このキーワード
友達に教える
URLをコピー

斎藤雅樹とは?

この存命人物の記事には検証可能な出典が不足しています。信頼できる情報源の提供に協力をお願いします。存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的に中傷・誹謗・名誉毀損あるいは有害となるものはすぐに除去する必要があります。(2010年11月)
斎藤 雅樹
読売ジャイアンツ コーチ #85

【基本情報】

【国籍】
日本
【出身地】
埼玉県川口市
【生年月日】
(1965-02-18) 1965年2月18日(53歳)
【身長
体重】
181 cm
93 kg
【選手情報】

【投球・打席】
右投右打
【ポジション】
投手
【プロ入り】
1982年 ドラフト1位
【初出場】
1984年4月6日
【最終出場】
2001年9月30日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴


監督・コーチ歴

  • 読売ジャイアンツ (2002 - 2003, 2006 - )

野球殿堂(日本)
殿堂表彰者

【選出年】
2016年
【得票率】
84.6%(337票中285票)
【選出方法】
プレーヤー表彰
この表について
この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

プロジェクト:野球選手 テンプレート


斎藤 雅樹(さいとう まさき、1965年2月18日 - )は、埼玉県川口市出身の元プロ野球選手(投手)、指導者。読売ジャイアンツ二軍監督。2017年7月15日から一軍投手コーチ。2018年からは一軍投手総合コーチ。

サイドスローの投球フォームで1989年から1990年代中盤まで巨人投手陣を支え、2年連続20勝、11連続完投勝利を記録し、沢村賞を3回受賞した「平成の大エース」。選手時代の愛称は同音姓の芸能人・斉藤清六にちなんでセイロク

目次

  • 1 経歴
    • 1.1 プロ入り前
    • 1.2 プロ入り後
    • 1.3 1994年まで
      • 1.3.1 11試合連続完投勝利
      • 1.3.2 10.8決戦
    • 1.4 1995年以降
    • 1.5 現役引退後
  • 2 詳細情報
    • 2.1 年度別投手成績
    • 2.2 タイトル
    • 2.3 表彰
    • 2.4 記録
    • 2.5 背番号
    • 2.6 監督歴
  • 3 脚注
  • 4 参考文献
  • 5 関連項目
  • 6 外部リンク

経歴

プロ入り前

東京都足立区で生まれ、埼玉県川口市で育った。野球を始めたきっかけは小学校5年生の時に母親が地元のリトルリーグの選手募集に無断で応募したことで、実際に当人の意思は「僕はやりたくなかった」と入団テストを嫌々受けたが、「やるときは一生懸命やる」と手抜きできない性格で、遠投で地肩の強さを発揮し、走力テストもまずまずの成績を残して合格し、本格的に野球に打ち込むことになったという。

埼玉県の川口市立北中学校市立川口高校入学後に頭角を表し、内山清監督の指導のもと1982年の全国高等学校野球選手権埼玉大会では決勝戦に進出するも、8回裏に熊谷高校のエース・江頭靖二に決勝2点適時打を打たれ1-3で敗れ、全国選手権出場は果たせなかった。

プロ入り後

1994年まで

1982年度ドラフト会議にて読売ジャイアンツから1位指名を受け、契約金4000万円、年俸260万円(金額は推定)で合意して入団。担当スカウトは伊藤菊雄。打撃、守備センスの良さから、野手転向を勧める声もあったが、当時監督の藤田元司のアドバイス(投球時の腰回転がサイドスロー向きだったという)もあり、サイドスローへ転向。

1985年にはローテーションに定着して12勝を挙げ、最終戦まで最優秀防御率のタイトルを争う活躍を見せる(最終戦で8回1/3を自責点0に抑えれば1位に躍り出る状況だったが、シーズン本塁打日本記録のかかっていたランディ・バースに全打席出塁を許すなど5回1/3を4自責点に終わった)も、それ以降は不遇な時期もあった。王貞治監督時代は一軍と二軍を往復し、敗戦処理が役割だった時期もある。その間、1984年8月28日の横浜大洋ホエールズ戦で救援登板し、遠藤一彦から自らサヨナラ適時打を打った。

1989年、巨人の監督に復帰した藤田から再び指導を受ける。ノミの心臓で気が弱いという評価などから、王は「斎藤は先発には向かない」などとしていたが、藤田は斎藤に対し「お前は気が弱いんじゃない、気が優しいんだ」「(斎藤が「マウンドに上がるのが怖い」と言った際)投手というのは臆病でないといけないんだ。色々考えたら臆病になる。怖いというのは、お前が色々考えている証拠だ」などと諭し先発で起用し続けた事などで才能が開花。サイドスローからの140km/h超の威力あるストレート、鋭いカーブ(スライダーという評論家もいるが本人はカーブと言っている)とシンカーを武器に、3試合連続完封勝利を含む11試合連続完投勝利の日本記録を達成(#11試合連続完投勝利参照)。8月12日の対中日ドラゴンズ戦(ナゴヤ球場)では9回1死まで被安打0の快投。あと2人でノーヒットノーラン達成という状況にまで迫ったが、音重鎮にチーム初安打を許したのを機に崩れ、最後は落合博満に逆転サヨナラ3点本塁打を許した。だが、それでも最終的にはシーズン20勝をマークし、西本聖(中日)と最多勝のタイトルを分け合った。

1990年も8試合連続完投勝利を挙げるなど、20勝を挙げ、巨人だけでなく「平成の大エース」「球界のエース」「ミスター完投」と呼ばれるまでに成長した。2017年シーズン終了まで、この年の斎藤を最後に2年連続20勝投手は現れていない。もっとも、シーズン最後の3試合は2勝1敗で2年連続20勝を果たすも、19イニングで自責点16と打ち込まれ、2年連続防御率1点台は逃す。その不調は日本シリーズでも露呈し、チームのシリーズ敗退の一因となった。

1991年は前年終盤からの不調が続き、勝ち星が半減し、勝率も5割に落とした。

1993年から1997年まで5年連続で開幕投手を務めた。1993年は故障がちで成績を落としたが、1994年から1996年は3年続けて開幕戦完封勝利を収める偉業を達成。桑田真澄槙原寛己とともに先発「三本柱」と呼ばれ、その中でも抜きん出た成績を残し沢村賞3回、最多勝利5回、最優秀防御率3回など数々のタイトルを獲得した。そのうち、1994年には、10.8決戦に登板し、勝利投手となった。

11試合連続完投勝利

1989年5月10日に行われた対横浜大洋ホエールズ戦、この試合は斎藤にとって連続完投勝利記録の1試合目であり、後年出版された『日本野球25人 私のベストゲーム』で斎藤自身が「最も記憶に残る試合」として選んだものである(この節の出典は、特記がない限り同書にもとづく)。

斎藤は、5月7日の対広島東洋カープ戦(広島市民球場)で先発登板したものの、いきなり広島打線に捕まり、被安打3・与四死球2の3失点で、2回表に回った打順で代打を送られて降板、翌日の朝日新聞は「汗もかかずに降板」と書き立てた。この直後、5月10日の横浜大洋ホエールズ戦(横浜スタジアム)の先発を言い渡された。通常、先発投手はシーズン5~6人程度でローテーションが組まれるが、中2日で登板することはいわゆる「瀬戸際」で、斎藤自身も前年に出身校である市立川口高校のマネージャーだった女性と結婚したばかりで、奮起すべき材料はいくつもあったということである。

10日の試合で、巨人は8回表まで5対1とリードしていたが、8回裏に1点差に迫られ、さらに同点・逆転のピンチを迎えた。斎藤は交代を願う気持ちもあってベンチを見たが、藤田は交代の動きを示さなかった。結局、斎藤は代打加藤博一を打ち取り、ピンチを脱した。この後、斎藤は、9回裏を無失点に抑えて、シーズン3勝目を挙げた。試合後、藤田は「(9回に)走者が出たらリリーフを出そうと思っていた」と述べ、斎藤は「最後まで投げさせてくれるんだな、とうれしかった」とコメントしていた。

この試合における藤田の8回の判断については、5月11日付読売新聞は、「『粘れ斎藤!』藤田監督辛抱の続投 大成期待8回ピンチにも動かず」と比較的大きく取り上げたが、同日付の毎日新聞(上記)の扱いは小さく、朝日新聞、日本経済新聞では触れられず、当時の注目度は大きいとは言えなかった。なお、この試合の敗戦投手は、大洋の先発斉藤明夫であったため、朝日新聞、毎日新聞は、「斎藤対決は巨人に軍配」と報じた。

【登板日】
【対戦チーム】
【球場】
【投球回】
自責点
5月10日 | 5 - 4 | 大洋 | 横浜 | 9 | 2
5月17日 | 5 - 2 | 中日 | 平和台 | 9 | 2
5月24日 | 6 - 1 | ヤクルト | 東京D | 9 | 1
5月30日 | 7 - 0 | 大洋 | 新潟 | 9 | 0
6月4日 | 10 - 0 | 阪神 | 東京D | 9 | 0
6月10日 | 6 - 0 | ヤクルト | 神宮 | 9 | 0
6月16日 | 2 - 1 | 中日 | 東京D | 10 | 1
6月24日 | 3 - 1 | 阪神 | 甲子園 | 9 | 1
7月1日 | 10 - 1 | ヤクルト | 神宮 | 9 | 1
7月8日 | 7 - 2 | 大洋 | 横浜 | 9 | 2
7月15日 | 6 - 0 | ヤクルト | 東京D | 9 | 0

10.8決戦

10.8決戦」も参照

1994年の斎藤は、シーズン当初は快調に勝ち星を重ねたが、チーム打線の調子の低下もあり、8月24日に13勝目を挙げて以来勝ち星がなく、シーズン終盤を迎えていた。優勝のかかった10月6日ヤクルトスワローズ戦(明治神宮野球場)に先発登板したが、1点リードの7回表に打順が回ったところで代打を送られて降板し、7回裏に槙原が逆転打を打たれて勝利投手となれず、チームも8日の同率首位最終決戦に臨むこととなった。

10月8日の対中日戦は、巨人先発の槙原が2回途中で相手打線に打ち込まれ、斎藤にリリーフ登板が告げられた。2回裏、2-2の同点で、無死走者一、二塁であった。後年、斎藤は「(前回登板から)中1日だったし、出番は無いと思っていたけど、ブルペンで投げていたらコーチが『おい、斎藤』と。思わず聞こえないフリをした」と述べている。桑田と同様に斎藤も試合前日に監督の長嶋茂雄に呼び出され、出番について告げられたとする文献もあるが、斎藤は否定している。

斎藤はこの回を、今中慎二バントを処理した際に二塁走者を三塁で封殺、続く清水雅治から三振を奪い、同時に今中のバントで二塁に進んでおり、大きくリードをとっていた中村武志を捕手村田真一が牽制球でアウトとして、追加点(逆転)を阻んだ。この後、巨人は勝ち越しに成功。斎藤は6回に彦野利勝の適時打による1失点があったのみで、6回まで投球して、この試合の勝利投手となった。7回からは桑田が斎藤を救援する形で登板し、そのまま試合は終了。「胴上げ投手」となった桑田は、自著「桑田真澄という生き方」で「(槙原が早い段階で降板したため)『これは、早い回に代わるかもしれないぞ』と思った。二番手の斎藤さんは、シーズン後半に調子を落としていたから、(中略)しかし、斎藤さんが中日の勢いを止めた。(中略)巧みなピッチングで、6回の1失点に抑えた」と述べている。

斎藤は、試合終了後のインタビューで、「やればできる、できるんです。最後の最後でいい仕事ができた」と大声で叫んだ。後年、さらに、「5回途中に内転筋を痛めたが、テーピングをグルグルに巻いて投げた。あの試合で投げられたことが自信になり、さらにレベルアップできたと思う」と述べた。

1995年以降

1995年は最多勝と最多奪三振の二冠で2度目の沢村賞に輝いた。日本一のヤクルト戦では4完封を挙げた。

1996年8月16日、通算150勝のかかったヤクルト戦では、9回二死から同点に追いつかれた後も12回まで179球を投げきった。12回裏の打順で斎藤の代打に送られた岸川勝也が凡退し、二死無走者。この試合での150勝はお預けかと思われた矢先に当時新人の仁志敏久サヨナラ本塁打を放ち、土壇場で150勝を達成した。

1997年のヤクルトとの開幕戦で、広島から移籍してきた小早川毅彦に開幕3連発を浴びるなど精彩を欠き、右腕の故障も加わって一桁勝利に終わる。1998年は10勝を挙げたが、これが自身最後の二桁勝利となった。前年の右腕の故障に加え、足の内転筋の故障など全盛期のストレートが投げられず、1999年は僅か5勝に終わり、周囲からは衰えも囁かれた。

2000年も故障がちで一軍と二軍を往復する日々が続く。後半には一軍に復帰し、登板機会は少なかったものの自身のモデルチェンジが功を奏し、リーグ優勝・日本一に貢献した。復活が期待された2001年のシーズンでは開幕ローテーションに入り、4月22日の対横浜ベイスターズ戦でシーズン初勝利を挙げたが、5月6日の対横浜ベイスターズ戦で2回の走塁時に故障し、1回で降板、そのまま二軍降格となった。その回復に時間を要し、シーズン後半優勝争い脱落の危機の中、一軍にリリーフ投手として復帰。5試合連続で中継ぎ登板を行うなどシーズン終盤のヤクルトとの優勝争いの中で奮闘したが、故障した身体が限界に達したため、同シーズン限りで槙原・村田らと共に現役を引退を発表。1994年10月8日の優勝決定戦で活躍した選手が、同時に選手生命に幕を下ろすこととなった。

現役引退後

引退後、2002年2003年の2年間は一軍投手コーチ、2004年2005年にはフジテレビ野球解説者・スポーツ報知評論家、沢村賞選考委員を務めた。2006年に監督の原辰徳と共に1軍投手コーチとして復帰。2008年2009年は二軍投手コーチを務め、2010年から2015年は再び一軍投手コーチを務めた。そして2016年からは二軍監督を務めイースタン・リーグの優勝を達成(2015年前任の岡崎郁二軍監督と2017年途中から就任した内田順三二軍監督時代を含めとイースタン・リーグ三連覇)。2017年7月15日から再び一軍投手コーチを務める。2016年1月18日野球殿堂入りを果たした。

2016年9月26日に第1回WBSC U-23ワールドカップ日本代表監督を務めることが発表された。

詳細情報

年度別投手成績






























ブ




ド
































ボ











W
H
I
P

1984 | 巨人 | 17 | 1 | 0 | 0 | 0 | 4 | 0 | 0 | -- | 1.000 | 177 | 44.0 | 36 | 3 | 13 | 1 | 4 | 43 | 1 | 0 | 15 | 15 | 3.07 | 1.11
1985 | 41 | 20 | 5 | 4 | 1 | 12 | 8 | 7 | -- | .600 | 561 | 155.0 | 125 | 14 | 53 | 5 | 3 | 124 | 0 | 2 | 59 | 51 | 2.96 | 1.15
1986 | 35 | 6 | 2 | 0 | 0 | 7 | 3 | 1 | -- | .700 | 316 | 90.0 | 64 | 7 | 24 | 7 | 4 | 63 | 0 | 1 | 26 | 24 | 2.40 | 0.98
1987 | 6 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | -- | ---- | 30 | 5.0 | 14 | 4 | 2 | 0 | 0 | 4 | 0 | 0 | 12 | 10 | 18.00 | 3.20
1988 | 38 | 0 | 0 | 0 | 0 | 6 | 3 | 3 | -- | .667 | 254 | 66.2 | 45 | 6 | 17 | 4 | 1 | 55 | 2 | 0 | 14 | 14 | 1.89 | 0.93
1989 | 30 | 30 | 21 | 7 | 4 | 20 | 7 | 0 | -- | .741 | 944 | 245.0 | 178 | 15 | 53 | 3 | 5 | 182 | 2 | 0 | 52 | 44 | 1.62 | 0.94
1990 | 27 | 27 | 19 | 6 | 3 | 20 | 5 | 0 | -- | .800 | 876 | 224.0 | 177 | 17 | 52 | 2 | 2 | 146 | 2 | 0 | 59 | 54 | 2.17 | 1.02
1991 | 24 | 24 | 10 | 1 | 1 | 11 | 11 | 0 | -- | .500 | 740 | 178.2 | 171 | 12 | 40 | 3 | 3 | 103 | 2 | 0 | 73 | 67 | 3.38 | 1.18
1992 | 25 | 25 | 12 | 5 | 2 | 17 | 6 | 0 | -- | .739 | 757 | 187.2 | 165 | 15 | 48 | 2 | 3 | 148 | 1 | 0 | 56 | 54 | 2.59 | 1.13
1993 | 23 | 22 | 3 | 1 | 1 | 9 | 11 | 0 | -- | .450 | 609 | 149.2 | 135 | 10 | 40 | 1 | 4 | 105 | 3 | 0 | 56 | 53 | 3.19 | 1.17
1994 | 30 | 27 | 11 | 5 | 2 | 14 | 8 | 0 | -- | .636 | 820 | 206.1 | 183 | 16 | 32 | 2 | 6 | 144 | 2 | 0 | 60 | 58 | 2.53 | 1.04
1995 | 28 | 27 | 16 | 6 | 2 | 18 | 10 | 0 | -- | .643 | 836 | 213.0 | 166 | 18 | 50 | 1 | 3 | 187 | 1 | 0 | 72 | 64 | 2.70 | 1.01
1996 | 25 | 25 | 8 | 4 | 1 | 16 | 4 | 0 | -- | .800 | 768 | 187.0 | 172 | 13 | 44 | 3 | 5 | 158 | 0 | 0 | 52 | 49 | 2.36 | 1.16
1997 | 19 | 19 | 2 | 0 | 0 | 6 | 8 | 0 | -- | .429 | 493 | 118.1 | 126 | 15 | 34 | 3 | 1 | 61 | 0 | 0 | 58 | 54 | 4.11 | 1.35
1998 | 23 | 22 | 4 | 1 | 1 | 10 | 7 | 0 | -- | .588 | 594 | 146.1 | 132 | 13 | 40 | 2 | 4 | 93 | 2 | 0 | 56 | 50 | 3.08 | 1.18
1999 | 17 | 15 | 0 | 0 | 0 | 5 | 2 | 0 | -- | .714 | 362 | 83.0 | 89 | 10 | 31 | 0 | 3 | 45 | 1 | 0 | 44 | 43 | 4.66 | 1.45
2000 | 5 | 5 | 0 | 0 | 0 | 3 | 1 | 0 | -- | .750 | 125 | 34.1 | 20 | 4 | 4 | 0 | 1 | 20 | 0 | 0 | 8 | 8 | 2.10 | 0.70
2001 | 13 | 6 | 0 | 0 | 0 | 2 | 2 | 0 | -- | .500 | 167 | 41.2 | 42 | 6 | 7 | 0 | 0 | 26 | 0 | 0 | 21 | 20 | 4.32 | 1.18
NPB:18年 426 | 301 | 113 | 40 | 18 | 180 | 96 | 11 | -- | .652 | 9529 | 2375.2 | 2040 | 198 | 584 | 39 | 52 | 1707 | 19 | 3 | 793 | 732 | 2.77 | 1.10

タイトル

表彰

記録

初記録
節目の記録
日本記録
通算記録
その他の記録

背番号

監督歴

脚注

  1. ^ 【巨人】斎藤2軍監督が1軍投手コーチに 2軍監督には内田氏(スポーツ報知)- Yahoo!ニュース” (2017年7月13日). 2017年8月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月13日閲覧。
  2. ^ 母が勝手にリトルリーグへ申し込み!? 殿堂入りの斎藤2軍監督、意外な球歴のスタート明かす - 産経ニュース(2016.1.23 18:00配信)
  3. ^ 最初に1位で指名した荒木大輔(早稲田実業)を抽選で外したため、その外れとして指名された。
  4. ^ 『朝日新聞』1982年12月3日16面13版
  5. ^ 祝殿堂入り G斎藤雅樹秘話 遊撃手に転向していたら2000安打で名球会選手
  6. ^ 【あの時・G斎藤11連続完投】(1)藤田監督「ちょっと腕を下げて投げてごらん」
  7. ^ 『読売新聞』1984年8月29日17面14版
  8. ^ 『朝日新聞』 25面 縮刷版1989年5月号p.273
  9. ^ 『日本野球25人 私のベストゲーム』
  10. ^ 『読売新聞』1989年5月11日付19面 縮刷版1989年5月号p.399
  11. ^ 『毎日新聞』1989年5月11日付23面 縮刷版1989年5月号p.339
  12. ^ 『朝日新聞』 23面 縮刷版1989年5月号p.423
  13. ^ 『日本経済新聞』27面 縮刷版1989年5月号p.437
  14. ^ 『読売新聞』2007年4月19日付スポーツ24面縮刷版同年4月号p.1028[1]
  15. ^ 桑田真澄『試練が人を磨く―桑田真澄という生き方』扶桑社 1995年5月 ISBN 978-4594017125
  16. ^ 日刊スポーツ』 1994年10月9日付4面
  17. ^ 『読売新聞』1996年8月17日15面14版
  18. ^ 【巨人】斎藤2軍監督が1軍投手コーチに 2軍監督には内田氏”. スポーツ報知 (2017年7月13日). 2017年7月13日閲覧。
  19. ^ 中日新聞』2016年1月19日朝刊27面「工藤、斎藤氏ら殿堂入り 山中、故榎本、故松本氏も」
  20. ^ 野球殿堂入り 工藤公康氏や斎藤雅樹氏ら5人 Archived 2016年1月18日, at the Wayback Machine. NHKニュース 2016年1月18日閲覧
  21. ^ 侍ジャパンU-23代表の監督・コーチが決定 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト (2016年9月26日) 2016年10月2日閲覧
  22. ^ 当時は最高勝率の連盟表彰はなかったが、日本野球機構オフィシャルサイト[2]には、1990年、1992年、1996年の「最高勝率」として斎藤の名前が記載されている。なお、タイトルとしての「最優秀勝率投手」および「勝率第一位投手」については、「最高勝率 (野球)」を参照のこと。
  23. ^ ベースボール・レコード・ブック1993』ベースボール・マガジン社 1992年12月発売p.772

参考文献

関連項目

外部リンク

読売ジャイアンツ 2018
監督 | 
24 高橋由伸

一軍コーチ | 

二軍監督・コーチ | 
  • 78 川相昌弘(監督)
  • 74 小谷正勝(投手)
  • 73 三澤興一(投手)
  • 75 内田順三(打撃)
  • 72 田代富雄(打撃)
  • 70 片岡治大(内野守備走塁)
  • 71 金城龍彦(外野守備走塁)
  • 76 高田誠(バッテリー)
  • 106 ターニー(トレーニング)
  • 108 穴吹育大(トレーニング)
  • 109 李昊俊(打撃)

  • 三軍監督・コーチ | 
  • 77 江藤智(監督)
  • 101 阿波野秀幸 (投手)
  • ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  • 出典:wikipedia
    2018/09/21 06:02

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「斎藤雅樹」の意味を投稿しよう
    「斎藤雅樹」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    斎藤雅樹スレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「斎藤雅樹」のスレッドを作成する
    斎藤雅樹の」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    無料コミックを探す
    占い・診断
    着メロを探す
    GAMEを探す
    デコメを探す
    きせかえツールを探す
    FLASH待ち受けを探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail