このキーワード
友達に教える
URLをコピー

支那事変とは?

この記事に雑多な内容を羅列した節があります。事項を箇条書きで列挙しただけの節は、本文として組み入れるか、または整理・除去する必要があります。(2018年3月)
1940年(昭和15年)発行の国債には「支那事変」によるものと明記されている
陸軍省発行の絵葉書(福田豊四郎作「銃後の田園」)に東京の郵便局で『支那事変二周年記念』の記念印(1939年(昭和14年)7月7日付)を押印した郵趣品。記念印には「東亜新秩序」の標語が入っている

支那事変(しなじへん)とは、1937年(昭和12年)に日本中華民国(支那)の間で始まった、長期間かつ大規模な戦闘である。

目次

  • 1 概要
  • 2 呼称について
  • 3 出典
  • 4 関連項目

概要

1937年(昭和12年)7月7日の盧溝橋事件を発端とする。4日後の松井-秦徳純協定により一旦は収拾したが、日本側は近衛内閣が「北支派兵に関する政府声明」を発表し、事件を「北支事変」と名付け、今回の事件は中国側の計画的武力行使であり、大日本帝国はこれに対して自衛権を行使するために派兵(増員)するとした。そして、中国共産党の国共合作による徹底抗戦の呼びかけ(7月15日)、及び蒋介石の「最後の関頭」談話における徹底抗戦の決意の表明(7月17日)、中国軍の日本軍及び日本人居留民に対する攻撃と事態は進展、8月には第二次上海事変が勃発するに及び、戦線は中支(中支那、現中国の華中地方)、そして中国大陸全土へと拡大し、日本と中華民国の全面戦争の様相を呈していった。

したがって、日中戦争(支那事変)の端緒を、盧溝橋事件と考えるか、国共合作による抗戦の呼びかけ・最後の関頭談話と考えるかにより、同戦争の歴史的な評価は大きく変わることになる。

1941年(昭和16年)12月までは、双方とも宣戦布告最後通牒を行わなかった。戦争が開始された場合、第三国には戦時国際法上の中立義務が生じ、交戦国に対する軍事的支援は、これに反する敵対行動となるためである。国際的孤立を避けたい日本側にとっても、外国の支援なしに戦闘を継続できない蒋介石側にとっても、宣戦布告を行うことにはリスクがあった。

特に中国にとっては、米国の国内法である中立法の適用を避けたかったことも大きい。中立法は1935年に制定された法律で、外国間が戦争状態にあるとき、もしくは内乱が重大化した場合に、交戦国や内乱国へ、米国が武器および軍需物資を輸出する事を禁止するものであった。当時、米国では日本に対し中立法の適用を検討したが、中国に多量の武器を輸出していた事もあって発動は見送られた。

事変の長期化とともに、米国、英国は援蒋ルートを通じて、重慶国民政府(蒋介石政権)を公然と支援。ソ連空軍志願隊を送り、中華民国側を援護した。一方日本は、新たに南京国民政府(汪兆銘政権)を支援して設立した。

その後、1941年(昭和16年)の日米開戦とともに、蒋介石政権は12月9日、日本に宣戦布告し、日中間は正式に戦争へ突入していった。12日、日本政府は「今次ノ対米英戦争及今後情勢ノ推移ニ伴ヒ生起スルコトアルヘキ戦争ハ支那事変ヲモ含メ大東亜戦争ト呼称ス」と決定した。

戦闘の詳細については「日中戦争」を参照

呼称について

両国ともに宣戦布告がないまま戦闘状態に突入したので、国際法上は戦争ではなく事変にあたる。

詳細は「事変」を参照

日本政府は当初は北支事変(ほくしじへん)と呼称し、その後、支那事変となった。新聞等マスメディアでは日華事変(にっかじへん)などの表現が使われるほか、日支事変(にっしじへん)とも呼ばれるなど、呼称の揺らぎがある。

戦後はGHQの強制により、1937年の支那事変から1945年(昭和20年)までの戦争を日中戦争と呼ぶが、 「支那事変」は1941年(昭和16年)12月8日の太平洋戦争(大東亜戦争)勃発までとするのが代表的見解とされていて、期間が異なる。

戦後の学校教育では当初「日華事変」に統一されていたが、昭和50年代以降は徐々に「日中戦争」という呼称が広まった。これは日中双方が「事変」としていたが、事実上の戦争であるとの歴史学界による学説、さらに主として日本教職員組合など教育現場やマスメディアが、占領軍(GHQ)や中華民国中華人民共和国(建国前)両政府の「中国を侮蔑するニュアンスを含む」とする政治的圧力をうけて「支那」という言葉の使用を避けた為である。なお本来「支那」という呼称に差別的意味はないとする研究もある。

詳細は「支那」を参照

出典

  1. ^ 臼井『新版 日中戦争』p65-72
  2. ^ 昭和16年12月12日閣議決定 今次戦争ノ呼称並ニ平戦時ノ分界時期等ニ付テ
  3. ^ 昭和12年9月2日閣議決定、事変呼称ニ関スル件「今回ノ事変ハ之ヲ支那事変ト称ス」
  4. ^ 庄司潤一郎「日本における戦争呼称に関する問題の一考察」『防衛研究所紀要』第13巻第3号、防衛研究所、2011年3月。
  5. ^ 酒井信彦 (2004年2月24日). “中国・中華は侵略用語である ― シナ侵略主義の論理構造 ―”. 財団法人・日本学協会『日本』 2004年(平成16年)2月号. 日本ナショナリズム研究所. 2011年1月22日閲覧。

関連項目

太平洋戦争
開戦前 | 

南方作戦 | 
  • マレー作戦
  • 真珠湾攻撃(ニイハウ島事件)
  • マレー沖海戦
  • タイ進駐
  • シンガポールの戦い
  • フィリピンの戦い(バターン死の行進)
  • 香港の戦い
  • グアムの戦い
  • ウェーク島の戦い
  • 蘭印作戦
  • ビルマの戦い
  • セイロン沖海戦

  • ソロモン諸島の戦い | 
  • FS作戦
  • ウォッチタワー作戦
  • フロリダ諸島の戦い
  • ガダルカナル島の戦い(イル川渡河戦 - ヘンダーソン砲撃 - ケ号作戦)
  • 第一次ソロモン海戦
  • 第二次ソロモン海戦
  • サボ島沖海戦
  • 南太平洋海戦
  • 第三次ソロモン海戦
  • ルンガ沖夜戦
  • レンネル島沖海戦
  • ビスマルク海海戦
  • ビラ・スタンモーア夜戦
  • ニュージョージア島の戦い
  • い号作戦
  • クラ湾夜戦
  • コロンバンガラ島沖海戦
  • ベラ湾夜戦
  • 第一次ベララベラ海戦
  • 第二次ベララベラ海戦
  • ラバウル攻撃
  • ブーゲンビル島の戦い
  • ブーゲンビル島沖海戦
  • ろ号作戦
  • セント・ジョージ岬沖海戦

  • インド洋・アフリカの戦い | 
  • アンダマン・ニコバル諸島占領
  • クリスマス島占領
  • マダガスカルの戦い
  • 柳船
  • ストーンウォール作戦
  • 遣独潜水艦作戦
  • モンスーン戦隊
  • コックピット作戦
  • オンボード作戦
  • ペナン沖海戦

  • ニューギニアの戦い | 
  • 珊瑚海海戦
  • ポートモレスビー作戦
  • ラビの戦い
  • ビスマルク海海戦
  • カートホイール作戦
  • ラエ・サラモアの戦い
  • フィンシュハーフェンの戦い
  • アドミラルティ諸島の戦い
  • ホーランジアの戦い
  • 竹一船団
  • ビアク島の戦い
  • 渾作戦
  • アイタペの戦い

  • アメリカ本土攻撃 | 
  • アメリカ本土砲撃
  • ロサンゼルスの戦い
  • フォート・スティーブンス砲撃
  • アメリカ本土空襲
  • 日系人の強制収容
  • 風船爆弾

  • ミッドウェー攻略作戦 | 
  • K作戦
  • ミッドウェー海戦

  • アリューシャン方面の戦い | 
  • アリューシャン攻略作戦
  • アッツ島沖海戦
  • アッツ島の戦い
  • キスカ撤退
  • コテージ作戦

  • オーストラリア攻撃 | 
  • オーストラリア空襲(ダーウィン空襲)
  • シドニー港攻撃

  • ビルマの戦い | 
  • 南機関
  • 日本軍の進攻
  • 第一次アキャブ作戦
  • 泰緬鉄道
  • チンディット
  • 第二次アキャブ作戦
  • フーコンの戦い
  • インパール作戦
  • ミイトキーナの戦い
  • 拉孟・騰越の戦い
  • イラワジ会戦
  • シッタン作戦

  • 中部太平洋の戦い | 
  • マキン奇襲
  • マキンの戦い
  • タラワの戦い
  • ギルバート沖航空戦
  • マーシャル沖航空戦
  • クェゼリンの戦い -トラック島空襲
  • エニウェトクの戦い

  • マリアナ諸島の戦い | 
  • 絶対国防圏
  • パラオ空襲
  • 松輸送
  • サイパンの戦い(バンザイクリフ)
  • マリアナ沖海戦
  • グアムの戦い
  • テニアンの戦い
  • ペリリューの戦い
  • アンガウルの戦い

  • フィリピンの戦い | 
  • モロタイ島の戦い
  • 台湾沖航空戦
  • レイテ島の戦い
  • レイテ沖海戦
  • 多号作戦
  • 薫空挺隊
  • ミンドロ島の戦い
  • 礼号作戦
  • ルソン島の戦い
  • マニラの戦い(マニラ大虐殺)
  • セブ島の戦い
  • ビサヤ諸島の戦い
  • ミンダナオ島の戦い
  • スールー諸島の戦い
  • 南号作戦
  • 北号作戦
  • ボルネオの戦い

  • 沖縄戦 | 
  • 十・十空襲
  • 天号作戦
  • 九州沖航空戦
  • 沖縄戦
  • 菊水作戦
  • 坊ノ岬沖海戦
  • 嘉数の戦い
  • シュガーローフの戦い
  • 義烈空挺隊
  • 鉄血勤皇隊
  • ひめゆり学徒隊
  • 白梅学徒隊
  • 集団自決

  • 日本本土の戦い(内地での戦い) | 
  • ドーリットル空襲
  • 特攻隊
  • 学徒出陣
  • 日本本土空襲
  • 硫黄島の戦い
  • 東京大空襲
  • 沖縄戦
  • 飢餓作戦
  • 日号作戦
  • 日本への原子爆弾投下(ヒロシマ
  • ナガサキ)
  • 樺太の戦い
  • 占守島の戦い

  • ソ連対日参戦 | 
  • ソ連対日宣戦布告
  • 樺太の戦い
  • 麻山事件
  • 葛根廟事件
  • 占守島の戦い
  • 三船殉難事件
  • 敦化事件
  • 真岡郵便電信局事件
  • 北方領土問題

  • その他の地域 | 
  • 日系人の強制収容
  • 明号作戦
  • 神風特別攻撃隊
  • サンダカン死の行進

  • 情報戦 | 
  • 東亜放送
  • 日の丸アワー
  • 東京ローズ
  • 大本営発表
  • パープル暗号
  • 海軍暗号書D

  • 政治 | 
  • 大東亜共栄圏
  • 大東亜会議
  • 大東亜共同宣言
  • マンハッタン計画(トリニティ実験)
  • カイロ宣言
  • ヤルタ会談
  • ダウンフォール作戦
  • 本土決戦

  • 終戦工作と終戦後 | 
  • 近衛上奏文
  • ポツダム宣言
  • 宮城事件
  • 玉音放送
  • 日本の降伏(終戦の日)
  • 川口放送所占拠事件
  • 対日戦勝記念日
  • 冷戦勃発
  • GHQ
  • 日本軍解体
  • 連合国軍占領下の日本(極東国際軍事裁判大日本帝国憲法廃止、日本国憲法制定・貴族院廃止、参議院設置・日本の戦後改革)
  • マニラ軍事裁判
  • 通化事件
  • シベリア抑留
  • 北方領土
  • サンフランシスコ平和条約
  • アメリカ合衆国による沖縄統治
  • アメリカ施政権下の小笠原諸島
  • 朝鮮戦争勃発
  • 警察予備隊創設
  • 横井庄一発見
  • 沖縄返還
  • 小野田寛郎帰還

  • アジア各地(含外地) | 
  • 朝鮮
  • 台湾
  • 南洋庁
  • インドネシア
  • ベトナム

  • 一覧・年表 | 
  • 関連人物の一覧
  • 太平洋戦争の年表

  • 交戦国 | 
  • 大日本帝国
  • 満州国
  • 汪兆銘政権
  • 蒙古自治邦政府 (1941-)
  • ドイツ (1941-)
  • イタリア王国 (1941-)
  • タイ王国 (1942)
  • 自由インド仮政府 (1943-)
  • ビルマ独立義勇軍

  • 日中戦争 / 支那事変
  • 第二次世界大戦
  • 西部戦線
  • 独ソ戦
  • 大西洋の戦い
  • 枢軸国


  • ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    出典:wikipedia
    2019/04/19 15:36

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「支那事変」の意味を投稿しよう
    「支那事変」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    支那事変スレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「支那事変」のスレッドを作成する
    支那事変の」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail