このキーワード
友達に教える
URLをコピー

掛詞とは?

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2016年4月)

掛詞(かけことば)とは、和歌などにおける修辞技法の一つ。

解説

和歌は韻文として、その表現の仕方に色々な工夫すなわち修辞が古くより凝らされてきた。掛詞もその工夫のひとつである。

あきののに ひとまつむしの こゑすなり われかとききて いざとぶらはん(『古今和歌集』巻第四・秋歌上 よみ人しらず)

秋の野に、尋ねてくれる人を待っていると松虫の声がするように聞える。そこでその待ち人とはこの私だというつもりで、そこに行ってみようという趣旨の和歌であるが、この和歌の第二句にある「まつ」というのが掛詞になっている。つまり、

あきののにひとまつまつむしのこゑすなり…

というように、本来なら「人待つ松虫」というところを縮めて表現している。掛詞とは「待つ」と「松」で見られるように、意味は違うが同じ仮名で表記することばをひとつにしたものである。

掛詞の中には、以下のように複雑に用いられているものもある。

おとにのみ きくのしらつゆ よるはおきて ひるはおもひに あへずけぬべし(『古今和歌集』巻第十一・恋歌一 素性法師)

恋しい相手のことを噂に聞くばかりで、実際にはあうことがかなわない苦しさを詠んだ恋の歌であるが、この和歌では「きく」が「聞く」と「菊」、「おきて」が「置きて」と「起きて」、そして「おもひ」の「ひ」が「日」の掛詞となっている。菊にかかる白露は夜のうちは置いているけれど、夜が明けて昼になれば日の光に耐え切れず蒸発して消えてしまう。自分も恋しい相手にあうことが出来ない苦しさに夜は眠れずに起きていて、昼はそんな苦しい思いに耐え切れず死んでしまいそうだということで、要するに菊に置かれた露に我が身をたとえた和歌である。掛詞に沿って文を分解すれば、以下のようになる。

おとにのみ聞くのしらつゆ よるは置きて→よるは起きて ひるは思にあへずけぬべし→にあへずけぬべし

掛詞は『万葉集』にもごく少数見られるが、仮名の登場以降に多く使われるようになった。のちには謡曲浄瑠璃の文にも、枕詞縁語などといった修辞とともに用いられている。

関連項目

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/07/05 15:18

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「掛詞」の意味を投稿しよう
「掛詞」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

掛詞スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「掛詞」のスレッドを作成する
掛詞の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail