このキーワード
友達に教える
URLをコピー

新自由主義とは?

政治シリーズ記事からの派生
経済的自由主義


起源
産業革命 - 重商主義

概念
中央銀行 - コーポレーション
民主主義 - 非国営化
規制緩和 - 経済的自由
経済統合 - 経済的相互依存
経済自由化
為替レート
公正取引 - 不換紙幣
外貨準備 - 外国直接投資
自由市場
自由貿易 (協定)
グローバリゼーション
法の調和
インフレーション調整
インフレターゲット
知的財産権
政府間主義
自由化 - 市場化 - 混合経済
負の所得税
公開市場操作
PFI - 私財 - 民営化
公共道路
教育バウチャー
共同市場
スープラナショナリズム
減税 - 税制改革

理論
比較優位
消費者物価指数
経済成長
経済的合理主義
フリードマン・ルール
Kパーセントルール
国内総生産
国際経済学
国際金融 - 国際貿易
ラッファー曲線 - 金融経済学
貨幣数量説
対称インフレーション目標

経済学
シカゴ学派
ケインズ経済学 - マネタリスト
新古典派経済学
トリクルダウン理論 - サプライサイド経済学

運動
古典的自由主義
経済の自由
自由市場 - 自由貿易
グローバリゼーション - リバタリアニズム
レーガノミックス - ロジャーノミクス
サッチャリズム

組織
東南アジア諸国連合 (ASEAN)
欧州連合 - アラブ自由貿易協定
北米自由貿易協定 (NAFTA)
権限委譲 - 国際機関
国際通貨基金 - 世界銀行
リーズン財団
ケイトー研究所

人物
アダム・スミス - デヴィッド・リカード
フリードリヒ・ハイエク - ジョージ・スティグラー
ジョン・メイナード・ケインズ
ミルトン・フリードマン
トーマス・フリードマン

関連項目
反資本主義
反グローバリゼーション
アルテルモンディアリスム
知的財産への批判
反著作権
保護貿易
資本主義への批判

経済ポータル
政治ポータル

自由主義


一覧
自由主義理論の一覧
自由主義の歴史

思想
政治的自由主義 - 経済的自由主義
文化的自由主義 - 政治的自由
民主的資本主義
民主教育 - 自由貿易 - 個人主義
レッセフェール - 自由民主主義
自由中立主義
非自由主義/反自由主義
市場経済 -開かれた社会 - 国民主権
自由権(経済的自由権)
文化的自由
政教分離原則

潮流
アメリカの自由主義 · 無政府資本主義
古典的自由主義 · 保守的自由主義
民主的自由主義 · 緑の自由主義
リバタリアニズム · 市場自由主義
国家自由主義 · 新自由主義
旧自由主義 · 超自由主義
急進主義 · 社会自由主義

人物
ジョン・ロック
アダム・スミス
Adam Ferguson
トーマス・ジェファーソン
トマス・ペイン
デイヴィッド・ヒューム
シャルル・ド・モンテスキュー
イマヌエル・カント
ジェレミ・ベンサム
トマス・ロバート・マルサス
ヴィルヘルム・フォン・フンボルト
ジョン・スチュアート・ミル
トーマス・ヒル・グリーン
Leonard Trelawny Hobhouse
ジョン・メイナード・ケインズ
バートランド・ラッセル
ルートヴィヒ・フォン・ミーゼス
フリードリヒ・ハイエク · アイザイア・バーリン
ジョン・ロールズ · ロバート・ノージック
ミルトン・フリードマン

地域
世界の自由主義
ヨーロッパの自由主義
アメリカ合衆国の自由主義
各国の自由主義

宗教的自由主義
イスラム自由主義
キリスト教自由主義
ユダヤ教自由主義

組織
各国の自由党
自由主義インターナショナル
国際自由青年連合(IFLRY)
欧州自由民主改革党(ELDR)
欧州自由民主同盟(ALDE)
ヨーロッパ・リベラル・ユース(LYMEC)
アジア・リベラル民主評議会(CALD)
アフリカ自由ネットワーク(ALN)
ラテンアメリカ自由ネットワーク(RELIAL)

Portal:政治学
Portal:経済学

新自由主義(しんじゆうしゅぎ)とは、政治経済の分野で「新しい自由主義」を意味する思想概念。日本では以下の複数の用語の日本語訳として使われている。

目次

  • 1 概要
  • 2 用語
  • 3 歴史
    • 3.1 初期
      • 3.1.1 オーストリア学派
      • 3.1.2 ウォルター・リップマン会議
      • 3.1.3 モンペルラン・ソサイエティー
    • 3.2 第二次世界大戦後
      • 3.2.1 シカゴ学派
      • 3.2.2 ドイツとオルド自由主義
      • 3.2.3 ラテン・アメリカ
      • 3.2.4 イギリス
      • 3.2.5 オーストラリア
      • 3.2.6 アメリカ
    • 3.3 古典的新自由主義
    • 3.4 経済的新自由主義
    • 3.5 哲学的新自由主義
    • 3.6 グローバリズム
  • 4 議論
    • 4.1 肯定論
    • 4.2 批判
    • 4.3 その他
  • 5 参考文献
  • 6 脚注
  • 7 関連項目

概要

アメリカにおいて1970年代スタグフレーションを契機に物価上昇を抑える金融経済政策の重視が世界規模で起き、レーガノミックスに代表されるような市場原理主義への回帰が起きた。自己責任を基本に小さな政府を推進し、均衡財政、福祉・公共サービスなどの縮小、公営事業の民営化、グローバル化を前提とした経済政策、規制緩和による競争促進、労働者保護廃止などの経済政策の体系。競争志向を正統化するための市場原理主義からなる、資本主義経済体制をいう。新自由主義を信奉した主な学者・評論家・エコノミストにはミルトン・フリードマンフリードリヒ・ハイエクなどがいる。また新自由主義に基づく諸政策を実行した主な政治家にはロナルド・レーガンマーガレット・サッチャー中曽根康弘小泉純一郎などがいる。

高度経済成長期の経済体制(フォーディズム)に続く資本主義経済の体制であり、国家による富の再分配を主張する社会民主主義(英:Democratic Socialism)、国家が資本主義経済を直接に管理する開発主義の経済政策などと対立する。計画経済で企業のすべてが、事実上、国家の管理下である国家社会主義とは対極にある経済思想である。

用語

新自由主義(ネオリベラリズム)という用語は、1938年にドイツの学者アレクサンダー・リュストーウォルター・リップマン国際会議により作られた、その会議では新自由主義の概念を「価格決定のメカニズム、自由な企業、競争があり強く公平な国家体制の優先」と定義した。自由主義(リベラリズム)の中で「新自由主義」(ネオリベラリズム)と名付けた理由は、現代の経済政策が必要だからである。

新自由主義は一枚岩の理論ではなく、Freiburg学派(en)、オーストリア学派シカゴ学派、Lippmann現実主義など、複数の異なった学問的アプローチにその発生が見られる。

1973年から1990年のアウグスト・ピノチェト支配下のチリ軍政の期間、反対派の学者はこの用語を使用したが、特定の理論を指したのではなく、チリで行われた政治的・経済的な改革に対して軽蔑語の意味を込めて使用した。

1990年代以降はこの用語は定義困難となり、思想、経済理論、開発理論、経済改革政策などを表現する複数の意味で使用され、経済を自由化する潮流を非難する意味での使用が拡大し、最初のネオリベラリストによる概念よりも更に初期のレッセフェール原理に近い市場原理主義も示唆している。このため、この用語の正確な意味や、特に近年の多数の種類の市場経済に対しての使用について、多くの議論が行われている。

新自由主義の意味に関する第一の問題は、新自由主義との用語の元となった自由主義(リベラリズム)自体が定義困難という事である。第二の問題は、新自由主義の意味が純粋に理論的な思想から、実際的で実践的な意味に変化した事である。1970年代以降は新自由主義の受容が進展し、新自由主義的な改革を約束する新自由主義的な政府が世界中に公然と登場したが、しかし政府は状況に応じ常に約束した改革を実行したのではなかった。つまり大多数の新自由主義は、常にイデオロギー的に新自由主義的とは限らない。

新自由主義の代表的な論者である肯定派のフリードリヒ・ハイエクミルトン・フリードマン、批判者のデヴィッド・ハーヴェイノーム・チョムスキーなどによる説明の間でも、新自由主義の意味に合意は見られないため、個人間の意見の相違の無い新自由主義の定義の作成は難しい。

Boas and Gans-Morse の著書によれば、この用語が使用されている最も一般的な意味は、「価格統制の廃止、資本市場の規制緩和、貿易障壁の縮小」などや、特に民営化と緊縮財政などの政府による経済への影響の削減などの経済改革政策である。この用語は複数の意味で使用されており、その例には、ワシントン・コンセンサスに反対する開発モデル、最小国家主義など政府の機能を削減する自由主義概念を非難するイデオロギー用語、更には新古典派経済学に密接に関連する学問的パラダイムなどがある。またこの用語は、民間部門へ権限委譲し経済の役割を増大させる公的政策への偏見として使われていると考えている人もいる。

日本で「新自由主義」という言葉は、大正時代の末期に上田貞次郎により用いられた。

歴史

初期

オーストリア学派

フリードリヒ・ハイエク.
詳細は「オーストリア学派」を参照

経済学のオーストリア学派は、経済現象の基礎を個人の意図的な行動に置く方法論的個人主義を提唱した。オーストリア学派の呼称は、カール・メンガーらが19世紀後半から20世紀のウィーンで活動した事から生まれた。オーストリア学派による経済理論への貢献には、主観的価値論(en)、価格理論における限界効用理論経済計算論争の系統的論述などがある。

ウォルター・リップマン会議

1930年代、反自由主義の雰囲気が決定的となった。そこで哲学者ルイ・レージエの提唱で、1938年8月にパリでウォルター・リップマン国際会議が開かれた。ウォルター・リップマンフリードリヒ・ハイエクルートヴィヒ・フォン・ミーゼスロベール・マルジョランナチスの迫害を避けてトルコに亡命した経済学者ヴィルヘルム・レプケドイツ革命に参加しヴァイマル共和政の経済問題担当大臣としてルール地方の石炭産業の国有化に携わったアレクサンダー・リュストヴフランス銀行副総裁のジャック・リュエフなどが参加した。リップマン、リュストヴ、レージエらはレッセフェールの古い自由主義は失敗したため新しい自由主義が必要だと主張したが、ハイエクやミーゼスはそのような非難には同調しなかった。しかし。すべての参加者が新しい自由主義の研究プロジェクトの必要性に同意した。リュストヴの提案によりこのプロジェクトを「ネオリベラリズム」と呼ぶことになった。この会議から生まれたネオリベラリズムは、政府の規制を排除した自由な市場経済というリュストヴの概念に沿っていた。それは資本主義とも共産主義とも異なる第三の道への試みでもあった。このように初期のネオリベラリズムは、21世紀に広く認識されているような市場原理主義とは異なった概念であった。

この国際会議は、ネオリベラリズムの国際組織として自由主義刷新国際研究センター(Centre International d’études pour la Rénovation du libéralisme )を設立した。本部をパリに置いて、センターは1939年から活動を開始した。発足時の参加者87名のほとんどはフランス人であり、1926年に欧州経済関税同盟(l'Union économique européenne)を設立したシャルル・ジッドがいた。ベルギー人のパウル・ファン・ゼーラントと弟のマルセルレオン・デュプリエモーリス・フレールらも所属していた。

モンペルラン・ソサイエティー

詳細は「モンペルラン・ソサイエティー」を参照

1947年、フリードリヒ・ハイエクは新自由主義の理論や政策を広めるためにモンペルラン・ソサイエティーを設立し、Rüstowらもこれに参加した。ハイエクらは、古典的自由主義は概念的な欠陥により機能せず失敗したため、その診断と是正のために集中的な議論が必要と考えた。

第二次世界大戦後

シカゴ学派

ミルトン・フリードマン、2005年
詳細は「シカゴ学派 (経済学)」、「新古典派経済学」、「マネタリズム」、および「リバタリアニズム」を参照

ミルトン・フリードマンを中心としたシカゴ学派は、シカゴ大学の教授陣を中心として生まれ、経済学の学術的なコミュニティでは新古典派経済学とも呼ばれている。この学派は政府による介入を批判し、中央銀行による通貨供給を例外として大半の市場に対する規制に反対する。この理論は1980年代までに、新古典派の価格理論や、リバタリアニズムに影響し、ケインズ主義を拒否しマネタリズムを支持した。

ドイツとオルド自由主義

詳細は「オルド自由主義」および「社会市場経済」を参照
ルートヴィヒ・エアハルト

新自由主義の概念はドイツで最初に構築された。1930-1940年代、ルートヴィヒ・エアハルトを中心とした新自由主義の経済学者達は新自由主義の概念を研究開発し、第二次世界大戦後の西ドイツに貢献した。エアハルトはモンペルラン・ソサイエティーのメンバーで他の新自由主義者と継続的に交流した。彼は自分自身を「ネオリベラル」と分類し、その分類を受け入れた。

1930年、フライブルク大学を中心としたフライブルク経済学派の思想はオルド自由主義とも呼ばれ、より穏健で実用主義的であった。ドイツの新自由主義者は、競争が経済的繁栄を生むという古典的自由主義的な観念を受容したが、レッセフェール的な国家政策は競争の自由への脅威となる独占カルテルを生み、強者が弱者を破滅させ、競争を窒息させると論じた。彼らは良く開発された法的システムと有能な規制の創設を支持した。彼らはケインズ主義の全面的な適用には反対したが、経済的効率と同等に人道的・社会的な価値を置く意思により、福祉国家の拡充する理論となった。

Alfred Müller-Armack(en)は、この理念の平等主義的で人道主義的な傾向を強調するために「社会市場経済」という表現を新造した。Taylor C. Boas とJordan Gans-MorseによるとWalter Eucken(en)は「社会保障と社会的正義は我々の時代の重要な関心事だ」と述べた。

ラテン・アメリカ

1960年代、ラテンアメリカの知識階層はオルド自由主義の理念に注目し、しばしばスペイン語の新自由主義(ネオリベラリスモ)との用語を学派名として使用した。彼らは特に社会的市場経済とドイツの「経済の奇跡」に影響を受け、自国への類似政策導入を模索した。1960年代のネオリベラリズムは、独占への傾向に反対して社会的不平等を緩和するために国家政策を使用する事を支持する、古典的自由主義よりも近代的な哲学を意味していた。実態についてはホンジュラスの経済を参照。ラテン・アメリカは新自由主義者の、最も早い実験場にされた。70年代のクーデター発生後のチリにおいては、ピノチェトの軍事独裁政権による極端な格差社会と、反対派の多数の粛清・行方不明などが発生した。ミルトン・フリードマンとその弟子集団であるシカゴ・ボーイズは、ピノチェトにアドバイスをし続けた。だが、ピノチェトも、経済的苦境が長期化するにつれ、後にはシカゴ・ボーイズの助言に耳を貸さなくなっていた。このように新自由主義を経済理論のみで分析するのではなく、新自由主義が一国家及び世界に、どのような悪影響を及ぼしたかも含めて結論を出すことが肝要である。

イギリス

ラテン・アメリカについで新自由主義の実験場にされたのは、労働組合が強くなりすぎたイギリスであった。1979年に選挙に勝利し、首相となったマーガレット・サッチャーは、国営企業の民営化や、石炭・造船などの重厚長大産業の解体に乗り出した。その結果、若者を中心とした大量の失業者が発生し、支持率が低下した。しかし、1982年に発生した「フォークランド紛争」に勝利し、この勝利を追い風に結果支持率は回復し、長期政権となった。

オーストラリア

1980年代以降、オーストラリアでは労働党自由党の両党によって新自由主義的な経済政策が実施された。1983年から1996年のボブ・ホークおよびポール・キーティング政権は、経済的な自由化とミクロ経済的改革の政策を追求し、国営事業の民営化、要素市場の規制緩和、オーストラリア・ドルの流動化、貿易障壁の緩和などを行った。

アメリカ

1980年に大統領となったロナルド・レーガンは、「ケインズ主義福祉国家」の解体に着手し、「小さな政府」をスローガンに、規制緩和の徹底、減税、予算削減、労働組合への攻撃など、新自由主義的な政策を大規模に行っていった。また、レーガンは少数民族へのアファーマティヴ・アクション(人種優遇策)の放棄や、放送法の改変も実施した。新放送法施行後に台頭してきたのが、右派のFOXニュースである。

古典的新自由主義

初期の自由主義が古典的自由主義と呼ばれるように、初期の新自由主義は古典的新自由主義(クラシカル・ネオリベラリズム)とも呼ばれ、ハイエクやミーゼスなどを含む戦間期のオーストリアの経済学者を中心として作成された。彼らは、社会主義政府とファシズム政府の両方によってヨーロッパで自由主義が衰退して行く状況を懸念して自由を再構築する試みを開始し、新自由主義の基礎となった。

新自由主義の中心概念は法の支配であった。ハイエクは、強制が最小となった場合に自由が最大となると信じた。ハイエクは自由な社会でも強制の完全な廃止は不可能と信じていたが、強制を望むかどうかの判断は個人に許される必要があると論じた。彼はその実態はで、その使用は法の支配であるとした。この考えを実現する重要な仕組みには権力分立などが含まれ、この概念が立法者から短期的な目標追求を分離し、また多数派による絶対権力を防止する事で、法に実効性を持たると考えた。そして立憲主義の概念により立法者も成立した法によって法的に束縛される。

また古典的新自由主義は、伝統を尊重した保守的な運動・右派運動を指向した。だが、チリのアウグスト・ピノチェト、イギリスのマーガレット・サッチャー、アメリカ合衆国のロナルド・レーガンなどの政策は、新しい文化を生み出す力がない故に、古い文化・伝統への依存や国家の成立過程への信仰、新しい文化の否定などをもたらした。

1980年代には、新自由主義的な目的の実践的な宣言であるワシントン・コンセンサスが成文化された。

経済的新自由主義

経済的新自由主義(エコノミック・ネオリベラリズム)は新自由主義の重要な形態で、古典的自由主義経済自由主義の歴史的な断絶の間から現れた。ある体系が新自由主義的と呼ばれる場合、通常はこの意味である。経済的新自由主義は多くの点で古典的新自由主義とは異なる。

フリードマンは、新自由主義は結果主義的なリバタリアンでもあると論じた。それはイデオロギー的な理由からではなく、実利的な展開の結果として、経済における政府の干渉の最小化を採用するからである。経済的新自由主義の中核は、新自由主義的経済(ネオリベラル・エコノミー)のイデオロギーを証明する多様な理論である。

ケインズに否定的な新自由主義政策が標榜したのは、生産能力の成長である(サプライサイド経済学)。

新自由主義の理論によれば、ジニ係数が上昇したとしても、自由競争と国際貿易によって貧困層も含む全体の「所得が底上げされる」と考えられていた(トリクルダウン理論)。

哲学的新自由主義

経済的新自由主義は経済原則に重点を置くが、少数だが経済政策以外にも触れている。経済的新自由主義の最も急進的な種類の1つでは、健康、教育、エネルギーなどの分野に新しい市場を作る事により、自由市場の技法を商業や経営の外部にも適用することを提唱している。この視点では論理的帰結として重要な自由

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/11/11 02:35

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「新自由主義」の意味を投稿しよう
「新自由主義」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

新自由主義スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「新自由主義」のスレッドを作成する
新自由主義の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail