このキーワード
友達に教える
URLをコピー

文部科学省とは?

【役職】

大臣
萩生田光一
副大臣
上野通子
亀岡偉民(内閣府副大臣兼任)
政務官
佐々木さやか
青山周平(復興大臣政務官内閣府大臣政務官兼任)
事務次官
藤原誠
【組織】

内部部局
大臣官房
総合教育政策局
初等中等教育局
高等教育局
科学技術・学術政策局
研究振興局
研究開発局
国際統括官
審議会等
科学技術・学術審議会
国立大学法人評価委員会
中央教育審議会
教科用図書検定調査審議会
大学設置・学校法人審議会
国立研究開発法人審議会
施設等機関
国立教育政策研究所
科学技術・学術政策研究所
特別の機関
日本学士院
地震調査研究推進本部
日本ユネスコ国内委員会
外局
スポーツ庁
文化庁
【概要】

法人番号
7000012060001
【所在地】
100-8959
東京都千代田区霞が関
三丁目2番2号
北緯35度40分17秒 東経139度44分55秒 / 北緯35.671306度 東経139.748598度 / 35.671306; 139.748598座標: 北緯35度40分17秒 東経139度44分55秒 / 北緯35.671306度 東経139.748598度 / 35.671306; 139.748598
【定員】
2,133人
本省1,750人、文化庁261人、スポーツ庁122人
【年間予算】
5兆5,286億8,856万9千円(2019年度)
【設置】
2001年(平成13年)1月6日
【前身】
文部省
科学技術庁
【ウェブサイト】

文部科学省

文部科学省(もんぶかがくしょう、: Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology、略称: MEXT)は、日本行政機関のひとつ。教育学術スポーツ文化および科学技術の振興、宗教事務等を所管する。日本語略称は、文科省(もんかしょう)。

中央合同庁舎第7号館東館に所在している。2004年(平成16年)1月から2008年(平成20年)1月までの期間、新庁舎への建替え・移転のため丸の内の旧三菱重工ビルを「文部科学省ビル」と改称して仮庁舎としていた(その後、同ビルは丸の内二丁目ビルに改称され、みずほフィナンシャルグループの本社を経て、2015年から2018年11月まで東京商工会議所が使用していた。現在は一般の貸しビルとして使用されている。)

目次

  • 1 概要
  • 2 沿革
  • 3 所掌事務
  • 4 組織
    • 4.1 幹部
    • 4.2 内部部局
    • 4.3 審議会等
    • 4.4 施設等機関
    • 4.5 特別の機関
    • 4.6 地方支分部局
    • 4.7 外局
  • 5 所管法人
  • 6 財政
  • 7 職員
  • 8 広報
  • 9 民間との関係
    • 9.1 天下り問題
    • 9.2 アートプラットファーム関係者の抗議、辞任
  • 10 不祥事
  • 11 歴代事務次官
  • 12 文部科学省出身の著名人
  • 13 幹部
  • 14 脚注
  • 15 関連項目
  • 16 外部リンク

概要

旧文部省庁舎(手前のレンガ色の建物)
現在も改装され文化庁庁舎として使用されている。

上記の文部科学省設置法第3条に示された任務を達成するため、文部科学省は、教育科学技術学術文化、および健常者スポーツ(障害者スポーツは厚生労働省の管轄)の振興に関する事項をつかさどる。

2001年(平成13年)1月6日、中央省庁再編に伴い、学術・教育・学校等に関する行政機関だった旧文部省と、科学技術行政を総合的に推進する行政機関で旧総理府外局だった旧科学技術庁とが統合されて誕生した。(歴代の文部大臣歴代の科学技術庁長官を参照。)

政府機関に於けるという名称の機関で各省の外局でなく総理府(現 内閣府)の外局とされたものは、特別の機関として位置づけられる警察検察、などを除けば、主務省(府)を超えて各省(府)横断的な行政機関として機能し、他省(府)庁からの出向者も多い。また、他省(府)庁の各専門機関の予算調整等の役割を担うことがある。文部科学省はそうした庁ととが統合された異例の再編であった。

旧科学技術庁の調整機能は内閣府に移管されたが、原子力行政に代表されるように、特定の行政機能がこの統合・再編で各省(府)庁にいびつに分散、または文部科学省に集中した。分散の代表が原子力行政であるとすれば、集中の代表は独立行政法人研究機関であると言える。

詳細は「科学技術庁」を参照

沿革

所掌事務

文部科学省設置法第4条は計97号に及ぶ所掌事務をつかさどると規定している。具体的には以下に関することなどがある。

 | 
  • 科学技術政策(第44号)
  • 研究開発の計画(第45号)
  • 学術振興(第48号)
  • 研究者養成(第49号)
  • 技術者養成(第50号)
  • 技術士(第51号)
  • 研究開発の環境整備(第52~54号)
  • 研究開発の成果の普及・活用(第55号)
  • 発明実用新案(第56号)
  • 科学技術知識の普及(第57号)
  • 研究開発が経済社会に及ぼす影響の評価(第58号)
  • 基礎研究(第59号)
  • 理化学研究所(第62号)
  • 放射線利用(第63号)
  • 宇宙の開発および利用(第64・65号)
  • 原子力に関する科学技術・研究開発(第64・68・69号)
  • 資源の総合的利用(第67号)
  • 原子力損害の賠償(第70号)
  • スポーツ振興(第76~80号)
  • 文化振興(第81・82号)
  • 劇場音楽堂美術館等(第83号)
  • 展示会・講習会(第84号)
  • 国語の改善・普及(第85号)
  • 著作権の保護・利用(第86号)
  • 文化財の保存・利用(第87号)
  • アイヌ文化(第88号)
  • 宗教法人(第89号)
  • 国際文化交流(第90号)
  • ユネスコ活動(第91号)
  • 文化功労者(第92号)
  • 教育関係者に対する管轄分野の指導助言(第93・94号)


組織

文部科学省の内部組織は一般的に、法律の文部科学省設置法、政令の文部科学省組織令および省令の文部科学省組織規則が重層的に規定している。

幹部

内部部局

審議会等

施設等機関

特別の機関

地方支分部局

文部科学省は他省の「○○地方~局」に相当する、全国を分割網羅する地方支分部局を持たない。かつて、地方にある大学や地方教育委員会の施設整備に関する補助金交付事務を行う「○○地方工事事務所」が国立大学の敷地内に存在したが、国立大学の法人化に伴い廃止された。補助金交付事務は本部で行えば足り、教育行政は完全な地方分権であるため必要がないというのが廃止理由である。元科学技術庁の機関であった水戸原子力事務所が唯一の地方支分部局であったが原子力規制委員会設置法(平成24年法律第47号)により平成25年3月31日に廃止された。

外局

所管法人

文部科学省が主管する独立行政法人(2019年4月1日現在、計22法人 )

国立大学法人:全国86法人

大学共同利用機関法人(計4法人)

主管する特殊法人(2019年(平成31年)4月1日現在、計2法人

主管する特別民間法人(2019年(平成31年)4月1日現在、計2法人)

特別の法律により設立される民間法人特別の法律により設立される法人および認可法人は所管しない。

財政

2019年度(平成31年度)一般会計予算における文部科学所管の歳出予算は5兆5286億8856万9千円である単位:千円。組織別の内訳は文部科学本省が5兆3870億1198万4千円と全体の約97%を占め、以下、文化庁が1067億946万8千円、スポーツ庁が304億413万9千円、文部科学本省所轄機関が45億6297万8千円と続く。本省予算のうち義務教育費国庫負担金の1兆5200億3300万円(対本省比28.2%)および国立大学法人運営費の1兆970億5465万6千円(20.3%)が大きな比重をしめる。本省所轄機関とは国立教育政策研究所、科学技術・学術政策研究所、日本学士院等をさす。

文部科学省は、内閣府、経済産業省及び環境省と、エネルギー対策特別会計を共管する。また、国会、裁判所、会計検査院、内閣、内閣府、復興庁、総務省、法務省、外務省、財務省、文部科学省、厚生労働省、農林水産省、経済産業省、国土交通省、環境省及び防衛省所管の東日本大震災復興特別会計を共管する。

職員

丸の内の文部科学省仮庁舎
2005年(平成17年)12月
改装工事中の旧文部省庁舎
2007年(平成19年)4月

一般職の在職者数は2018年(平成30年)7月1日現在、文部科学省全体で2,090人(うち、女性519人)。機関別内訳は本省が1,746人(うち、女性429人)、文化庁227人(うち、女性66人)、スポーツ庁117人(うち、女性24人)となっている。行政機関職員定員令に定められた文部科学省の定員は特別職1人を含めて2133人である。本省および各外局別の定員は省令の文部科学省定員規則により、本省1750人、文化庁261人、スポーツ庁122人となっている。

文部科学省職員は一般職の国家公務員なので、労働基本権のうち争議権と団体協約締結権は国家公務員法により認められていない。団結権は認められており、職員は労働組合として国公法の規定する「職員団体」を結成し、若しくは結成せず、又はこれに加入し、若しくは加入しないことができる(国公法第108条の2第3項)。2019年3月31日現在、人事院に登録された職員団体は存在しない 。2005年度以降、組織率が数パーセントの状況が続き、2011年度にはついに0%となった。かつては国公労連加盟の文部省職員労働組合が活動していたが、2011年3月31日をもって解散した。

2018年12月25日、中堅・若手職員有志(今年8月に公募で集まった職員173人、メンバーの大半は、大半が室長・課長補佐級以下で占められていた。)は、文部科学省の局長級幹部が相次いで逮捕された汚職事件を受け、組織の抜本改革を求める報告書を柴山昌彦文科相に提出した。

広報

文部科学省が編集する白書には「文部科学白書」及び「科学技術白書」があり、後者は科学技術基本法の規定により、政府が毎年国会に提出する「政府が科学技術の振興に関して講じた施策に関する報告書」(年次報告書、同法第8条)を収録している。

文部科学省が発行または編集する広報誌としては、本省の『文部科学広報』(月刊)、文化庁の『月刊文化財』、日本学士院の『日本学士院ニュースレター - 明六社だより』(年2回刊)、地震調査研究推進本部の『地震本部ニュース』(月刊)、などがある。『月刊文化財』の発行主体は第一法規株式会社で、文化庁は監修に携わっている。かつては、ぎょうせい発行の『文部科学時報』(月刊)があったが、2012年3月10日号をもって終刊となった。文化庁の『文化庁月報』(月刊)も2014年3月号をもって終刊となり、不定期のウェブ広報誌『ぶんかる』として発刊している。

ウェブサーバー名は「www.mext.go.jp」。他に文化庁は「www.bunka.go.jp」、日本学士院は「www.japan-acad.go.jp」、地震調査研究推進本部は「www.jishin.go.jp」、国立教育政策研究所は「www.nier.go.jp」、科学技術・学術政策研究所は「www.nistep.go.jp」等と一部の機関は独自のドメイン名を持つ。

民間との関係

天下り問題

2017年に発覚した組織的な天下りのあっせんへの対策として、2019年4月から国立大学法人へ理事として出向する文科省幹部を半減させる事になった。文科省は運営費交付金を出すなど、大学に対して大きな権限を持つ。加計学園問題で注目された前川喜平は次官として天下りあっせんで処分されており、加計学園理事であった木曽功も元国際統括官である。

アートプラットファーム関係者の抗議、辞任

あいちトリエンナーレ2019に対する補助金不交付問題にからんで、2019年10月1日に文化庁が取り組む「アートプラットフォーム事業」のメンバーから撤回を求める声明文が出され、副座長が辞表を提出した。

不祥事


大麻、覚醒剤所持

歴代事務次官

代 氏名 出身 前職 在任期間 最終学歴 退任後の役職
01 | 小野元之 | 文部省 | 文部省大臣官房長 | 2001年(平成13年)01月06日-
2003年(平成15年)01月10日 | 京都大学法学部卒 | 日本学術振興会理事長
学校法人城西大学理事長代理
教育再生会議委員
02 | 御手洗康 | 文部省 | 文部科学審議官 | 2003年(平成15年)01月10日-
2005年(平成17年)01月11日 | 東京大学法学部卒 | 放送大学学園理事長
学校法人共立女子学園理事長
03 | 結城章夫 | 科学技術庁 | 文部科学審議官 | 2005年(平成17年)01月11日-
2007年(平成19年)07月06日 | 東京大学工学部卒 | 山形大学学長
学校法人富澤学園副理事長
04 | 銭谷眞美 | 文部省 | 初等中等教育局長 | 2007年(平成19年)07月06日-
2009年(平成21年)07月14日 | 東北大学教育学部卒 | 東京国立博物館館長
日本博物館協会会長
ベルマーク教育助成財団理事長
05 | 坂田東一 | 科学技術庁 | 文部科学審議官 | 2009年(平成21年)07月14日-
2010年(平成22年)07月30日 | 東京大学大学院工学系研究科修士課程修了 | ウクライナ特命全権大使
一般社団法人日本原子力産業協会特任フェロー
06 | 清水潔 | 文部省 | 文部科学審議官 | 2010年(平成22年)07月30日-
2012年(平成24年)01月06日 | 東京大学法学部卒 | 明治大学研究・知財戦略機構特任教授
早稲田大学大学院教職研究科客員教授
京都工芸繊維大学顧問
弁護士(みのり総合法律事務所)
07 | 森口泰孝 | 科学技術庁 | 文部科学審議官 | 2012年(平成24年)01月06日-
2013年(平成25年)07月08日 | 東大大学院工学系研究科修了 | 東京理科大学特命教授を経て副学長
08 | 山中伸一 | 文部省 | 文部科学審議官 | 2013年(平成25年)07月08日-
2015年(平成27年)08月04日 | 東京大学法学部卒 | ブルガリア特命全権大使
学校法人角川ドワンゴ学園理事長
09 | 土屋定之 | 科学技術庁 | 文部科学審議官 | 2015年(平成27年)08月04日-
2016年(平成28年)06月17日 | 北海道大学大学院環境科学研究科修了 | ペルー特命全権大使
10 | 前川喜平 | 文部省 | 文部科学審議官 | 2016年(平成28年)06月17日-
2017年(平成29年)01月20日 | 東京大学法学部卒 | 
11 | 戸谷一夫 | 科学技術庁 | 文部科学審議官 | 2017年(平成29年)01月20日-
 | 東北大学工学部卒 | 
藤原誠文部科学省大臣官房長による事務代理。 | 2018年(平成30年)09月21日-
2018年(平成30年)10月16日 | 東京大学法学部卒 | 
12 | 藤原誠 | 文部省 | 大臣官房長 | 2018年(平成30年)10月16日- | 東京大学法学部卒 | 

文部科学省出身の著名人

前身の文部省・科学技術庁出身者を含む

出典:wikipedia
2019/10/15 11:36

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「文部科学省」の意味を投稿しよう
「文部科学省」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

文部科学省スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「文部科学省」のスレッドを作成する
文部科学省の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail