このキーワード
友達に教える
URLをコピー

新藤義孝とは?

新藤 義孝
しんどう よしたか

【生年月日】
(1958-01-20) 1958年1月20日(60歳)
【出生地】
埼玉県川口市
【出身校】
明治大学文学部卒業
【前職】
川口市議会議員
【所属政党】
自由民主党(竹下派)
【称号】
文学士(明治大学)
【公式サイト】
しんどう義孝オフィシャルウェブサイト
第17代 総務大臣
内閣府特命担当大臣
(地方分権改革国家戦略特別区域)

【内閣】
第2次安倍内閣
【在任期間】
2012年12月26日 - 2014年9月3日
衆議院議員

【選挙区】
(比例北関東ブロック→)
(埼玉2区→)
(比例北関東ブロック→)
埼玉2区
【当選回数】
7回
【在任期間】
1996年 - 2003年
2005年 - - 現職
川口市議会議員

【当選回数】
1回
【在任期間】
1991年 - 1996年

新藤 義孝(しんどう よしたか、1958年(昭和33年)1月20日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(6期)、自民党埼玉県連会長。総務大臣(第17代)、内閣府特命担当大臣(地方分権改革担当)内閣府特命担当大臣(国家戦略特別区域担当)等を歴任。

目次

  • 1 来歴・人物
  • 2 政策
    • 2.1 領土問題への取り組み
    • 2.2 その他
  • 3 所属団体・議員連盟
  • 4 家族・系譜
  • 5 論文
  • 6 脚注
  • 7 外部リンク

来歴・人物

埼玉県川口市出身。川口市立前川小学校浦和市立岸中学校明治大学付属中野高等学校を経て明治大学文学部を卒業。川口市役所に勤務した後、1991年(平成3年)の川口市議会議員選挙で当選。

1996年(平成8年)、38歳で第41回衆議院議員総選挙に埼玉2区から自由民主党公認で出馬。新進党現職の石田勝之に敗れるも、比例北関東ブロックで復活し初当選。当選後は当時の橋本龍太郎首相の出身派閥である平成研究会に入会。2000年(平成12年)の第42回衆議院議員総選挙では、新進党解党後改革クラブ幹事長を務めていた石田も与党の一員だったが一本化に失敗し、新藤、石田が共に同一選挙区から出馬。新藤は保守党、石田は公明党から推薦を得た。結果は新藤が埼玉2区で当選。

2001年(平成13年)に総務大臣政務官2002年(平成14年)に外務大臣政務官にそれぞれ就任した。例外的に夫婦の別姓を実現させる会の活動も行った。2003年(平成15年)の第43回衆議院議員総選挙では、改革クラブ解党後に民主党へ移っていた石田に敗れ、比例復活もならず落選した。2005年(平成17年)の第44回衆議院議員総選挙では、逆に石田に比例復活を許さず当選し、2年ぶりに国政へ復帰した。安倍改造内閣福田康夫内閣経済産業副大臣を務めた。

2009年(平成21年)8月30日第45回衆議院議員総選挙には埼玉2区から出馬し、石田に再度敗北を喫するも、比例北関東ブロックで復活し、4選。総選挙大敗により、山口泰明が埼玉県連会長を引責辞任したため、後任の県連会長に就任した。

ネットメディア局長在任中、ネットボランティア組織自民党ネットサポーターズクラブ(J-NSC)を立ち上げた。同局長退任後は後任の平井卓也にJ-NSC代表の座を譲り、自身は事務局長に就任した。

2010年(平成22年)9月、自由民主党政務調査会「領土に関する特命委員会」委員長代理に就任。2011年(平成23年)9月には、衆議院決算行政監視委員会委員長に就任。2012年(平成24年)10月22日、自由民主党シャドウ・キャビネット経済産業大臣に就任(党経済産業部会長兼任)。

2012年(平成24年)12月16日第46回衆議院議員総選挙では埼玉2区で石田を含む他候補に比例復活を許さず勝利し5選。同年12月26日成立の第2次安倍内閣総務大臣内閣府特命担当大臣(地方分権改革)、地域活性化担当大臣、道州制担当大臣として初入閣(同内閣で郵政民営化担当大臣が廃止されたため総務相として郵政民営化も全面的に担当)。2013年(平成25年)12月13日には、内閣府特命担当大臣(国家戦略特別区域)に任命された。2014年9月3日、退任。同年12月14日第47回衆議院議員総選挙で6選。

2015年(平成27年)4月30日、安倍晋三首相のアメリカ合衆国議会合同会議の演説の場で、硫黄島の戦いでかつて海兵隊大尉として戦闘に参加したローレンス・スノーデン退役中将と握手した。

2017年10月22日第48回衆議院議員総選挙で7選。

政策

祖父の栗林忠道が祭られている靖国神社へ毎年参拝している。平成研究会に所属しているが、平成24年自民党総裁選では清和政策研究会に所属する安倍晋三の推薦人になった。

領土問題への取り組み

党の領土に関する特命委員会委員長代理を務める。

その他

所属団体・議員連盟

家族・系譜

論文

脚注

  1. ^ 新藤 義孝 副大臣 プロフィール(METI/経済産業省)(2008年1月27日時点のアーカイブ)
  2. ^ 比例貢献が基準? 公明が自民92候補を推薦 読売新聞 2009年7月30日
  3. ^ 【CafeSta】キーパーソンに聞く! ゲスト:新藤義孝衆議院議員 ナビゲーター:小林史明NM局次長(2014.11.5)
  4. ^ 自民党衆議院議員 新藤 義孝 インターネットと政治
  5. ^ 大臣・副大臣・政務官
  6. ^ 「人事異動」『官報』6194号、国立印刷局2013年12月17日、10面。
  7. ^ “新藤前総務相:硫黄島戦参加の元米中将と握手 米議場で”. 毎日新聞. 毎日新聞社. (2015年4月30日). オリジナル2015年5月2日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150502220120/http://mainichi.jp/select/news/20150430k0000e010140000c.html 2017年2月26日閲覧。
  8. ^ 自民党総裁選推薦人の一覧 日本経済新聞 2012年9月14日
  9. ^ 衆議院会議録情報 第174回国会 外務委員会 第8号
  10. ^ 衆議院会議録情報 第174回国会 外務委員会 第12号 平成22年04月14日
  11. ^ 衆議院会議録情報 第174回国会 本会議 第25号
  12. ^ これに関連して同8月6、7日の対馬の「厳原港まつり対馬アリラン祭」の行事に韓国議員ら7人が参加予定だったが、自民党議員の入国拒否問題後「世論に配慮した」形で不参加を伝えていたことが判明した。(スポニチ Sponichi Annex 2011年8月3日)
  13. ^ 【動画】長崎県五島市視察ダイジェスト(2011年12月9日・10日)
  14. ^ “領土議連、男女群島・肥前鳥島を視察”. 産経新聞. (2011年12月26日). オリジナル2011年12月26日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111226140435/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/111226/stt11122622270008-n1.htm 2012年1月21日閲覧。
  15. ^ “民主・自民の衆院議員、尖閣諸島海域を視察”. 読売新聞. (2012年1月21日). オリジナル2012年1月24日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120124024114/http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120121-OYT1T00313.htm 2012年1月21日閲覧。
  16. ^ “民主・自民の2衆院議員、尖閣諸島周辺を海上視察”. 朝日新聞. (2012年1月21日). オリジナル2012年1月23日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120123174723/http://www.asahi.com/politics/update/0121/TKY201201210369.html 2012年6月24日閲覧。
  17. ^ 週刊新藤第237号 尖閣諸島を洋上視察しました。~国境の島や海を有人・有効活用する必要性~
  18. ^ 石原都知事との尖閣問題に関する会談について報告<領土に関する特命委員会>
  19. ^ 石原慎太郎×新藤義孝 尖閣購入で領土を守れWiLL』 2012年7月号
  20. ^ 自民党領土特命委・慰安婦像問題で政府申し入れ(2012.5.17) (『LDPchannel』より) - YouTube
  21. ^ “尖閣購入「本当は国がやるべきだ」 石原都知事が国会で意見表明”. 産経新聞. (2012年6月11日). オリジナル2012年6月12日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120612040052/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120612/plc12061200030000-n1.htm 2012年6月23日閲覧。
  22. ^ “国境の離島巡るツアー 男女群島議員ら視察”. 西日本新聞. (2012年7月31日). http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/315745 2012年8月29日閲覧。
  23. ^ 【動画】国境離島である長崎県五島市の男女群島及び肥前鳥島を上陸視察してきました。(2012年7月28日)
  24. ^ 尖閣諸島洋上視察 (2012年8月18日・19日)写真
  25. ^ “超党派議員8人らが魚釣島近海へ出航 19日に洋上で慰霊祭”. 産経新聞. (2012年8月18日). オリジナル2012年8月22日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120822053805/http://sankei.jp.msn.com/life/news/120818/trd12081819540010-n1.htm 2012年8月29日閲覧。
  26. ^ “2012衆院選 埼玉2区 新藤義孝”. 毎日jp (毎日新聞社). http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_meikan.html?mid=A11002002002 2013年1月14日閲覧。
  27. ^ 2013年11月26日内閣委員会
  28. ^ 日本軍「慰安婦」強制を否定/安倍首相が賛同/米紙が意見広告 4閣僚も/国内外の批判は必至/昨年11月 しんぶん赤旗 2013年1月6日
  29. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査
  30. ^ 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年
  31. ^ 生い立ち~現在 | 新藤義孝公式ウェブサイト
  32. ^ 「明治天皇、頭山満、大隈重信 偉人の子孫が総選挙に続々登場」『NEWSポストセブン』2012.12.03
  33. ^ プロフィール 川口市 永瀬秀樹(ながせひでき)ウェブサイト

外部リンク

公職
先代:
樽床伸二 |  総務大臣
第17代:2012年 - 2014年 | 次代:
高市早苗
先代:
佐藤勉 |  特命担当大臣(地方分権改革)
第6代:2012年 - 2014年 | 次代:
廃止
先代:
創設 |  特命担当大臣(国家戦略特別区域)
初代:2013年 - 2014年 | 次代:
石破茂
先代:
山本幸三
渡辺博道 |  経済産業副大臣
中野正志と共同
2007年 - 2008年 | 次代:
高市早苗
吉川貴盛
議会
先代:
河野太郎(代理) |  衆議院決算行政監視委員長
2011年 | 次代:
後藤田正純
総務大臣
統合前 | 
郵政大臣 | 
出典:wikipedia
2018/08/08 12:31

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「新藤義孝」の意味を投稿しよう
「新藤義孝」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

新藤義孝スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「新藤義孝」のスレッドを作成する
新藤義孝の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail