りに上下スウェットで外を歩くことがあった。
  • 趣味はヘッドフォン、イヤホン集め。
  • 好きな男性のタイプはインパルスの板倉俊之であると公言している。
  • NHK連続テレビ小説』への出演には消極的な姿勢である。
  • 日本テレビアナウンサー尾崎里紗と同じ生年月日である。
  • 2018年3月7日、自身のツイッターで、「ICL」と呼ばれる視力矯正手術を受けたことを公表。

AKB48

  • 愛称は、主に「さっしー」や柏木由紀が付けた「さしこ」。また昇格当初には緑色が好きだったことから、平嶋夏海に「みどりーの」と名付けられた。
  • 選抜曲の振り等はDVD等を見ながら覚えている。ただそのままでは左右反転して覚えてしまうため、振りは絵に描き起こし、それも見ながら覚えている。また立ち位置等はプリントアウトした歌詞に書いて覚えている。
  • RIVER」や「ポニーテールとシュシュ」は全ポジションをこなせ(どのポジションでも入れるようにするため)、他の曲の直前の代役でもしっかり覚えてくるためスタッフの信頼が厚い。
  • 第1回選抜総選挙からランクインし第5回で1位になるまで毎回順位を上げ続けた(第6回ではランクダウンした)。
  • キャプテンの高橋みなみが不在の際のチームA公演では、まとめ役を任されていた。
  • 戸賀崎智信が握手会の評判の高いメンバーの一人として名前を挙げている。
  • AKB48に入った際は、仲の良かった友人には話してから上京した(AKB48に入ることは告げてはいない)。それから2年半、『週刊プレイボーイ』の撮影で訪れるまで一度も大分に帰らなかった。
  • 『AKB48 チームB 4th Stage「アイドルの夜明け」』公演の自己紹介でのキャッチフレーズは「私の性格って、白いですか? それとも黒いですか? 私の性格は限りなく白に近い灰色。大分県出身、指原莉乃です」。その前は「あなたのハートを指しちゃうぞ。さっしーこと指原莉乃です」。『AKB48 チームA 6th Stage「目撃者」』公演では「勢いだけはある女 あなたの心の指原クオリティー 覚醒! 大分県出身 指原莉乃です!」。2011年10月26日の夜公演から「さしこのクセにがいつのまにかクセになる〜!! 大分県出身 指原莉乃です」となっている。
  • 体力モノ・恐怖体験モノの企画が苦手で、すぐに臆病風に吹かれてしまうことから、メンバーや共演者から「へたれ」と言われたことがあった。それ以降、アイドルオタクのイメージから、へたれのイメージへと変化し、「へたれクイーン」とまで言われており、いわゆるAKB48きっての「イジられキャラ峯岸みなみによると、高橋みなみに唯一イジられるキャラである。
  • 小野晴香(元SKE48)は、母校の大分市立王子中学校の先輩で兄の同級生であり、矢方美紀(SKE48・チームS)は中学校のクラスメイトである。
  • 大家志津香(福岡県出身)、北原里英(NGT48愛知県出身)、元研究生の冨田麻友(香川県出身)・中西優香(元SKE48、愛知県出身)とは、上京してから約1か月間共に生活した間柄で、指原を含めたこの5人、特に冨田以外の2011年時点において芸能活動を行っていた4人を「旧地方組」、また大家、北原、指原本人の3人に小森美果(愛知県出身)と横山由依(京都府出身)を加えた5人を「地方組」と呼んでいた。
  • 多田愛佳を溺愛して「サシハラスメント」と呼ばれるセクハラ行為をしていた。
  • ブログのタイトル「指原クオリティー」を名付けたのは柏木由紀である。同ブログで「さしこ杯」という企画を開催している
  • 2010年当時、AKB48のセンターになる野望を持っていたが、秋元康からは、おしゃべりであることから「アイドル向きじゃない」と言われ、放送作家転向を勧められていた。一方で、2012年1月2日の『新春TV放談2012』(NHK総合)では、秋元康は「指原莉乃推し」と語った。
  • 倉持明日香と柏木由紀のものまねが得意
  • 『別冊 宝島AKB48推し!』(宝島社)で山下剛一(『週刊ヤングジャンプ』編集長)、AKB48メンバーの中田ちさとと対談している。

HKT48

  • HKT48では、「よそよそしい呼び方禁止令」を出しており、3期生の田中美久矢吹奈子ら後輩の年少メンバーにも、自らのことを「指原さん」とは呼ばせず「さしこちゃん」と呼ばせている。さらに、田中、矢吹の両名に対しては、衣装で着用しているケーキ型のイヤリングを口に含むほか、挨拶がわりに頬を触るだけでなく、時にはステージ上でも同様の行為を働くため、矢吹曰く「されるがまま」となっている。

AKB48・HKT48・STU48での参加曲

シングル

AKB48名義

出典:wikipedia
2018/05/22 00:07

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「指原莉乃」の意味を投稿しよう
「指原莉乃」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

指原莉乃スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「指原莉乃」のスレッドを作成する
指原莉乃の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail