このキーワード
友達に教える
URLをコピー

新潟県中越沖地震とは?

【新潟県中越沖地震】


地震の震央の位置を示した地図

【本震】

【発生日】
2007年(平成19年)7月16日
【発生時刻】
10時13分23秒(JST)
震央
日本 新潟県 上中越沖
北緯37度33分24秒
東経138度36分30秒(地図)
【震源の深さ】
17km
規模
マグニチュード(M)6.8
最大震度 震度6強:新潟県 柏崎市長岡市刈羽村長野県 飯綱町
津波
0.2 - 0.3m:柏崎市、佐渡市小木
【地震の種類】
直下型地震(逆断層型)
【余震】

【回数】
107回(7月19日20:00現在)
最大余震 2007年7月16日15時37分40秒、M5.8(暫定値)、最大震度6弱
【被害】

【死傷者数】
死者15人、負傷者2,346人
【被害総額】
推定1.5兆円(新潟県)
【被害地域】
新潟県中越地方上越地方の一部、下越地方の一部、長野県北信地方
出典:特に注記がない場合は気象庁による。

プロジェクト:地球科学
プロジェクト:災害

新潟県中越沖地震(にいがたけんちゅうえつおきじしん)は、2007年(平成19年)7月16日10時13分23秒 (JST) に発生した、新潟県中越地方沖を震源とする地震である。地震の規模を示すマグニチュード (M) は6.8、最大震度は6強。中越地方では2004年(平成16年)の新潟県中越地震以来のマグニチュード6以上および震度5弱以上を観測した地震となった。

気象庁はこの地震を平成19年(2007年)新潟県中越沖地震(: The Niigataken Chuetsu-oki Earthquake in 2007)と命名した。

以下、時刻は全て日本標準時 (JST)、自治体の名称は発生当時のものである。

目次

  • 1 概要
    • 1.1 本震
      • 1.1.1 震度5弱以上を観測した地点
    • 1.2 最大余震
      • 1.2.1 震度5弱以上を観測した地点
    • 1.3 津波
  • 2 地震像
    • 2.1 発生要因
  • 3 緊急地震速報
  • 4 被害
    • 4.1 交通機関
      • 4.1.1 高速道路
      • 4.1.2 一般道路
      • 4.1.3 鉄道
      • 4.1.4 バス
  • 5 政府・自治体などの対応
    • 5.1 首相官邸・内閣府
    • 5.2 防衛省
      • 5.2.1 自衛隊
    • 5.3 新潟県
    • 5.4 柏崎市
    • 5.5 その他
    • 5.6 日本国外
  • 6 メディア
  • 7 復旧・復興
    • 7.1 ガス
  • 8 法的措置
  • 9 脚注
  • 10 関連項目
  • 11 外部リンク

概要

本震

USGSによる震央の位置(橙が本震、赤は余震)
新潟県中越沖地震の震源と震度分布(防災科学技術研究所の地震計のデータより作成)

震度5弱以上を観測した地点

震度5弱以上を観測した気象庁の発表地点
【震度】
【都道府県】
観測点名
6強 新潟県 | 長岡市小国町法坂・柏崎市中央町・柏崎市西山町池浦・刈羽村割町新田
長野県 | 飯綱町芋川
6弱 新潟県 | 上越市柿崎区柿崎・越市吉川区原之町・上越市三和区井ノ口・長岡市中之島・長岡市上岩井・長岡市山古志竹沢・柏崎市高柳町岡野町・小千谷市土川・出雲崎町米田・出雲崎町川西
5強 新潟県 | 上越市大手町・上越市五智・上越市安塚区安塚・上越市浦川原区釜淵・上越市牧区柳島・上越市大潟区土底浜・上越市頸城区百間町・上越市大島区岡・長岡市千手・長岡市浦・長岡市与板町与板・長岡市小島谷・三条市新堀・小千谷市城内・十日町市高山・十日町市千歳町・十日町市松代・南魚沼市六日町・燕市分水桜町
長野県 | 中野市豊津・飯山市飯山福寿町・信濃町柏原東裏・飯綱町牟礼
5弱 新潟県 | 上越市中ノ俣・上越市木田・上越市板倉区針・上越市清里区荒牧・上越市名立区名立大町・長岡市幸町・長岡市寺泊一里塚・長岡市寺泊上田町・三条市西裏館・加茂市幸町・十日町市水口沢・十日町市松之山・見附市昭和町・川口町川口・魚沼市堀之内・南魚沼市塩沢庁舎・燕市吉田日之出町・五泉市太田・弥彦村矢作・新潟西蒲区役所
長野県 | 長野市戸隠
石川県 | 輪島市鳳至町・珠洲市正院町能登町宇出津

最大余震

震度5弱以上を観測した地点

震度5弱以上を観測した気象庁の発表地点
【震度】
【都道府県】
観測点名
6弱 新潟県 | 長岡市小島谷・出雲崎町米田
5強 新潟県 | 柏崎市西山町池浦・出雲崎町川西
5弱 新潟県 | 上越市柿崎区・上越市大島区・長岡市中之島・長岡市与板町与板・柏崎市中央町・小千谷市土川・刈羽村割町新田・燕市分水桜町・弥彦村矢作・新潟市西蒲区役所・新潟西蒲区巻甲

津波

本震の発生直後、10時14分に佐渡島を含む新潟県全域の沿岸に津波注意報が出され、柏崎(新潟県管轄)では約1m、佐渡市小木(国土地理院管轄)で27cmの津波が観測された。なお、本震の1時間後の11時20分に津波注意報は解除された。

地震像

北西-南東方向に圧縮軸を持つ逆断層型の地震で、京都大学の研究グループの解析では3つのアスペリティの破壊によるものと推定されている。この地震の震源域では、200年以上地震が発生していない空白域であった。

震源が海底下にあるためこの地震による断層のような明瞭な変位は地表に現れていない、しかし陸域観測衛星「だいち」に搭載されている合成開口レーダー (PALSAR) による干渉SAR解析を行った結果、震源から15 km東に離れた西山丘陵の活褶曲の向斜軸に沿って幅 1.5km 長さ 15km の帯状隆起域が検出された。この隆起は、活褶曲が成長した証拠と考える研究者がいる。

発生要因

活動した断層の位置

この地震については、発生当初から、新潟県中越地震能登半島地震との関連性がマスメディアを通じて広く報じられた。これら3つの地震は、断層のずれ方のタイプ(横ずれを伴う逆断層)、断層にかかっている圧力の方向(西北西-東南東方向の圧縮)、規模 (M6.8 - 6.9)、震源の深さ (11 - 17km)、地質学的な地震の分類(直下型地震)などがほぼ同じで、震源の距離も近い。しかし、圧力の方向や深さは断層型の地震であればよくあるものであり、3つの地震は同じ断層で起きたものではないため、「独立した地震」として扱われている。これと似たように、距離的に近い地域で短い期間に大地震が発生した例に、1920年代の北但馬地震北丹後地震や、2016年の熊本地震がある。

だが、新潟県中越地震や能登半島地震が今回の地震の引き金となった可能性もあると考えられている。この2つの地震が起きた事によって、新潟県中越沖地震を引き起こした断層にかかる圧力(応力)に変化が起き(圧力が増すことも減ることもある)、今回のタイミングで地震が発生したのではないかとの見方もある。ただ、新潟県中越地震の後の周囲の地殻への応力変化 (ΔCFF) の推定に関しては、気象庁では圧力が減った、産業技術総合研究所活断層研究センターでは圧力が増したなどとなっており、意見は分かれている。

また、断層は北東-南西に延びる逆断層であることはすぐに判明したが、断層の傾く向きは北西側に沈むのか、南東側に沈むのかで意見が分かれた。北西側に沈む場合、柏崎刈羽原子力発電所のある断層南東側は、断層が地表から浅い所にあることになり、原発の安全対策の欠陥がさらに大きくなることから注目された。2008年になり、南東側に沈むものであるとする結論が東京大学地震研究所産業技術総合研究所などから出され、見解は統一されつつある。

これと関連して、過去100年余りの一連の地震活動の傾向や近年のGPSによる観測をもとにした研究により提唱されている日本海東縁から近畿地方北部にかけての新潟-神戸歪集中帯に沿った地域で発生した地震で、かつ1828年三条地震と1964年新潟地震の間にあった空白域を埋めた地震でもある。

緊急地震速報

高度利用者向けの速報は、出雲崎町の観測点での地震波の検知後、3.7 秒で第1報 M 6.2 を発表し、検知 51.2 秒後の最終報まで、合計11報が発表された。第1報は、震度6強を観測した長岡市では地震波の到達約3秒前、飯綱町では到達約20秒前である。7.1 秒後に出された第3報では、2点以上の観測点のデータが利用され、M 7.1 を算出し発表している。また、約1分後の10時14分には新潟県全域の沿岸に津波注意報が発表された。なお、2007年7月時点では一般向けの速報は提供されていない。

被害

柏崎市内の歩道の路盤崩壊 2007年7月撮影

16日10時25分頃、東京電力柏崎刈羽原子力発電所3号機変圧器から火災が発生した。12時10分頃に鎮火し、これに伴う放射能漏れは当初は確認されなかった。この火災がマスコミに伝わった数分後にはNHK新潟放送局の災害現場を撮るために飛ばしていたヘリコプターが火災現場の空撮を行った。この3号機の火災現場には職員ら4人が駆けつけたものの、現場近くにあった消火用配管が壊れていた。このため職員らによる消火活動は行われなかった。また、地震の影響で地元消防署との専用電話は使用できず(対応用の「緊急時対策室」が損傷し入れなかった)、消防隊の到着が遅れたために出火より2時間近く経ってようやく鎮火した。東京電力側は初期消火の体制、連携などに不手際があったことを認めた。

その後の調査で、少量の放射性物質の漏れが確認された。漏れた量は自然に存在する放射性物質に比較しても少量で、環境に影響はないレベルであった。しかし周辺施設の耐震基準、震災時の火災発生に対する対応などにおいて改善が必要であることが認識された(詳細は柏崎刈羽原子力発電所新潟県中越沖地震に対する東京電力の対応を参照)。

交通機関

高速道路

一般道路

鉄道

青海川駅の土砂崩れ 2007年7月撮影
代行バス

バス

政府・自治体などの対応

 | 
この節の加筆が望まれています。

首相官邸・内閣府

首相官邸日経新聞毎日新聞産経新聞などによる

16日

防衛省

16日

自衛隊

7月16日10時49分新潟県知事から自衛隊に災害派遣要請が出され活動開始。派遣(展開・活動)規模は7月16日時点での人員約490名、車両約190両、艦船9隻、航空機23機、給水量約42トン、給食量約3600食から始まり、人員のピークは7月21日の3990名、投入車両のピークは7月25日の1470両、給水量のピークは7月23日の約2000トン、給食量のピークは7月19日の72500食をそれぞれ記録している。しかし8月以降はインフラの復旧に伴い漸次減少に転じ、8月27日には人員約160名、車両約110両、航空機20機、給水量約15トン、入浴者数約240人となった。8月29日には新潟県知事から撤収要請がなされ災害派遣活動を終了した。

この間の派遣規模(延べ数)は人員約92400名、車両約35100両、艦船95隻 航空機1184機。

自衛隊の活動は最初期においては偵察活動による状況把握、人命の救出、負傷者の介護、その後、救援物資の輸送をへて、給水、給食、入浴支援活動へと推移した。自衛隊による給食活動は、水道ガスの復旧、食料品店、飲食店の営業再開の進捗により8月12日を最後に終了した。

以降、避難所に居る被災者やガスが未開通で食事の準備が不可能な住民には、自治体が地元業者から購入した弁当が支給されることとなる。避難所への弁当の輸送は自衛隊が行った。

新潟県

16日

柏崎市

18日

その他

16日

日本国外

メディア

NHKラジオ第1放送は年数回放送される特別番組鎌田實 いのちの対話」の千葉県流山市からの生放送中にこの地震が発生した。NHK全体が特別体制(八波全中)に切り替えられ、生放送は中断され、当日全体を収録したもので後日改めて放送された。

テレビ朝日スーパーモーニング」は休日編成で時間を延長して放送していたが、「耐震診断で“危険な校舎”“体育館で授業”する小学校」のリポートVTRを放送していた時に地震発生。VTRを中断をしてそれ以降地震情報を放送したが、くしくも地震に関する放送が連続することになった。

復旧・復興

ガス

柏崎の都市ガスは公営で柏崎ガス水道局が供給を行っていたが、地震により3万4000戸へのガス供給が停止した。社団法人日本ガス協会は地震発生直後に対策本部を設置し、柏崎市長からの救援要請をもとに当日夜までに8名の調査先遣隊を現地入りさせた。さらに18日には新潟県および関東地方を中心とした全国の都市ガス事業者からなる1024名の応援部隊派遣を決定、ただちに出動させる。柏崎の特殊な地形による地下水の上昇が復旧作業の障害となったため、翌19日には特殊機材を装備した大阪ガス東邦ガス西部ガスを中心とした100名の第二次応援部隊派遣を決定するとともに、復旧までの対策として移動式ガスコンロ20台とカセットコンロ4300台の手配を行った。これら応援部隊の活動により、自衛隊の給食が終了する8月12日までに復旧対象戸数の約90.3%に都市ガス供給の再開が可

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/12/09 04:58

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「新潟県中越沖地震」の意味を投稿しよう
「新潟県中越沖地震」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

新潟県中越沖地震スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「新潟県中越沖地震」のスレッドを作成する
新潟県中越沖地震の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail