このキーワード
友達に教える
URLをコピー

文化放送ライオンズナイターとは?

 | 
ラジオ番組・中継内での各種情報(終了した番組・中継を含みます)は、CDなどでの販売や公式なアーカイブなど常に参照可能な状態のネット配信、または信頼できる紙媒体またはウェブ媒体が紹介するまで、出典として用いないで下さい検証可能性に基づき除去される場合があります。

【文化放送ライオンズナイター】

【ジャンル】
プロ野球中継(西武戦)
【放送方式】
生放送
【放送期間】
1982年4月5日 - 現在
【放送時間】
平日17:55〜最大延長22:20
【放送局】
文化放送
【ネットワーク】

【テーマ曲】
LAMENT〜やがて喜びを〜 結城アイラ(インストゥルメンタル版)
【公式サイト】
公式サイト
西武ドーム・文化放送ブース (2007年)番組名の書かれた横断幕が掛けられている。隣はJ SPORTS STADIUM用のブース

文化放送ライオンズナイター』(ぶんかほうそうライオンズナイター、Lions Nighter)は、文化放送が平日に放送しているプロ野球ナイトゲーム中継番組である。1982年4月5日から放送開始した。

放送開始から1984年までは、野球中継を軸としたバラエティ番組だった(後述参照)。 2016年に放送35周年を迎えた。

概要

1982年 - 1984年 『ライオンズDJ』時代

文化放送では、本番組が開始するまでは、関東地区のAMラジオ局で唯一平日のナイター中継の無いラジオ局(土・日曜の『文化放送ホームランナイター』のみ放送)だったが、国土計画(後のコクド)が1978年(昭和53年)に福岡野球(クラウンライターライオンズ)を買収し、本拠地埼玉県所沢市に移転した、プロ野球球団・西武ライオンズ(現:埼玉西武ライオンズ)の意向により、同球団とタイアップした1時間放送の野球バラエティ番組『ライオンズDJ( - ディージェー)』として番組開始となった。なお、1981年(昭和56年)の20時枠に放送されていたバラエティ番組『ザ・マンザイクイズ』の中でも「西武ライオンズ情報」というスポットコーナーがあり、毎日試合の途中経過や選手のコメントを1分程度に収めて紹介しており、この番組誕生の布石の様な形となっている。また、放送初年度には「レオ仲間大集合」というサブタイトルも存在した。

中田秀作坂信一郎アナウンサーが交互にキャスターを務め、一般公募で選ばれた中川充四郎を専属レポーター(リポーター)に据え、ライオンズの応援を全面に打ち出した。ライオンズ攻撃時はライオンズに偏った野球実況放送を展開し、相手チームの攻撃中はライオンズ選手のインタビューやクイズを行う独自の放送で話題になった(1年毎に番組専属のマスコットガールも2名ずつ公募、レギュラー出演していた)。

当初、20時からの1時間番組となったのは、1980年(昭和55年)10月改編で始まった文化放送初の本格的夜ワイド『吉田照美のてるてるワイド』の絡みで、それまで深夜に放送されていた教養番組『大学受験ラジオ講座』『百万人の英語』が18時から19時にかけての枠に移動しており、時間帯の捻出ができなかったのが理由である。

番組スタートの翌年の1983年(昭和58年)に「ライオンズナイターファンクラブ」が作られた。文化放送に入会希望の手紙を出すと会員証が郵送されてきて、西武ライオンズ球場の内野指定席への招待(試合毎に招待する会員番号が番組内で指定され、試合当日に西武球場に来場出来る事が条件)や会員限定イベントへの招待、ライオンズ選手がホームランを打った際、抽選でレオ人形プレゼントなどの特典があり、1992年(平成4年)に終了するまで約27000人が入会していた。同年、実況アナウンサーとは別に球場実況席にライオンズキャスターを置きライオンズ応援色がより強まる。この年から2年間、タレントの藤田亨がキャスターを務めた。1993年以降ファンクラブの活動はなくなったが、現在でも番組では随時ライオンズ戦チケットやライオンズ選手からのプレゼントは行っている。

1985年 - 1992年 「はっきりいってライオンズびいきです!!」

1985年(昭和60年)以降はバラエティ番組を改め、一般的なナイター中継と同様の放送体制となったが、「はっきりいってライオンズびいきです!!」をキャッチコピーにアメリカンスタイルと呼ばれるライオンズ一辺倒の応援実況・解説を行う過激な放送で、日本のラジオ野球中継放送に革命を起こし、広く知られるようになる(特に、戸谷真人の過激な実況は語り草となった)。ライオンズ応援というスタンスはそのまま継続し、現在に至っている。その独自の放送スタイルは、後に各地方毎の地元球団応援の中継放送を次々生み出すという影響ももたらした。
戸谷によれば、これは当時ディレクターを務めた門口伯康の発案で、「巨人一辺倒をひっくり返そうよ、数字取るよりも、メジャーリーグ中継みたいに、監督の批判もしちゃうような面白い中継を日本でも目指そうよ」という理由から始まったものだという。この西武びいきのスタイルには相手チームからの大反発もあったものの、パ・リーグの試合を伝える貴重な存在として次第に認知され始めていく。

ライオンズ応援企画では、かつては「Vのシナリオ」(歌:ばんばひろふみ梶原茂)という曲をホームランを打った時や投手が登板した時に流したり、相手投手をKOした際に流すノックアウトテーマ、ライオンズが勝利した時に流すファンファーレもあった。1991年5月に、ライオンズナイターのエンディングテーマ「明日」とライオンズ応援ソング「新Vのシナリオ」(歌:シネマストリートキッズ)がシングル8cmCDとして発売された。「新Vのシナリオ」は森祇晶監督当時のライオンズ黄金時代の選手が背番号順に歌われている。

なお、1985年以降、文化放送はライオンズ主催試合のラジオ優先放送権(春期および秋期のライオンズのキャンプ取材したものの放送を含む)を取得および放送権管理をしている。ライオンズ主催試合はNRNが放送権を独占しているヤクルト主催試合と異なり、同業他社でも中継をされてはいるが、文化放送の許諾を受けなければ放送はできない。このため、文化放送以外の在京局のナイター中継番組では、主に全国中継における本番カード雨天中止時の予備カードで、ライオンズ主催試合については順位を下げられている。NHKラジオ中継では、本番カードとしてライオンズ主催試合を文化放送と並列放送することがある。

1993年 - 2006年 「パッといこうぜ!!ライオンズ」

1993年(平成5年)は、キャッチコピーが番組開始初の一新。キャッチコピーは「パッといこうぜ!!ライオンズ」。この年からの新企画として三振を奪うと「strike out」等の効果音を流す(他にも効果音の種類があるが、特に斉藤一美アナ実況時は必ず、それ以外のアナウンサー実況時も効果音を流すことがある。対ファイターズ戦で岩本勉が解説を担当したときは、ファイターズ選手が活躍すると岩本が勝手に押してしまう。ただし、2009年限りで効果音の使用は廃止された。なお、ライオンズナイター独自のエレクトーン風のナイター速報のチャイムは長谷川太アナが制作したものである)。

また、得点が入った際には下に記すように球団公式応援歌のアレンジなど得点したチームにゆかりのあるメロディーが流れる。

球団名は現在のものである。セ・リーグ球団のメロディー(セ・パ交流戦期間で放送)は『文化放送ホームランナイター』の番組概要を参照。

文化放送のナイター中継には「ホームランレポーター」と呼ばれるレポーターが、外野席でホームランをキャッチした観客にインタビューを行ってきた。このレポートはセントラル・リーグの各球団がトラブルの火種に成りかねないと難色を示したことから、『文化放送ホームランナイター』では1991年に終了することとなった。しかし、アレックス・カブレラ選手がライオンズに入団した2001年以降は「一発レポーター」として復活。西武ドームでのゲームで恒例企画となっていた。2006年6月14日、対中日ドラゴンズ戦(セ・パ交流戦)で、当日の一発レポーター担当の斉藤一美がレフト外野席に落ちたカブレラ選手のホームランボールをゲットすることに成功し、歴代ホームランレポーターおよび一発レポーターの悲願が達成された。

スペシャルウィーク(聴取率調査期間)の企画として、現役ラジオ局アナウンサーが球場アナウンスするウグイスボーイズを担当している。それ以外にも「カブレラ地蔵」の設立や西武池袋線池袋駅西武球場前駅の臨時列車での案内役などを行ってきた。

ただし、この頃から「ライオンズを応援する」ことの番組開始からのスタンス自体は変化はないものの、関東地区のAMラジオ局で唯一パ・リーグの試合を定期で放送することから、同時に「パ・リーグ全体を盛り上げよう」という意味合いが強くなっている。2002年までは「花のパ・リーグ」「エキサイティングリーグ・パ」と銘打って、ライオンズの試合が予定されていない日や雨天中止時の予備で、他のパ・リーグの試合が中継された(後述)。2005年以降では、ライオンズと同じ関東をフランチャイズとする千葉ロッテマリーンズ戦について、毎試合「今夜のマリーンズ」というコーナーを設けて詳しい試合展開を放送している。またライオンズ戦ではマリーンズファンのかわのをとやをマリーンズ応援レポーターとして起用し、「パ・リーグ関東ダービー」と銘打って放送されている。しかし、実況スタイルはライオンズ寄りであり、実況アナとかわのが丁々発止のやりとりをすることもある。

そしてセ・パ交流戦では「我らパ・リーグ応援団」という立場を取り、2005年の企画では交流戦の勝利数でセ・リーグに負け越したら坊主になるという公約を東尾修団長に押し付けられた大塚光二と盛り上げた。さらに同期間の放送中はライオンズ以外のパ・リーグ各チームが得点を挙げるたびに、東尾の「パ・リーグ!」という掛声とともに氷川きよしの『きよしのドドンパ』をバックに流して得点の情報を放送にカット・インしている。また、パ・リーグ応援の立場をシーズン中での中継(レインコート番組も含める)で示したのが、放送中に何度か流される交通情報であり、2005年〜2015年の放送時間中の全ての交通情報にパ・リーグ連盟歌である「白いボールのファンタジー(マーチ・バージョン)」のBGMが流されている。

2007年 - 2010年 「生西武やってます。」

2007年からは、文化放送の組織改革により、アナウンサーが実況アナウンサーと技術スタッフも兼任する「アナデユースナイター」の放送体制となっている。これにより番組のキャッチコピーも14年ぶりに一新。キャッチコピーは「生西武やってます。」但し、遠征試合は従来どおり、NRN系列局(下記参照)が技術スタッフを担当する。また、試合開始直前に放送される「プロ野球直前情報」では、主に監督へのインタビューが、試合中の1回表(ビジターの場合は1回裏)終了直後には「中島裕之の今日も一発、やったるで!!」と題して同選手へのインタビューが放送されている。さらに2007年からの試みとして、監督もしくは球団にゆかりのある人物によるタイトルコールを番組冒頭に使いはじめた(2007年は伊東勤監督の双子の子供が、2008・2009年は渡辺久信監督がそれぞれ務めた)2009年は若手選手のインタビュー「ピックアップライオンズ」ほか、選手自身の肉声による選手紹介(事前収録したテープを流す。例えばアナウンサーが「一番・セカンド」とコールしたあと、「片岡易之」と片岡自身によるコールの音声を流す)およびジングルを流している。 2010年は効果音を廃止した。

2011年(ライオンズナイター30周年)

番組30周年となる2011年はキャッチコピーを「獅子道。」に変更。イメージキャラクターとして、かつての西武の4番打者であった清原和博を起用する(解説者としても出演)。なお、「獅子道。」はポスターなどでは使用するが、放送では使用しない。その代わりにかつて使用したキャッチコピーである「はっきりいってライオンズびいきです!!」を清原がジングルで使用する(オープニング時のタイトルコールも、西武戦とそれ以外の2パターンが用意されている)。オープニングのテーマ曲も一新され、『LAMENT〜やがて喜びを〜』のインストゥルメンタル版が採用された(週末の『ホームランナイター』でも2015年まで共用。2016年からは本番組のみ使用)。また、ライオンズ戦の予定がない場合のパ・リーグ他球団の中継を再開させる一方、交流戦期間中の「我らパ・リーグ応援団」を取りやめた。7回のライオンズの攻撃前に「若き獅子たち」を復活させた。さらに、番組30周年記念企画として7月11日には解説・豊田泰光、実況・戸谷真人の名コンビで「文化放送ライオンズナイタークラシック」を放送した。さらに8月26日には中川充四郎のベンチリポートが一夜限りの復活となった。

2011年は前述の選手紹介の大トリとして、その日の放送の実況アナウンサーが「今日の解説者は」とコールした後「東尾修」という風に解説者本人によるコールの音声を流している。さらには西武が勝利した場合には、中継終了後スタジオに引き取られる前に、渡辺久信監督の歌唱によるQRソングが流れていた(渡辺が監督を退任する2013年まで実施)。

2012年 - 2013年 「パ・リーグの、ど真ん中。」

2012年はキャッチコピーを「パ・リーグの、ど真ん中。」に変更。2011年と同様、7回のライオンズの攻撃前に応援歌を流す。2011年まではスタジオからホームでは「若き獅子たち」、ビジターでは「地平を駈ける獅子を見た」の音源(ワンコーラス)を流していた。2012年ではホーム・ビジターに関係なく「若き獅子たち」、「地平を駈ける獅子を見た」、「吠えろライオンズ」のいずれか1曲のワンコーラスを流していたが、2013年は取りやめている。また、選手紹介については、解説者のコールに続き、試合ごとに収録された栗山巧の決意の一言が挿入されるが、栗山本人が故障などで出場選手登録から外れている場合は、これが省略されて2011年と同じ体裁となる。なお、2015年以降は解説者のコールは省略されている。また、当初の試合開始予定時刻が18時を過ぎる場合や17時開始の薄暮ゲーム時は栗山巧の決意の一言は直前情報内のオープニングで流し、選手によるスターティングメンバーの紹介がない場合もある。この場合18時の時報明けに番組タイトル・提供クレジットを流した後に番組本編に入ることになる

2013年は中島がオークランド・アスレチックスへ移籍したため、2007年から放送されてきた「中島裕之の今日も一発、やったるで!!」に代わって栗山が登場する企画「栗山巧 今日のナンバーワン!」を、試合中の2回表終了直後に放送する。なお、中島のインタビューコーナーは「中島裕之のアメリカでも一発やったるで!I DO IT!」として月1回程度月曜日のライオンズエクスプレス内で放送されていた(中島のオリックス移籍により2014年で事実上終了)。また、聴取率調査期間限定で行っていたリスナープレゼントクイズ「マウンドにいたのは誰だ! プレゼント」を常時実施する。それに伴い、ライオンズの選手がホームランを放つと実施されていたホームランプレゼントは終了した。

2014年 - 2018年 「パ・リーグ、きこうぜ!」

2014年はキャッチコピーを「パ・リーグ、きこうぜ!」に変更。2014年から「栗山巧 今日のナンバーワン!」に加えて、秋山翔吾が登場する企画「秋山翔吾の今日も真面目に行きます」を、毎月5の付く日(もしくは前後近い日)に放送する。

2015年は秋山のインタビューコーナーのタイトルが「秋山翔吾の楽にいこうぜ!」に変更となり、中村剛也がホームランを打って勝った試合の次の放送で「中村剛也、僕のホームラン」を放送する。また、インタビューもライオンズの選手はもちろん、パ・リーグ他球団の選手のインタビューも放送する。2016年はFM補完放送(ワイドFM)の放送開始に従い、交通情報における「白いボールのファンタジー(マーチ・バージョン)」のBGMが廃止され、汎用の交通情報用BGMが使用されている。2017年は西武戦が早く終わった場合(原則3時間前後)に限り中継終了後岡田雅利の「出た!ワオ!!」が、また、キャプテンが栗山から浅村栄斗への交代に伴い「栗山巧 今日のナンバーワン!」は毎月1の付く日(もしくは前後近い日)に、毎月3の付く日(もしくは前後近い日)に「浅村キャプテンのライオンズ通信」をそれぞれ放送する。

2018年はTBSラジオのプロ野球中継全面廃止を受け、西武の関わる試合について、JRN系列局(主に北海道放送、RKB毎日放送、CBCラジオ)と相互に制作を提携することになり、文化放送が西武主催試合の中継をビジター側のJRN系列局に配信(ただし、同一地域のNRN系列局が本番組をネットする場合は別制作)したり、逆にJRN系列局が西武のビジターゲームならびに西武戦中止時の予備カードを文化放送に配信するようになった。このため、西武ビジターゲームの自社制作の大半がネット受けとなった。

また、JRN系列局向けに、文化放送制作で、ロッテ主催試合の中継の裏送り配信を開始した。

2019年 - 現在 「吼えろ!ライオンズ 叫べ!文化放送ライオンズナイター」

2019年からは、『文化放送ホームランナイター』の放送終了に従い、キャッチコピーを「吼えろ!ライオンズ 叫べ!文化放送ライオンズナイター」に変更。

同年までは定時の開始時間を17:50、定時の終了時間を21:30に設定していたが、2020年は開始時間を17:55に繰り下げ、終了時間を21:00に繰り上げる。これに伴い、シーズン中の試合がない場合に放送される『ライオンズエキスプレス』は、雨傘番組もしくは『岩本勉のまいどスポーツ』に統合され廃枠となる。

放送時間

放送カード

土・日曜日の対応

ナイターオフ編成期の対応

  • なお、この時は当初ライオンズナイターでは中継の予定がなかった。そのためラジオ大阪に放送席を貸しており、文化放送は川崎球場にアナウンサーを派遣していなかった。ライオンズの優勝時に胴上げ実況をするために矢野吉彦アナが西武ライオンズ球場に待機していた。しかし、当初関東地区ではテレビ・ラジオともに中継が行われておらず、西武ライオンズ球場で待機していた西武の選手・監督・関係者が戦況を確認することができなかった。そのため文化放送の回線に流れていたラジオ大阪の『近鉄バファローズナイター』を急遽西武ライオンズ球場で流したものの、当然近鉄びいきの実況であり、文化放送が中継していないことに対するクレームもついた。また、文化放送で中継されていないことにリスナーからの苦情が殺到したため、戸谷真人アナが川崎球場に向かい、街頭中継車を派遣し、テレビ東京の仕事で記者席で見ていた山崎裕之とともにパイプいす(脚立という説もあり)の上に立って第2試合の4回裏から中継した。なお、第1試合の途中から独自放送の準備が整うまでは『近鉄バファローズナイター』をネットしていた。
  • 2011年はライオンズのクライマックスシリーズ進出可否が10月18日のシーズン最終戦(西武ドームの対日本ハム戦)まで持ち越されたため、急遽「特番」の扱いで中継を実施したが、18時台後半の『ミュージックギフト〜音楽・地球号』はスポンサーとの契約上の都合から休止させることができず、19時からの中継となった。
  • 2014年はソフトバンクとオリックスの優勝争いが10月2日の直接対決(ヤフオクドーム。ソフトバンクにとっては公式戦最終戦。ソフトバンクは勝てば優勝決定)まで持ち越されたため、急遽「特番」の扱いで自社制作した。18時台後半の『ココロのオンガク 〜music for you〜』と19時台前半の『NMB48山本彩の、レギュラーとれてもうた!』の2番組はスポンサーとの契約上の都合から休止させることができず、18:30までは『SET UP!!』への内包扱いとし、前述2番組を放送した後からの放送となった。ちなみにこの日は西武のホームゲーム最終戦(西武ドームの対日本ハム戦)のインターネット配信も行ったため、事実上の二重制作となった。

番組内コーナー(2015年)

メール・FAX紹介

マウンドにいたのは誰だ!プレゼント

ライオンズ・ウイニングピッチャー

ピックアップライオンズ

ライオンズ・ファーム情報

今夜のマリーンズ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

出典:wikipedia
2020/04/08 08:38

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「文化放送ライオンズナイター」の意味を投稿しよう
「文化放送ライオンズナイター」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

文化放送ライオンズナイタースレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「文化放送ライオンズナイター」のスレッドを作成する
文化放送ライオンズナイターの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail