このキーワード
友達に教える
URLをコピー

新宿駅とは?

 | 
この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2010年3月)

【新宿駅】

新宿駅全景
(2018年6月、渋谷区側より撮影)

しんじゅく
Shinjuku


【所在地】
東京都新宿区渋谷区
所属事業者
東日本旅客鉄道(JR東日本・駅詳細)
京王電鉄(駅詳細)
小田急電鉄(駅詳細)
東京地下鉄(東京メトロ・駅詳細)
東京都交通局(都営地下鉄駅詳細)
【乗換】
西武新宿駅(西武鉄道新宿線)
新宿西口駅(都営地下鉄大江戸線)
東口駅ビル「ルミネエスト新宿
南口遠景(2005年5月)
南口遠景(2017年5月)

新宿駅(しんじゅくえき)は、東京都新宿区渋谷区にまたがって所在する、東日本旅客鉄道(JR東日本)・京王電鉄小田急電鉄東京地下鉄(東京メトロ)・東京都交通局(都営地下鉄)のである。乗降客数が世界一多く、ギネス世界記録にも認定されている。

概要

東京の副都心新宿に位置するターミナル駅である。1885年日本鉄道により現在の山手線が開業したのが当駅の始まりである。4年後の1889年には南豊島郡淀橋町となる。開業時から新宿を副都心にする計画が発表されるまでは当駅周辺はまだ街の外れであり利用客は少ないものだったが、大正期に入り次第に市街地が拡大するにつれ、多くの私鉄が乗り入れるようになる。ターミナルとなって周辺が発展するにつれて利用客は増え続け、1931年には私鉄日本国有鉄道(国鉄)などを合わせた利用者数で日本一になった。そして、1966年の乗車人数では、国鉄池袋駅の41万67人を抜いて、当駅が41万69人と日本一になっている。さらに1960年代から当駅西側一帯(西新宿)で進められた新宿副都心計画によって、70年代には多くの超高層ビルが建てられ利用者の増加に拍車がかかった。

現在ではJR・私鉄地下鉄の多くの路線が周辺地域のベッドタウンとを結んでおり、多くのビジネス客が利用する。さらに、当駅周辺は東口を中心として日本最大の繁華街歓楽街となっており、昼夜を問わず人の流れが絶えない。また、西口の西新宿には超高層ビルが林立し、オフィス街としての機能も持つ。JRの駅を中心に東・西・南口、周辺の各地下鉄駅、商業施設などが通路や地下街などで広範囲に連絡している。

1日平均乗降者数は約353万人(2017年)と世界一(ギネス世界記録認定)多い駅であり、地下道などで接続する西武新宿駅新宿西口駅まで含めると約377万人(2017年)となり、この数字は横浜市静岡県の人口に匹敵している。

乗り入れ路線

JR東日本・京王電鉄・小田急電鉄・東京メトロ・東京都交通局の5社局が乗り入れるターミナル駅である。以下のうち、京王線小田急小田原線は当駅を起点としている。

JR東日本
JR東日本の駅に乗り入れている路線は、線路名称上は山手線中央本線であり(詳細は路線記事および「鉄道路線の名称」を参照)、山手線を当駅の所属線としている。一方、当駅に乗り入れている運転系統は以下のように多岐にわたっている。また、特定都区市内制度における「東京都区内」および東京山手線内に属する。また、JR東日本の駅には「 SJK 」のスリーレターコードが付与されている。
(線路名称上の)山手線では、電車線を走行する環状線としての山手線電車のほか、山手貨物線を走行する埼京線湘南新宿ラインが全列車停車する。旅客案内ではそれぞれ別路線として扱われている。また、空港連絡特急成田エクスプレス」や、東武日光線直通特急なども山手貨物線経由で乗り入れている。
中央本線では、急行線を走行する中央線快速電車と、緩行線を走行する中央・総武線各駅停車の2系統が運行されている。また、甲府駅松本駅方面へ向かう特急列車も発着する(複々線区間では急行線走行)。
京王電鉄
京王電鉄の路線は、線路名称上は京王線のみであるが、運転系統は当駅を起点とする「京王線」と、都営地下鉄新宿線と直通運転を行っている「京王新線」に分かれており、後者が発着する駅は「新線新宿駅」と呼ばれている。当駅には新宿駅・新線新宿駅共通で「KO01」の駅番号が与えられている。
小田急電鉄
小田急の路線は、当駅を起点とする各駅停車、快速急行、急行は小田原駅までの小田原線相模大野駅から江ノ島線に直通する列車、新百合ヶ丘駅から多摩線に直通する列車が運行されている。「OH 01」の駅番号が与えられている。
東京地下鉄(東京メトロ)・東京都交通局(都営地下鉄)
地下鉄は次の2社局3路線が乗り入れており、各路線ごとに駅番号が与えられている。

その他の鉄道路線

以下の駅とは地下通路などでつながっているが、各鉄道会社によっては公式な接続駅となっている駅もある。

地下鉄各線との連絡

当駅において京王・小田急・東京メトロ・都営地下鉄の相互間で乗継割引が適用される場合があるが、連絡する事業者によって割引の有無が異なる。なお、東京メトロ丸ノ内線と都営地下鉄新宿線・大江戸線は両駅間の距離が遠いため、乗継割引が適用されない。丸ノ内線と新宿線の乗換は新宿三丁目駅、丸ノ内線と大江戸線の乗換は東京メトロ新宿駅・都営地下鉄新宿西口駅間(同一駅扱い)または新宿三丁目駅 - 新宿駅間のみ新宿線経由乗り換えで行えば乗継割引70円が適用される。

乗継割引適用の有無(○:適用、×:不適用)

京王
○ 小田急
○ | ○ 東京メトロ
○ | ○ | × 都営新宿駅
× | × | ○ | × 都営新宿西口駅

歴史

新宿駅という駅名は、江戸時代に甲州道中(甲州街道)の日本橋高井戸の間に新しく作られた宿駅である「内藤新宿」が由来となっている。

新宿に鉄道の駅ができたのは、1885年(明治18年)に日本鉄道により赤羽駅 - 品川駅間の路線、(現在の山手線および赤羽線【埼京線の一部】)が開設されたときである。しかし、このころは新宿と言っても町外れに駅が設けられたために1日50人程度の乗降客数であり、雨の日はほとんど利用がないこともあったと伝えられている。

次いで、1889年(明治22年)に甲武鉄道によって立川までの路線(現・中央本線)が開設され、同年8月には八王子まで延長された。また、このころに電車線用のプラットホームとして、本来の新宿駅のプラットホームのほかに、構内の大久保駅寄りの青梅街道付近にもプラットホームが設けられていた。

その後も私鉄の乗り入れは相次ぎ、1915年(大正4年)に京王電気軌道(現・京王電鉄)が南口の甲州街道上に、1923年(大正12年)には帝国電灯西武軌道線(のちの都電杉並線)が東口に、1927年(昭和2年)には小田原急行鉄道(現・小田急電鉄)が西口にそれぞれ新宿駅を開業させている。

京王線の新宿起点は、新宿駅ではなく新宿追分交差点であり、現在の新宿三丁目駅の位置付近(伊勢丹新宿店の交差点南側路上)にあった。のちに隣接する路面外の土地に移設され京王新宿駅を名乗るが、太平洋戦争末期の1945年(昭和20年)に空襲初台変電所が被災して京王線の電圧が下降した影響で南口跨線橋の急勾配を電車が走行できなくなり、同年7月に東横線新宿駅予定地だった現在の西口に移転している(京王線の新宿駅付近の廃駅を参照)。1952年(昭和27年)には西武鉄道の新宿線が西武新宿駅(歌舞伎町付近)まで延伸した。

京王と小田急のホームが地上にあった一時期に、のりばの番号が国鉄(現・JR)→小田急→京王の順で連番だったこともある。この当時は、各社の駅をつなぐ連絡跨線橋が設置され、乗客の乗り換えに供用されていた。また、軌間が同じ国鉄と小田急の間には連絡線が設置されていた。

戦後の復興と経済成長の中で、新宿駅を出てすぐに甲州街道上を走っていた京王線が路面区間解消のために地下化された。小田急小田原線も限られたスペースでの発着番線確保のために駅が二層化され、地下鉄各線の開業、ターミナルビルの建設などが相次いで行われ、現在の姿となった。

年表

新宿駅(1925年)

駅構造

JR東日本

【JR 新宿駅】

南口(左)と甲州街道改札(右)(2017年5月)

しんじゅく
Shinjuku
SJK

【所在地】
東京都新宿区新宿三丁目38-1
北緯35度41分27秒
東経139度42分1秒
座標: 北緯35度41分27秒 東経139度42分1秒

所属事業者
東日本旅客鉄道(JR東日本)
電報略号
シク
【駅構造】
地上駅
ホーム
8面16線
【乗車人員
-統計年度-】
789,366人/日(降車客含まず)
-2018年-
【開業年月日】
1885年(明治18年)3月1日
【乗入路線 5 路線】

【所属路線】
山手線
駅番号
JY17
【キロ程】
10.6km(品川起点)
JY 18 代々木 (0.7km)
(1.3km) 新大久保 JY 16

【所属路線】
埼京線
(相鉄線直通含む)
【駅番号】
JA11
JA 10 渋谷 (3.4km)
(4.8km) 池袋 JA 12

【所属路線】
湘南新宿ライン
【駅番号】
JS20
JS 19 渋谷 (3.4km)
(4.8km) 池袋 JS 21

【所属路線】
中央線(快速)
【駅番号】
JC05
【キロ程】
0.0km(新宿起点)
東京から四ツ谷経由で10.3km
JC 04 四ツ谷 (3.7km)
(4.4km) 中野 JC 06

【所属路線】
中央・総武線(各駅停車)
【駅番号】
JB10
【キロ程】
中央本線と同じ
千葉から46.4km
JB 11 代々木 (0.7km)
(1.4km) 大久保 JB 09

【備考】
直営駅(管理駅)
みどりの窓口
東京山手線内東京都区内
  1. ^ 正式には山手線(山手貨物線)
  2. ^ 正式な路線名は、新宿駅 - 代々木駅間は山手線、新宿駅以西および代々木駅以東は中央本線。

2008年(平成20年)3月15日現在、8面16線の島式ホームと線路を使用している。ホームと線路は南北に伸び、東から1 - 16番線となっている。連絡通路は「北通路」「中央通路」と呼ばれる地下道、南口の跨線橋JR新宿ミライナタワーバスタ新宿と接続する跨線橋(旧新南口・旧サザンテラス口)の4つである。

かつては、新南口は1 - 6番線のホームからのみ利用できたが、2006年(平成18年)4月16日に跨線橋が延伸されるとともに仮駅舎としてサザンテラス口が開設され、すべてのホームから直接アクセスできるようになった(工事の進捗により、いずれも移転・改称している)。

1 - 6番線は、ほかのホームに比べると南に位置している。特に5・6番線のホームの一番北側は7・8番線の一番南側と南北でほぼ同じ位置にあり、ホームのほぼ全域が甲州街道(国道20号)より南側の渋谷区に属する。さらにすぐ南隣の代々木駅との距離は5・6番線だと約200 メートルほど(これは同ホームの長さより短い)で、発車メロディが聞こえるほどである(同駅東側に中央線特急用の引き上げ線がある)。

現在、JR東日本の駅では改良工事が行われている。おもな理由は以下の4つが挙げられる。

  1. 当駅を東西に跨いでいる甲州街道の跨線橋(新宿跨線橋)の老朽化が進んでいることや、慢性的な交通渋滞の解消を目的として、跨線橋の架替工事が行われている。その際に新設する橋脚・架設構台の設置スペースや、人工地盤の柱設置スペースを確保するため、配線変更をする必要がある。
  2. 配線変更をするにあたり、構内に分散していた保守基地や中線・渡り線を集約化して新5・6番線を設置するスペースの捻出や、構内に多数存在するダブル・スリップ・スイッチやシングル・スリップ・スイッチなど特殊分岐器の廃止を図る必要がある。そのうち、中央線快速に関連する特殊分岐器は2007年(平成19年)4月15日の工事で廃止された。また1 - 4番線の池袋寄り線路についても配線変更する計画があり、中央線特急ホーム移設までに実施される予定であったが、工事スケジュールの都合から後回しになっている。
  3. これまで1 - 6番線ホームと7 - 16番線ホームは乗り換えに時間がかかっていたが、2006年(平成18年)4月15日の工事によって大きく改善された(詳細は下記または埼京線・湘南新宿ラインの項を参照のこと)。
  4. 5・6番線からの中央線下り特急の線路が7・8番線に発着する上り快速列車の線路と平面交差しており、これがダイヤ上のネックになっていたが、2007年(平成19年)11月25日より特急ホームが9
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    出典:wikipedia
    2020/07/08 10:35

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「新宿駅」の意味を投稿しよう
    「新宿駅」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    新宿駅スレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「新宿駅」のスレッドを作成する
    新宿駅の」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
2010Happy Mail