このキーワード
友達に教える
URLをコピー

日本の運転免許とは?

 | 

この記事には複数の問題があります改善ノートページでの議論にご協力ください。

  • 出典がまったく示されていないか不十分です。内容に関する文献や情報源が必要です。(2016年11月)
  • 独自研究が含まれているおそれがあります。(2016年11月)

 | 
この記事は特に記述がない限り、日本国内の法令について解説しています。また最新の法令改正を反映していない場合があります。ご自身が現実に遭遇した事件については法律関連の専門家にご相談ください。免責事項もお読みください。

【日本の運転免許】

【英名】
Driving licence in Japan
【略称】
免許
【資格種類】
国家資格
【分野】
自動車オートバイ
【試験形式】
筆記試験技能試験
【認定団体】
都道府県公安委員会
【後援】
交通安全協会自動車教習所
【根拠法令】
道路交通法
【特記事項】
有効期限があり、更新しなければ失効する。免許の条件などによって、運転時にメガネを付けることやオートマチック車限定などがある。
ウィキプロジェクト 資格
ウィキポータル 資格
日本のICカード運転免許証(旧区分。2007年(平成19年)6月1日以前の旧「普通」は現在「中型」(中型車は中型車(8t)に限る)と表示される。)
日本のICカード運転免許証
(上:旧区分、下:現区分)
2007年6月2日から2017年(平成29年)3月11日における旧「普通」は現在「準中型」(準中型で運転できる準中型車は準中型車(5t)に限る)と表示される。
平成の終焉を2019年(平成31年)4月30日とする政令が公布された2017年(平成29年)12月13日以降に交付された免許証でも、2019年5月1日以降の有効期限も「平成○○年」となっている。

日本の運転免許(にほんのうんてんめんきょ)は、日本国内において、自動車および原動機付自転車の運転を特別に認める免許のことである。日本の制度では、国家公安委員会警察庁交通局の管理監督を受ける国家資格となっている。

概要

運転免許の制度・規則については、道路交通法および下位命令により規定されており、その管理は各都道府県公安委員会が行うが、実際の業務は法令の委任により都道府県警察が行っている。運転免許証は各都道府県公安委員会名で交付される。

道路交通法上で使われる『自動車』という用語には自動二輪や大型・小型特殊自動車も含まれる。これは自動車を「原動機で動く車両」と定義しているためである。なお、『車両』とは、「自動車原動機付自転車軽車両及びトロリーバス」である。

道路交通法が適用される道路において、自動車や原動機付自転車は免許を受けていない者は「運転してはならない乗り物」となっている(道路交通法第64条、無免許運転の禁止)ため、運転免許を受けた者は「特別に運転することを許された者」という立場である。ゆえに運転免許は、行政法概念上でいう「許可」にあたる。

以降、本項においては断りない限り「運転免許」は単に「免許」と記載することがある

取得方法

運転免許を取得するには、運転免許試験場で適性試験・技能試験・学科試験を受験することが原則である。その他に指定自動車教習所(通称「公認」)へ入所し、卒業検定に合格する事により、運転免許試験場での技能試験を免除されて取得する方法もある。後者の方法で取得する者のほうがむしろ多いため、原則である前者の方法がかえって特別視され、「一発試験」、「飛び込み試験」などと呼ばれることがある。

直接受験の場合と、指定でない自動車教習所(通称「非公認」)に入所した場合は、仮免許の技能試験を運転免許試験場で受験し、路上練習を5日(1日あたり2時間以上)以上行った後、本免許の技能試験を運転免許試験場で受験する。しかし、一般的には指定自動車教習所を卒業して、技能試験免除で普通免許を取得する者がほとんどである。指定自動車教習所へ入所して普通免許を取得する場合、指定自動車教習所で仮運転免許を取得し、路上での教習、学科教習を受け、路上での卒業検定に合格した後に、住民登録をしている都道府県の運転免許試験場で受験申請する。指定自動車教習所の卒業証明書を提出し、視力などの適性試験と学科試験に合格すれば、運転免許証が交付される。

受験資格年齢は、運転免許の区分によって異なる(詳細は下記の運転免許の区分参照)。なお、小特免許、原付免許は技能試験が課せられないが、原付免許は学科試験に合格しても講習を受けないと取得できない。小特免許には講習もないので、実車を一切運転することなく取得できる唯一の免許である。大型特殊第二種免許およびけん引第二種免許に関しては現在、教習に関する規程がないため、指定自動車教習所での教習や技能検定は行われていない。したがって、運転免許試験場での技能試験(一発試験)を受験して合格しなければ、免許を取得することができない。

運転免許の区分

免許の正式名称

運転免許は通称による呼び方が多い。道路交通法84条に書かれる正しい区分と通称を記載する。記載される免許の種別は、法律条文に書かれている順番に表記している。

よく言われる「普通一種」などという表記はなく、一種免許については単に「普通免許」などとなることに注意が必要である。

法に定める区分 法に定める種別の記載 法に定める略称 運転免許証記載文言
第一種運転免許 | 大型自動車免許 | 大型免許 | 大型
中型自動車免許 | 中型免許 | 中型
準中型自動車免許 | 準中型免許 | 準中型
普通自動車免許 | 普通免許 | 普通
大型特殊自動車免許 | 大型特殊免許 | 大特
大型自動二輪車免許 | 大型二輪免許 | 大自二
普通自動二輪車免許 | 普通二輪免許 | 普自二
小型特殊自動車免許 | 小型特殊免許 | 小特
原動機付自転車免許 | 原付免許 | 原付
牽引免許 | (略称なし) | け引
第二種運転免許 | 大型自動車第二種免許 | 大型第二種免許 | 大二
中型自動車第二種免許 | 中型第二種免許 | 中二
普通自動車第二種免許 | 普通第二種免許 | 普二
大型特殊自動車第二種免許 | 大型特殊第二種免許 | 大特二
牽引第二種免許 | (略称なし) | け引二
仮運転免許 | 大型自動車仮免許 | 大型仮免許 | (免種毎に仮運転免許証が交付される)
中型自動車仮免許 | 中型仮免許
準中型自動車仮免許 | 準中型仮免許
普通自動車仮免許 | 普通仮免許

ただし、牽引免許及び、牽引第二種免許を両方取得した場合には運転免許の記載は「引・引二」の表記となる。

免許証の様式

氏名 | ◯ ◯ ◯ ◯ | 元号YY年MM月DD日生

住所 | ◯◯◯◯◯◯◯◯◯ ◯–◯–◯
交付 | 元号YY年MM月DD日 ◯◯◯◯◯ | 証明写真
YYYY 年(元号 YY 年) MM 月 DD 日まで有効 | 








免許の
条件等
番号 | 第 ◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯ 号
二・小・原 | 元号YY年MM月DD日 | 


類 | 大
型 | 中
型 | 準

型 | 普
通 | 大
特 | 大

二 | 普



特 | 原
付 | 大
二 | 中
二 | 普
二 | 大

二 | 引




他 | 元号YY年MM月DD日 | 都道府県
公安委員会

二種 | 元号YY年MM月DD日

免許の種類

第一種運転免許(第一種免許) | 第二種免許が必要となる場合以外の場合において、乗用、貨物問わず運転可能。一般的に単に「免許」という場合、これを指すことが多い。
第二種運転免許(第二種免許) | 旅客自動車(バスタクシーなど)を旅客自動車運送事業に係る旅客を運送する目的で運転する(営業運行する)場合、および旅客自動車でなくとも運転代行業において顧客を乗車させて運送する場合に必要となる免許。なお、介護・福祉タクシー等の自家用有償旅客運送については、有償であっても認定講習を受ければ第一種免許で運転可能である。
仮運転免許(仮免許) | 免許を受けるため運転を練習しようとする人や、技能検定のため路上で運転するために必要となる免許。略して「仮免」とも言う。

第一種免許の区分

第一種
免許の種類
及び
受験資格年齢 | 車の種類
大型
自動車 | 中型
自動車 | 準中型
自動車 | 普通
自動車 | 大型特殊
自動車 | 大型自動
二輪車 | 普通自動
二輪車 | 小型特殊
自動車 | 原動機付
自転車
大型免許
21歳以上(自衛官は19歳以上) | 運転可 | 運転可 | 運転可 | 運転可 | 運転不可 | 運転不可 | 運転不可 | 運転可 | 運転可
中型免許
20歳以上(自衛官は19歳以上) | 運転不可 | 運転可 | 運転可 | 運転可 | 運転不可 | 運転不可 | 運転不可 | 運転可 | 運転可
準中型免許
18歳以上 | 運転不可 | 運転不可 | 運転可 | 運転可 | 運転不可 | 運転不可 | 運転不可 | 運転可 | 運転可
普通免許
18歳以上 | 運転不可 | 運転不可 | 運転不可 | 運転可 | 運転不可 | 運転不可 | 運転不可 | 運転可 | 運転可
大型特殊免許
18歳以上 | 運転不可 | 運転不可 | 運転不可 | 運転不可 | 運転可 | 運転不可 | 運転不可 | 運転可 | 運転可
大型二輪免許
18歳以上 | 運転不可 | 運転不可 | 運転不可 | 運転不可 | 運転不可 | 運転可 | 運転可 | 運転可 | 運転可
普通二輪免許
16歳以上 | 運転不可 | 運転不可 | 運転不可 | 運転不可 | 運転不可 | 運転不可 | 運転可 | 運転可 | 運転可
小型特殊免許
16歳以上 | 運転不可 | 運転不可 | 運転不可 | 運転不可 | 運転不可 | 運転不可 | 運転不可 | 運転可 | 運転不可
原付免許
16歳以上 | 運転不可 | 運転不可 | 運転不可 | 運転不可 | 運転不可 | 運転不可 | 運転不可 | 運転不可 | 運転可
けん引免許
18歳以上 | 大型、中型、準中型、普通、大型特殊自動車のけん引自動車で、車両総重量が750kgを超える車(重被けん引車)をけん引する場合に必要。ただし、次の場合はけん引免許は不要。

運転免許における自動車などの種類

2004年(平成16年)6月9日改正道路交通法の公布により、中型自動車免許の新設および大型・普通自動車免許の運転条件が変更され、2007年(平成19年)6月2日より新たに施行された。2015年(平成27年)6月17日改正道路交通法の公布により、準中型自動車免許の新設および大型・中型・普通自動車免許の運転条件が変更され、2017年(平成29年)3月12日に新たに施行された。

なお、EU指令との対比では、貨物自動車に限り2017年法改正後の普通免許がB免許、準中型免許がC1免許、中型・大型免許がC免許に相当する。米国は州ごとに免許制度が異なる。

大型自動車

詳細は「大型自動車」を参照

大型特殊自動車、大型自動二輪車、普通自動二輪車、小型特殊自動車以外の自動車で、次の条件のいずれかに該当する自動車。

なお、受験には普通免許、準中型免許、中型免許、大型特殊免許のいずれかの免許を受けていた期間が通算して3年以上あることを要する。前述の通り、従来は自衛官を除いていたが、2007年6月の道路交通法改正以降は、自衛隊内で大型免許を取得しても操縦できるのは自衛隊車両に限定され、民間の大型車を運転することはできない。

中型自動車

詳細は「中型自動車」を参照

大型自動車、大型特殊自動車、大型自動二輪車、普通自動二輪車、小型特殊自動車以外の自動車で、次の条件のいずれかに該当する自動車。

なお、受験には普通免許、準中型免許、大型特殊免許のいずれかの免許を受けた期間が通算して2年以上あることを要する(ただし、特例で自衛官を除く)。

中型自動車8トン限定免許

2007年改正施行前に受けた普通免許は、改正施行日以降、次の限定条件(全条件を満たすこと)付きの中型免許とみなされる。(いわゆる「8トン限定中型免許」)

これは、上述の(旧)普通免許で運転できる自動車の範囲と同じである。なお、限定解除をすれば免許証の条件はなくなる。ただし、限定解除を受けるには中型免許(限定なし)の受験資格を満たす必要があるほか、視力要件の上昇、深視力検査ありとなる。

準中型自動車

詳細は「準中型自動車」を参照

大型自動車、中型自動車、大型特殊自動車、大型自動二輪車、普通自動二輪車、小型特殊自動車以外の自動車で、次の条件のいずれかに該当する自動車。

準中型5トン限定免許

2007年改正施行後で、2017年改正施行前に受けた普通免許は、改正施行日以降、次の限定条件(全条件を満たすこと)付きの準中型免許とみなされる。

これは上述の(旧)普通免許で運転できる自動車の範囲と同じである。なお、限定解除をすれば免許証の条件はなくなる(ただし、視力要件の上昇、深視力検査ありとなる)。

なお、上記の期間に普通第二種免許を受けた場合は、5トン限定中型二種免許となる。限定条件は上記と同様である。

普通自動車

詳細は「普通自動車」を参照

大型自動車、中型自動車、準中型自動車、大型特殊自動車、大型自動二輪車、普通自動二輪車、小型特殊自動車以外の自動車。具体的には、次の条件の全てに該当する自動車である。

大型特殊自動車

詳細は「大型特殊自動車」を参照

キャタピラ式や装輪式など特殊な構造をもち、特殊な作業に使用する自動車で、最高速度や車体の大きさが小型特殊自動車にあてはまらない自動車。

フォークリフトやパワーショベルなどの車両系建設機械の資格を取得する際、大型特殊免許保持者は非保持者と比べその取得に必要とする受講科目が免除されるため、受講時間の短縮になり、受講料が非保持者より安価になるという利点がある。また、教習施設によってはフォークリフトや車両系建設機械の特別教育を行う場合、大型特殊免許保持者のみにしか行っていない所もある。

大型特殊免許は、公道を走行・通過するための資格であって、実際に作業を行う場合は該当する機械に対応した免許技能講習特別教育を修了しておく必要がある。

大型自動二輪車

詳細は「大型自動二輪車」を参照

エンジンの総排気量が400ccを超える二輪の自動車(バイク単体での使用も可能な1輪駆動の側車付きのものを含む)。

トライクサイドカー特定二輪車などは、法規要件により扱いが異なる場合がある。詳細は各項目参照。次の普通自動二輪車においても同様。

普通自動二輪車

詳細は「普通自動二輪車」を参照

エンジンの総排気量が50ccを超え400cc以下の二輪の自動車(バイク単体での使用も可能な1輪駆動の側車付きのものを含む)。また、エンジンの総排気量が50ccを超え、125cc以下の二輪の自動車(小型自動二輪車あるいは原付二種という)の運転に限定した免許がある。

小型特殊自動車

詳細は「小型特殊自動車」を参照

次の条件の全てに該当する特殊な構造をもつ自動車。

(なお、登録上は新小型特殊自動車という区別がある。運転には大型特殊免許が必要だが、登録および地方税の課税については小型特殊自動車と同等となる。フォークリフト参照)。

原動機付自転車

詳細は「原動機付自転車」を参照

次の条件のいずれかに該当する原動機を備える車両。

運転免許の区分の歴史

種別 区分 運転可能車両 取得可能年齢
普通免許 |  | 普通自動車、小型自動車(第一種、第四種) | 満18歳以上
特殊免許 | 第一種(けん引車) | 特殊自動車(第一種)、小型自動車(第一種、第四種)
第二種(ロードローラー) | 特殊自動車(第二種)、小型自動車(第四種)
第三種(その他の特種自動車) | 特殊自動車(第三種)、小型自動車(第四種)
小型免許 | 第一種(四輪車、前二輪により操縦する三輪車) | 小型自動車(第一種、第四種) | 満16歳以上
第二種(前一輪により操縦する三輪車) | 小型自動車(第二種、第四種)
第三種(二輪車) | 小型自動車(第三種、第四種)
第四種(軽二輪車) | 小型自動車(第四種)
区分 運転可能車両 取得可能年齢
普通自動車免許 | 普通自動車、小型自動四輪車、軽自動二輪車 | 満18歳以上
けん引自動車免許 | けん引自動車、小型自動四輪車、軽自動二輪車
特殊作業用自動車免許 | 特殊作業用自動車、軽自動二輪車
特種自動車免許 | 特種自動車のうち指定された自動車、軽自動二輪車
小型自動四輪車免許 | 小型自動四輪車、軽自動二輪車 | 満16歳以上
自動三輪車免許 | 自動三輪車、軽自動二輪車
側車付自動二輪車免許 | 側車付自動二輪車、軽自動二輪車
自動二輪車免許 | 自動二輪車、軽自動二輪車
軽自動二輪車免許 | 軽自動二輪車
種類 区分 運転可能車両 取得可能年齢
第一種運転免許 | 大型自動車免許 | 普通自動車、小型自動四輪車、軽自動車 | 満18歳以上
普通自動車免許 | 普通自動車(乗車定員11名以上の自動車及び、もっぱら貨物を運搬する構造の自動車のうち最大積載量5,000kg以上のものを除く)、小型自動四輪車、軽自動車
けん引自動車免許 | けん引自動車、小型自動四輪車、自動三輪車、軽自動車
特殊作業用自動車免許 | 特殊作業用自動車、軽自動車
特種自動車免許 | 特種自動車のうち指定された自動車、軽自動車
小型自動四輪車免許 | 小型自動四輪車、軽自動車 | 満16歳以上
自動三輪車免許 | 自動三輪車、軽自動車
側車付自動二輪車免許 | 側車付自動二輪車、自動二輪車、軽自動車
自動二輪車免許 | 自動二輪車、軽自動車
軽自動車免許 | 軽自動車
第二種運転免許 | 大型自動車第二種免許 | 普通自動車、小型自動四輪車、軽自動車 | 満21歳以上(大型免許、普通免許、けん引免許(側車付自動二輪車、自動二輪車、軽自動車のけん引自動車を除く)、小型自動四輪車免許、自動三輪車を取得した者でこれらの自動車の運転経験期間が通算して3年以上の者)
普通自動車第二種免許 | 普通自動車(乗車定員11名以上の自動車及び、もっぱら貨物を運搬する構造の自動車のうち最大積載量5,000kg以上のものを除く)、小型自動四輪車、軽自動車
けん引自動車第二種免許 | けん引自動車、小型自動四輪車、自動三輪車、軽自動車
小型自動四輪車第二種免許 | 小型自動四輪車、軽自動車
自動三輪車第二種免許 | 自動三輪車、軽自動車
種類 区分 運転可能車両 取得可能年齢
第一種運転免許 | 大型自動車免許 | 大型自動車、普通自動車、自動三輪車、軽自動車、第二種原動機付自転車、第一種原動機付自転車 | 満18歳以上
普通自動車免許 | 普通自動車、自動三輪車、軽自動車、第二種原動機付自転車、第一種原動機付自転車
特殊自動車免許 | 特殊自動車、軽自動車、第二種原動機付自転車、第一種原動機付自転車
自動三輪車免許 | 自動三輪車、軽自動車、第二種原動機付自転車、第一種原動機付自転車 | 満16歳以上
自動二輪車免許 | 自動二輪車、軽自動車、第二種原動機付自転車、第一種原動機付自転車
軽自動車免許 | 軽自動車、第二種原動機付自転車、第一種原動機付自転車
第一種原動機付自転車免許 | 第一種原動機付自転車
第二種原動機付自転車免許 | 第二種原動機付自転車、第一種原動機付自転車
第二種運転免許 | 大型自動車第二種免許 | 大型自動車、普通自動車、自動三輪車、軽自動車、第二種原動機付自転車、第一種原動機付自転車 | 満21歳以上(大型免許、普通免許、特殊免許、三輪免許を取得した者でこれらの自動車の運転経験期間が通算して3年以上の者)
普通自動車第二種免許 | 普通自動車、自動三輪車、軽自動車、第二種原動機付自転車、第一種原動機付自転車
特殊自動車第二種免許 | 特殊自動車、軽自動車、第二種原動機付自転車、第一種原動機付自転車
自動三輪車第二種免許 | 自動三輪車、軽自動車、第二種原動機付自転車、第一種原動機付自転車
2010Happy Mail